« 最後まで函館を満喫(2019函館旅行3日目 その2) | トップページ | 人参作戦で健康増進(住友生命Vitality加入、Apple Watch Series 5購入 その1) »

STAR WARS ™ Identities: The Exhibition

2019091101

 9月11日の話ですが、なんとかして5日取らなきゃいけない有給休暇を無理やり使って東京天王洲へ。

 お目当ては8月8日から来年1月13日まで開催されているSTAR WARS ™ Identities: The Exhibition

 「スター・ウォーズ」の世界を体感できる大規模な世界巡回展。

 今冬にはSTAR WARS最新作「STAR WARS スカイウォーカーの夜明け 」が封切られますが、ちょうどいい前哨戦になります。

 今回の展示品は巡回展終了後近々ロスにLucas museumが完成し、そちらでの展示になる為STARWARSに関する展示はこれで国内では最後。

 是非とも行かないと!と。

 基本チケットは入場開始時間毎の前売り制なんですが、チケット発行手数料の関係でなんと当日券より50円高いと言う設定。

 チケットの販売状況を見る限り、とても売り切れるとは思えず、前売りチケットを買わずに訪問。

2019091102

2019091103

 この通り、待機列もなく、当日券も全く問題なく買うことができました(平日だと言うのもありますが)。

2019091104

 入場すると、説明を聞けるレシーバーとID付きブレスレットが渡されます。

 中に入ると、スターウォーズファンには涙モノの展示ばかり。

 2019091105 

2019091107

 ストームトルーパーはエピソード4〜6時代と7〜9時代が隣り合わせで置いてあって違いがよくわかります。

2019091108

もちろん、この2人も当然います。

2019091109

 左がエピソード1で初登場のバトルドロイド。 右がエピソード6で登場したジャバザハットの館にいたドロイドの管理をしていたEV監督ドロイドEV-9D9

2019091115 

  タトゥイーンに住むタスケンレイダー

2019091116

2019091117

 これタトゥイーンに住むジャワ族

2019091114

2019091111

 エピソード1で登場、ポッドレーサーのドライバー

2019091112

2019091113

 エピソード1〜3で大活躍のジャージャービンクスの初期デザイン。

2019091120

2019091122

2019091121

 これは見てみたかった!。エピソード4のクラウドシティにて登場したカーボン冷凍されたハンソロ。
 実物を見るとかなりリアルです。

2019091119

 これも楽しみにしていたエピソード6にてセールバージの中でレイア姫が着用してた衣装。す

 すっごくセクシーです。

2019091118

ジャバザハット。劇場版ではエピソード6が初登場ですが、特別編ではエピソード4からの登場。

2019091123

2019091124

エピソード5、6のヨーダ。

2019091127

2019091128

2019091126

2019091125

スターデストロイヤー他の戦闘機類。

スーパースターデストロイヤーエクゼクターが展示されてなかったのが残念。

Xウイングも来てませんでしたね。

Xウイングは過去の展示会で来ていたと思うんですが、スーパースターデストロイヤーは一度も展示されたことがないと思うのよね。

2019091130

2019091131

みんな大好きミレニアムファルコン。

原画の展示もありました。 

2019091132

エピソード4他で出てきたXウイングのパイロットスーツ。

よく見るとワークマンとか売っている作業服を改造したもの。

2019091133

エピソード5 クラウドシティでのレイア姫とランド

2019091134

エピソード5 クラウドシティのハンソロ

2019091135

 そしてチューバッカ!

2019091137

 エピソード1〜3。パドメの衣装各種。

 最後の展示区画にあったのが

2019091136

 エピソード2かな?。タトゥイーンでのアナキンの衣装とスピーダーバイク

2019091138

 ジェダイ評議員とルークですね。

 

 そして最後は彼です。

2019091139

2019091140

 過去の展示会でもダースベーダーは必ず展示されますが、なんだかんだ言ってもスターウォーズの主役はダースベーダーなのですよ。

2019091141

2019091142

 今回はエピソード6、エピソード3で登場した頭部の展示も

 これは興味津々。

2019091143

入口で受け取ったID付きブレスレットを身に着け、会場内にある10カ所のインタラクティブスペースを巡って、質問に答えると、自分オリジナルのキャラクターを作ることができます。

メールアドレスを登録すれば、持ち帰ることでもできますが、お金がかかっている割にはどうでもいいかな....。

過去の展示会と異なるのは全て撮影可能だと言うこと。

過去の展示会は全て撮影禁止だったんですよね(おそらく目録を売りたいからだと思うけど...)。

おそらくこれらの展示が今後はもう国内では最後だと思うので、見る価値はあるかな?とは思います。

 

 

 

 

 

 

|

« 最後まで函館を満喫(2019函館旅行3日目 その2) | トップページ | 人参作戦で健康増進(住友生命Vitality加入、Apple Watch Series 5購入 その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最後まで函館を満喫(2019函館旅行3日目 その2) | トップページ | 人参作戦で健康増進(住友生命Vitality加入、Apple Watch Series 5購入 その1) »