瀬戸内の美食!(2019愛媛旅行2日目 その2)

 しまなみ海道に戻り、隣の生口島へ。
 生口島は広島県尾道市。自身初の広島県です。

 2019012735

 まずは浄土真宗本願寺派のお寺、耕三寺
 「西の日光」などと称されてますが、実は大正・昭和期に大阪で活躍した実業家の金本耕三が故郷の母への感謝を込めて昭和11年年に創建した昭和生まれのお寺。
 日光東照宮陽明門を模した孝養門、平等院鳳凰堂を模した本堂などお寺と言うより観光地としての位置付けの方が近いんですな。15棟が登録有形文化財だと言うのもすごい。

2019012736

 入ろうとすると入館料がなんと1,400円!。
 博物館などもあり、全部見ればそこまで割高ではないのかも知れないんですが、そこまで回るほどの時間もないので、入口手前から見学して退散。でも確かに私財で作った建物としては凄すぎる。

2019012737

 お昼は「たこ処 憩」。
 水曜どうでしょうファンならよくご存知なお店。サイコロ6で法隆寺から松山へレンタカーで向かう際に寄ったお店。洋ちゃんが「たこの憩い処、たこ八」と最後まで店名を間違え続けましたが。

2019012738

 サイコロ6では耕三寺からたこ処 憩まで車で移動しているように見えますが、実は耕三寺とたこ処 憩は真向かい。

2019012739

 食べたのはたこめし定食(ゆき)。たこの天ぷら、たこめし、たこの酢の物。

2019012740

 たこが美味い!。特にたこの天ぷら。歯ごたえが違う、噛めば噛むほど味が出る。やはり鮮度でしょうか?。
 瀬戸内の美食、満喫!。

2019012741

 ちなみにカウンターにはこんなコーナーが。
 日本全国から藩士(熱狂的水曜どうでしょうファン)が聖地巡礼でここを訪れているんでしょうねぇ。

2019012742

2019012743

 生口島のもう一つの名物が瀬戸田レモン
 国産レモンの発祥の地で、今も国内出荷量トップを誇ります。
 土地の半分が傾斜地で日当りがよいこと、夏の降水量や年間の降水日数が少ない、温暖な気候がレモンの栽培に適しているんですね。
 レモンの国内消費の9割以上が海外輸入ですが、皮ごと使うカクテルやレモンサワーには農薬の使用量が圧倒的に少ない国産レモンの方が絶対に適しているんです。

 気になっているみかんはよく見ますが、レモンは初の経験。
 瀬戸田レモンガンバレ!。

2019012744

2019012745

2019012746

 写真を撮りながら、しまなみ海道で今治に戻ります。

2019012747

 来島海峡サービスエリアまで戻ってきて観光終了。

 ここで、15時。
 この日の帰りの飛行機は17:40。レンタカーの返却、チェックイン、お土産の購入を考えると、出発1時間前には松山空港に帰りたいところ。
 車のナビをセットすると、到着予定時刻が16:50。おっ、すでに予定到着時刻に間に合わないじゃん!。
 さらに松山空港へは松山市の中心部を通るため、時間が読めません(松山市中心部は結構混むのです)。

2019012748

 途中こんなのありました。
 そう言えば、今治ってニュースで言ってましたもんね。
 しまなみ海道から見えます。

 往路で通ってきた国道317号を戻ります。
 飛ばそうとしますが、朝ほど空いてはおらず、時間短縮できません。

 松山市中心部からは車のナビだけでなく、iPhoneのGoogleのナビも駆使しますが、やはり混雑でなかなか先に進みません(日曜日の夕方ですし)。

2019012749
 
 それでもなんとかナビ通り、16:50にはレンタカー屋さんに到着。
 手際よく、返却処理も終わり17時前に松山空港着。

 お土産も買い終わって、早めに出発ロビーに行って、道後ビールでも飲もうかな?。2階の保安検査場に行くと....。

2019012750

 保安検査待ちの行列がすごいことに。

2019012751

 レストランゾーンまで並んじゃって並んじゃって......。
 「コレ間に合うか?」と思っていたが「17:40の東京行きにお乗りの方〜!」と地上職員さんの呼び出しが。
 優先入場させてもらい、無事、保安検査通過。
 何が原因かわかりませんが、結局、搭乗開始も遅れ、28分遅れの18:08に出発。

2019012752

 帰りはJAL431便 ボーイング737-800。レジ番JA338J。なんと偶然にも行きと同じ機体でした。
 羽田着も遅れを巻き返せず、予定より17分遅れの19:17に羽田着。

 いつものことですが、今回もしっかり愛媛を満喫して帰ってまいりました。
 うーんでもまだ四国は行きたいところいっぱいあるんですよね。
 まぁ香川、徳島はロクに行ってないしなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今治観光(2019愛媛旅行2日目 その1)

 愛媛2日目。
2019012701

 前日と打って変わって晴れてます。絶好のフォト日和。

2019012702

 まずはカンデオホテルズ松山大街道店自慢の朝ごはん。

2019012703

 最上階のレストランで食べる朝ごはん。松山の街を一望できるので気分は最高です。

2019012704

 大街道の入口にあるので、大街道のアーケードを見下ろすこともできます。

2019012705

 ガッツリ食って、出発です。

 2日目は未踏の今治に向かい、そのあとしまなみ海道をドライブする計画。

 まずは松山から今治へ。

 松山~今治間は高速道路はあるものの、かなりの遠回りを強いられます。
 ナビで調べても高速道路は推奨ルートには入りませんし、ネットでいろいろ調べても選択肢には入らない様です。

 で、最短ルートは山を越える国道317号。
 しっかり整備されてますが、結構なワインディングロード。でもガラッガラ。
 松山~今治の最短ルートでこの程度か....。

