東山フォト巡り(京都大阪旅行2日目その2)

 京阪電車で三条に到着。

2018040730

 まずはランチ。

 三条駅からほど近い「池田屋 はなの舞

 潜伏していた長州藩・土佐藩などの尊王攘夷派志士を、新選組が襲撃したあの池田屋の跡地にある居酒屋さん。

2018040731

 ちゃんと大階段も再現されてたり。中は新選組のマンガキャラだらけ(そっち系詳しくなくってすいません....)。

 新選組の隊士にちなんだメニューが。
 
2018040732

 私は土方歳三御膳を。

 三条駅から地下鉄で蹴上駅へ。

2018040733

 南禅寺に到着。

2018040734

2018040735

2018040736

 名物スポットは境内にある水路閣。

2018040737

2018040738

 琵琶湖疎水の分線で境内を通過するために景観に配慮して作られたとか?。

2018040739

2018040740


 有名なフォトスポットだけにとっても多くの見物客が。

2018040741

2018040742

 そしてお隣の蹴上のインクライン跡地。

2018040743

 鉄道好き的にはこの線路幅が圧巻ですね。

 本来であれば桜の名所。
 桜の開花がもうちょっと遅ければ.......この桜が全部満開だったら......。

2018040744

 三条駅まで戻り、これも東山のフォトスポットの一つ、祇園花見小路。
 行ってみると......。

2018040745

 すごい観光客......土曜日だからと言うのもあるんですが.....。

 メインストリーはフォト散歩なんてこと言っていられる状態になく、脇道に逸れてフォト散歩。
 脇道に逸れると一気に人いなくなるんですね。
 この情緒が味なのに。
2018040746

2018040747

2018040748

2018040749

 本当は舞妓さんとか撮ってみたいんですけどね。

2018040750

 祇園花見小路にライカの京都店があります。一度来てみたかったお店。

 しかし、この日は三代目 J Soul Brothers のドームツアーの写真展が行われて、「写真が趣味ってわけじゃないよね?」って人たちばかりでかなり居づらく、早々に退散。


2018040751

 そういえば、草間彌生とのコラボ展みたいなのやってたけど、それほど興味もなく。

 花見小路を歩き終わったころから予報になかった雨が......。

2018040752

 慌てて、雨宿りでカフェに。訪れたのはよーじやカフェ祇園店
 ここでもフォトジェニックなカプチーノをいただきます。

 雨も降ってきたので、一先フォト散歩終了。

 これから関西締めの飲みです!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伏見めぐり(京都大阪旅行2日目その1)

 関西2日目。
 ホテルは朝食なしプランだったので、朝食抜きでチェックアウトして、まずは京阪電車の淀屋橋駅へ。

2018040701

 本日最初の目的地、中書島駅までの特急の指定席を確保し、朝食へ。

2018040702

2018040703

 大阪ブレックファーストとしてやって来たのは近畿限定お店、ホリーズカフェ
 私も今まで全く知らなかったお店です。
 照明が電球色じゃないカフェって珍しい。関東だと一部のルノアールぐらいかな?。

2018040704

 サンドイッチのレタスがすごかった。

2018040705

 生まれて初めての京阪電車。
 乗るのは去年デビューした特別車両、「プレミアムカー」。
 関東で言う在来線のグリーン席の様な位置付けですかね。

2018040706

2018040707

 でも500円で座席指定ができるし、この通り座席は超豪華。1-2のゆとりの座席配列。各席100vコンセントも無料Wi-Fiも完備。

 関東の在来線のグリーン席に比べれば満足度は高いです。

2018040708

 40分程度で中書島駅に到着。
 中書島はかつての伏見桃山城の城下町。
 一時期は遊郭の街でもありました。

 伏見と言えば酒蔵の街でもあり、有名な酒蔵が多く存在します。


2018040709

 月桂冠の本社もこちら。

2018040710

2018040711

2018040712

2018040713

2018040714

2018040715

 大きな記念館があり、日本酒の製造法、月桂冠のこれまでの歩みを紹介。
 創業1637年。江戸時代に入って早々にできた酒蔵なんですね。

2018040729


 酒好きにはお待ちかねの利き酒コーナーですが、3種類程度。
 ローカルな酒蔵の方がいっぱい飲めるのかも。

2018040716


 同じく日本酒の大メーカー、カッパのCMでお馴染み黄桜もココ伏見。

2018040717

2018040718


 全く知らなかったんですが、「黄桜」と言う種類の桜があるんですね。

2018040719

2018040720

 この日は「黄桜祭り」の開催中。満開の黄桜の下で限定のお酒などが販売されてました。

2018040721

2018040722

 黄桜のトレードマーク、カッパの博物館っぽいコーナーもあったり。

 伏見は水運の要所として昔から発展した街。

2018040723

2018040724

 宇治川派流を進む十石船がとってもフォトジェニック。

2018040725

 黄桜の酒蔵近くにあるのが旅館寺田屋。

2018040726

 坂本龍馬や長州の三吉慎蔵らが幕府伏見奉行の捕り方に襲撃を受けた「寺田屋事件」の現場です。

2018040727

2018040728

 残念ながら今の建物は明治時代に再建されたものですが、とっても有名なお龍さんが裸で駆け上がったとされる階段、お風呂も見ることができます。

 一駅先の伏見桃山駅から再度京阪電車に。昨日の続きの東山フォト散歩の再開です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガーデンネックレス横浜2018 里山ガーデンフェスタ

