« 2019年6月 | トップページ | 2019年9月 »

函館ナイト第二夜(2019函館旅行2日目 その3)

2019080457

 スーパー北斗 12号で函館へ。

 自由席でしたが、座ることができました。

2019080458  

 途中の新函館北斗駅。新潟駅などもそうですが、平面乗り換え(階段なしで乗り換え)できるんですよね。

2019080459

2019080460

 函館で駅舎内を撮影。

2019080461

 北海道では今も主力車両のキハ40系。ディーゼルパラダイスです。

2019080462

 北海道新幹線開通により、三セク化した道南いさりび鉄道も函館まで乗り入れ。

 そもそも未だに青函トンネルを通った経験がないので、青函トンネル通過ついでに道南いさりび鉄道も乗ってみたいな。

 

 一旦ホテルまで戻ってから着替えて夜の街へ。

 

 この日も函館は港まつりの期間中。

 函館市電は花電車が走行。

 2011年に一度都電で花電車を走らせたようですが、既に廃車なので、関東では見るチャンスは全くありません。

 函館市電も花電車が走るのは港まつりの期間中のみ。とてもいいタイミングに来ましたね。

2019080464

2019080463

 本日の1軒目ですが、最初は函館最大の屋台村「大門横丁」に。

 天気もいいし、屋台で飲むのもいいなと思って。

2019080465

 実は前日の山吹さんがアサヒスーパードライだった為、今日は北海道限定のサッポロクラシックが飲みたかったので、

「サッポロクラシックのお店に入ろう」と店内をのぞいてビールサーバーをチェックしたところ、大門横丁全てのお店が

アサヒスーパードライ。

 おそらく搬入や仕入れ値とかいろいろな理由があって、統一しているんでしょうね。

 ってわけで仕切り直し。

2019080466

 次に選んだのが海鮮処 函館山

 地元の人が多く集う函館の名店。

 名物は活いか。

2019080467

 真っ先に注文。

 活きがいいってもんじゃない、自分が食べ始めた後も随分長いこと脚は暴れておりました。

 当然美味!。

2019080468

2019080469

2019080470

2019080471

 はまぐりにざんぎ、とうもろこしに、アスパラガス。

 北海道は野菜も魅力的。

 サッポロクラシックを飲みながら函館の美食を満喫。

 そこから歩いて本町へ(常識的には歩く距離じゃないです)。

2019080472

 道中、ライトアップされた花電車見たり。

2019080473

 函館のマジックアワーを満喫したり。

2019080474

 地元の町内会の盆踊りと遭遇したり(いか踊り踊ってました)

 函館山から約40分。

2019080475

 五稜郭公園から近い函館第2の歓楽街ってことでいいのかな?。

2019080476

 訪れたのがCocktail bar CONCORD 21

2019080477

 オーセンティックバーですが、スコッチウイスキーThe Glenlivetの品揃えが多いことで有名なお店。

 マスターの井守愼人さんは、バーテンダーに与えられる称号「The Glenlivet Master Ambassador」の世界第1号でもあります。

2019080478

 見てください、このバックバー。

 The Glenlivetこれでもかと揃っています。

 見たことないボトルばかりですよ。

 お邪魔したのが19時半ごろ。

 ところが、マスターははこだて国際民俗芸術祭の前夜祭のゲストバーテンダーとして出張中。

 22時過ぎまでは戻って来ないこと。

 