2019012706

 途中で見えてきたのが石手川ダム
 国交省管轄のダムで堤高は、松山市で最も高い建築物であるいよてつ髙島屋の観覧車よりも2メートルほど高いそうです。

2019012707

 放水もしてました!。

2019012708

2019012709

 ダム好きですが、実は存在すら知らず、思わずパシャパシャ。

2019012710

 松山から約1時間10分、最初の目的地、今治タオル本店

2019012711

2019012712

 今治タオル工業組合が定めた厳しい品質基準をクリアした今治タオルブランドのタオルのみを販売しているお店。

 折角今治まで来たんだもの。タオル買わなきゃ!。
 もともと来る直前に普段使いのバスタオルがかなり傷んできたので、折角なので買い替えましょうと言う計画でした。

2019012713

2019012714

2019012715

2019012716

 もちろんですが、タオル、タオル、タオル!。

2019012717

 今治タオル工業組合加盟の100社以上のタオルが展示、販売されていて、この白いタオルも全てメーカーが違ったりと製品が違ったりと選びたい放題。

2019012718

2019012719

 バスタオルはこの今治の本店でしか購入できない限定品を購入。
 その他も随分と買い込んでしまいました。

2019012720

 またお店の向かいには今治タオルのことを知ることが出来る今治タオルLABが併設。

2019012721

 LABの真ん中には稼働することができる織機が設置されており、なんと先ほど購入した本店限定バスタオルのデザイン違いが。
 係員さんに聞いたところ、「本店限定バスタオルは全てこの織機で織ってます!」

 自分が購入したタオルを織った織機を見るなんて経験、まずできません。

 しかも目の前で動かしてくれました!。

 結構うるさいです(笑)。

2019012722

 今治タオルの品質の基準として「5秒ルール」と言うのがあり、タオルの切れ端を水につけ、5秒たっても水面から沈み始めないと、今治タオルとしては失格。

2019012723

 実際に検査合格品と不合格品を比較体験ができるのですが、合格品はすぐ沈むのに対し、不合格品は全然沈み始めない。これが吸水性の差。
 糊抜きが不十分だったり、柔軟剤の使用量が多いと不合格となるそうで、家でタオルを洗う場合は柔軟剤は入れすぎると吸水性が落ちるので気を付けて欲しいとのことでした。

2019012724

 写真撮影ALLOK。抜群のinsta映えスポット!。

 今治から広島県尾道につながる西瀬戸自動車道、愛称しまなみ海道に乗ります。

2019012725

 見事な快晴。最高のドライブ日和です。

 一旦大三島でしまなみ海道を降りて、道の駅 多々羅しまなみ公園で一休み&フォト散歩。

2019012726


 目の前は広島県尾道市の生口島と愛媛県今治市の大三島を結ぶ多々羅大橋、絶景!。

2019012727

2019012728


 普段東京湾の汚い海ばかり見ている自分にてとって、瀬戸内海のきれいな海はとっても驚きです。

 道の駅 多々羅しまなみ公園から車で10分程度。

2019012729

 伯方の塩 大三島工場

 ご存知、伯方の塩の生産拠点。
 伯方島にも伯方の塩の工場にもありますが、お隣の大三島も工場があり、こちらのみ工場見学が可能です。

2019012730

 ですがなんと工場内撮影禁止!。ブロガー泣かせ......。

 工場とは言っても機械がガッチャンガッチャン動くのは塩を袋詰めするゾーンのみ。
 塩を溶かして乾燥させて....ってのが大部分なんですが....真っ白な片栗粉のような伯方の塩が大量に自然乾燥されている光景はかなり圧巻です。

2019012731

2019012732

 で、ここの名物と言えば「伯方の塩ソフトクリーム」

2019012733

 ソフトクリームミックスの中にも伯方の塩を入っている上にさらに塩をかけて食べます。
 しょっぱいけど美味!。リキュール、Bols Blue使ってるんですって!。

2019012734

 あとこちらで売られていた芋けんぴが美味。
 ほっこり柔らかい芋けんぴで塩は当然伯方の塩。伯方の塩含めて売店で衝動買い。

 しまなみ海道に戻り、隣の生口島に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TOHOKU EMOTION(2018東北旅行4日目 その2)

 久慈から八戸へ戻ります。

2018080539

 ここからは「TOHOKU EMOTION」に乗ります。

2018080540

 「TOHOKU EMOTION」は非定期で一日一往復する八戸線のレストラン列車。

 午前中は往路ランチコース。午後は復路デザートビュッフェ。

 本当は午前中の往路のランチを味わいたかったんですけどね。予約しようとした時には満席だったので、仕方なく復路を選択。

2018080541

 ホームには昨日乗って来たリゾートうみねこが入線中。
 見ての通り、この時も雨が降っていました。

2018080542

2018080543

2018080544


 車内はとっても素敵。流石は人気列車。元フェラーリのデザイナー・奥山清行氏がデザイン担当。
 東北の伝統工芸をインテリアに用いたりとかなり凝ってます。

 4人部屋の個室もありますが、我々は2人なので、2人席に。

 ちなみに満席。
 日曜日とは言え、人気ありますね。

2018080545

 オープンキッチンでは最初に出すアソートプレートの準備中。
 
2018080546

 久慈を出発。係員さんが大漁旗を振ってくれてます。まさしくあまちゃんの世界。

2018080547

 最初に出てくるのはアソート。
 フルーツのババロア、チョコレートバナナブラウニー、マンゴープリン。

2018080548

2018080549

2018080550

2018080551

2018080552

 その後、オープンキッチンにてケーキの取り放題。
 チーズケーキ、パウンドケーキ、タルトにフロマージュ、キャスノア、杏仁ブランマンジェ。
 年2回担当シェフが変わり、年4回メニューが変わるシステム。
 今回はホテルメトロポリタン盛岡の熊谷 崇氏が担当。

 リピートしても飽きないので、地元の人も結構乗っている様子。

2018080553

2018080554

2018080555

 デザートだけでなく、生ハム他オードブルも味わえます。
 ピクルス、シーフードマリネ、ゴーダチーズにクリームチーズ。
 
 甘いものだけだと飽きるので、これはありがたい。

 飲み物はオレンジジュースやりんごジュース。コーヒー紅茶、ハーブティーなどなど。
 あと数量限定ですが、ビール、ワイン、シードルなどのアルコールも。
 アルコール含め、全て飲み放題。