 昨年大盛況だった「第33回全国都市緑化よこはまフェア」。

 よっぱど反響が大きかったのか?。瀬谷へ招致を試みている国際園芸博覧会への布石なのか?なんと今年もほぼ同様のイベント『ガーデンネックレス横浜2018』が開催。

 ってわけで22日に旭区の里山ガーデン会場まで行ってきました。

2018042201

2018042202


2018042203

2018042204

 前回と同様見事な大花壇。

2018042205

2018042206

2018042207

2018042208

 天気がいいから良い映えっぷり。

2018042209


2018042210

2018042211


 90mmマクロも持参したので、接写三昧。

 都合よく蜂も来てくれました。

2018042212

2018042213

2018042214

 こちらは5月6日まで。

 ゴールデンウィークにぜひどうぞ。
 ちなみに駐車場はズーラシアと共用の為、絶望的に混みますので、鶴ヶ峰or中山からバスがオススメ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都1日目(京都大阪旅行1日目その1)

 休日出勤の振り替えを利用して4月6、7日と京都、大阪にフォト散歩&バー巡り旅行に行ってまいりました。

 「大阪はホテルが取りづらい」って話を聞いていたので、ホテルだけは早々に確保。
 せっかくの大阪なので、12年ぶり山崎蒸溜所見学を考えたんですが、最近のウイスキーブームや外国人観光客の増加で予約制になった山崎蒸溜所は2か月近く前に予約を取らないと蒸溜所見学は出来ない状態。ギリギリまでキャンセルが出てないか予約サイトをチェックし続けましたが、最後まで夫婦2人分が空くことはありませんでした。

 本当であれば、桜の見ごろだったんですけどね.....。今年早過ぎですよ。桜の開花。

 6日、1日目

2018040601

 東海道新幹線のぞみに乗って9時過ぎには京都駅到着。

2018040602

 コインロッカーに荷物を預け、地下鉄烏丸線に乗り換え、今出川駅へ。

2018040603

 まずは駅前にある同志社大学今出川キャンパスへ。

2018040604

2018040605

 旧薩摩藩邸の跡地で140年以上の歴史があり、当時からの建物も多く現存しているノスタルジックなキャンパス。

2018040606

 礼拝堂も創立当時のもの。
 ソメイヨシノはだいぶ散ってましたが、枝垂桜など、他の桜はまだまだ見ごろ。
 
 新しい建物もレンガ造り風に統一しており、とっても素敵なキャンパス。
 こんな大学でキャンパスライフを過ごしたかったな....。

 そこから同志社前からバスに乗り、銀閣寺道まで。

2018040607

 銀閣寺には寄らず、哲学の道をお散歩。

 日本画家、橋本関雪の夫人が大正時代に植えた桜のおかげで桜の名所に。 
 ほとんど散ってましたが、そのおかげで琵琶湖疏水はご覧のとおり。

2018040608

2018040609

2018040610

 見事な花筏となっておりました。まさに桜のじゅうたん。
 これをあえて狙って来ているアマチュアカメラマンもゾロゾロ。

2018040611

 哲学の道はずっと桜並木、これが満開ならさぞかし素敵だったんだろうなぁ....。

2018040612

 桜吹雪も吹いてくれたんですが、まぁ上手く撮れないね。

2018040613

 途中から哲学の道を離れ、岡崎神社へ。

2018040614

2018040615


2018040616

 かつて付近一帯が野兎の生息地であったことから、うさぎが氏神様の神使とされており、境内はこの通り、うさぎだらけ。

2018040617

 ちなみに子授け・安産、縁結び、厄除けの神様でございます。

 当初この日は15時頃から雨予報だったんですが、哲学の道の散策中から雨が降り始め、岡崎神社に着いたころには傘を差さずにはいられない状態に。
 傘を差しながらのフォト散歩も辛いので、ここでフォト散歩を中断。

