« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

iPhone XS、カメラの大進化(本日のお買い物:9/21)

  iPhone XS購入話の続き。今度はカメラの話。

 大抵「s」がつくと、カメラの進化が話題になることが多いと思います。

 特に自分の場合はiPhone 6sからですから、3世代の変化ですので、まぁかなりの変化があるわけで。

 この週末、iPhone 6sとiPhone XSを両方とも持って撮り比べをを兼ねて、横浜、湘南にフォト散歩に出かけました。

2018092201

 まずはiPhone Xからの話ですが、大きな特徴はデュアルカメラ。

 ちなみに焦点距離は(35mm判換算)
 iPhone 6s      29mm相当 f2.2
 iPhone XS(広角) 26mm相当 f1.8
 iPhone XS(望遠) 57mm相当 f2.4

 iPhone 6sがiPhoneXSの広角レンズと望遠レンズの間に入る形になります。

 広角と望遠。どのくらい画角に差が出るか?と言うと

2018092202

iPhone XS(広角) 1/647 秒 f1.8 ISO25

2018092203

 iPhone XS(望遠) 1/326 秒 f2.4 ISO16

 今までだとiPhoneのカメラだとどれだけ望遠が効いてても35mm相当ぐらいでしたので、57mmってのはかなり望遠が効いている気がします。

 それにしても空が綺麗に撮れてるなぁ....。

 iPhone XSで撮影していてとても印象的なのがダイナミックレンジの高さと解像度ですね。

2018092204

iPhone XS(広角) 1/121 秒 f1.8 ISO25

2018092205

iPhone 6s 1/120 秒 f2.2 ISO25

 これだけで差がはっきりわかりますね。

 さらに夕日を撮ると。

2018092206

iPhone XS(広角) 1/1427 秒 f1.8 ISO25

2018092207

iPhone 6s 1/1261 秒 f2.2 ISO25

 モロ逆光だと

2018092208

iPhone XS(広角) 1/9524秒 f1.8 ISO25

2018092209

iPhone 6s 1/25641秒 f2.2 ISO25

 夜景が決定的

2018092210

iPhone XS(広角) 1/4秒 f1.8 ISO800

2018092211

iPhone 6s 1/15秒 f2.2 ISO 2000

 厳密に露出設定を各々合わせたわけではないので全く同じ条件で撮影したわけではありませんが、普通のカメラアプリで撮影したものですが、はっきりと違う。iPhone 6sでも買った当初では「ここまでスマホで取れるようになったのか!」と驚いたものですが。


2018092212

iPhone XS(広角)1/49 秒 f1.8 ISO160

2018092213

iPhone XS(広角)1/25 秒 f1.8 ISO500

2018092214

iPhone XS(広角)1/25 秒 f1.8 ISO400

 夜の撮影全く問題なし。しかもしっかり解像できてる。
 もうびっくりですよ。

 あとあとから被写界深度を変えられるポートレートモード。


2018092215

 撮影したあと、この通り、f値が変えられる。

2018092216

 これがf8.0

2018092217

 これがあとから調整したf2.5
 同じ写真でこれだけ変わります。

 確かにボケとの境界は多少不自然さが多少ありますが。とても面白い。

 本当によくできたカメラです。

 普段SONY DSC-RX100M5も持ち歩いてますが、ここまで綺麗だと。使用する回数減りそうだな.....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone XS購入!(本日のお買い物:9/21)

 iPhone 6s購入から3年。

 いよいよ買いました

2018092101

 iPhone XS買いました!。

 昨年のiPhone X発売の際、ちょうど2年の割賦が終わるので、ちょっと悩んでいたんですが、さすがに値段も値段だったし、当時そこまでiPhone 6sに不満もなかったもんで、やめてしまいました。

 3年経ち、流石に買い換えたくて。
 未だに電子マネーも対応してないってのもありまして。
 iPhoneは3GS、4s、5s、6sとキッチリsを買い続けております。

 カメラも随分良くなるって話だし。

 9/13のAppleさんのスペシャルイベント。
 元々は見る気が無かったんですが、たまたま目が覚めまして、久しぶりに見てしまいました。
 最近のイベントは事前にほとんどの情報がリークされてほぼ答え合わせになってしまっているのが残念です。

