全国都市緑化よこはまフェア(里山ガーデン)

 5月4日

 GW中に行っておきたかった第33回全国都市緑化よこはまフェア里山ガーデン会場に。

 全国都市緑化フェアは、国民ひとり一人が緑の大切さを認識するとともに、緑を守り、愉しめる知識を深め、緑がもたらす快適で豊かな暮らしがある街づくりを進めるための普及啓発事業として、昭和58年(1983年)から毎年、全国各地で開催されている花と緑の祭典です。(公益財団法人都市緑化機構公式サイトより)。

 基本1年に1都市。2012年では東京23区内で行われて、今年は去年行われなかった都合で、例外的に春は横浜、秋は八王子での2回開催。

 会場はみなとガーデン(山下公園、グランモール公園、港の見える丘公園、横浜公園、日本大通り、象の鼻パーク、新港中央広場、 運河パーク)と 里山ガーデンの2つの会場構成。


2017050401

 で、今回は里山ガーデンに。
 場所は横浜から相鉄線に乗り、鶴ケ峰まで。そこからバスで20分程。ズーラシアと言う動物園の隣。
 車だと保土ヶ谷バイパスの下川井インターから5分程度と便利なんですが、ズーラシアと併設の駐車場は土日になると、10時過ぎにはあっさり埋まってしまい、近隣は大渋滞となりますので、できる限り公共交通機関での来訪をお勧めします。

 ちなみに入場無料です。

 とにかく規模が大きい、本当に綺麗です。

2017050402

2017050403

2017050404

2017050405

2017050406

2017050407

2017050408

2017050409

2017050410

2017050411

2017050412

2017050413

2017050414

2017050415

2017050416

2017050417

2017050418


 好天にも恵まれ、撮影してて本当に楽しかった。

 今回はさすがにDCS-RX100M5ではなく、
 ボディ:D600
 レンズ:Nikon AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED
     TAMRON SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD F004N。
 で撮影してます。

 別に撮影目的じゃなくても本当に花が綺麗で、楽しいです。
 ピクニック広場もあり、ピクニック目的で来て、お弁当広げてるご家族もかなりいらっしゃいました。
 かなりリピーターも多そう。
 売店はありますが、そこまで種類も多くないので、お弁当類は持参した方がいいと思います。

 里山ガーデンの後、みなとガーデンの会場の一つである港の見える丘公園に行ったんですが。

2017050419

2017050420

2017050421

2017050422

 本当に綺麗ではあるんですが、どちらかとこれからのバラのシーズンの方が綺麗なのかな?。
 あと里山ガーデンと見比べてしまうと....。
 
 あと何より港の見える丘公園は横浜の観光名所の一つ、とにかく人が.....。

 まぁバラが咲き始めたら、また改めて行くことにしましょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本国憲法70周年で国会議事堂と憲法の本物見てきた

 ゴールデンウィーク、私は暦通り一応休める予定。(急遽出勤する可能性はあるんですが)

 家に閉じこもっているのもなんなんで、天気が良さそうな5連休前半に日帰りのお出かけ2連発。

 まずは5月3日、憲法記念日の話。
 憲法改正の議論も進んでおり、何かと憲法の話題が多い今日この頃。
 日本国憲法施行70周年なわけで、それっぽいことを。


2017050301


 国会議事堂(衆議院)見学に行ってきました!。
 実に小学校の社会科見学以来!。

 NHK「おはよう日本」の特集で5月3、4日に衆議院の特別参観が行われ、事前申し込みナシで参観できると案内されていて、ちょうど、憲法施行70周年の記念日だしと言うことで行ってみましょうと。

 溜池山王駅から歩いて、国会議事堂前駅に到着。
 そこから国会議事堂の正門ではなく、裏側(議員会館側)の参観受付入口へ。

2017050302

 ドドーンと看板が出てました。

2017050303

 入口でパンフレットと入場整理券をもらいます。
 この入場整理券の色ごとに衆議院の構内に順番に入ることになります。

 NHKでも放送されたので、かなりの来場者を見込んでいたようで、待機列をちゃんと準備していたようなんですが。

2017050304

 時間の問題(正午頃)問題なのか?どうかは知りませんが、全く使われずじまい。

 衆議院の人曰く、「今日、ニュースで紹介されるので、明日はもっと来場者が多いのではないか?」とのこと。
 どうだったんでしょうねぇ?。



2017050305

 参観入口から衆議院構内に向かう地下通路の途中にセキュリティチェックが。
 こんなにセキュリティゲートが立派なんです!。
 さながら空港です。
 まぁココこそテロでもされたらシャレになりませんから。