 デザート列車なのにアルコールとオードブルで十分昼飲み。
 豪勢です。


2018080556

2018080557

 本来であれば、三陸の素敵な海を見ながらの….なんですが、海は前線通過で大荒れ。

 晴れてればねー。
 夏って感覚はない。

 2時間弱の贅沢旅行。4500円のコース。
 それでもあと30分ぐらいあればもっとゆったりできたかなー。

2018080558

2018080559

 八戸に到着。

2018080560

 新幹線まで時間があるので、BAR SHADOWのマスターに教えていただいた市の内陸部に位置する郊外型食品市場、「八食センター」に向かいます。

 八戸駅から約1時間に一往復、片道100円で約10分程度。

2018080561

2018080562

2018080563

 とにかく大きい。
 まさに八戸のアメ横。
 八戸線陸奥湊駅前で鮮魚などの小売を行っていた業者の一部が組織して移転したのがきっかけとのことなので、新鮮な八戸の海の幸がぎっしり。
 とにかく食に関するものならなんでもある。

2018080564

 明日の晩御飯用に松前漬や青森牛を買い込み。

 場内で買った魚や肉を七輪で焼いて食べられる七厘村なんてのもあるそうです。

2018080565

 お土産品もどっさり。南部せんべいもこの通り。

2018080566

 買い込むもの買い込んで、八戸から東北新幹線へ。
 お腹パンパンで車中大爆睡。

 帰り、上越新幹線の車両故障の影響で大宮から進まない。

2018080567

 初めて上野で途中下車。

 でもよくよく考えると、上野東京ラインがある今、横浜まで行くならわざわざ特急料金数百円かけて東京まで乗る理由もないんだなって。

 3泊4日の東北旅行。
 仙台〜八戸〜久慈なんて旅行する人いないだろうなぁ…。
 いつものことながら飲んで食べて、楽しい旅行でございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三陸鉄道北リアス線乗りつぶし(2018東北旅行3日目 その2)

 14:07に久慈着。

2018080417

 初めての久慈をほとんど拝むことなく、すぐに乗り換え。
 14:13発の三陸鉄道宮古行へ。

 応援している第三セクター三陸鉄道に運賃払って乗って応援してあげたくて。
 前回の三陸旅行の際に宮古から暫定開業していた小本まで乗車していたので、今回は逆側の久慈から小本まで乗ってUターンでまた久慈まで乗って帰ってこようと。
 前回来たときは駅舎、路盤など大打撃を受け、かなり長い区間が運行見合わせになっていた三陸鉄道北リアス線。
 2014年に全ての区間の運転が再開され、三陸の皆様の足となって運行中。

2018080418

2018080419

2018080420


 かつては瓦礫が多くみられた車窓ももう、瓦礫は全く見られず、
港、大きな太平洋、建築中の防波堤、そして建設中三陸北縦貫道路を拝めます。北三陸は復興に向けてがんばってます!。

2018080421

2018080422

2018080423

 堀内駅NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で主役の天野アキちゃんが住んでいた天野家の最寄駅「袖が浜駅」のロケ地になったところ。
 ドラマでは海女さんがうにを獲っている「袖が浜海岸」の最寄駅の設定になってますが、実際には堀内駅は海から15キロ近く離れています。

2018080424


 絶景スポットに汽車が通りかかると、一旦停車。
 写真撮り放題。

2018080425

 観光案内は運転手さん自らマイクを持ってアナウンスしてくれます。

2018080426

 久慈駅から約1時間。岩泉小本駅に到着。
 かつては小本駅でしたが、2015年に駅舎が新設された小本津波防災センターと兼ねるようになり、駅名も岩泉小本駅に改名。

2018080427

 以前は観光センターを兼ねてましたが、今やほぼ役所。駅らしさは全くなし。
 以前は復興商店街などありましたが、今は普通の田舎の駅前。
 鉄道に乗りっぱなしで、昼ごはんを食べそこなっていた為、駅前のローソンで昼食を買い込み。30分滞在した後、Uターン。

2018080428

 支払いは基本整理券をもらって車内で支払するローカル路線ではおなじみの後払いバス方式ですが、岩泉小本駅では切符を買うことが出来ます。しかも硬券!。

2018080429

 15:45に岩泉小本を出発。17時前には久慈に到着。

2018080430

2018080431

 NHK連続テレビ小説「あまちゃん」では「北三陸駅」として頻繁に登場した三陸鉄道久慈駅

2018080432

2018080433

 駅構内からあまちゃんワールド全開!。
 ドラマの中では実在しない軽食&喫茶「リアス」スナック「梨明日」がありましたが、それ以外は久慈駅を忠実に再現しています(ドラマでは駅構内は全てセットで撮影されましたが、実際の久慈駅をかなり細かく採寸し、限りなく久地駅に似せたそうです)。

2018080434

2018080437

 駅前にはドラマでは北三陸市観光協会が入居していたビルが。
 ドラマに出てきた実在しない(笑)北三陸鉄道、潮騒のメモリーズの看板が今も貼ってあります。

2018080435

2018080436

2018080438

2018080439

 駅前の商店街のシャッターにはあまちゃんの絵、「あま絵」がいたるところに。ここまでロケ地に影響を与えた朝ドラ、二度と出ないだろうなぁ。

2018080440

 今宵の宿泊は駅前の久慈グランドホテル

2018080441

 久慈駅が見下ろせる。観光に抜群のホテル。

2018080442

2018080443

 隣が岩手銀行だったんですが、イメージキャラクターが能年玲奈改めのんちゃんなんですね(去年からだそうで)。


 チェックインしたあと、晩ごはん。

2018080444

 訪問したのは喫茶モカ


 軽食&喫茶「リアス」のモデルになったと言われるお店。

2018080445

2018080446

2018080447

 あまちゃんファンの聖地だそうで。
 ドラマのロケ中は出演者が頻繁に訪れていたそうです。

2018080448

 「あばずれの食い物」として登場したナポリタン。

2018080449

 出演者が大絶賛したと言われるたまごサンド。

 喫茶店で夕食なんて初めてかな?しかも岩手県の久慈で。

 この日は食事のリズムがズレズレだったのと、八戸2DAYSでかなり胃が弱っていたので、これで終了。
 地元のスーパーで缶チューハイと乾きものを買って、宿へ。

 スーパーで寄った際に気になったもの。

2018080450

2018080451

 あずきばっとう。

 岩手県(特に宮古らしい)で8月7日に、7回海で泳いで、7回あずきばっとうを食べて無病息災を願うという風習があるそうで。

 お汁粉の中にうどん(はっとう)が入っているそうで。
 ミスマッチの様に感じるけど....(買いませんでした)。

 明日はさらにあまちゃん三昧です!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八戸グルメ、蕪島でウミネコ(2018東北旅行2日目 その1)