 で、いらっしゃったのはマスターのお母様。

 普段もお店には立っているそうですが、あくまでお酒に関してはマスター任せのようでウイスキーの知識はほぼない様子。

 しかもバックバーにあるレアボトルは「店主の許可なしでは…..」と提供できないこと。

 「何を頼めばよいのやら….」と考え込んでいたところこちらの店で出しているスタンダードメニューを出していただき、そちらから選ぶことに。

2019080479

 スタンダードメニューに限定ボトルのNadurraシリーズがあるあたりこの店とんでもないです。しかも安い。

 でも「お店の商品の大部分が出せないのにお客さんからおこられないのかな?」と心配したんですが、その後入ってくるお客さんは常連さんばかり。

 ボトルキープのウイスキーで各々盛り上がっていたりとマスター不在でもお客さんが楽しんでて、十分営業が成り立つことを知りました。

 しばらくお母様からお話を聞いたんですが、やはりこちらのお店、かなりの有名店で、誰もが知っている元プロレスラー、函館競馬場が近いだけあってこれもまた誰もが知っている騎手も来店していたりと「すごい店なのね」と感心しっぱなし。

2019080480

 22時過ぎまで待っても良かったんですが、お昼からの飲酒量もかなりのもので睡魔襲いまくりで、とても起きていられる自信がなく、市電の終電も近づいてきたので、マスターを待つことなく、やむなく撤退。

 また函館に来なければならない理由ができました。

 

 宿に帰り、大浴場で汗を流しバタンキュー。

2019080481

 こちらは大浴場隣の休み処からの景色、ベイエリア、函館山が目の前です。

 日中なら元町も見られることでしょう。これと同じ景色が大浴場からも拝めます。

 明日はベイエリア、元町を中心にフォト散歩です。

| | コメント (0)

大沼公園ブラブラ(2019函館旅行2日目 その2)

 本日は足を延ばして大沼公園まで。

 

2019080420  

 まずは 魚市場通電停から市電に乗って函館駅へ。

 言い忘れていましたが、市電市バス共にSuicaなどのICカードは使用可です(函館駅〜函館空港などの一部シャトル便は除く)。

2019080421

2019080422

2019080424

2019080423

 駅前広場はよく整備されていて、こちらもあじさいが満開。良い時期に来ましたね。

2019080425

2019080427

2019080426

 函館駅はかつては青函連絡船との乗換駅で、まさに北の玄関口。

 ただし2003年に新しい駅舎になってしまい、青函連絡船が運行していた頃の面影はほとんどない状態です。

 青森駅は面影がかなり残っていますが、こちらも駅舎建て替えの計画あり。

 青森駅同様全ての終着駅。

 今や主要駅の大部分が行き止まり式ホームをなくしてしまっているので、なかなかお目にかかれません。

 行き止まり式ホーム大好きなんですよ。

 上野駅の13~17番線とか大好きなんですよね。

2019080428

 0キロポストに萌えます。

2019080429

 転車台も残っておりました。流石はかつてのターミナル駅。

 

 函館から10時48分発の特急スーパー北斗9号で大沼公園へ。

2019080430

 JR北海道で特急に乗るのは初めてかな?(快速エアポートは何度も乗ってますが)。

2019080431

 呑兵衛夫婦の旅行、特急の中で早速一杯。

 この「ブラックニッカ ハイボール香る夜」は北海道限定発売、1本の売上ごとに1円北海道庁に寄付されるそうです。

 サッポロクラシック同様、酒好きの方は北海道に来た際は要チェックです。

2019080432

2019080433

 函館から約30分、大沼公園に到着。

 北海道内の特急停車駅のうち、旅客乗降用のホーム及び線路が一本しかないのはここと稚内駅のみだそうで。

 

2019080434

 

 

2019080435

 とってもレトロな駅舎。たまらずパシャパシャ。なんと昭和3年に建てられたものとか。

2019080436

 また大沼地区では周辺は実業団陸上部による強化合宿の拠点になっているようで、こんなのぼりがたってました。

 残念ながら実業団ランナーの姿を見かけることがありませんでしたが。

 

 駅名の通り、大沼公園観光の起点。駅前にはレンタサイクル屋さんがいっぱい。

2019080437

 その中にあるのが明治38年創業の沼の家さん。

 「水曜どうでしょう」の212市町村カントリーサインの旅で水曜どうでしょうご一行が訪れたお店。

2019080438

2019080439

 