 お昼を食べて、そのあと蒸溜所内部の見学は出来ないけど、山崎蒸溜所へ向かうことに。

2018040618

 お昼は岡崎円勝寺町の古民家・おばんざいカフェ卯sagiの一歩

2018040619

2018040620

2018040621

 古民家をリノベーションした京都のとても素敵なカフェ。

2018040622

 頼んだのはこちらの定番ランチ、おばんざいセットドリンク付き(ゆず酒を選択)。メインディッシュは9種類選べるうち、梅しそはさみ揚げを選択。

 これだけ品数多くて1600円(税込)。とってもおいしく頂きました。

 地下鉄東西線東山駅から烏丸御池乗換で京都駅へ。そこから京都線で山崎駅に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年桜めぐり

 記録的な開花の早さだった今年の桜。
 先々週、先週末とカメラ片手に桜めぐり。

 24日は夜に赤坂で用事があったので、都内へ。

 外苑前で下車して、まずは名所の一つ青山霊園へ。

2018032401


2018032402


2018032403


2018032404


2018032405


2018032406


2018032407


2018032408


2018032409

 それなりに見物客はいましたが、新宿御苑や上野に比べれば空いていたんじゃないのかな?。行列もないし、好き勝手写真撮れるし。まぁ墓地なので、レジャーシート敷くわけにもいかないし、座ることもままならない場所ですからねぇ。でも一直線の桜並木は圧巻です。


 続いては六本木ヒルズの毛利庭園へ。
 桜の本数は少ないですが、綺麗な庭園の中の桜は素晴らしい。
 そもそも観光名所なので、見物客は多め。

2018032410


2018032411

 六本木ヒルズから(六本木の)ミッドタウンへ。


2018032412


2018032413


2018032414


2018032415


2018032416

 この通り、裏手の桜並木はこの通り。
 満開とは言わないまでも十分見頃。
 見物客もかなりの人。


2018032417


2018032418

 こちらのさくら並木沿いでは今まで白州森香るハイボール他色々なお酒絡みの販促イベントをやってますが、この日はオーストラリアのスパークリングワイン、シャンドンのロゼのイベント開催中。
 ロゼワインを見ながらの花見、素敵!。
 でも結構ワインもフードもイベントの割にはなかなかのお値段でしたが、座るのにもワインやフードを買うのにも結構な順番待ち。
 私は次があるので並びませんでしたが、ちょっとびっくり。

2018032419


2018032420

2018032421


 翌日25日は地元横浜の三ツ沢公園
 こちらは宴会真っ盛り。

2018032501


2018032502

2018032503


2018032504


2018032505


2018032506


2018032507


2018032508


2018032509


2018032510

 横浜駅周辺。

2018032511


2018032512


 ここまでがデジタル一眼レフNikon D600での撮影。しかも本当に久し振りにRAWで撮影してみました。
 さらに先日のCP+で1ヶ月お試し権をもらえたAdobe Lightroomを使って手直し&現像処理。
 使い方は全然わからないけど、Macでやりかけの作業をそのままiPadで継続して作業できるのがとっても便利。もう少し勉強してみようかな?。


 31日土曜日は1日中仕事、4月1日は祖母の法事でさいたま市大宮まで。
 流石に一眼レフでは…とRX100M5で。セカンドバッグにも入るのが便利です。
 
2018040101

 天台宗慈眼寺。大宮では最古の寺院らしい。
 昔はよく来てました。
 
2018040102

 残念ながらソメイヨシノはかなり散ってましたが、枝垂れ桜が見頃でした。

2018040103


2018040104


2018040105

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CP+2018

2018030301

 先週の話ですが、今年も行ってました>CP+。

 正直、そこまで「これ買う〜!」ってものはないんですが、まぁ恒例ですので。

 まずは見てきたものを。

2018030302

 まずは一眼レフを愛用しているニコンさん。

 昨夏にD850が発売され、想定を超える売れ行き&1月に発表され、発売間近だったAF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VRがあったこともあってか、主だった新製品発表はナシ。フルサイズミラーレスの開発発表があるか?って噂話がありましたが、それもなし。
 AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VRのタッチアンドトライもありましたが、並ぶのが面倒で一切試さず。だって高過ぎて.....。


2018030303

 キャノンさんはついに発表、EOS Kissのミラーレス版
 EVFも高性能化して、いよいよ切り替えるタイミングだと思ったんでしょう。
 キャノン、ニコンもフルサイズのミラーレス機の開発も噂されているだけに、まずはEOS Kissをミラーレス化して、様子をみようと言うところでしょうか?。

 これの売れ行き次第で一眼レフデジカメの流れが決まるでしょう。

2018030304

 あとは何と言ってもスピードライト 470EX-AI

 シャッターボタンを押すだけで最適なバウンス角度に調整してくれると言う優れもの。
 「こんなことができるのか!」と驚かされます。
 カメラの角度を変えて、いろいろ動かすとまぁとっても面白い、