 旅行二日目。

 まずは”八戸の台所”に行って、新鮮な海の幸をいただきます。

2018080301

 八戸の台所、陸奥湊。中心街からバスで十数分で着きます。

2018080302

 陸奥湊名物「イサバのカッチャ」(魚売りのおばさん)。

2018080303

 ガイドブック等では八戸市営魚菜小売市場に行って、新鮮なお刺身類を買って、市場の奥の売店でご飯とみそ汁を購入して朝飯を食べると言うのが陸奥湊の正攻法の様ですが(もともとその予定でした)。

 昨日ark LOUNGE & BARの久保さんから、「もっとおススメがある」と紹介されて訪れれたのが

2018080304

 「みなと食堂」。

 それでも既に観光客にも知れ渡っているようで、実に1時間半弱食べるのに時間がかかりました。

 待っている時、すぐ近くにあった魚問屋に車を横付けして出てきたのが、昨日お邪魔した居酒屋あきちゃんのママ!。深夜まで営業して、10時前には新鮮な魚を仕入れに来るんですね。
大変な商売です。

2018080305

2018080306

 1時間半弱待って、食べたのが平目の漬け丼。
 平目の鮮度が物を言っている美味しさ。タレもすごく美味しいです。

 あと八戸名物せんべい汁もいただきました。
 肉や魚、野菜や茸等でダシを取った汁の中に、小麦粉と塩でつくる鍋用の南部せんべい(「おつゆせんべい」とも言う)を割りいれて、煮込んで食べる八戸地方の郷土料理。
 自分はコレ好きだったなぁ。

2018080307

 陸奥湊からバスで鮫駅へ。

2018080308

 そこから徒歩で向かったのが蕪島
 天然記念物のうみねこの繁殖地として有名で、毎年3月中旬頃に南方から数万羽のうみねこが飛来し産卵し、8月に繁殖を終えて旅立っていきます。

2018080309

2018080310

2018080311


2018080312


 8月は旅立ちの時期ですが、うみねこさん、まだまだいっぱいいらっしゃいました(白いの全部うみねこ)。
地元の人たちが大事に保護している為、蕪島にやってくるうみねこさんは人間が近づいても全く無警戒。

2018080313


2018080314


2018080315

 写真も撮り放題。

 鳥類にここまで近づいて写真撮るのは初めてだな。


 蕪島は信仰の島。
 中央に蕪島神社がありますが、社殿は2015年に火災で焼失。
 現在再建中の為、参拝できなかったのが残念。

2018080316

 鳥居には糞が.....。

 鮫に戻り、13:44発の八戸行きに乗って、本八戸に戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セルビア料理とフレアバーテンディング

2018071401

 2週間前の話なんですが、地元飲み仲間とCocktail Bar Nemanjaと言うBARに。

 目的は2つ、セルビア料理と伝説のフレアショーを見に行くこと。

 Cocktail Bar NemanjaMixology Laboratory の2周年イベントの際にオーナーの北條智之さんとご挨拶させてもらった以降何度かお邪魔しているお店。

 北條智之さんは氣水を使うなど、既存のカクテルレシピに囚われない斬新なカクテルを作るミクソロジーカクテルの作り手としてとても注目を集めているバーテンダーです。

 北條さんのもう一つの顔が日本のフレアバーテンディングの草分けとしての顔。
 映画「カクテル」でフレアバーテンディングを知り、本格的にフレアの修業。2013年まで勤めていた横浜「マルソウ」にて披露したところ、売上が3倍増しに。その後世界大会でも数多く受賞、日本のフレアバーテンダーの団体「全日本フレア・バーテンダーズ協会」を自ら設立し、現在は600人規模に。


 その北條さんがシグネチャーカクテルとしているフレアを行うカクテル「ライディーン」を7月を持って封印し、フレアバーテンダーから一線を退くとのこと。
 これは最後に見ておきたいなと。

 またこちらのお店は関東ではほぼ存在しないセルビア料理を食べられるお店。
 物珍しさもあり、一度食べてみたい。

 セルビア料理は北條さんの奥様の久美子さんが作られます。
 久美子さんも大会で優勝経験を持つバーテンダーです(お店でカクテルを作られることはほぼありませんが)。
 久美子さんが大ファンであるセルビア出身のバイオリニスト、ネマニャ・ラドゥロヴィチ氏との出会いがきっかけでセルビアに関心を持ったとか。
(当然このBARの名前の由来でもあります。)


 いただいたのはこちら。

2018071402

 ズッキーニのスープ

2018071403

 ポガチャ
 チーズとハムのパンでちぎり易くなってます。

2018071404

2018071405

 ミモザサラダ。
 野菜、卵、ツナが入ってて、レイヤーになっております。

2018071406

 プリェスカヴィッツァ
 セルビア風ハンバーグ。ラム肉が入ってて、スパイスの効かせ方が独特。付け合せのパプリカのペースト【アイヴァル】もGOOD。

2018071407

 デザート。

2018071408

 セルビアのクッキー、ヴァニリツェ。

 初めてのセルビア料理。美味しかったけど、すごいボリューム。2軒目に寄る気力もないくらいお腹パンパン。
 久美子さん曰く「セルビア人は大食いなんです」
 そ、そうですか...。
 (食べきれなかったサラダはお土産でいただきました)