2017050307

 地下通路から出ると国会議事堂の正面から見て左側、衆議院に到着。

 ここで先ほどの入場整理券の色ごとに集合案内が放送され、院内に入るようですが、タイミング良く、私たちはすぐに入ることができました。

2017050308

2017050309

 入口には議員の先生が衆議院に来ているか?確認する登院表示盤が。
 電源は入ってませんが.....。

2017050310

 その奥には尾崎行雄と三木武夫の胸像が。
 衆議院議員在職50年以上の功労者としての記念だそうす。
 50年....。

2017050311

2017050312

 そこから2階に。
 国会議事堂は今年で築81年。歴史的建築物としてもとっても魅力的な建物です。


2017050313

 2階に上ると、いきなりお出まし本会議場。
 正面から見て左端。なかなか見ない風景です。

2017050314

 与党自民党の議席の後ろ側になり、自民党の議員さんの氏名標が備え付けてあります。


2017050315

2017050316

2017050317

 衆議院議長席のちょうど真裏にある、議長応接室。
 議院運営委員会がこちらで行われるそうで。
 議長との面会もここで行われるようです。
 壁面には歴代議長の肖像画が。
 でもかなり掛けることができる壁スペースがそろそろ逼迫気味。スペースなくなったらどうするんでしょうね?。

2017050318

 こちらは本会議場を正面から見て右側。野党共産党の議席の後ろ側。
 一番後ろには志位和夫委員長の氏名標が。

2017050319

2017050320

 こちらは(参議院と衆議院の間の)中央部分と本会議場の間にある中庭。
 こんなところテレビでも出てこないとこですから、なかなか見る機会のない光景です。

2017050321

 2階の中央部分の裏側にある総理大臣室。残念ながら非公開。

2017050322

 総理大臣室の隣の隣が大臣室。
 テレビでよく映る、国会本会議前に大臣が集合する場所ですね。
 総理大臣室と大臣室の間に閣議室があり、ここで閣議が行われるようですね。

2017050323

2017050324

 そして、国会議事堂の中央の塔の真下、中央広間。
 大理石に、ステンドグラス。267平米に天井まで32メートルの空間。
 広角レンズを持っていかないと厳しい空間。
 ここはとっても素敵です。

2017050325

 中央部分の裏3階部分にあるのが御休所。
 天皇陛下が議事堂にお見えになった際に休憩室として使用される部屋。
 絨毯も総シルクで議事堂の総工費の中でもかなりの金額が割かれた部屋だそうです。

2017050326

2017050327

 衆議院の3階にあるのが第1委員会室。
 よく予算委員会や党首討論、証人喚問が行われるのがこの部屋。

 印象はとにかく狭い!。こんな小さい部屋でやってるの?と思います。
 蓮舫議員と安倍首相のガチンコ討論も本当に至近距離でやっているのね。

2017050328

 第一委員会室の中継はここから撮影されているんですね。


こんな感じで。







2017050329

 最後は本会議場を傍聴席から。

 こんなところから本会議を傍聴できるんですね。
 なかなかサラリーマンだと本会議を傍聴するのは難しいんですが、一体どのくらいの方が傍聴されるんですかね?。


 で、議事堂内で見た変わったもの。

2017050330

 電話ボックス。
 本会議場、委員会室内は電話の通話は厳禁(メール、LINEは大目に見ているとのこと)。
 そこで、本会議場や委員会室の出口脇にこんな電話ボックスがあります。
 急な電話はこの部屋に入って電話するようですよ。
 
 ちなみに予算委員会が行われる第1委員会室の脇には「財務省専用」の電話ボックスがありました。

2017050331

 伝言板。
 使う人いるんだろうか.....。

2017050332

 そして、中庭経由で正面から出て帰ってまいりました。

 1時間半強の滞在でしたが、かなり興味深く面白かった。

 この日は特別参観と言うことで普段見られないところまで見られましたが、実は衆議院、本会議開会中以外は(土日でも)、参観が可能。しかも少人数であれば予約も不要。詳細はこちらで。