 おやつ用に名物大沼だんごを買い込んで、大沼公園に向かいます。

2019080440

2019080441

 大沼と言ってもとっても大きな湖。遊覧船もあれば、モーターボート、カヌーなども楽しめます。

2019080443

2019080444

 まずは遊覧船に乗って大沼公園観光。

 ガイドさんが大沼の成り立ち等を紹介しながら、大沼を案内。

 

2019080442

 快晴だったんですが、駒ヶ岳が若干曇りがち。実はPM2.5が悪さをしているそうで。ちょっとびっくり。

 この日もかなり暑かったんですが、そんな中の遊覧船はとっても気持ちよかったですね。

2019080445

2019080446

 遊覧船が乗り場に戻ってくるとカモの親子がお出迎え。

2019080447

 大沼はクラフトビールがとっても有名。

 

2019080448

2019080449

 

 

 お昼を過ぎていたので、ランチを兼ねて当然飲みます。

 大沼公園の入口の真向いの醸造所があり、制作過程を見ながらソーセージを食べながら一杯飲めます。

 ココオススメ。

 ビールを飲んだ後は腹ごなしに湖畔を散策。

2019080450

2019080451

2019080454

2019080455

2019080453

 本来は睡蓮が名物なんですが、時間の問題で花が開いておらず、ちょっとイマイチ。

2019080456

 デザートは名物大沼だんご。

 一つ一つが小粒な為、結構パクパク行けます。

 ある意味要注意。

 この日も気温が高く、デザートの後は公園の日陰でダラダラと。

 旅行で同じ場所にほぼ1日いるって珍しいな。

 こんな旅行もいいでしょう。

| | コメント (0)

究極のホテル朝飯を満喫(2019函館旅行2日目 その1)

 2日目。

 最初のお目当てはもちろんラビスタ函館ベイ名物の朝食。

2019080401 2019080403

2019080402

 まずはお腹を空かせるために、ホテル周辺の散策(朝食会場は早朝かなり混雑すると聞いていたので)。

 ラビスタ函館ベイは周辺に函館ベイエリアの至近。フォトジェニックなスポットまですぐ。

 普段は観光客ばかりのスポットを撮り放題。

2019080404

2019080405

 7時45分ごろに朝食会場「北の番屋」に到着。

 日曜日の朝、時間をずらしてもこの通り大混雑。流石です。

 それでも待ったのは15分程度かな?

 

2019080406

 

2019080407

2019080408

2019080410

2019080409

2019080411

 

2019080412  

 炉端焼き、そして名物の海鮮コーナー、函館の郷土料理だけでなく、パン等の洋食類も文句なしの品ぞろえ。

2019080413

2019080414

 パンなどにつけるはちみつは蜂の巣から直接目の前から絞りだし。

 こんなの見たの初めて。

2019080417

2019080418

2019080419

 フルーツはもちろん、スイーツも花畑牧場とのコラボで朝食としてはありえない品揃え。

2019080415

 第1ラウンドはこんな感じ。とても朝ごはんじゃないよね。

 海鮮丼、美味しかったな....ガッツリおかわりしちゃいました。

2019080416

 ドリンクも充実、フレッシュジュースはもちろん、地元の牧場の牛乳に、北海道名物カツゲンに、函館美鈴のコーヒー。

 

 コーヒー美味しかったな。

 持ち帰り用の紙コップと蓋も用意されてて、部屋に持ち帰って、出発の準備をしながらさらに飲んでおりました。

 これでもかと朝食を満喫してホテルを出発。

| | コメント (0)

函館ナイト第一夜(2019函館旅行1日目 その3)

2019080355

 今回の旅行で宿泊したのは旅行記の冒頭の通り、ラビスタ函館ベイ

 函館ベイエリアの一角にある、とっても大きなホテル。

 いつも旅行で愛用しているホテルドーミーインで有名な共立メンテナンス系列。

 ホテルだけど大浴場がある、朝飯うまい、サービスてんこ盛り。これがドーミーインの鉄則。

 

 特にラビスタ函館ベイは有名サイトによるランキングで朝食日本一のホテルに二年連続選ばれたあとも2位を堅持し続けていることでとっても有名なホテル。

 ドーミーイン好きな私としてはいつかは泊まってみたかったホテルです。

2019080356

 フロントからして都心の高級リゾートホテルでもなかなか勝てる所ないんじゃないか?と言う高級感。

2019080357

 今回はスタンダードツインに宿泊しましたが、お部屋もちょっとレトロな作りも機能性は全く文句なし。広さも必要十分。枕元にも100Vコンセントがあるので、スマホの充電もバッチリ。

 

2019080358

 ここの備え付けの500mmペットボトルの水とお茶セットのほかにコーヒー豆に手回しミル。挽きたてのコーヒー美味しいもんね。とってもいいセンス。

 最上階の大浴場も大きな露天風呂もあり、函館の夜景や函館山を一望できます。

 部屋から浴場までは部屋にタオルやバスタオルがあらかじめ入った湯かごがセットされており、疲れて部屋に戻ってきても最低限の準備でお風呂に向かうことができます。

 また湯上りの休み処では冷水だけでなく、アイスクリームも無料食べ放題。これがありがたい。

 

 チェックインして一休みした後、夜の街に繰り出します。

 

 2019080360

 函館港まつり期間中は市電も時間帯により一部区間が運休。

 まずは函館最大の飲み屋街大門。

2019080359

 そこの一角、山吹さん。

 いろいろ探してみて「ココ、ディープそうだな」と狙いを定めて。

2019080361

2019080362

 頼んだのは刺身盛り合わせ(こちらでネタをえらんで盛り合わせにしてもらいました)とアスパラミックス(「4品目入っているからアスパラヨックスだ!」と大将のオヤジギャグ炸裂)。

 とっても美味しかったし、安かったです。なにより一品一品のボリュームがすごかった。そして大将の強烈なキャラ。

 某居酒屋番組で有名な吉田類氏も訪れたそうで。類さん好きそう....この手の店。

 他にお客さんが来店しなかったこともあり、美味しい酒と肴をつまみながらずっと大将とおしゃべり。

 この後、函館山の夜景を見に行くと言うスケジュール。

 バスか市電で麓まで行って、そこからロープウェイが一番ベタなアクセス。

 行くことを伝えると、「函館駅前から頂上まで行くバスあるよ!」と教えてもらう。

 函館駅からロープウェイで山頂に向かおうとすると、

 市電なら最寄りの十字街電停まで片道250円

 バスなら最寄りの十字街電停まで片道210円

 これにロープウェイ往復1,280円なので、総額1,700~1,780円かかるわけです。

 

 それに対し、頂上まで行くバスなら往復で800円。実に半額以下。

 しかも夜は頻繁に出発しているので、大した待ち時間もなし。とってもお得。

2019080363

 車中は女性車掌さんの軽快なガイドもあり、とっても満足でした。

2019080364

 山頂に到着。

 まずは見物客の多さに驚かされます。流石は函館一の観光名所。

2019080365

 展望台の一等地はこんな感じで有料の写真撮影サービスに占領されています。なんだかなぁ。

 

2019080366

 その上の階まで行けばこんな絶景が拝めます。

 見事な快晴。絶景です。来た甲斐があったってもんです。

 酷暑だったこの日の函館ですが、函館山の山頂だと涼しいを通り越して寒いくらい。

 真夏に函館来られる方も函館山に来るなら長袖一枚あった方がいいです。

 

 バスで下山し、またもや飲み屋の街、大門へ。

 今宵の二軒目はBarへ。

2019080367

 舶来居酒屋 杉の子。創業60年の函館の老舗バーです。

2019080368

 名物は激安のラムハイボール。一杯250円(ノンチャージ)。渇いた喉に染みます。

 単に安いお酒を出すお店と思うことなかれ。スタンダードカクテルはもちろん、ちゃんとオリジナルカクテルもあれば「こんな珍しいウイスキーが」ってものも。

2019080369

 That's地元バー。地元の愉快な呑兵衛が集まるお店。

 オーナーの青井さんのご主人は元青函連絡船の乗組員、そのあと横浜にも住んでいて、まさかの横浜話で華が咲きます。

 横浜のBar事情にも精通していて、そのあたりの話も。

 お隣の常連さんとも和気あいあいの盛り上がり。あっと言う間に時間が過ぎました。

 土曜日で函館港お祭りだったこともあり、お客さんもみんなド普段着。フラッと来てフラッと帰る。最高のBarですよ。

2019080370

 帰りに〆の塩ラーメン(函館は塩ラーメンが名物です)。

 駅前のしなのさんへ。飲んだ後にラーメンなんて最悪なんですけどね....でも美味しかった。

 

 ラビスタ函館ベイの絶景のお風呂に入って、バタンキュー。

 翌日はお目当ての朝食からスタートです。

| | コメント (0)

函館ベタなところ観光(2019函館旅行1日目 その2)

 デザートを満喫して歩いてきた道を戻り、湯の川電停へ。

 函館のメインの交通インフラは市電です。

 今回の旅行でもこれでもかってぐらい市電を多用しました。

2019080325

 私たちが訪れた835日は函館港まつりの真っ最中。

2019080326

 普段は距離別料金制ですが、函館港まつり期間中の市電の料金は200円均一、運転手さんも法被orTシャツにねじり鉢巻きと言う出で立ちでした。

2019080327

 五稜郭公園で降ります。

 市電の電停から五稜郭公園まで結構歩くんですよね....

2019080328

 まずはランチだ!と入ったのがラッキーピエロ五稜郭公園前店

 函館ソウルフードの筆頭格と言ってもいいでしょう。

 入ってみたらちょうど12時頃だったこともあってか、お店は席待ちのお客さんでギュウギュウ。とてもすぐに食べられる様子もなかったので、一先ず退散。

2019080329

 まず訪れたのが五稜郭タワー

 独特の形をした五稜郭も下から見てもわかりませんから。

2019080330

2019080331

2019080332

 快晴でしたので五稜郭はもちろん、函館中心部、函館山、函館空港も一望。

 函館市の中心部は函館空港から至近の為、航空法であまり高い建物が建てられないんですよね。この五稜郭タワーも航空法で定められているギリギリの高さで建てられているんですよね。

2019080333

2019080334

 今のタワーは2代目で竣工してから13年程度。

2019080335

 こんなのもあったり。軽度の高所恐怖症なんでかなり怖いです。

2019080336

 降りて、今度は五稜郭の中へ。

 五稜郭は函館が開港後函館山にあった箱館奉行所の移設先として築造、ただし築造されてからわずか2年で江戸幕府が崩壊、その後戊辰戦争の舞台となり今年で戊辰戦争終結150年。