 元気がいいなぁって思うのが、SONYと富士フイルム。

2018030305

 SONYのフルサイズミラーレスの新製品、α7IIIがCP+に合わせて発表、それでも高いですよね....αシリーズ、レンズも。α7IIIだって20万以上だもんねぇ。
 それでも最近、αシリーズも持っている人を見かける人が多くて驚きます。

2018030306


 望遠レンズが少なく、花鳥風月用と言う印象があるαシリーズですが、参考展示ながら400mm F2.8の参考展示がありました。
 いよいよプロユーズ相手に本格的に乗り出す構えなんでしょう。
 高感度は魅力的だよね....。

 富士フイルムはCP+の期間中に新しい一眼レフデジカメ、X-H1がイチオシと言うところでしょうか。
 でも自分としてもXシリーズはX-Pro2のような、持っていてカッコがつく、街撮りしていても違和感がないスタイルが魅力なんだと思うんですよね....。自分も以前までX10を使っていたんで、Xシリーズの魅力は分かっているつもりです。
 
 正直、Xシリーズいいなぁ....って思うんですが、フルサイズ一眼はニコンでレンズもそこそこ揃えているし、妻がオリンパスでそれなりに揃えているので、さすがにさらに新しいマウントを買うのは.....。

2018030307

 自分的にはどちらかと言うと、アルバムなどの撮ったものをどう活用するか?の展示の方が興味があったり。
 ほとんどの写真家の方が仰ってますが、パソコンの中に入れっぱなしではいけないのです、写真ってものは。

 いつも驚かされるシグマさんは105mm F1.4 DG HSMの開発を発表、開発中の製品を参考出品。

2018030308

 105mmで三脚座付き!。デカっ!。

2018030309

 この製品についてはこれもお馴染み山木社長本人のステージにてお話を聞きました。

 初めて開発機を見たときは「こんなに小さい300mm F2.8、ウチにあったっけ?」と思ったそうで。
 そりゃそうだよね。
 現時点では発売時期今年中頃、価格は未定。

 またシグマは既存のレンズにおいて、新たにSONY FEマウントに対応させることを発表。
 そこで印象に残ったのが、FEマウント(ミラーレス)にだとカメラは小さくなるけど、レンズは広角以外は小さくならないと言うこと。もう50mmではミラー付きでもミラーレスでもレンズの大きさには差をつけることはできないようで。
 それでも今後FEマウント専用のレンズの開発を検討しているとか?。まぁキャノンもニコンもいつかミラーレスを出してくるでしょうし、フルサイズミラーレス用レンズの開発を今から初めても損はないんでしょうね。

2018030310

 CP+のタッチアンドトライのブースで気になったのが、各社のこの案内。

 つまり自分のカメラでタッチアンドトライのモデルを撮るなと。
 まぁただブースが混むだけでメーカーからすれば何の得もないですからね。

 よくスゴい装備でCP+に着て、コンパニオンのおねーちゃん撮ってる人よくいますよね。
 CP+は新しい製品、なかなか試すことのできない製品を試す場、有名なカメラマンのステージを聞いて、写真生活をさらに豊かにする場だと思っているんので、一度もそう言う写真撮ったことないんですよね。
 今回は土曜日はD600AF-S NIKKOR 50mm f/1.4Gをつけていきましたが(レンズを試すため)、日曜日はコンデジのみで行きました。混雑している会場ですから極力軽装がいいのです。

 あとはステージ聞いてばっかり。
 やっぱり見てしまう鉄道写真家中井精也先生。

2018030311

 SONY、NIKON両ブースで聞きました。
 いつもそうですが、中井先生のステージは混むよね....。

2018030312

 BSフジ「東京会議」がきっかけで一躍有名なXユーザーとなった松任谷正隆氏。
 コレまた東京会議でお馴染みの富士フイルム上野氏とのトークショー。
 東京会議で繰り広げられた写真対決の裏話など。

2018030313

 写真の楽しさを教えてくれる内田ユキオ先生のステージ。
 カメラ持って出かけたくなってきたー!。

2018030314

 最後に聞いたキャノンの航空写真家ルークオザワ先生のステージ。
 毎度ながらルーク先生の写真は素敵です。
 飛行機を眺めるのも大好きだし、航空写真撮りたいなぁってのは昔から思っていたりするんですが。

 実はちゃんとした望遠レンズを持ってないんですよね。
 一番望遠が効くのがタムロンの28-300mmのズームレンズなのですが、自分が初めてデジタル一眼レフカメラを購入した直後に格安で譲り受けたフィルム時代の代物でして、画も悪いし、オートフォーカスはメチャクチャな遅さ。
 買い換えたいなぁとは思ってはいるんだけど、300mmぐらいの持ち運びしやすいレンズを買うか?。それともせっかくだから飛行機等を撮ることを前提に500mm以上の超望遠ズームレンズを買うか?。

