« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

povoに切り替えてみました

 タイトルの通り、メイン機のiPhoneXSの「au」の通信プランを話題の「povo」に切り替えてみました。

 昨年の9月まではiPhoneXSの割賦を払い続けた関係で、au加入当初からの「LTEプラン」(現在は受付終了)に加入しており、iPhoneXSの割賦を除いた電話料金が消費税込みで約8,500円。

 iPhoneXSの割賦が終わり、しかも昨年の7月から1年間無料に釣られ「Rakuten UN-LIMIT」に入っており、メインにそちらを使っていたので、auで使用するデータ量を極力減らしていたので、できる限り安いプランを....と、「ピタットプラン4GLTE」に切り替えてました。

 それで先月までは4,000円弱まで落とすことに。

 そんな中、この早春から各キャリアが打ち出したオンライン契約専用の新プラン。

 かなり早い時期から注視してました。

 「Rakuten UN-LIMIT」ですが、楽天の回線さえずっと拾い続けていられれば満足できたかもしれないんですが、「Rakuten UN-LIMIT」加入時に当blogに書いた通り、本来楽天回線が行き届いているはずの横浜市中心部でも楽天回線を拾うことがほとんどない。実は9か月たった今も目に見える改善はされてません。楽天さん、ひどすぎるよ....。

 楽天回線以外のエリアではパートナー回線(au)を用いる為、本来のスピードで使用すると、使用できるデータ料は5GBまで。

 ですが低速モード(1Mbps)で使う分にはパートナー回線エリアでも5GBの縛りがなく、楽天回線のエリアでは高速回線を使える為、専ら低速モードで使ってました。

 低速モードだと、動画を見るのが辛いかと思いきや、楽天側が細かいチューニングをしているのか?YouTubeを見る分には途切れることが少なく、ストレスはそれほどたまりません。radikoもそれほど問題なし。

 ただし、その他(web開いたり、instagram開いたり)はかなりストレスがありました。

 で、今回のpovo。

 20GBまでは税込2,728円。それ以上も1Mbpsでの低速モードで使い続けることができる。しかも今支払っている料金よりも安い。

 使い放題であることをいいことにこの10か月弱程度ラジオ替わりにYouTubeを聴いていることもありましたが、それでも毎月20GB程度。データ量としてもちょうどいい量です。

 データ量追加、24時間データ量使い放題他トッピングもあると「これいいじゃない」と言う内容。

 「Rakuten UN-LIMIT」は”無料だったから使っていた”と言うのもあり、有料になる7月以降もメインに使い続けるつもりは全くありませんでした。

 3月下旬にpovoがスタートし、色々レビュー記事を見ても概ね高評価。

 auも今より安くなるし、替えるなら早い方がいい。しかも夏までなら家族割も継続できる(妻もauです)。

 唯一の問題点はキャリアメールが使えなくなること。

 キャリアメールでやり取りしていたのは両親と弟、あと一人全くSNSを使ってない高校の後輩程度。

 各々にスマホで送受信しているメールアドレスを伝え、まぁこれで問題ないでしょうと。

 4/9の朝にpovoの申し込みを実施。auからpovoへの切替はかなり楽とは聞いてましたが本当に楽でした。「えっ?もうおしまい?」と言うレベル。

 その日からモバイル通信回線をeSIM副回線の「Rakuten UN-LIMIT」 から主回線の「au」に切替。

 久しぶりに本来のスピードに戻しました。うん、圧倒的に速い(当たり前)。

 「Rakuten UN-LIMIT」ですが、1年の無料期間以降も1GBまでは無料とのことなので、とりあえず今後も加入し続けようと思ってます。楽天のお買い物でもポイントが「Rakuten UN-LIMIT」に加入しているだけで増えますし。

 当然加入しているだけで課金されるようになったら即解約しますけどね。

| | コメント (0)

フルワイヤレスイヤホン初購入(本日のお買いもの:3/24)

 今回こんなものを購入しました。

2021040201

 Anker Soundcore Life A2 NC

 このブログではワイヤレスイヤホン絡みの記事ではこちらがあります。

 Bluetoothイヤホン初購入(本日のお買いもの:11/16)