 そこまで国政に関心はなくても、私達の生活に密着する法律や国家予算がどのような場所で議論されるのか?を見てみるのもいいのかもしれません。思いの外ハードル低いし。

 

 さらに今度は竹橋の国立公文書館

2017050333

 目の前は何度も通ったことがありますが、入るのは初めて。
 その名の通り、日本政府の行政機関等から移管された、歴史資料として重要な公文書を保有、一部を公開しているところ。

 で、今開催されているのが「平成29年春の特別展 誕生 日本国憲法」
 日本国憲法に関係する資料が一挙展示。

 何と言っても一番の目玉が

2017050334

 日本国憲法の原本!。

2017050335

 複製ではく、本物の原本です。
 これを見らえるチャンスはなかなかないでしょう。
 万全の環境で保管されているせいか?。70年以上経過しているのにもかかわらず、保存状況はかなり良好。

 他にも憲法が作られるまでの経緯、憲法の施行に際する資料が。
 GHQとの攻防、新憲法を作成していることを公表するまでの経緯などなど。

2017050336

 マッカーサー憲法草案と言われるGHQが日本政府に渡した新憲法の草案。

2017050337


 Symbol(象徴)を調べるために参考にした辞書。

2017050338

 新憲法を中学校で教育するための副教材。

2017050339

 この挿絵を歴史の教科書で見たことがある人は多いのでは?。

 結構いい勉強になりましたよ。
 それで憲法改正についてどう思うか?は別として。

 こちらは7日まで開催。入場無料。
 これはオススメです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

東芝未来科学館

 12日に夜から川崎に用事があり、久しぶりに、川崎探訪。



2016111201


 行ってきたのが、東芝未来科学館。

 かつて神奈川県川崎市幸区小向東芝町にあった東芝科学館が2014年に川崎駅の駅前に移転し、オープンした施設。

 入場無料だったので、行ってみようと。

 白熱電球、冷蔵庫、洗濯機、カラーテレビ、扇風機、ワープロ、ラップトップPC、DVD、フラッシュメモリ。
 実は東芝は日本初がかなりある。



2016111202


2016111203


2016111204

 その展示は東芝科学館とあまり変わらず。
 一部は動態展示なのもすごいところ。
 あっ、マンモス電球なくなってたな.....。LEDなご時世で白熱電球も製造やめたからかな...。



2016111205


 で、大きく変わったのが、子供向けゲーム方式の体験施設の多さ。
 フラッシュメモリ、スマート家電、送電施設などなど。
 とにかく科学をわかりやすく体験すると言うのに重点を置いているんだな。

 大人でしたのでさすがにプレーするのは自重しましたが。

 東芝科学館と比べて、「あっ、ない!」と思ったのが、原子力発電関係と、医療系。



2016111206



 地熱、風力、波動などはありましたが、本来東芝のお家芸の発電と言えば、原子力なんですが、流石に子供向けの施設で原子力はイメージダウンと言う判断なんだろうなぁ。
 あと、医療系は 重粒子線がん治療装置(これは紹介展示がありました)を除いて、キャノンに株式譲渡してしまっている為、東芝としては展示できないんですよね。



2016111207



2016111208


 超電導、半導体に関する展示はしっかりありました。これは東芝のお家芸ですからね。

 以前に比べ、川崎駅から直結となり、日祝祭日も営業となり、数段訪問しやすくなった、東芝未来科学館。
 小学生の子供がいる家族ならかなり楽しめる施設となっていますので、是非どうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所見学

 9月29日の木曜日の話。
 夏休みがまだ1日しか消化してなかったので、期末ギリギリにもう1日消化(結局全ては消化しきれず)。

 まずは出勤ラッシュでまだ混雑している横浜から東海道の下りに乗って約40分。




2016092901

 国府津で乗り換え、久しぶりの御殿場線に揺られ約1時間。



2016092902

 久しぶりにやってきました御殿場駅。

 そこでさらに富士急行バスに乗って約20分で水土野バス停で下車。



2016092903


 約11年ぶりの再訪、キリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所



2016092904

 前回訪問時の記事も残ってますね。ちゃんと昔のことを振り返られるのはBLOGのいいところ。
 訪問した時はまだ富士山麓 樽熟原酒 50%が出る前の話。

 前回訪問時はゴールデンウイークの真っただ中なのに客は全くいない。試飲コーナーもウイスキーをサーバーから勝手に注いで勝手に飲んで、カウンターにガイドさんは誰一人いなくて、有料試飲は事務所にいる人を大きな声で「すいませーん!。有料試飲したいんですけどー!」って呼んで、初めて飲める有様。