2018030315

 タムロンのブースでSP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2は触ったんですよ。
 「コレで飛行機撮りたいな…」って気持ちはあるんですが、それよりiMacをそろそろ買い換えたいんですよね…。
 今はApple純正の写真アプリ使っているけど、これもイマイチなので、写真管理をLightroomに替えたいな...ってね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone6s 2度目のバッテリー交換

 現在、スマホは2015年に購入したiPhone6sを使ってます。

 今まで2年の割賦払いでキッチリ2年おきに買い換えていました。
 で、昨年秋がいつもの買い替えタイミングだったんですが、iPhoneXはあまりの値段の高さ、そして破損しやすいと言う悪評。  
 じゃiPhone8と言う選択肢になるんですが、革新的な上位機種があるのにそれを買うのか?と言う迷いがあり、買い替えの決断が出来ず、ダラダラと。

iPhone6sに不満がなかった訳ではなかったんです。
まずは何よりバッテリーの劣化。明らかにバッテリーの持ちが以前に比べ悪い。そしてアプリの起動に時間がかかるのと、よくアプリが落ちる。

 そんな中、昨年12月に流れたiPhoneユーザーには衝撃のニュース、「iPhoneのバッテリーとパフォーマンス」問題。

 で、思ったのが、「自分のiPhoneの調子の悪さはバッテリー劣化が原因?」
 Appleに対する腹立たしさより、原因がわかったスッキリ感の方が強かったなと。

 その後、Appleがどのような対応をとるか?静観。

 そして年末のバッテリー交換大幅値下げの発表!。
 これでほぼiPhoneの買い替えの線がなくなりました。とりあえずバッテリー交換して様子を見ようと。

 年明けに最寄りのサービスプロバイダにまずは電話連絡(結構長い間、電話中だったな…)。
 値下げした価格で作業を行なっているか?、バッテリーの在庫あるか?を確認。
 すでに値下げした価格で作業を行なっていること。iPhone6sのバッテリーの在庫は潤沢であることを確認。

 予約はしないが、朝一番で行くことを伝えると、そこで注意事項を言われたんですが。
 バックアップを取ること、「iPhoneを探す」をOFFにすることは前回のバッテリー交換の際に知っていたんですが、そこで「OSも最新にしてください」って言われる。

 「えっ!OS上げるの!?」実はOSは10のままだったんですよ。
 理由は最新のiOS11だと32bitアプリが使えなくなること。

2017011301

 最後まで残ってた64bit対応してないiOSアプリ。

 Bylineは別アプリで64bit版が出ていることはわかっていたんですが、結構いい値段出して買った「家庭の医学」は別アプリで再度買い直さないければいけない。Eye-Fiは全てサポートが終わっているので、確実に使えなくなります。E-P5のガイドブックはもうしようがないですよね。

 家庭の医学の内容はまぁ本当にいつか必要なれば買い換えればいいし、Eye-Fiも正直なところ、FlashAirを買ってからほとんど使ってないし、どっちみちいつかはOSは上げなければならなくなるしな…と思い、交換前夜にOSを最新版にアップグレード。

2017011302

 1月6日にサービスプロバイダ、横浜モアーズのカメラのキタムラに開店前に到着し、待つことなく対応してもらいました。

2017011303

 初期診断でバッテリーの劣化状況や他に問題がないか?のチェック。
 診断結果では自分のiPhone6sはAppleが定めたバッテリー交換が必要な基準まで劣化はしてないらしい。それでも明らかに以前に比べバッテリーの持ちが悪いので交換を依頼。
 (バッテリーの劣化状況に関係なく今年いっぱい1回限りディスカウント価格で交換してもらえる)

 総トータルで所要時間1時間半ぐらいかな?。

2017011304

 iPhoneはデータが一切消去されずに帰って来て、早速色々試して見ましたが、iOSを11にあげたのが原因か、バッテリー交換が原因なのか?はよくわかりませんがとにかく明らかにアプリの起動速度が早くなり、アプリの突然ダウンもなくなり、とっても調子が良くなりました。

 これで決めました。iPhoneXの後継機種が発売されるまでは買い換えずに行きます!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉ドライブ

 ずいぶん前の話になっちゃったな。

 積もり積もった休日出勤の振り替え分を多少は使わないと....と思い、ちょっと無理して、5月23日に振替休暇を取得。

 ずいぶん前からヨメさんに「ドライブに行きたい!」と言われてまして(我が家には今、車が無い)、さらに「一度miniに乗ってみたい!」って言われてたんです。
 よくよく考えたら実家の車を借りて出かけた駒ケ根ドライブ以来だから3年近くドライブしてなかったんだな。