2018071409

 セルビア料理だけにセルビアのお酒、ラキヤは見事な相性。

 そして、今月で封印されるオーナー北條さんのフレアショー「ライディーン」には大感動!。見に行ってよかった!。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京カクテル7デイズ

 Tokyo International BarShowからたった1週間足らずですが、東京ではもう一つの大きなカクテルのイベントが。

 昨年から始まった東京カクテル7デイズと言うイベント。

2018051801

 バーテンダー、Bar&カクテルファン向けのサイト「Drink Planet」が手掛けるイベントで渋谷、六本木を中心としたバーをとタッグを組み、バーやカクテルの世界を楽しむイベント。


 昨年は参加できませんでしたが、カクテルのイベントと言うことで、興味がわき、事前にいろいろ情報収集したんですが、公式サイトDrink Planetにはそれなりに書いてあるものの、それ以外のイベント紹介サイトには大した内容がないのと、昨年のことに関してレポートしているサイトがほぼ皆無。

 「Village?、カクテルパスポート?」他にイベントに比べてシステムがちょこっとだけわかりづらいので、(行けばわかるんですが)ちょっとだけ細かく紹介したいと思います。イベントそのものはまだ続いてますが、カクテルパスポートの配布が終わってしまっている為、実質今からの参加はできないので、是非とも来年に行こうと思う方への参考資料になれば。
(来年が今年のままのルールであると言う保証もあるわけでもないんですが。)

 まずは参加費から。

 公式ホームページからの事前申し込みで3,800円/税込、当日現地申し込みで4,500円/税込。
 事前申し込みするとメールが届き、これを現地で見せるとチケットにあたるカクテルパスポートがもらえる仕組み(ただし実際には名前を言うだけでパスポートがもらえました)。

 事前申し込みの際、お友達ご紹介キャンペーンを利用すると、おつまみセットが現地でもらえます。カップル等複数で行くのであれば、先に一人が申し込んで、友達紹介コードを発行して、それを他の人が利用すれば、全員が一皿ずつおつまみセットがもらえますので、これは要チェック。

 で、このカクテルパスポートとVillageについて。

2018051802

 チケットにあたるカクテルパスポートがこのイベントに参加する正しくパスポートになります。
 このイベントはVillageと参加した66のバーが会場と言う扱いなんですが、このイベントの中核となるのがVillage。

 まずはVillageに来てパスポートをもらわないと全てが始まりません。
 場所はエコファームカフェ632。東京メトロ明治神宮前駅の駅前です。
 イベントは17日からスタートでVillageは19日まで、あとは各Barで27日までイベント行っています。

2018051803

 パスポートにはBarで1杯無料(1,000円分)のフリーチケットが付いてきます。これは注意点があるので後述。
 カクテルパスポートには各Barの紹介とそのBarで出されるこのイベントの為に用意された特別オリジナルカクテルの紹介、カクテルやBarについてのお話とVillageに出展したポップアップバーのチェックリストが載っています。

 このVillageは開催期間の3日間は出入り自由。そう、3日間どれだけ通っても上記の値段となります。

 Villageには下記の各ブランドのポップアップバーがあります。

2018051804

BACARDÍ 8 / バカルディ8

2018051805

BEEFEATER / ビーフィーター

2018051806

CAMPARI / カンパリ

2018051807

GLENMORANGIE / グレンモーレンジィ

2018051808

GREY GOOSE / グレイグース

2018051809

HENDRICK’S GIN / ヘンドリックスジン

2018051810

HENNESSY / ヘネシー

2018051811

WAPIRITS TUMUGI / ワピリッツ ツムギ

2018051812

 下記Barは各々3種類のカクテルを用意してます。

 各Bar1杯は無料で飲めます。
 1杯飲むとカクテルパスポートのポップアップバーのチェックリストにチェックをしてもらいます。
 もし2杯以上飲みたければ受付でバウチャー券を買えば購入可能(500円)。

2018051813

 またフードもオードブルチックなものが3種類あり、各500円。
 すきっ腹にお酒はよくないので、空腹で来場した場合でも大丈夫。

2018051814

 中庭にはカクテルマルシェなるコーナーがあります。

2018051815

 3種類のジンからお気に入りを選び、目の前のハーブなどを選んでオリジナルジントニックを飲むことができます(有料 500円)。

2018051816

 もう一つはカクテルアイスキャンディ。
 ギムレット、モヒート、ピスタチオマティーニ、アメリカーノ、4つのカクテルの味のアイス(有料 500円)。

2018051817

 私はギムレットを試しましたが確かにギムレット!。
 500円はちょっと高いけど、また食べたい!(ちなみにすごい手間がかかるらしい)。


 Villageもう一つのお楽しみは各種セミナー。
 酒造会社の中の人やトップバーテンダーによるセミナーが無料(レアオールドウイスキー・テイスティング・セミナーのみ5,000円)で受講できます。

 セミナーは定員制。公式サイトから事前申しみをして、当日受付にて名前を言うと、セミナーの参加券をもらえます。

2018051818

 まず受けたのがBols Around The World (BATW)2016/2017日本代表で世界大会で2位入賞したBar Private Podの石村正樹氏によるBOLS Grandfather of GIN ジュネヴァセミナー。
 ジュネヴァとジンの違いとは?。ジュネヴァの製法、BOLSの歴史。テイスティングの他、ジュネヴァのカクテルのテイスティング。

2018051819

2018051820

 カクテルのテイスティングは石村正樹氏の他、BATW2012世界大会ファイナリストのBAR ORCHARD GINZA 宮之原寿美礼さん、同じくBATW2014世界大会ファイナリストのThe Prince Park Tower Tokyo Stellar Garden渡邉由希子さんもカクテルメイキングに参加する超豪華版。