 「キリン、本当にウイスキーやる気ねぇな!」って思ったわけで。

 時は流れて、ウイスキーブーム到来。

 さすがにキリンも好機と捉えたか?3年前と去年、見学施設を大リニューアルしたそうでそれを是非とも見にいってみようと。



2016092905

 見学は時間制になっており、私が予約したのは11時の回だったんですが、その前の回のさらに前の回がなんと数日前の時点で、満席状態。驚きましたわ。受付にはガイドさんいっぱい。

 訪問すると理由がわかり、老人会などの旅行のコースの一部になっているようで、観光バスが相次いでやってきていて、平日なのに、お客さんどっさり。

 私たちは団体客とは別行動となり、それでもご夫婦1組、個人男性1人で一緒に(平日なのに)。
 最初はプロジェクションマッピングを使ったウイスキーシアターで富士御殿場蒸溜所で作られるウイスキーの紹介。



2016092906

 そして見学コースへ。



2016092907

 通路もとってもリニューアル。



2016092908


 まずはキリンのウイスキーの香り、味わいの構成要素の説明。
 フルーツの香り、とか、木の香りとか花の香りとか。



2016092909

 ポットスチルの見学では退役したポットスチル一基が使っていた場所でそのままの状態で展示。
 実際に触れることも。



2016092910


 すっからかんのポットスチルの中を見たのは初めてかも。



2016092911


 キリンと言ったらグレーンウイスキー。
 ここ富士御殿場蒸溜所にはマルチカラム、ダブラー、ケトル、三種類の蒸溜機がありますが、残念ながら見学することはできませんでした。
 どこもグレーンの蒸溜機って見せてくれませんよね。



2016092912


 代わりと言っちゃなんですが、以前使ってたマルチカラム蒸溜機の一部が展示されてました。



2016092913


 発酵タンクなども見られますが、説明もなくほぼスルー。



2016092914


 この日は樽詰め作業が実際に行われており、それも見学。
 富士御殿場蒸溜所では樽の貯蔵庫が見学コースから徒歩10分程度と結構離れてるため、見学コースから外されてるんですね。
 白州なんかはわざわざ貯蔵庫までのバスを走らせてますが、そこまではお金をかけられないんでしょうね。



2016092915


 富士御殿場蒸溜所は日本では珍しい、瓶詰めラインを持っている蒸溜所。



2016092916


 この日はFOUR ROSESの瓶詰めを。



2016092917


 「何でバーボンウイスキーのFOUR ROSESの瓶詰めを日本で?」
 と思い質問すると、本国よりFOUR ROSESはポリタンクや樽のまま日本に届けられ、ここで、瓶詰めされ、出荷されるそうです。
 確かに瓶でアメリカから持ってくるよりは圧倒的にコストも落とせるし、樽はそのまま富士御殿場で作られるウイスキーの樽に再利用できるので一石二鳥なんですね(実際に富士御殿場で作られるウイスキーのほとんどはバーボンカスク)。



2016092918


 見学ルート上にブレンダー室もありましたが、ご不在の様子。
 ブレンダーさんがいれば、その場で富士山麓買って、サインでも頂きましたが。



2016092922


 最後はお決まりの試飲コーナー(写真は団体さんが帰った後撮りました)。



2016092919


 無料試飲は富士山麓ロバートブラウンを合計2杯まで。以前は飲み放題でしたが、今はそうもいきませんね。
 でもロバートブラウンって本当に見ませんね。



2016092921


 もちろん、有料試飲も。
 有料試飲は専用カウンターで。



2016092920


 飲んだのはシングルグレーンウイスキー AGED 25 YEARS SMALL BATCHと蒸溜所限定のDISTILLER'S SELECTシングルグレーンとシングルモルト。