 で、カーシェアリングサービスの「タイムズカープラス」で、MINI One CROSSOVERを借りられることは知ってまして、今ならちょうどカード発行手数料無料キャンペーン中でさらに家から比較的ご近所でMINI One CROSSOVERも借りられそう。
 もともと会社でタイムズカープラスの法人会員には入っていて、何度も使っているので、使い勝手はよく知っています。

 ってわけで休日の申請を出した帰りに申し込みをして、無事予約完了。

 当日を迎えました。

2017052301

 借りてきました。
 平日なので、ラッシュ前にと6時に借用して、すぐ横浜を出発。
 こんな早い時間からも借りられるのがカーシェアのいいところですな。
 車なので、荷物の量を気にしなくていいので、フルサイズ一眼D600の出動、そして、レンズもわんさか。
 そして、久しぶりにフイルム一眼も持参。実は露出計がいつのまにか治っていたんです。

 向かうは千葉、第一目的地は香取市佐原。

2017052302
 
 「北総の小江戸」と呼ばれ、江戸時代、利根川水運の中継基地として栄えた土地で、水郷の町としても知られています。

 張り切って横浜を早く出たら、まだ市営の駐車場がオープンする8時すぎに着いちゃった。

 おかげでお店もまだ開いてないし、観光客もほどんどいない。

2017052303


2017052304


2017052305


2017052306


2017052307


2017052308

 きれいな青空、ここぞとばかりにシャッターを切りました。

 あと佐原は伊能忠敬が17歳から50歳まで30年余りを過ごした地でもあるんですね。
 ちなみに伊能忠敬が測量の旅に出るのはそのあとの話です。

2017052309


2017052310

 その伊能忠敬の旧宅も残っています。佐原を代表する大商人だったそうで。

2017052311

 2〜3週間ずれてれば満開のあやめの佐原を拝めたんでしょうが、ちょっと残念。

2017052312

 佐原には2軒老舗の酒蔵があります。
 どちらも見学可。

2017052313

 「お父さん、お預かりします!」

2017052314

2017052315

 試飲もできましたが、残念ながら車で来ているので、私は飲めずじまい。
 これがあるからドライブは....。

2017052316

 そう言えば、ドラマか何か?で撮影してましたね。
 地元のおじさんの話だと、よく佐原では撮影が多いそうで。

 お昼ごろまで佐原ブラブラ。そして、そこから成田空港。

2017052317

 成田空港に来たのが新婚旅行以来。しかも第一ターミナルに入ったのは初めてだな。
 
 空港でランチをとって、展望デッキからちょこっとだけ撮影。

2017052318

2017052319

 やっぱり超望遠欲しいなーでも超望遠を使う機会って年に何度よ?。

 もっと長居したいなーと思いつつも、成田空港をすぐに出て、次の目的地は空港から車で10分弱。

 是非とも来てみたかった博物館、航空科学博物館

2017052320

 国立で日本最初の航空専門の博物館。

 仕事柄あまり公私共にあまり遠出をしないので、なかなか飛行機に乗る機会は少ないんですが、ヒコーキ大好きです。


2017052321

2017052322

2017052323

 屋内には”ジャンボジェット”ボーイング747の大型模型、エンジン、輪切り、主翼の断面構造、キャビンのモックアップ。

 やっぱりジャンボジェットの部品類は本当にデカい。500人以上の乗客を乗せられるだけのことはあります。

2017052324

 一般庶民は絶対に座れないファーストクラスもここでなら座れます。
 旧式ですが、これなら12時間も大丈夫ですよ。フルフラットだもの。

2017052325

2017052326

 5階の展望室からは成田空港が一望。そして、以前使われていた成田空港の管制塔の管制機器が。
 この機器の前で管制官が「Japan air 786. Cleared for takeoff runway 16L」なーんて言ってたんでしょう。 
 (結構管制が好きなんです)

 そして一番の目玉。

2017052327

 ボーイング747、クラシックジャンボの先頭部分!。
 かつてノースウェスト機として本当に飛んでいた本物のボーイング747。
 ジャンボが日本の航空会社から引退して3年、やはりジャンボは大きいです。
 しかも入場料とは別途の有料ツアーですが、中に入れます。

2017052328

 コックピットの真下、1Fは片側が就航当時通りファーストクラスのシートが。
 片側はボーイング747の機内構造を説明するために内貼りが全て引っぺがしてあります。

 クラシックジャンボはコックピットの操作のほとんどがワイヤーや油圧で動作します(今は電線や光ファイバー)。
 その為、コックピットの真下、1Fの真上にはすさまじい数のワイヤー、滑車と電線が。