 最後にBOLSジュネヴァのミニボトルまでお土産に頂いて大満足!。

2018051821

2018051841

 BACARDÍ 8 MOJITO WORKSHOPでは一守邦泰氏の指導をのもと、BACARDÍ 8をベースに、様々なフレッシュフルーツ、野菜などを使って参加者オリジナルのモヒートを作り、それ撮影し、テイスティングするワークショップ。
なかなかジントニックやハイボール程度は作っても、自分でモヒート等のカクテルを作る機会はありません。
フルーツやミントを入れて、ペストルでつぶし、シロップ入れて、氷を入れて、ソーダを入れ、最後に飾り付けて完成。

2018051822

 ペストルを使ったのは初めてだったな。

2018051823

2018051824

 ちゃんとモヒートを置く台まで準備され、皆様instagram他SNSに早速アップロード。
 これ、楽しい!。

2018051825

2018051826

2018051827

 WAPIRITS TUMUGI セミナーでは 「TUMUGI」を製造する「いいちこ」でお馴染み三和酒類株式会社スピリッツ開発担当の岡本晋作さんがこのセミナーの為にはるばる大分から上京。新しい和スピリッツ「TUMUGI」の開発意図、こだわり、製法、他のスピリッツとの差別化、そして、普段はまず飲めない使われたボタニカル単品ずつのスピリッツ原酒のテイスティング。

 お話を聞いて、「TUMUGI」に随分興味を持ちました。

2018051828

2018051829

2018051830

 BOLS カクテルワークショップではBOLSのリキュールを使って、各々カクテルを作ります。
 家でBOLSのリキュールは買えないので、ここぞとばかりにカクテル作り。
2種類作らせていただきました。

2018051831

2018051832

 これも、カクテル台に置いてカメラ撮影、そしてSNSにアップ!。

 
 ワークショップ終了後BOLSを販売しているアサヒビールの方とお話ししたんですが、今回の東京カクテル7デイズも女性の来場者がとても多かったので、どうやって来場者はこのイベントを知ったのか?を聞いてみると、これも「SNSが大部分だと思いますよ」とのこと。

(具体的な来場者は知りませんが、3日間ずっとVillageは大盛況でした)


 そして、第二の会場と言える、66の参加Barへ移動!。
 各店舗では先述通りこのイベントの為に各店舗4種類程度の特別オリジナルカクテルが用意され、総トータル 260種類以上のイベントの特別オリジナルカクテルを1杯1,000円で提供されます。
 この特別オリジナルカクテルの1,000円での提供はお店でカクテルパスポートを提示した方だけの特典。

 但し、ここにちょっとカラクリがありまして。
 この金額、税、サービス別となります。
 シートチャージがある店は別途シートチャージがかかり、リッツカールトンなどのサービス料があったり外税のところは別途一杯あたりの金額に上乗せされるので要注意。

 1杯1,000円の特別オリジナルカクテルに上記料金が上乗せされ、カクテルパスポート配布時にもらえるフリーチケットはそれを1,000円引きしてくれるものと覚えておいた方がいいです。
 シートチャージはお店により様々で0円から1,000円ぐらいまで。
 いろんなBarを周るならシートチャージがない店を周るといいかもしれないですね(シートチャージ、サービス料等はカクテルパスポートや公式サイトのBAR紹介ページに掲載されてます)。


 金曜日、1日目にお邪魔したのは翌日のBOLS Grandfather of GIN ジュネヴァセミナーの講師を務められた石村正樹さんのBar Private Pod新宿御苑

2018051833

 こちらでは特別オリジナルカクテルは「Marina Bay Sands Singapore Sling」をいただきました。

2018051834

 その他Bols Around The Worldで出品したカクテルを。


 2日目は六本木でバーホッピング。一軒目は東京ミッドタウンの45階、The Ritz-Carlton, Tokyo / The Barに。

2018051835

 バーカウンターに座ると、タイミングよく新宿新都心のマジックアワーを拝むことが出来ました。

2018051836

 5月16日(水)にChivas Mastersジャパンファイナルが行われ、そのファイナルで日本一になったのがこちらのヘッドバーテンダー、和田健太郎さん。

2018051837

 東京カクテル7デイズの特別オリジナルカクテルではないですが、せっかくなので、Chivas Mastersの受賞作「Forever18」を注文。

 まだお店のメニューにも載ってないオリジナルカクテルの注文で、「お客さん、情報早いですね(笑)」。
 撮影した際は「是非アップするときはハッシュタグ#chivasmasters をお願いします!」と。
 やっぱり重要なんですよSNS。

 最高の景色のBarで最高のカクテルをいただきました。
 カクテルを飲みながら、Chivas Mastersの裏話をいろいろ教えていただきました。

 ちなみに「Forever18」、シーバスリーガル18年と結構良いウイスキー使っているのもあってか、1杯3,000円以上しますので、お財布の中身は余裕を持って。


 2日目2軒目は2度目の訪問、Mixology Experience

2018051838

 特別オリジナルカクテルのHENNESSY VSやシャンパンを使った豪華なスペシャルカクテル、「Arrive the Time」を。

2018051839

 2日目3軒目は霞町の個人の邸宅の地下を改装した隠れ家Bar、「Bar 霞町 嵐
 特別オリジナルカクテルはGLENMORANGIEをベースにした「Glen Sunset」をチョイス。写真を撮るとのことで、さらにinsta映えバージョンにグレードアップしてくれました(笑)。
 ユニークなマスター竹田さんとカウンター越しのトークに花が咲きました。


 これだけ集中的にBarめぐりしたのは初めてでした。

 ほとんどは前々から一度は行ってみたかったBarでしたので、このような機会に周れたのはとても有意義でした。

2018051840

 ちょっと気になるのはinstagram、twitter等で、今回のイベントのハッシュタグ、”#tokyococktail7days” ”#東京カクテル7デイズ” ”#TC7”で検索してみてもVillageでの写真はいっぱいアップされているんですが、Barでの写真がとても少ない。あっても私だったり、公式アカウントのアップだったり。
 どれだけの人がVillageからbarに行ってるんでしょうか?。
 それともBarのカウンターで写真を撮りづらい?。
 (ほとんどのBarでは一言断れば撮影を断られることはありません)。
 やはりなかなかBarのハードルが高いのか?。

 Villageの来場者がBarに向ってくれないと、このイベントの目的が......。
 Villageでのイベントは終了しましたが、各参加Barでの特別オリジナルカクテルの1,000円での提供は27日まで続きますので、カクテルパスポートをお持ちの方でBarに行ってない方は是非とも勇気を出してBarのドアを開けましょう!。
 もし、料金体系がわからなかかったり、特別オリジナルカクテル以外のカクテルの値段とかわからなければ、バーテンダーさんに聞けばちゃんと教えてくれます。Barに慣れてなければ「Bar初心者です!」って開き直るのも手です。特に今回のイベントに参加しているBarのほとんどがBar初心者Welcomeだと思いますので。

 あと、BAR初心者を取り込むのであれば、「~~バル街」でやっているように1枚1,300円*3枚 or 4枚ぐらいのチケット制にして、チケット1枚で税、サービス、シートチャージ込み込みにすれば明朗会計で誰もがBarに行きやすいかな?って思います。なかなかBarの協力を得るのは大変だとは思いますが。


 とても楽しいイベントでしたが、ちょっと気になったのが、スピリッツのセミナーでチェイサーが用意されてなかったこと。スピリッツのセミナーで水なしは厳しいし、テイスティングでも口の中をリンスしないと、違いがわかりづらくなるので、やはり欲しい。
 この会場がカフェだったので、店員さんにお願いして水をもらったので、問題なかったんですが。
 来年も続くか?はわかりませんが、また来年も参加したいですね。
 ​

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都呑み(京都大阪旅行2日目その3)

 祇園から河原町に向います。

2018040753

 やってきたのは2016年に開店した酎ハイ専門のスタンディングバー「sour」。

2018040754

 スーパーの果物売り場か?ってぐらいフレッシュフルーツがバックバーにギッシリ並べられて、それがてんこ盛りに酎ハイの中に入ります。

2018040755

 私はイチゴとマンゴーのソルベの酎ハイをオーダー。
 ウォッカベースの酎ハイと思われますが、女性客を意識してか?アルコールは弱め。

 スタンディングバーとしてはびっくりの女性比率。16時頃訪問したんですが、スタンディングで30人近く入っててお店はギュウギュウ。
 そんな中男性は私含めてたった2人!。

 みんな注文した酎ハイを撮影してSNSにアップ。やっぱりinstagramですかね?。

 これは話題性で東京にも似たようなお店ができそうですね。

 そして、京都呑みの最後は、「Bar-Rocking chair」へ。

 IBA World Cocktail Championships の2016年東京大会で総合優勝に輝いた坪倉健児さんのお店。

2018040756

 店先はとっても和風な佇まい。さすがは京都。

 前日、Bar Kにて「Bar-Rocking chairは混雑するので、開店の17時きっかりに行ったほうが良い」とアドバイスを受けて、17時きっかりに着いたら開店を待つ人が何人も。そして開店後10分程度で満席。すごい人気です。
 更に言うと、外国人が多かった。やっぱり世界一のネームバリューは絶大ですね。

2018040757

2018040758

2018040759

 中も民家を改造したとってもシックな作り。当然ロッキングチェアもありましたよ。

2018040760

2018040761

 ジントニック、アラスカ、そして世界一を獲得したオリジナルカクテル「THE BEST SCENE」

 どれも本当に美味しかった。
 お店の雰囲気もよく、バーテンダーさんとのお酒のお話も楽しかった。

2018040762

 フードも揃ってて、しっかり晩ごはんも頂いて大満足の京都呑み終了。

 京都駅でハイボールとおつまみを買い込み帰路へ。

 ココ最近は蒸溜所、バー有りきの旅行をしてますが、結局、蒸溜所やバーがあるところにはちょっと移動すれば、いくらでも楽しめる観光名所はあるわけで、いっぱいある行ってみたい観光地の中でちょうど良いスポットになるわけです。

 まだまだ行ってみたい蒸溜所やバーはいっぱいあります。特に蒸溜所は新たに開設された蒸溜所が増えましたので、見学が可能になると、何処に行くべきか?大いに悩むことになりそうです。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タカナシミルクレストランのフレッシュチーズ&クリーム バーランチ

 年末(大晦日)の話ですが、

 29日までお仕事でしたが、年賀状も、大掃除も松飾も終え、ちょっとお出かけ。

2017010601

 近場のみなとみらい。
 普段土日はいつでも多くの観光客で混雑しているみなとみらいもこの日ばかりは空いてました。

2017010602

 お目当ては10月にクイーンズスクエアにオープンしたタカナシ乳業直営のレストラン「タカナシミルクレストラン」。

2017010603

 地元横浜市の企業、タカナシ乳業の直営レストランと言うこともあり、かなり気になっていて、実はずいぶん前からお店の前を通り過ぎてはいたものの、あまりの混雑でスルーしていたんですよね。

 この日はランチタイムど真ん中でしたが、約40分程度の待ち時間(私たちが帰るころには10~20分程度で入れそうでした)で入店。

 オープンしたてだと言うのもありますが、とっても素敵な内装。

 土日休日は11時から17時まではランチタイム。それ以降がディナータイム。
 (平日は15時から17時までカフェタイム)

2017010604

 ランチはパスタ、サラダ、メインディッシュ(この日はハンバーグ)、ラクレットドリア、スープ、カレー、ステーキのうち、どれかを注文するランチプレートが基本。これにオプションで飲み物やデザートを注文。
 そしてこちらのお店の一番のウリはランチプレートについてくるフレッシュチーズ&クリームバー。

2017010605

 毎日5種類のフレッシュチーズやクリームが用意されていて、パンや、蜂蜜、ジャムと一緒にいただきます。
 一番最初に全種類を出してもらいますが、それを食べきったら食べ放題。