 2016年の11月に初めてワイヤレスイヤホンを購入しているんですね。

2016111807

 この時に購入したMDR-XB50BS

2021040202

 実はこの数年後に社用車のドアに挟み込み壊してしまってまして、その後JBLのDUET MINIを購入してました。値段の割には(5,000円以下だったような)音質もよく、見た目もよく、とても軽く、ポーチに収納するととっても邪魔にならないと言うのが決めてました。

 で、この時点ではランニングは趣味になっておらず、走ることは全く想定せず購入してました。

 その後、ランニングするようになったところ、このJBLのDUET MINI
が走るとすぐに耳から外れてしまう。正直使い物にならないレベル。

 で、急遽別のワイヤレスイヤホンを購入したわけで。

2021040203

 これが、【改善版】Soundcore Spirit X

 正直ランニングで使用する事だけを想定して買ったヘッドホン。安さとランニング中のズレにくさだけを考えて買いました。

 3,000円を下回る値段ながらも(値段を考えれば)かなり音質もよく、IP68と高い防水防塵性能を持ち、バッテリーも18時間も持つといい買い物をしたとは思ってます。まぁ多少ケーブルが首の後ろに引っ付き、耳を引っ張り鬱陶しくなることもあるんですが。

 で、DUET MINIが内部断線が始まり、首を動かすと、”バリツ”ってノイズが入るようになり、そろそろ寿命だなと。

 「Soundcore Spirit Xを使えばいいじゃないか」とも言えるんですが、脱落防止用のイヤーウイングが普段使いにはあまりにも大きいんですよね。キャリングケースもその分大きいし。

 それで、次のワイヤレスイヤホンが欲しいなと思い始めました。
 

 ここ数年でワイヤレスイヤホンにおける状況が変わり、左右独立のフルワイヤレスイヤホンが世間的には主流になりつつあります。

 今まで一体型のワイヤレスイヤホンしか使ってこなかった自分にはどうしてもフルワイヤレスイヤホンに対して気になることがあります。

 「フルワイヤレスイヤホンって、失くさない?落とさない?」

 この点です。人と話すことがあってもイヤホンが外すことがあっても一体型なら首にぶら下げたままで済みますが、フルだとそうはいきません。ポケットにすぐしまえる服ならいいんですが、そうじゃないと手に持ってろと?。

 ちなみに私は昨夏の旅行で、一体型のワイヤレスイヤホンですらも一度落としたことがあります(その後奇跡的に見つかりました)。

 でも確かにケーブルがないって魅力だな....とも思います。ケーブル、着用中は邪魔だもんね。

 私用で使っているIT機器のほとんどがApple製な自分にとって、ワイヤレスイヤホンの最有力候補になるのが当然AirPodになるわけですが、ランニングしている自分にとって、どちらかと言えばAirPods Proが欲しいわけですが。

2021040204

 実に30,000円。「イヤホンに30,000円....」

 ものがいいなら30,000円を出せないわけではないですが、一番の心配事は紛失。30,000円をフイした時の精神的ダメージは計り知れないな.....と思ったわけで。

 で、他のイヤホンも含めて考えることに。

 まず気になったのが、「ノイズキャンセリングっている?」。

 当然今まで使ったことはありません。で、twitterで訊いてみたんですよね。

 

 意見真っ二つ(まぁそれほど投票数があるわけではありませんでしたが)。

 その中でこんな意見をいただいたんですね。

 

 

 「そうか、外部音取込み機能か!」と

 先述した人と話したりするときも外部音取込み機能があれば耳から外す頻度はかなり減らせるはず(マナーとして耳から外すことがそれなりにあるとは思いますが)。

 ランニングや通勤中も車の通りが多いところを通るところも多く、AppleWatchからノイズの注意を受けたこともあるし、ノイズキャンセリングも悪くないなぁと思い始めたんです。

 問題は値段と紛失のリスクのバランスです。

 で、色々調べ始めて、気になったのが、AnkerのSoundcore Life A2 NCでした。

 発売されてまだ2か月程度。Ankerがオーディオ機器メーカーではないですが、Soundcore Spirit Xを使っていてあまり悪い印象はありません。1年半使ってますが、故障する様子もないし。何せ販売価格が9,900円(税込)ノイズキャンセリング機能付きの機種としては破格です。