2017052329


 ドアの構造も事細かに説明。避難時の滑り台がどうやって出るかも内貼りがないので、説明してもらうとよくわかるのです。

2017052330

 そして、2階へ。747の階段を登るのも初めて!。

2017052331

 2階にあるのはコックピット。

2017052332

 クラシックジャンボですので、ブラウン管や液晶は使っておらず、とってもカッコいい!。

2017052333

 クラシックジャンボの特徴とも言える航空機関士席。

 燃料系統、空調装置、油圧系統、電気系統等各システムの操作・監視を行う航空機関士。
 今の飛行機は全てコンピュータによって行われています。

2017052334

 そしてなんと操縦席に座れます!。
 これは感動しました。


2017052335

 電車、新幹線、SL、消防車、ヘリ、いろんな操縦席に座りましたが、ジャンボジェットの操縦席に座った興奮は全くの別モノ。

 何より計器類、ボタン類の数が絶対的に多い。しかもそのほとんどの計器類をシートベルトを着けた状態で操作できるように設計されている為、ギュウギュウ。

 しかも私たちの回のツアーは参加者が我々夫婦2人だけだった為、夫婦2人操縦席に座ったまま終了時間までみっちりガイドしてもらいました。

2017052336

 スロットル、車輪の昇降装置はもちろん、エンジン起動スイッチ、航空無線、機内アナウンス、ボイスレコーダのマイク、エンジン消火装置等々。

2017052337

2017052338

2017052339


 屋外にはYS-11他セスナヘリコプター、あと空港の照明機器等々。

2017052340

 YS-11に乗るのは初めて。
 やっぱり小さいね!。

 博物館を出て、博物館から至近にある「ひこうきの丘」へ。

 A滑走路のほぼ南端あるんですが、この日A滑走路は風の問題で離陸の際は北端から離陸し、北側から着陸するパターン。
2017052341

2017052342

 A滑走路はメチャクチャ長い4000m。出発する飛行機ははるか手前で離陸し、飛行機のお腹しか見えない状態。
 着陸する飛行機ははるか手前で止まってしまい、目の前まで全く来ない。

2017052343

2017052344

 ちょうど、タイ航空のA380(総2階建ての巨大ジェット機)がやってきたものの、それでもはるか手前で停止。
 飛行機をただ見上げるだけならいいんですが、撮影には不向き。

 で、A滑走路の北端に向かいます。

 A滑走路の長さが4000mですから当然移動距離はそれ以上。結構かかったな...。

 A滑走路と平行する地域がアラフォー以上の常識ある方ならだれでも知っているでしょう「三里塚」。
 ずいぶん経ち、ほとんど成田紛争もニュースになることはなくなりましたが、警官の多さ、一種独特の物々しさは見て取れました。さすがにカメラを向ける勇気はありませんでしたが....。

2017052345

 A滑走路北端にある成田市さくらの山公園。

 飛行機が間近に見られるとのことで来ましたが....。

2017052346

 すっげーバリバリ見られるよー!。

 そして、平日なのにカメラマン山ほどいるよー!。

2017052347

2017052348

2017052349


2017052350

 まぁ楽しかった、楽しかった。

 羽田では最近かなり減ったジャンボジェットも結構飛んできます。
 やっぱジャンボはデカい!。

 結構長い間いたなぁ。
 flightradar24をiPhoneで来る飛行機を事前チェックしながらレンズを向けていました。

 それから車を飛ばして木更津の江川海岸へ。これはヨメさんのリクエスト。

 私、実は江川海岸知らなかったんですが、水面に影が映り込んで幻想的な風景が楽しめるということで、instagram他で有名なスポットなんですね。

2017052351

2017052352

 行ったんですが、実はこの日強風。
 水面に影が映り込むなんてとっても無理。
2017052353

2017052354

2017052355

 でもに日没直前に到着できたので、こんな素敵な風景を撮ることができました。

 ここまでくればアクアラインに乗って横浜はあっと言う間。
 自宅に荷物を置いて、カーシェアを返して、夕飯は横浜の焼き鳥屋さんで。

 とてもリフレッシュできた休日でございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全国都市緑化よこはまフェア(里山ガーデン)

 5月4日

 GW中に行っておきたかった第33回全国都市緑化よこはまフェア里山ガーデン会場に。

 全国都市緑化フェアは、国民ひとり一人が緑の大切さを認識するとともに、緑を守り、愉しめる知識を深め、緑がもたらす快適で豊かな暮らしがある街づくりを進めるための普及啓発事業として、昭和58年(1983年)から毎年、全国各地で開催されている花と緑の祭典です。(公益財団法人都市緑化機構公式サイトより)。

 基本1年に1都市。2012年では東京23区内で行われて、今年は去年行われなかった都合で、例外的に春は横浜、秋は八王子での2回開催。

 会場はみなとガーデン(山下公園、グランモール公園、港の見える丘公園、横浜公園、日本大通り、象の鼻パーク、新港中央広場、 運河パーク)と 里山ガーデンの2つの会場構成。