 やっぱり25年は美味しかった!。まぁノンエイジのDISTILLER'S SELECTも別にまずいわけではないですが、飲み比べてしまうとやっぱり見劣りしちゃいますね。
 シングルモルトはキリンらしいモルトウイスキー。



2016092923


 帰りに御殿場駅から程近く、最近できたさわやか御殿場インター店へ。

 静岡県民なら誰でも知っている静岡のソウルフード。
 以前静岡出張が多かった頃はよく寄って食べてました。



2016092924


 いつも仕事ついででしたので、今までアルコールを摂ることができなかったので、げんこつハンバーグと生ビールのマリアージュ!。これやってみたかったんだ!。
 最高の気分で、御殿場を後にしました。
 
 
 
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラフ18番館 M Lily 「春・Spring 輝く未来へ」

 3連休。
 初日、そして今日とお仕事でお休みは20日のみ。

 家事をした後、久しぶりの散髪のあと、久しぶりに愛機Nikon D600を持って、フォト散歩へ。

 向かったのは横浜山手の西洋館、ブラフ18番館。




2016032001


2016032002


2016032003



 テーブルスタイリングレッスンやテーブルコーディネートレッスンなどを行っているM Lilyさんが 「春・Spring 輝く未来へ」と題し、空間装飾を行うとのことで行ってきました。


2016032004

2016032005


2016032006

2016032007


2016032008


2016032009


2016032010


2016032011


2016032012


2016032013


2016032014


2016032015



 とにかくとにかくキレイ!。
 当たり前ですが、これ全て生花です。
 結婚式をした経験があるんで、わかりますが、こういう装飾用の生花って普通のお花屋さんの花より高いんですよね。
 
 ブラフ18番館の1階部分をフルに使った装飾となってます。

 こんなテーブルフォトを一般写真愛好家が撮れるチャンスなんてなかなかありません。
 夢中でシャッターを切りました。

 実際の部屋の中はそれほど明るくはないんですが、花の鮮やかさを重視してハイキー気味で撮影しています。

 ちなみにスタッフさんが定期巡回し、少しでも花が傷んだり崩れたりしたら随時メンテナンス。
 常に最高の状態で撮影しています。 



2016032016


2016032017


2016032018


2016032019


2016032020


2016032021


2016032022


2016032023


2016032024


 別棟ではシチュエーションに合わせたテーブル装飾。
 料理はありませんが、案内文に実際に料理名を表記してイメージできるようにしています。
 これがまた面白い。

 主宰者の方ともお話しさせていただきましたが、「とってもお金かかってます!」そりゃそーでしょ。本当にキレイだったもん。

 定期的にやっているようなので、是非とも次回も行きたいな。
 見物客は大勢いましたが、アマチュアカメラマンは意外と少なく、撮影もしやすかったですね。

 ちなみに何分有料イベントでもスポンサー付きイベントでもなく、何分生花。
 イベント期間にも限界があり、開催期間はこの三連休のみ!。
 今日までです!。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ginza monochrome