2017010606

 私はランチプレートはラクレットドリアを注文。
 ラクレットチーズたっぷりのドリアはとっても美味しかった。
 この日のフレッシュチーズ&クリームバーはモッツアレラチーズ、サワークリーム、リコッタチーズ、マスカルポーネチーズ、フロマージュブランデゥノルマンディ。
 サワークリーム、マスカルポーネチーズがとってもお気に入りになりました。

 結構満足度は高かったな。
 今度は夜にも来てみたい。

 ちなみにここに置いてあるチーズやクリームはタカナシ乳業のECサイトで売っているようで。
 まぁタカナシ乳業としてはココで同社の製品の良さを知ってもらって、ECサイトでの購入につなげたいと言うのが狙いなんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿児島市観光&ステイ(鹿児島旅行3日目 その2)

 むじゃきで昼食の後、鹿児島市内観光。

 とは言っても半日しか時間が取れないので、一点集中。市内を歩きながら名勝 仙巌園を目指します。

2017071520

2017071521

 iPhoneで最も仙巌園に早く行けるバスを探しながらブラブラ。

2017071522

 そうすると、こんなのが。

 そうそう、来年の大河ドラマは西郷隆盛なんですよね

2017071523

 むじゃきを出て約1時間。鹿児島市内中心部から最も北にある名勝 仙巌園

2017071524

2017071525
 
 仙巌園は万治元(1658)年、19代島津光久によって築かれた別邸。
 明治になってからも迎賓館的な使われ方をしていたようで。

2017071526

2017071527

2017071528

2017071529

 さすがは島津家の大名庭園、とにかく広い!。
 回りきるのにもかなりの時間がかかります。
 ちなみに大河ドラマ「篤姫」のロケでも多用されたそうです。

2017071530

2017071531

2017071532

 敷地内には島津薩摩切子工房の直営店。

 薩摩切子って本当にきれいですよね。
 これで、焼酎やウイスキーのロックでも飲みたいなーなんて思いつつも、ロックグラスで数万円.....。

2017071533

2017071534

 明治時代に29代島津忠義が消失した鹿児島城の代わりとして本邸として使用していた御殿。
 公爵一家の優雅な生活ぶりを体感できます。

 仙巌園を出て一旦お茶休憩。

2017071535

 入ったのはスタバ。

2017071536

 今年3月にオープンしたてのスターバックス コーヒー 鹿児島仙巌園店
 島津家ゆかりの登録有形文化財 「旧芹ヶ野島津家金山鉱業事業所」をリノベーションして利用しています。

2017071537

2017071538

2017071539

2017071540


 とっても素敵!。
 三連休初日だったこともあり繁盛してましたね。
 最近あんまりスタバには入りませんが、折角なのでお茶しちゃいました。

 スタバのあとは尚古集成館に。

2017071541

 こちらは幕末に藩主島津斉彬が富国強兵・殖産興業を目指した工場群「集成館」の工場建屋。
 紡績・大砲製造から硝子・ガス灯・薩摩焼、さらには養蚕まで行い、幕末〜明治の薩摩藩の礎を気づいたんですな。
 こちらは2015年に世界文化遺産に指定されています。

 館内には当時の島津家の紹介、集成館事業の紹介などなど(館内撮影禁止でした)。


 集成館を見終えると、既に5時過ぎ。
 宿にバスで戻り、酒場へ。

 向かったのはやはり天文館周辺。

2017071542

 暖簾をくぐったのは「味乃さつき」。

 太田和彦氏の「日本百名居酒屋」に認定された店。
 鹿児島は全然わからなかったので、こう言うの頼みです。


2017071543

2017071544

 刺し盛り、つけ揚げ。本当に本当に美味しかった。


 ちょっとお肉が食べたかったので、店チェンジ。

 鹿児島といえば黒豚、しゃぶしゃぶが多いですが、しゃぶしゃぶって気分ではなかったので、焼きしゃぶなるメニューがあったので入ってみた「薩摩旬菜厨房 且坐」と言うお店。

2017071545

 焼きしゃぶといってもまぁほぼ鉄板焼きなんですが、キッチリうまかった。
 
 店員さんに「しゃぶしゃぶの他にも焼きしゃぶってのは鹿児島独特の食べ方なんですか?」と質問したところ、「うちのオリジナルでーす」。
 あっ、そうですか....。

 夜の繁華街に来ましたので、やっぱりBar探訪したくなるのです。

 訪れたのは「ショットハウス ハイブリッジ
 1985年創業の鹿児島の名店。
 お世辞にもきれいとは言えない雑居ビルの2F。今まで地方で入りづらいBARに入って来ましたが、トップクラスの入りづらさです。

2017071546

 重厚なドアを開けると、とっても長いカウンターの超正統派オーセンティックバー。

2017071547

 席について驚くのはバックバーのウイスキーに全て値札がついてる!。
 これは初めて見る光景。ある意味ウイスキー頼むときビクビクしない!。

2017071548

 まずは一杯目はマイ定番サイレントサード。

 Dewarsのサイレントサード。締まった味わいで美味しかった。

2017071549

 二杯目はマルスの「熊本バーテンダーズ プロジェクト ブレンデッドウイスキー」。
 熊本のバーテンダー有志が地元復興を目的に設立したプロジェクトのオリジナルウイスキー。
 (売上の一部が熊本城の復興支援に寄付されます)。

 実は津貫蒸溜所にてまだ残っていて、買ってあったんですが当分の間は開けないだろうと思い、こちらで飲ませてもらいました。
 マルス独特のシェリー感は薄く、柔らなか味わい。ピーティーもかなり控えめ。
 比較的誰でも飲みやすく....って感じのウイスキー。

 帰りに締めのラーメン。

2017071550

 鹿児島市民にとっても愛されているラーメン屋さんとのことで、寄ってみた「のり一
 とっても繁盛してましたねぇ。かなり広いお店なんですが、入るまでに数人待ちでした。

2017071551

 透き通った豚骨だしのラーメン。ちょっと少なめで500円とまさに締めラーメン。
 かなりあっさり出汁なので、確かに締めに持ってこいなんですが、自分にはあまりにもあっさり過ぎたかな....。

 鹿児島の夜、満喫!。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