2019080337

2019080339 2019080338

 戊辰戦争後すぐに箱館奉行所の庁舎は解体されましたが、2010年に一部が復元。

 一部とは言ってもかなり大規模でしかも当時とほぼ同様の建築法で復元され、かなり見ごたえ抜群。

 五稜郭タワー&箱館奉行所で五稜郭の歴史や戊辰戦争の説明がわかりやすく展示されてあるので、必ずしも予習の必要はありません。

 本来なら奉行所以外もいろいろ散策すべきだったのかも知れなかったんですが、空腹に耐えられず五稜郭を脱出、ラッキーピエロ五稜郭公園前店へ。

 しかし、混雑は全く解消されておらず、こちらでのランチを断念。

 至近のラッキーピエロ本町店を目指します。

2019080340

 歩くこと10分。ラッキーピエロ本町店

2019080341

 14時近かったのにもかかわらず、席は満席。凄い人気です。

 道南しか店舗を持たず、地産地消にこだわり、無農薬、作り置きは一切せず、

 ハンバーグのパティも冷凍させないこだわりっぷり。

2019080343

 内装も店舗ごとに特徴があり、どこに行っても新たな発見が。

2019080344

 名物のチャイニーズチキンバーガー、ラッキーチーズバーガー、フライドポテトにミートソースととろけるチーズがかかったオリジナルラキポテとガラナを注文。

2019080345

2019080346

 チャイニーズチキンバーガーは唐揚に甘辛ソースが絶妙なバランス。

 ラッキーチーズバーガーは圧巻のパティと贅沢にかかったミートソース。

 オリジナルラキポテは問答無用で美味しいですよ。

 チャイニーズチキンバーガーばかりが話題になりますが、ハンバーグすっごく美味しかったですよ。チャイニーズチキンバーガーが単品350円、ラッキーチーズバーガーが単品390円。コレ、他のハンバーガーチェーン勝てませんよ。

 ただし、カロリー気にしてたら絶対に食べられないな....

 満足して、市電に揺られ函館駅に到着。

 ホテルのチェックインにはまだ早いのでもうちょっと観光。

 まずは函館朝市。

 本当に駅前にあるんですよね。

 函館の観光名所の一つでしたが、もともと今回の旅行では朝はホテルで海鮮食いまくって、夜も居酒屋で海鮮食いまくる予定だったので、こちらでは今回の旅行ではここで食べる予定はなかった為、通り過ぎただけ。買うにしても旅行初日だし。

2019080347

 時間も時間だったので(15時頃)水産物の物販店の大部分は閉まってましたが、多少は開いていましたが。

 2019080348

 食堂の類は15時過ぎでもかなりの観光客が。

2019080349

 朝市と言っても朝食やお昼としてはそこそこのお値段するんですよね。

 これは築地と一緒。まぁ関東で食べるより、鮮度が違うんでしょうけど。

2019080351

 それから駅から至近にあるのが、函館市青函連絡船記念館摩周丸

 現役だったころはまだ北海道に上陸した事すらなかった自分ですが、青函連絡船と言う乗り物についてとっても関心があり、東京湾にあった羊蹄丸、青森の八甲田丸に続いて3隻目の見学です。

2019080352

 八甲田丸と比べると車両甲板、統括制御室、エンジンルーム他見学できないヶ所が多いんですよね。一応WEBカメラを使うことにより車両甲板、統括制御室、エンジンルームをのぞくことができるんですが。

2019080353

 外観もかなり傷みが激しく、改修が行き届いてないな....と。

2019080354

 ファンネルマークもペンキで描かれていたり。

 Wikipediaを見ると、展示を開始してから所有者や管理者がずいぶん変わったりと随分と苦労しているな....

 そもそも青函連絡船がなくなったあとの駅前の再開発が失敗の連続だったようで。まぁ難しいよね。

 それでもブリッジから見える函館山や函館の港の景色は素敵だった!。

 摩周丸から歩いて今回のお宿へ。

| | コメント (0)

今年は函館(2019函館旅行1日目 その1)

 久しぶりの更新です。

 

 いつものパターンですが、約2ヶ月弱、休日出勤ばっかりの毎日でした。

 で、ようやくヤマを越え、夏休みを取得。夏の旅行へ。

 疲れていたので、当初は近場の温泉あたりでまったりしようかな?と夏休みを取れる日程が決まって(7月上旬でした)、いざ伊豆や箱根の旅館を調べたところ、まぁ高い!。

 8月に入った途端お値段が上がるんですね。

 それで、いろいろ旅行系のサイトを眺めていたら、JALのダイナミックパッケージで函館行の2泊3日プランでお手頃なものが見つかり、伊豆に行くのと大して必要経費が変わらなかったし函館は未踏だったので、折角なら函館に行こうと言うことになりました。