 三連休初日、バー探訪したくて、銀座へ。
 その前に銀座をぶらり。

 なんとなく、モノクローム撮ってみたくて。
 出来はボロボロですが。


2015112101



2015112102

2015112103



2015112104



2015112105


2015112107


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015横浜桜めぐり

 3週間ぶりの全休。そして、次のお休みはおそらくGWと言う本日。

 桜が咲き始めたので、もう今年は今日を逃せばゆっくり桜を見る事もできまいと。曇り空ではありますが、カメラを持って横浜の街へ。

 まずは横浜一の桜の名所、三ツ沢公園

2015032911

2015032912

2015032913

 満開とは言わないまでも八部咲き?。
 花見には全く問題無し。随分と花見客もいましたが、本格的な花見は来週なのかな?。


2015032914

 テクテク歩いて、次は掃部山公園。こちらも花見の名所。

2015032915

2015032916

2015032917

 コチラも八部咲き。
 こちらは花見客がいっぱい。初めて行ったけど、こんどココで花見したいな。

2015032918

 次に訪れたのが伊勢山皇大神宮
 訪れると人だかり、おやおや?。


2015032919

 結婚式!。

2015032920

 素敵な花嫁さんに花婿さん。
 私はキリスト教式の結婚式でしたが、神式も神式でいいですね。
 まぁもうする事もありませんが(十数年前の話だ)。


2015032921

 伊勢山皇大神宮も素敵に咲いてましたよ。
 花嫁さん、花婿さん、良かったね!。


2015032922

 最後に行った大岡川沿いが一番遅れてましたね。三部咲き以下?。

 そんなこんなで徒歩圏内でも横浜は随分と桜の名所を辿る事ができます。
 来週末ぐらいまでは桜は十分持ちそう。

 是非とも横浜で桜めぐりいかがですか?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

50mm単焦点一本勝負

 先週のCP+あたりから「ズームレンズに頼らない撮影を」と思い始めて。
 特にX100Tを借りて使ってなおのこと。

 昨日は愛機D600AF-S NIKKOR 50mm f/1.4Gをつけて、スペアレンズ一切なしで出かけてみました。

2015022101

 降りた駅は学芸大学。横浜での撮影もちょっと飽きたので(こう言うと、日本全国の写真愛好家に怒られそうですが)。
 ヨメが持ってた「写ガール」に載っていたモダンな写真店があったので。

2015022102

2015022103

2015022104

 そんな学芸大学。
 街撮りにはなかなか素敵な街でした。
 雑貨屋さんも多く、ノスタルジックなお店も多く。


2015022105

2015022106

2015022107

2015022108

2015022109

2015022110

 寄った写真店「monogram」さんはDPEと写真雑貨の販売とギャラリーのお店(お店の外からの写真全然撮らなかった)
 フイルムオンリーの写真展も素敵。

2015022111

2015022121

 そこから東南東へ。

 途中でOLYMPUS OM-1で撮影をしていたヨメが「内蔵露出計の動きがおかしい」と。なかなかファインダーの中の針が上がらなくなり、やがて全く動かず。

2015022151

 「電池じゃね?」と中の電池をみてみると、今まで見たこともない電池が。
 不勉強で知らなかったんですが、「MR-9」と言って、一時フイルム一眼カメラでよく使われていた水銀電池だったんですね。

2015022112

 「こりゃコンビニにはなさそうだな」と思いながらブラブラしていたら見えてきたのが目黒本町の三宝カメラさん。
 住宅街の一角のお店なのにビックリするぐらいのスケールのカメラ屋さん。
で、そこでMR-9の有無を聞くと、そこでこの電池が環境問題から20年前に生産を打ち切っていたことを知る。

2015022152

 「じゃ、どうすればいいのよ?」と思って、ググると、現在変換アダプターなるものが発売していて、それを使って、SR43(今も売ってるボタン電池)を入れれば問題なしと。
 帰りにヨドバシカメラに寄り、無事購入、露出計も無事に動いてくれました。Canon F-1、OLYMPUS PEN FTユーザーの皆さん、お見知り置きを(みんな知っているかな?)。

2015022113

2015022114

2015022115

 そこから、さらにブラブラと武蔵小山へ。
 焼き鳥、立ち飲み。そして大きな商店街。憧れる街の一つ。

2015022116

2015022117


 そこから戸越銀座。
 歩いてみて知ったんですが、武蔵小山商店街と戸越銀座商店街がほぼ隣り合わせなんですね。

2015022119

2015022120

2015022118


 そこにもあった写真店フォトカノン戸越銀座店
 自由が丘のポパイカメラも含めて、東京城南エリアは素敵な写真店がいっぱい。

 なぜ横浜にはない?。
 ポパイカメラさんは以前ワールドポーターズにもありましたが、そちらも閉店。
 横浜ではダメなんでしょうか?。
 ちょっと無い物ねだり。

 久しぶりに単焦点のみで歩いてみましたが。
 「画角を変えるには自分が動くしかない」と言う不自由さがかえって気持ちが良かったり。

 明るいレンズの楽しさも再認識。
 でも50mmって、街取りにはちょっと画角として狭すぎ?。
 X100Tと同じ35mmって画角がちょうどいい?。
 そして帰宅して、35mmの単焦点レンズを調べ始めた自分。
 嗚呼レンズ沼.....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南予 街並み巡り(愛媛旅行3日目 その1)

 愛媛旅行3日目。

 松山を離れます。
 松山駅の駅前でレンタカーを借ります。

 今日、訪問するところは電車移動はかなり厳しそうだったので。
 結構悩んだんですが、この日は雨が降ったり止んだりの天気。結果として正解でした。

 まずは内子へ。

2014080801


 最初に訪れたのは弓削神社(ゆげじんじゃ)

 松山自動車道で内子の中心地からほど近い内子五十崎インターチェンジから車で30分強。
 しかも途中からはかなり細い道。借りたレンタカーがVitzでしたが、3ナンバーならかなりしんどい道幅。しかもかなりの急こう配の山道を登っていきます。

2014080802

2014080803

 坂の上の雲のロケでも使われた屋根付き橋の先にある神社。
 ちょうど境内が池のど真ん中って感じ。

2014080804

 着いたときは観光客はゼロでしかも夏休みとは言え、金曜日だったので「こんなとこ、誰も来ないよね」と思いきや、そのあと続々とカメラを持った観光客が。
 知名度の高さに驚きです。


2014080805

 神社の逆側にはこんな棚田が
 絶対大型田植機なんて入れません。

2014080806

 この近辺は多くの棚田が残ってます。


2014080807

 そこから内子の市街地方向に戻ると、もう一つの屋根付き橋の田丸橋があります。
 こちらも「坂の上の雲」の撮影で使われてます。

 橋がある麓川の川筋には昔は10橋近い屋根付き橋がかかっていたそうで。
 昔は生活道路としてだけでなく、野菜の保管場所、井戸端会議の会議場としても使われていたそうで。
 畑の中にポツンとあるので、ちゃんと調べて行かないと、なかなか見つけられないかも。

2014080808

 ちょうどここに来た頃から雨脚が強くなってきて、レインカバーをつけての撮影。
 年代物のレインコートが役に立たず、びしょびしょになりながらの撮影になりました。



 そのあと、2度目の訪問の内子の街並保存地区。

2014080809

 ちょうど天気はざーざー降りの大雨。
 内子笹まつりの期間中で様々な笹飾りが飾られてましたが、お客はほぼゼロ。




2014080810

 散策を早々と諦め、街並み保存地区の中にある木蝋資料館 上芳我邸へ。(カメラのレインカバーが見切れてる....)
 「水曜どうでしょう」的には絵はがきの旅第3夜の目的地にもなったところです。

 前回訪れた時は修復工事中で入ることができなかったんですよね。

2014080811

2014080812

2014080813

 木蝋産業で栄えた内子の豪商、上芳我家の暮らしぶり、木蝋の作り方などを学ぶことができます。
 建物は武家屋敷を彷彿させるほどの豪華っぷり。「本当に儲かってたのね」とため息をつかされます。



2014080814

2014080815

 かつて中村勘三郎も襲名披露を行った芝居小屋「内子座」。
 前回訪問時に中に入ったので中には入りませんでしたが、入り口で見覚えのある女性が。
 何と前日道後のお寿司屋さんで隣の席だった香港の女性ではありませんか!。

 英語まるでダメなので「ハロー!」ぐらいしか言えませんでしたが、予期せぬ再会。これも旅の楽しみなのです。


2014080816

 さらに南下。今度は大洲に。

2014080817

 「伊予の小京都」と称ばれる大洲。こちらも古い街並みが。

2014080818

 「おはなはん通り」はかつてのNHKの朝ドラ「おはなはん」のロケ地にもなった場所。そもそも「おはなはん」の舞台設定がここ大洲。ドラマそのものが半世紀近く前なんですよね。


2014080819

2014080820

2014080821

 かつて銀行として使用されていた赤煉瓦造りの建物や昭和30年代の街並みなど、歩いているだけでいろんな時代にタイムスリップ。

 とってもフォトジェニックな街。
 雨が降ってなければ、もうちょっと時間があれば.....。

 この時点で15時過ぎ。さらにもう一街向かいます。

  道中、撮影した写真はコチラで。「2014愛媛旅行

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上野ブラリ(旧岩崎邸庭園、下町風俗資料館)