2017050401

 で、今回は里山ガーデンに。
 場所は横浜から相鉄線に乗り、鶴ケ峰まで。そこからバスで20分程。ズーラシアと言う動物園の隣。
 車だと保土ヶ谷バイパスの下川井インターから5分程度と便利なんですが、ズーラシアと併設の駐車場は土日になると、10時過ぎにはあっさり埋まってしまい、近隣は大渋滞となりますので、できる限り公共交通機関での来訪をお勧めします。

 ちなみに入場無料です。

 とにかく規模が大きい、本当に綺麗です。

2017050402

2017050403

2017050404

2017050405

2017050406

2017050407

2017050408

2017050409

2017050410

2017050411

2017050412

2017050413

2017050414

2017050415

2017050416

2017050417

2017050418


 好天にも恵まれ、撮影してて本当に楽しかった。

 今回はさすがにDCS-RX100M5ではなく、
 ボディ:D600
 レンズ:Nikon AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED
     TAMRON SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD F004N。
 で撮影してます。

 別に撮影目的じゃなくても本当に花が綺麗で、楽しいです。
 ピクニック広場もあり、ピクニック目的で来て、お弁当広げてるご家族もかなりいらっしゃいました。
 かなりリピーターも多そう。
 売店はありますが、そこまで種類も多くないので、お弁当類は持参した方がいいと思います。

 里山ガーデンの後、みなとガーデンの会場の一つである港の見える丘公園に行ったんですが。

2017050419

2017050420

2017050421

2017050422

 本当に綺麗ではあるんですが、どちらかとこれからのバラのシーズンの方が綺麗なのかな?。
 あと里山ガーデンと見比べてしまうと....。
 
 あと何より港の見える丘公園は横浜の観光名所の一つ、とにかく人が.....。

 まぁバラが咲き始めたら、また改めて行くことにしましょう。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

DSC-RX100M5試し撮り

 前回の記事の続き。
 DSC-RX100M5をせっかく買ったので、早速試し撮り

 購入翌日の4/14土曜日。この日八王子まで法事へ。
 冠婚葬祭用セカンドバッグに財布、iPhone、手帳、モバイルバッテリー、RX100M5が一緒に悠々入ります。

2017042301

2017042302

2017042303

 横浜ではソメイヨシノがかなり散ってしまってましたが、八王子はまだほとんど葉も出ておらず、散りはじめ程度。枝垂れ桜は満開。まさに見頃。


2017042304

 法要のあと、高尾のうかい竹亭へ。
 竹林の中にある殆どが離れのお部屋の懐石料理のお店。



2017042305

2017042306

2017042307

2017042308

2017042309

2017042310

2017042311

2017042312

2017042313


2017042314

2017042315


2017042316

 試し撮りには絶好のロケーションでした。
 本来ならもっと慣れてからだったかもしれないが。

 翌日4/16はお昼すぎまで仕事。

2017042317

 仕事帰り。三浦海岸にて。
 これから平日は仕事のカバンにはコンデジを入れっぱなしにするつもりなので、こう言う写真も増えそう。
 X10もそうするつもりだったんだけど。やはり大きいんだ。
 そういう意味でもNikon DLより良かったのかも。



 それから横浜北仲マルシェ

 2017042318

 クラフトジン買っちゃいました。


 その足で3月25日(土)から6月4日(日)までの間行われている第33回 全国都市緑化よこはまフェアの会場の一つ、赤レンガ倉庫周辺へ。

2017042319

2017042320

2017042321


2017042322

 ちなみにこれがこのカメラの最高のシャッタースピード、1/32000で撮った画像。
 もっとアップで撮るべきだったかな?。



2017042323


2017042324

2017042325


2017042326


 第33回 全国都市緑化よこはまフェアの会場は点在しており、全部見切るのにもかなり時間がかかりそう。
 おそらく、ゴールデンウイークは全国都市緑化よこはまフェア回りでおわりそうな。

 昨日4/22。
 午前中は仕事の後、野毛、吉田町、みなとみらい、福富町ブラブラ。

2017042327

2017042330

2017042331

2017042332

2017042333

2017042334

2017042335


2017042336

2017042337

 よく感じたのはセンサの大きさ。
 1インチはやはりそれなりに大きい。

 次にEVFはやっぱりあった方がいいけど、ちょっと中が小さすぎるかな...。中の文字を見るのにちょっと一苦労。

 AFに関しては、「あっ、そこに合ってたんだ...と」家に帰って、大きな画面で初めてフォーカスポイントが違っているのに気づくのがちらほら。
 これはAFの使い方をもう少し勉強すべきかな?。
 まだ取説も全然読んでないし。

 取説はPDFでダウンロードもできるみたいだし、もうちょっと読み直そう。
 本日はこれからお仕事。ちなみに来週は東京で試し撮り予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