« 南足柄の酔芙蓉フォト散歩 | トップページ | 湯河原で身体共に充電(西湘の温泉お宿満喫の旅 3日目) »

宿から宿へ(西湘の温泉お宿満喫の旅 2日目)

2020080301

 明朝。

2020080302

 露天風呂でまったり。前回は真冬でしたが、今年は真夏。お風呂に入ったり、デッキチェアでダラダラ。ごくらく、ごくらく。

2020080303

2020080304

 こちらの名物のブランチ。前回はブランチの予約時間を遅めに設定した為、そこまでにお腹がペコペコでしたので、最速の9時に予約。

2020080306

2020080305

 

2020080307

 メインディシュのガレット以外はバイキングになりますが、コロナ対策でトングは各自自分のものを利用。

2020080308

 シャンパンを飲みながらのブランチは最高です。

2020080309

 今回の箱根香山はこれだけではありません。

 現在箱根香山では平日限定で、朝もbar営業を行っています。

2020080310

 朝も対応いただいたバーテンダーは中里さん。夕方ではありません、朝です(笑)

 

2020080311  

 カクテルメニューには朝にお似合いのカクテルを。私は會舘フィズをいただきました。

 13時過ぎには箱根香山を後にし(14時がチェックアウト)、箱根香山さんの送迎車で小涌谷へ。

 小涌谷からまずは箱根の山を下ります。

2020080312

2020080313

 乗った車両は3000形「アレグラ号」。正面も側面もとっても大きな窓ガラス。展望バッチリです。

 この日は宿から宿へ直行です。こんな旅行、生まれて初めて。今回は徹底的に宿を楽しみます。

 小涌谷〜箱根湯本〜小田原〜湯河原と電車移動。まずここで1時間半。

2020080314

 湯河原からは路線バスで30分弱。

 車で直接移動なら40分程度ですが、実に2時間程度かかりました。

 奥湯河原なので、湯河原の温泉の中でも一番奥地にあります。

2020080315

 奥湯河原の温泉旅館、山翠楼。昭和8年創業の老舗旅館。

 値段の頃合いと、伝統と露天風呂が決め手。せっかくなので、思いっきり温泉を楽しみたかったので。

2020080316

 表門を入ると玄関広間なるものが。ここで靴を脱いで館内へ(カウンターはさらに奥)。

 チェックインは2階ロビーで対応してもらいました。

2020080317

 久しぶりの旅館。年代物の建物なので、古臭さは否めないですが、さすが老舗旅館の意地、とっても清潔できれいでした。

2020080318

 荷物を置いて、奥湯河原散策。

 宿から30分弱の不動滝へ。

2020080319

2020080320

 滝の散策なんて何年ぶりだろう?(間違ってなければ8年前の秋田以来)。最近、車で山奥に行くことが少なくなったので。

 戻ってきていざ露天風呂。

2020080322

2020080321

2020080323

 こちらは高台の旅館の最上階にある天空露天風呂。景色は文句なし。

 人も少なく、思いっきり露天風呂を大満喫。

2020080324

 風呂上りにはロビーでビール、おつまみ(乾きものですが、これが美味しかった)、ソフトドリンクがセルフで飲み食べ放題。

 これが正直満足度が高かった。

 夕飯のお酒は別料金なので、ここでビールを飲んじゃえと(貧乏性)。

2020080325

 晩ごはんはリニューアルして間もないお食事処(個室)へ。

2020080326

2020080327

2020080328

2020080329

2020080330

 ここは湯葉が自慢(旅館で作ってます)。

 湯葉から始まる懐石料理。旅館にありがちなメチャクチャな量のコースではなく、量より質って感じ。ちょうどよかったな。

 ロビーでのビールの飲みすぎか?ご飯食べたらあっという間にバタンキューでございました。

|

« 南足柄の酔芙蓉フォト散歩 | トップページ | 湯河原で身体共に充電(西湘の温泉お宿満喫の旅 3日目) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。