 ホテルの朝食バイキングLOVEな自分にとっては日本屈指の朝食の美味さを誇るラビスタ函館ベイの部屋が空いてたのも理由の一つでした。いつかは来てみたかったんですよ。

2019080301 

 始発のバスに乗り、7時前には羽田空港に到着。

 1月の愛媛旅行以来の羽田です。

2019080302

 JAL585便、JA8987 767-300です。

 今や、JALの大部分の機材はWiFi完備。機内で飽きるってことはありませんね。

 タブレットやスマホがあれば動画コンテンツもあるし。

2019080303

 でも羽田~函館だと飛行しているのは正味1時間程度なので、あっという間です。

2019080304

 函館空港到着。

 道内で新千歳以外は初めてです。

2019080305

 流石に函館、手荷物受取場からコレです。

2019080306

2019080307

 あとほとんどの空港で案内板が液晶ディスプレイ化が進む中、函館空港は今もパタパタが現役です。

2019080308

 まずは到着ロビーにある「手ぶら観光・宅配コンビニカペラ」へ。

 ここで観光に不要な着替えや充電器などの荷物を預けると夕方までにはホテルに配送してくれます。空港から直接ホテルに向かわないのなら絶対便利。

2019080309

 函館空港は近隣に鉄道は一切ないので、全てバスかタクシー移動。

2019080315

 まずは路線バスで空港から10分程度のトラピスチヌ修道院

 1898年に創立したかなり歴史のある修道院。

 フォト散歩でいろいろ教会を巡ってますが、修道院は初めて。

2019080310

 

2019080311

2019080312

2019080313

2019080314

 まずは驚いたのが庭園の整備の行き届きっぷり。

 庭園だけも十分広く、まずここに驚きました。

 実は見学可能なエリアは函館市が管理しているんだとか。

 十分広いと思ったものの、一般人が見学可能なエリアは修道院のごくごく一部。

 原則自給自足なので、修道院の裏には広大な畑があり、修道女さんが農作業をされているそうで。

 修道女さんは一度入ったら修道院から出ることはほぼなく、私語も厳禁(コミュニケーションは独自の手話だとか)

 仏教徒なので、まったく修道院のことを知らなかったんですが、市の職員さんが常駐していて、詳しい話を聞くことが出来ました。

 

2019080316

2019080319

2019080317

2019080320

2019080318

 

 トラピスチヌ修道院の隣が市民の森と言うのがあるんですが、そこにあったのは満開のあじさい。

 8月ですよ8月。その後、他の場所でも見ることが出来ましたが、函館のあじさいの見ごろは7月下旬から8月までの様子。

 関東ではとっくに見ごろを終えているので、これには驚きです。

 

 そこからバスで今度は湯川神社前へ向かい、歩くこと数分。

 

2019080321

 コーヒールームきくち。

 水曜どうでしょうの「対決列島」の北海道対決の舞台となったお店。

 AIR-G'FM北海道の「函館と言えば何?」ランキングで10位にもなりました。

 名物はソフトクリーム。

 バニラ、モカ、ミックスの3種類。1つ260円。

 かなりの知名度のようで、続々とお客さん来てました。

2019080322

 ちょっと氷っぽいジェラート風。

 ミックスを最初に食べましたが、モカが秀逸。コーヒーの香りがとてもいい。

 ミックスを食べたあとモカだけ追加で注文しちゃいました。

2019080323

2019080324

 

 対決列島で対決の場になった場所は近所の松倉川のほとり、桜は当然成長していますし、無人カメラが置かれたお店との間もバックの建物が全て建て替っており、面影は少ないです。まぁ20年たちますから。

 

 真夏だったと言うこともありますが、まぁあっと言う間に融けます。

 ソフトクリーム持って走ろうものなら確実に落とします。

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年9月 »