 世間的にはゴールデンウイークですな。
 大部分の方は日並びが悪いので4連休と言うところでしょうか?。

 そんな自分はさらに悪く、4日、6日と出勤の為、3日、5日のみお休みと、普段の週末より悪い週末を迎えております。

 で、本当に本当に「安、近、短」しか選択肢がなく、都内にまたもやブラリ。

 まずはここに。

2014050301

 旧岩崎邸庭園

 かつて、越後高田藩榊原家(現在の新潟県上越市高田)の中屋敷であった場所が、明治時代初期に牧野弼成(旧舞鶴藩主)邸となりその後、1878年(明治11年)に三菱財閥初代の岩崎弥太郎氏(龍馬伝の香川照之さんだ)が購入した邸地です。

 昔だったら不忍池が一望できる池之端の一等地です。

 正門から、長い砂利道(それでもかなり岩崎家が住んでいた頃に比べるとかなり短くなったそうで)、を歩くと....

2014050302


 どーん!

 1896年(明治29年)に竣工した木造2階建地下1階建てのとってもとっても立派な洋館。国の重要文化財
 鹿鳴館や、三菱一号館等を手がけ、”日本近代建築の父”と呼ばれた辰野金吾氏などを育てたジョサイア・コンドル
が設計。

2014050303

 建てたのは三菱財閥の三代目総帥岩崎久彌氏(弥太郎氏の息子。弥太郎氏は1885年に死去)。

 しかし、ここでとっても残念なことに「館内撮影禁止」と言う事を知る。かなりガックリ。

 「文化財保護」が理由らしい。
 でも確かにGWとは言え、かなりの来場者。
 これで、アマチュアカメラマンに写真をゆっくり撮られると、収拾つかなくなるのは容易く想像できる。

 何せ築118年、しかも木造。
 だから、2階の見学は人数制限までしている状況。文化財保護の難しさは随分聞くが、やはり大変なのです。

2014050304

2014050305

 中は当時の建築技術が鏤められた素晴らしいつくり。
 特に壁紙として使われている「金唐革紙」は一軒の価値あり。

2014050306

2014050307

2014050308


 裏手は大きな芝庭と大きなベランダ。
 1階と2階で柱のデザインが異なるのは設計者のこだわりでしょう。
 芝庭もかなり縮小されてしまったそうですが、一民間人の庭として考えれば信じられない広さ。


2014050310

 隣には山小屋チックのビリヤード場が。
 隣の洋館とは地下で繋がっていて、来客と夕食の後の娯楽として、ビリヤードを嗜んだそうで。
 ブラタモリでもこの洋館の地下通路に関して紹介されてましたね。
 現在は地下通路全て見学不可。安全性に問題があるんでしょう。


2014050309


 洋館の隣には和館が。
 洋館は来客や、書斎として、普段の岩崎家の生活空間は和館だったそうで。
 各所に岩崎家の家紋である三階菱が、屋根には3メートル強の一枚板が使われているなど見所満載。
 でも「思ったより部屋数が無い」と思いきや、大部分が1969年に司法研修所建設の為に解体。あまりにも勿体無い....。

 また、小岩井農場の商品が2箇所で出張販売しており、「何故?」と思いきや、日本鉄道会社副社長の”小野”義眞(おのぎしん)、三菱財閥2代目の”岩”崎彌之助、鉄道庁長官の”井”上勝、共同創始者3人の名前の頭文字をとって、ついた名前だそうで。
 てっきり、地名か、創始者が小岩井さんなんだと思ってました。

2014050311

 旧岩崎邸庭園から数百メートルの不忍池沿いにあるのが「下町風俗資料館

 明治大正時代の東京の下町を再現した資料館。
 この手の資料館は「深川江戸資料館」、「江戸東京博物館」がありますが、その元祖みたいなもんでしょうか?(時代は違いますが)。

2014050312

2014050313

 「小さい」とは聞いてましたが、確かに小さかった(^^;)。

2014050314

 でも昔の駄菓子屋が再現されていたり、昭和30年代の一般家庭が再現されていたりと、今の子供達が見たらかなり新鮮に見えるんだろうなぁ。

 この手の施設は都内だけでも「江戸東京たてもの園」がありますね。
 あと、予約が必要なUR都市機構の技術研究所。ここに「集合住宅歴史館」ってのがあるんですよ。ここに行ってみたい!(タモリ倶楽部でも過去に特集されました)。

 上野を後にし、この日のメインイベントの六本木へ。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