 本当にiPhone XS "Max"だったのには驚きでした。

 翌日の14日にauさんにオンラインで申し込み。16日に本申し込み。

 18日には発送予定日の連絡が
2018092100

20日発送と言うことで、21日到着ほぼ確定。

 そして21日、家に帰ると届いておりました。

2018092102

 発売日当日に家に届くなら、もう店頭で買う理由はなくなりますね。

 晩ごはんをゆっくり食べて、いざ開封の儀。

2018092113

 開けると、なんとSIMカードが。
 「えっ?iPhone XSって、iPhone 6sと同じnano SIMじゃなかったっけ?」

 au Nano IC Card (LTE))からau Nano IC Card 04 (VoLTE)に変える必要があるそうです。

 本来の機種変更ならSIMを入れ替えてはいおしまいですが、SIMの切り替え手続きが必要になると。

 で、添付されていた資料をよく見ると。

2018092103

 21:15まで〜〜!!。

 段ボールからiPhoneXSを出したのが21:40過ぎ。
 まったく間に合ってません。

 しようがないの回線開通は明日に後回し。
 できそうな設定の移行を先に進めます。

2018092104

 じゃーん。最近iOSを入れ替えると出てくるので、この画面に感動はないけど。やはり新しいiPhoneの起動は楽しいものです。

2018092105

 存在を知りませんでしたが、iOS11以降だとクイックスタートなる機能が。
 新しいiPhoneの電源を入れて、近くに今までのiPhoneを置いておくと、勝手にクイックスタートが起動。

2018092106

 言われた通りに新しいiPhoneを古いiPhoneを撮影したり、パスコードを入れると、設定関係の移行がスタート。
 あとは置いておくだけ。

 WiFiの設定とか、パスワード類などが全て移行。
 本当に一部移行できないものもありますが、今までiTunesでは移行できなかったものの大部分がこれで移行されます。

2018092107

 さらにiTunesに接続してバックアップからの復元。

 これも繋いだまま。ほっぽらかし。

 ほとんど大部分は打ち込む作業がないんです。
 本当に楽!。ここら辺本当に進化しました。

 翌朝。
 auオンラインショップで開通手続きを実施。
 先に色々設定しちゃって、ちゃんと開通できるかな?ちょっとだけ心配しましたが、全く杞憂でした。

 で、全く移行できなかったのが、プロファイルのインストール。

 ほとんどの人が関係するであろうプロファイルがauのキャリアメール。

2018092108

 これはプロファイルのインストールが必要。
 auサポートから製品別設定・ご利用ガイドからメールの初期設定で。プロファイルのインストールを始められます。

 あとデジカメとWiFiの連携をかけている場合はほとんどプロファイルが必要なので、全てやり直しになるかと思います。

 で、何よりやってみたかったのがSuicaですよ。

 今まで還元率がすごく高いビックカメラSuicaを使っているんですが、VISAなんですな。
 Apple PayではVISAが使えないってのはわかってまして、
 ビックカメラSuicaでもVISAだとiPhoneのSuicaと連携できるのか?ここら辺がよくわからなかったんです。
 JR東日本さんに問い合わせて見たところ、ApplePayのアプリではなくJR東日本のSuicaアプリからなら新しいSuicaを発行して、ビックカメラSuicaからチャージもできて、オートチャージもできることが判明。

2018092109

 実際やってみたところ、チャージ含め、全て思い通りにビックカメラSuicaと連携できました。

 今までSuicaで大きな買い物するときはPasoriを使ってチャージをしていましたが、これも解消されます。
 オートチャージの設定もVIEW ALTTEに行かなくても済みます。

 でも今まで使っていたSuicaカードのオートチャージを切るのが遅れてしまい。今も3千円近く残っているので、しばらくの間Suicaカードを使い続けることになります。

 iPhone6sからの買い替えですので、ずいぶん変わりました。
 まず大きさですが、やっぱり大きいですね....。もうちょっと小さくてもって思うんですけどね。

 次にホームボタンがなくなったこと。
 コレって慣れられるのかな?って思ったんですが、使って2日間でほぼ慣れました。
 手探りでバッグやポケットから出した時にどっちが上でどっちが下か?がわかりづらいかな.....。