 YouTube他レビューを見てもまぁ悪い評判を聞かない。精々操作性程度。それもAppleWatch併用ならそれほど困らない筈。

 音質も同価格帯の中では群を抜いており、ノイズキャンセリングも1万円台の機種にも引けを取らないとか。

 仕事帰りに横浜駅へ。

 横浜駅にはAnkerの直営店もあるし、ヨドバシカメラもあるので、色々試せるので。

 真っ先に試したのがAirPods Pro。確かに音質もいいし、ノイズキャンセリングも効いているんだけど、昨今のノイズキャンセリングを初めて試した自分の感想としては「あっ、こんなもんなんだ」程度。そこまでの感動はなかったんだよね。

 他の10,000~20,000円レベルのワイヤレスイヤホンも試してみたけど、正直そこまでの感動もなく。

 そんな中、ソニーのワイヤレスイヤホンは音質が自分好みだな....とは思いました。

 あと、とても気になったのが、ワイヤレスイヤホンのケースからの取出しやすさ、仕舞いやすさ。

 慣れなのかもしれないけど、結構手間取ります。AirPods Pro も同様。

 そんな中、一目惚れしたのが当初より筆頭候補だったのがAnker Soundcore Life A2 NC

 まず直営店に行ったところ、なんとオープン2周年記念セールと言うことで全品10%オフ(Anker製品は安いものの、販売店では定価から割り引かれることもなく、ヨドバシカメラも1%しかポイントが付かない)。

 で、実際に試したところ、”値段を考えれば”かなり音質もよく(ドライバー口径がが11mmと言うのはこの価格帯かなりすごい)、ノイズキャンセリングも1万円~2万円のものと比べても正直性能がいいのでは?と思うレベル。小型のイヤーウイングもついており、ランニングにも使えるし、ケースも丸くてそれほど邪魔にならない。そして今なら9、000円でお釣りがくる!。

 手に触れるまでは色々悩みましたが、いざ製品に触れてからは即断に近かったですね。この値段なら(失くしても)後悔は(さほど)しないなと。

2021040205

 で、買ってまいりました。

2021040206

 驚くのはイヤーウイングがサイズ違いがS/M/L 計3セット、イヤーパッドがXS/S/M/L/XLの計5セットも入っている点。

 適正なものを付ける付けないでノイズキャンセリングに大きな影響を与えるからでしょうね。

2021040207

 1万円以下のイヤホンなのに色々なカスタマイズを専用アプリにてスマホ側でできると言うのがすごい。

20210402082021040209

  ノイズキャンセリングモードや音質のカスタマイズなどもできます。
 AirPods Proがここら辺のiPhoneとの親和性の高いので、なかなかAirPods Proを選外にできなかった理由の一つでしたが、「ここまでできるならこれで十分じゃん!」と思ったぐらいで。

2021040210

 約1週間使ってみましたが、ノイズキャンセリングも「これだけ使えれば効果はあるな」と思うレベル。広い意味でちょうどいい。

 音質は俗に言うドンシャリ系。自分嫌いじゃないで、それでいいです。

 操作はイヤホン側で再生/停止、1曲戻し、1曲送り、ノイズキャンセリングモード切替、siri起動、音量調整などのうち4つを操作可能。

 レビュー記事ではイヤホン側での操作できる種類が少ないとの指摘がありましたが、普段AppleWatchで大部分の操作ができるので、あまり困りません。再生/停止、ノイズキャンセリングモード切替、siri起動、1曲戻しを設定しました。

 ランニングにも使ってみましたが、外れそうになることがほとんどありませんでした。

 あと使い始めるまで気にもしてなかったのが、今までのケーブル付き一体型だとマスクを外すとき鬱陶しかったのが、それが解消されたことはいざフルワイヤレスイヤホンを使い始めて気づいたメリットの一つでした。

 あと一体型だと電源のON/OFF時に毎回電源ボタンの長押しが必要でしたが(これがかなりのストレスだった)、これがケースから出すだけ、仕舞うだけでよくなったのがかなり楽。ケースも今までより少し厚くなりましたが、体積にすると小さくなったかな?。

 連続再生時間はイヤホンのみでノイズキャンセリング稼働で最大6時間、ケース充電で最大30時間。かなり持ちます。

2021040211

 ケースの蓋をあけると3つのLEDで4段階でバッテリー残量がわかる仕組み。JBLのDUET MINIは途中では残量がわからず、いざ残りわずかになるとアラームが五月蠅いとここがかなり不満な点でした。これは計画的にケースの充電ができるので、ストレスが少ないね。 

 今のところ買って損なし。問題点は紛失だな。

 

| | コメント (0)

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »