« プロギングを試してきました | トップページ | 献血127回目 »

真鶴半島一周ウォーキング

 5月3日の話。

2022050301

 GWに1日ぐらい夫婦でお出かけしましょうと。

 妻が真鶴に行ったことがないと言うことで自分もウォーキングをしたいなと思い(膝を痛めている為、現在長距離を走ることができなくなっております)、じゃあ真鶴にウォーキングにでも行きましょうと。

 今年のGWはコロナ自粛が和らぎどこもかしこも混雑が予想されてましたが、真鶴半島ならそこまで混まないだろうと。

 

 どう言うコースでウォーキングすればいいかわからなかった為、いろいろ調べるとYAMAPがとっても便利。こちらの活動日記にて読者さんがレポートを掲載しており、しかも歩いたコースをGPSデータとして残してくれてるんですよね。

 これをiPhoneのgoogleMapアプリのマイマップとGARMIN ForeAthlete 745に取り込みます。

 今回はこちらの方のマップを借用しました。

 

 ゆるトレ日記『根府川〜真鶴半島一周』

 

2022050302

 googleマップではこんな感じででコースマップが出来上がります。凄い時代です。

 まずは横浜から東海道線のグリーン車で朝ごはんを食べながら....と思っていたのですが、いざ乗車するとほぼ満席。間一髪で並びの2席を確保できたものの、大船辺りからはグリーン車の切符を持ちながらも立ち席の方々が。

 GWに指定席等を確保して旅行をするなんてほぼしたことがなかった為、無警戒でした。

 

2022050303 

 早川で下車。

 ここから歩きます。

 コースマップはお隣の駅の根府川からですが、今回のウォーキングは「鎌倉殿の13人」のゆかりの地も周ろうと言うことで、まずは初めて源頼朝が平氏勢力に兵を挙げた石橋山の戦いの古戦場を最初のポイントに。

 夫婦で大河ドラマ「鎌倉殿の13人」にハマってまして。

2022050304

 まず寄ったのが早川の氏神様、紀伊神社

 境内に東海道本線が通っている珍しい神社。

2022050305

 こんな写真が撮れたり。

2022050306

 首都圏とは思えないぐらい相模湾はとてもきれいなんですよ。

 

2022050307

 早川から30分。石橋山古戦場に到着。

2022050308

 中心にあるのが佐奈田霊社頼朝方の先鋒の佐奈田与一義忠を祀っています

 GWとは言え流石に観光客は3組程度。

2022050309  

 そこから約45分で根府川駅を通過し、白糸川のほとりにある根府川の関所跡に。

2022050310

 この周辺の関所では箱根の関所の次に重要視された関所だそうですが、関東大震災で埋没し、さらに新幹線工事等で河床が移動し、本来の関所跡は河床とのこと。随分と数奇な運命を。

2022050311

 ですんでほぼ真上を東海道新幹線がビュンビュン走り抜けていたり。

 

 ここから真鶴迄は山越え。

  白糸川と言うと撮り鉄さんには有名な場所。

2022050312

 こんな写真が撮れるんですよ。

 季節柄ツツジが映えます。

 ちなみに一人ほど撮り鉄のおじさんが待機しておりました。

 その人は約1時間後のサフィール踊り子狙いだったようです。

 

2022050313

 そこから約20分歩くと是非とも訪れたかった、パン屋さん麦焼処 麦踏」。

 豊臣秀吉が小田原攻めの際に、諸将の労を慰める為、千利休に命じて作らせた茶室「天正庵」の跡地。

2022050314

 この歴史的な場所に建つ古民家をリノベーションしたお店。

 使用している小麦は全て神奈川県産小麦。オーナー自らも小麦を生産しているそうで。 

 かなり人気のパン屋さんだそうで午前中に売り切れる場合もあるとのことで、ちょっと焦ってました。

(向かう途中旧真鶴道路で何人もこちらのパン屋さんの紙袋を持った方とすれ違ったので)

2022050315

2022050316

 まだパンは残ってましてお店がある古民家の縁側でパン休憩。

2022050317

 コース沿いにあった江之浦測候所時間もなかったので中には入らなかったんですが、家に帰ってから調べてもこれが何なのか?がよくわからない。

 

2022050318

 小田原市から真鶴町へ。4時間かけてやっと真鶴半島に入り、岩海岸へ。 

 ここはかつて源頼朝が石橋山の戦いのあと房総半島の安房へ向かうために船を出したと言われるところ。

2022050319
 

 ちゃんと碑も立ってたり。

 でも真鶴道路の新道が建設されており、情緒がなくなっていたり。

2022050320

 海岸線は道がなくなるの一旦山を登って、真鶴港へ

 午後2時を過ぎて、いくら途中でパンを食べたとは言え、流石に空腹。

 ググって見ると最初磯焼バーベキューのお店を見つけ訪れるとなんとこの日は貸切。

2022050321

 他のお店を....と探して入ったのが「磯料理 魚伝」。あじ料理のお店です。

2022050322

2022050323

 頼んだのはあじのたたき定食。2000円以上するので、結構強気だなと思いましたが、味もよかったし、なによりサービスでさらにアジのひらきも付いてきたので、まぁ結果オーライかな?と。

 そこから約1時間かけて真鶴岬へ。

 県立の自然公園である真鶴半島の先の方まで来ると一気に観光客が増えます。

 ここまで真鶴港に多少磯釣り客と隣の琴が浜に近隣から来たと思われる磯遊びに来たファミリーがそこそこいた程度でしたが、ほとんどの観光客は車でいきなり岬まで来ちゃうんですね。

 我々みたいに東海道本線の2駅前から徒歩で来る人なんていやしない(笑)。

2022050324

 歩き始めて7時間。4時過ぎにやっと真鶴岬に到着。

 真鶴岬のシンボル三ツ石がお出迎え。

2022050325

 岬と言っても岩場の海岸。

 時間的にもう帰ろうとしている人が多いこと多いこと(当然)。

 天気も良く、隣の伊豆半島のかなり先まで見通すことができました。

 バスもありましたが、ここまで来たら真鶴駅までウォーキングで真鶴半島の尾根を通って最後のスパート。

2022050326

 途中で、こんなものが

「石原プロモーション寄贈の消防自動車」

 石原プロって真鶴と所縁あったっけ?。

 調べたらこんなことだったそうです。

寄贈の放水車、車検切れる石原プロから真鶴へ…整備に2千万円必要:タウンニュース

2022050327

 歩き始めて実に8時間半。日も暮れかけた5時半にゴール真鶴駅到着。

 歩いた総距離22.7キロ。まぁよく歩きました。普段のランニングでは21キロぐらいは走るんですが、歩いて22キロは初めて。しかもアップダウンだらけ。結構太ももに来ましたね。

 で、GARMIN ForeAthlete 745のナビ機能ですが、これ便利でした。

20220503282022050329

 745は地図が入ってませんが、曲がるポイントではちゃんとアラートが出てくるし、ゴールまでの距離も、今のペースでの想定ゴールタイムも表示されます。

 取り込んだデータは歩き始めた早川駅の一つ先の根府川駅がスタート地点だったわけですが、そこから始めてもコースまでの距離、そこまでの距離を加味しての想定ゴールタイムまで表示され痒い所に手が届く機能。これとっても便利。これからハイキング行くときは必須になりそうです。

 (スクリーンショット画像は後日家の近所で別のGPSデータを使用したものです)

 帰りは小田原の居酒屋さんで晩酌。

2022050330

 小田原の特産品であるレモンとキリンビールのアルコール飲料とのコラボレーションによる「キリン氷結+湘南潮彩レモン」が小田原駅前東通り商店街で、期間限定で提供されており、これを狙って飲みにきました。なかなか美味しかったですよ。
 

2022050331

 2軒目はかつて訪れたBar hotel箱根香山にて勤められてたバーテンダーさんが起業したBar「調酒堂 BAR LOUNGE / TERRACE 」にて。

2022050332

 とっても素敵なお店でございました。

|

« プロギングを試してきました | トップページ | 献血127回目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プロギングを試してきました | トップページ | 献血127回目 »