 指紋認証のTouchIDに変わるロック解除手段、FaceID。
 これ結構期待していたんですが、これ便利!。

 別のメガネ変えても問題なし。ロック解除がかなり早くなりました。
 よく「マスクつけていると使えない!」って話を聞きますが、そもそも大のマスク嫌いでして、風邪でも引かない限りまずマスクをつけません。
 それより、これからの季節、手袋を外さずに済むのがありがたい。

 あと最初、「これ不便!」と思ったのが、

2018092110

 ホーム画面にバッテリーの残量のパーセントが出なくなったんですね。
 さらにBluetoothヘッドホンの電源が入っているか?(正確には接続しているか?)もホーム画面に表示されなくなった。
 Bluetoothヘッドホンの電源が入っているか?はヘッドホンのパイロットランプを見るのが面倒なので、まずiPhone側でチェックします。

2018092111

 見る手段としてはコントロールセンターを出す、ウィジェットのバッテリー残量でチェックする。この二択。

 まぁそれでわかるなら...特にコントロールセンターはすぐ出るからそれでも困らないかな....。

2018092112

 あとカメラで長さが測れる「計測」アプリ。
 Apple Magic Trackpadを測ってみましたが、横幅は本当は13センチです(笑)。
 まぁそんなもんです。

 そして一番の注目はカメラなんですが、それは次の回で。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

TOHOKU EMOTION(2018東北旅行4日目 その2)

 久慈から八戸へ戻ります。

2018080539

 ここからは「TOHOKU EMOTION」に乗ります。

2018080540

 「TOHOKU EMOTION」は非定期で一日一往復する八戸線のレストラン列車。

 午前中は往路ランチコース。午後は復路デザートビュッフェ。

 本当は午前中の往路のランチを味わいたかったんですけどね。予約しようとした時には満席だったので、仕方なく復路を選択。

2018080541

 ホームには昨日乗って来たリゾートうみねこが入線中。
 見ての通り、この時も雨が降っていました。

2018080542

2018080543

2018080544


 車内はとっても素敵。流石は人気列車。元フェラーリのデザイナー・奥山清行氏がデザイン担当。
 東北の伝統工芸をインテリアに用いたりとかなり凝ってます。

 4人部屋の個室もありますが、我々は2人なので、2人席に。

 ちなみに満席。
 日曜日とは言え、人気ありますね。

2018080545

 オープンキッチンでは最初に出すアソートプレートの準備中。
 
2018080546

 久慈を出発。係員さんが大漁旗を振ってくれてます。まさしくあまちゃんの世界。

2018080547

 最初に出てくるのはアソート。
 フルーツのババロア、チョコレートバナナブラウニー、マンゴープリン。

2018080548

2018080549

2018080550

2018080551

2018080552

 その後、オープンキッチンにてケーキの取り放題。
 チーズケーキ、パウンドケーキ、タルトにフロマージュ、キャスノア、杏仁ブランマンジェ。
 年2回担当シェフが変わり、年4回メニューが変わるシステム。
 今回はホテルメトロポリタン盛岡の熊谷 崇氏が担当。

 リピートしても飽きないので、地元の人も結構乗っている様子。

2018080553

2018080554

2018080555

 デザートだけでなく、生ハム他オードブルも味わえます。
 ピクルス、シーフードマリネ、ゴーダチーズにクリームチーズ。
 
 甘いものだけだと飽きるので、これはありがたい。

 飲み物はオレンジジュースやりんごジュース。コーヒー紅茶、ハーブティーなどなど。
 あと数量限定ですが、ビール、ワイン、シードルなどのアルコールも。
 アルコール含め、全て飲み放題。

 デザート列車なのにアルコールとオードブルで十分昼飲み。
 思った以上に豪勢です。


2018080556

2018080557

 本来であれば、三陸の素敵な海を見ながらの….なんですが、海は前線通過で大荒れ。

 晴れてればねー。夏って感覚はない。

 2時間弱の贅沢旅行。4500円のコース。
 それでもあと30分ぐらいあればもっとゆったりできたかなー。

2018080558

2018080559

 八戸に到着。

2018080560

 新幹線まで時間があるので、BAR SHADOWのマスターに教えていただいた市の内陸部に位置する郊外型食品市場、「八食センター」に向かいます。

 八戸駅から約1時間に一往復、片道100円で約10分程度。

2018080561

2018080562

2018080563

 とにかく大きい。
 まさに八戸のアメ横。
 八戸線陸奥湊駅前で鮮魚などの小売を行っていた業者の一部が組織して移転したのがきっかけとのことなので、新鮮な八戸の海の幸がぎっしり。
 とにかく食に関するものならなんでもある。

2018080564

 明日の晩御飯用に松前漬や青森牛を買い込み。

 場内で買った魚や肉を七輪で焼いて食べられる七厘村なんてのもあるそうです。

2018080565

 お土産品もどっさり。南部せんべいもこの通り。

2018080566

 買い込むもの買い込んで、八戸から東北新幹線へ。
 お腹パンパンで車中大爆睡。

 帰り、上越新幹線の車両故障の影響で大宮から進まない。

2018080567

 初めて上野で途中下車。

 でもよくよく考えると、上野東京ラインがある今、横浜まで行くならわざわざ特急料金数百円かけて東京まで乗る理由もないんだなって。

 3泊4日の東北旅行。
 仙台〜八戸〜久慈なんて旅行する人いないだろうなぁ…。
 いつものことながら飲んで食べて、楽しい旅行でございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あまちゃん三昧(2018東北旅行4日目 その1)

 旅行四日目、最終日。

2018080501

 この日は朝から小雨、しかもこれら前線通過でかなり激しい雨の予報。

 ホテルで朝食をとり、8時には久慈駅へ。

 この日は北限の海女さんの漁場、小袖海岸で北限の海女フェスティバルへ。

2018080502

 普段久慈駅から小袖海岸までのバスは2~3往復しかありませんが、この日はイベント開催の為、臨時バスで6往復。

 1番目の便で小袖海岸へ。

2018080503

 小袖海岸は久慈駅から35分の道のり。そう、結構かかるんです。

2018080504

 小袖海岸に到着。

2018080505

 着いた頃には既に車で来ている来場客でこの日の目玉の一つ、ホヤと瓶うにの格安販売待ちの行列が。

2018080506

 海女フェスが始まる前に小袖見学。

2018080507

 なんと言ってもこの灯台&防波堤。ドラマでは毎回オープニングで出てきましたね。

 アキちゃんや磯野先生が飛び込んだり。春子が落書きしたり(落書きは以前は残っていたそうですが、今は消えてしまっているそうです)。

 安全上、防波堤の上には登ることができず、オープニングのように防波堤の上を走ることはできません。

2018080508

 海女さんがうにを採る漁場。ここは11時から始まる実演で。

2018080509

 海女センターは震災後に再建されました。

2018080510

2018080511

 こちらでは売店、海女の歴史の展示。海女Cafeが。

2018080512

2018080513

 あと、「〜の碑」だらけ。

2018080514

 北限の海女フェスティバルスタート。

2018080515

 さすがは地方です。市長他、地元のお偉いさんの挨拶がずらずらーっと続きます。

2018080516

 とっても可愛らしい海女ちゃんの開会宣言で海女フェススタート。

2018080517

 ドラマでもあった餅まき。
 かなり盛大に巻いていただき、私もしっかり翌日磯辺焼きにして美味しくいただきました。(ちゃんとビニール袋に入ってます)。

 中には当たりが入っているのもあるそうで当たりはまた何かプレゼントがもらえるそうです。

 イベントでは地元の保育園児のお遊戯、ローカル歌手のコンサート。

2018080518

 露店も出ていて、やっとまめぶ汁を食べることができました。

2018080519

 あまちゃんでは頻繁に出てきたまめぶ汁。
 煮干しと昆布のだし汁に、ゴボウ・にんじん・油揚げ・しめじ・かんぴょう・焼き豆腐を加え、醤油で味を整えたあと、まめぶ(クルミと黒砂糖を包んだ親指大の小麦団子)を入れて煮込む料理。
 「しょっぱいんだか、甘いんだか微妙」とドラマではずいぶんな言われようだったまめぶ汁。
 味ですが確かに団子の中に黒砂糖が入っているので甘い部分もあるけど、それはそれで美味しいんじゃないのかな?とは思いました。でもこんな料理作ったんだろう?疑問は残ります。

2018080520

 ホヤの即売会で買ったホヤをその場で捌いてしまうおばちゃん達。
 ス、スゴイ....。

2018080521

2018080522

 ウニ取りにホタテ釣りなどなど。

2018080523

2018080524

 一番のお目当て、北限の海女さんによる素潜りの実演。


2018080525

 ちょうどこの時、久慈は大雨。なんとタイミングの悪いこと。


2018080526

2018080527

2018080528

 雨をもろともせず、”自称”平均年齢29歳の海女さんたちが海に入って行きます。
 今年はウニが豊漁だそうで、潜るとどんどんウニを採って行きます。 

2018080529

 しかも長い間潜るんですよね。よく体力続くなぁ....。

2018080530

2018080531

 素潜りが終わると、採れたてのうにの即売会。
 目の前でウニを割って、食べさせてくれます(1個千円)。

2018080532

 味は文句なし!。今まで食べたウニの中で一番美味しかった!。
 やっぱりウニは採れたてですね。

 (素潜りの実演は夏の期間中、土日祝日行われてます)

 お昼には小袖海岸を後にして、久慈へ。

2018080533

 久慈駅前にあるあまちゃんハウス

2018080534

 「あまちゃん」のロケ風景の写真や実際に使われたセットや小道具の展示や土産品を販売しております。

2018080535

 アメ女の衣装!。

2018080536

 観光協会にあったジオラマ!。

2018080537

 本物の台本!。

 BGMはもちろんあまちゃんのサントラ。

2018080538

 あまちゃんワールド大堪能!。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三陸鉄道北リアス線乗りつぶし(2018東北旅行3日目 その2)

 14:07に久慈着。

2018080417

 初めての久慈をほとんど拝むことなく、すぐに乗り換え。
 14:13発の三陸鉄道宮古行へ。

 応援している第三セクター三陸鉄道に運賃払って乗って応援してあげたくて。
 前回の三陸旅行の際に宮古から暫定開業していた小本まで乗車していたので、今回は逆側の久慈から小本まで乗ってUターンでまた久慈まで乗って帰ってこようと。
 前回来たときは駅舎、路盤など大打撃を受け、かなり長い区間が運行見合わせになっていた三陸鉄道北リアス線。
 2014年に全ての区間の運転が再開され、三陸の皆様の足となって運行中。

2018080418

2018080419

2018080420


 かつては瓦礫が多くみられた車窓ももう、瓦礫は全く見られず、
港、大きな太平洋、建築中の防波堤、そして建設中三陸北縦貫道路を拝めます。北三陸は復興に向けてがんばってます!。

2018080421

2018080422

2018080423

 堀内駅NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で主役の天野アキちゃんが住んでいた天野家の最寄駅「袖が浜駅」のロケ地になったところ。
 ドラマでは海女さんがうにを獲っている「袖が浜海岸」の最寄駅の設定になってますが、実際には堀内駅は海から15キロ近く離れています。

2018080424


 絶景スポットに汽車が通りかかると、一旦停車。
 写真撮り放題。

2018080425

 観光案内は運転手さん自らマイクを持ってアナウンスしてくれます。

2018080426

 久慈駅から約1時間。岩泉小本駅に到着。
 かつては小本駅でしたが、2015年に駅舎が新設された小本津波防災センターと兼ねるようになり、駅名も岩泉小本駅に改名。

2018080427

 以前は観光センターを兼ねてましたが、今やほぼ役所。駅らしさは全くなし。
 以前は復興商店街などありましたが、今は普通の田舎の駅前。
 鉄道に乗りっぱなしで、昼ごはんを食べそこなっていた為、駅前のローソンで昼食を買い込み。30分滞在した後、Uターン。

2018080428

 支払いは基本整理券をもらって車内で支払するローカル路線ではおなじみの後払いバス方式ですが、岩泉小本駅では切符を買うことが出来ます。しかも硬券!。

2018080429

 15:45に岩泉小本を出発。17時前には久慈に到着。

2018080430

2018080431

 NHK連続テレビ小説「あまちゃん」では「北三陸駅」として頻繁に登場した三陸鉄道久慈駅

2018080432

2018080433

 駅構内からあまちゃんワールド全開!。
 ドラマの中では実在しない軽食&喫茶「リアス」スナック「梨明日」がありましたが、それ以外は久慈駅を忠実に再現しています(ドラマでは駅構内は全てセットで撮影されましたが、実際の久慈駅をかなり細かく採寸し、限りなく久地駅に似せたそうです)。

2018080434

2018080437

 駅前にはドラマでは北三陸市観光協会が入居していたビルが。
 ドラマに出てきた実在しない(笑)北三陸鉄道、潮騒のメモリーズの看板が今も貼ってあります。

2018080435

2018080436

2018080438

2018080439

 駅前の商店街のシャッターにはあまちゃんの絵、「あま絵」がいたるところに。ここまでロケ地に影響を与えた朝ドラ、二度と出ないだろうなぁ。

2018080440

 今宵の宿泊は駅前の久慈グランドホテル

2018080441

 久慈駅が見下ろせる。観光に抜群のホテル。

2018080442

2018080443

 隣が岩手銀行だったんですが、イメージキャラクターが能年玲奈改めのんちゃんなんですね(去年からだそうで)。


 チェックインしたあと、晩ごはん。

2018080444

 訪問したのは喫茶モカ


 軽食&喫茶「リアス」のモデルになったと言われるお店。

2018080445

2018080446

2018080447

 あまちゃんファンの聖地だそうで。
 ドラマのロケ中は出演者が頻繁に訪れていたそうです。

2018080448

 「あばずれの食い物」として登場したナポリタン。

2018080449

 出演者が大絶賛したと言われるたまごサンド。

 喫茶店で夕食なんて初めてかな?しかも岩手県の久慈で。

 この日は食事のリズムがズレズレだったのと、八戸2DAYSでかなり胃が弱っていたので、これで終了。
 地元のスーパーで缶チューハイと乾きものを買って、宿へ。

 スーパーで寄った際に気になったもの。

2018080450

2018080451

 あずきばっとう。

 岩手県(特に宮古らしい)で8月7日に、7回海で泳いで、7回あずきばっとうを食べて無病息災を願うという風習があるそうで。

 お汁粉の中にうどん(はっとう)が入っているそうで。
 ミスマッチの様に感じるけど....(買いませんでした)。

 明日はさらにあまちゃん三昧です!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八戸から久慈へ(2018東北旅行3日目 その1)

 旅行三日目。
 二日酔いでバタンキューでホテルを出発したのは9時半過ぎ。
 朝ごはんも食べる余裕もなく、駅のコンビニで買って、八戸線車内で食べることに。

2018080401

 お祭り翌日の八戸中心街。
 いい思い出ができました。

2018080402

2018080403

2018080404

2018080405


 中心街から本八戸まで向かう本八戸駅通りにはこんな吹き出しが。
 「本八戸駅通りのうわさ」だそうです。


 本八戸10:15発の列車で種差海岸へ。
 土曜日だからかかなりの観光客。
 観光スポットの陸奥湊、鮫、陸奥白浜で降りる方が多かったかな。

2018080406
 
 種差海岸で下車。

2018080407

 びっくりしたのが駅前に吉田初三郎の邸宅跡があったこと。
 これ、全く知らなかったんですよ。

2018080408

 吉田初三郎は大正から昭和にかけて活躍した絵師で、空を飛ぶ鳥の目線で風景を描く鳥瞰図のパイオニア。
 (この写真は2015年に奈良ホテルに飾られていた吉田初三郎の奈良の鳥瞰図)

 地図好きの方なら誰でもご存知の方なんですが。

2018080409

 20年弱こちらに住んでいたそうで。
 本当に跡だけで何かあるわけじゃないんですが。

2018080410

 種差海岸は海っぷちに岸壁となだらかな起伏の天然の芝生地がある珍しい景観を拝むことが出来ます。

2018080411

 日本でこの景観は驚きです。
 この日は雨が降ったり止んだりの天気。
 晴れてればもっときれいだったんだろうなぁ。

2018080412

 時期が時期ならニッコウキスゲなんかも咲いているそうです。
 
2018080413

 こちらにもうみねこさんが。
 こちらもかなり無警戒。

2018080414

 奥には淀の松原。
 雨も降っているせいか、ここまで歩いてくる人は少なかったな。

 約2時間のフォト散歩。
 雨が降ってなければ芝生に寝っ転がってお昼寝でもしたかったところ。

2018080415

 12:55発のリゾートうみねこに乗車。久慈に向かいます。

2018080416

 窓も広く、自由席もこんな感じでおしゃれ。
 天気が良ければ太平洋も拝むことが出来たんだけどね。
 まぁ十分車窓は楽しめましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »