« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

渋谷にできたBarのこととBarでの喫煙のこと(THE SG CLUB)

 またカクテルネタです。

2018061701

 昨日グランドオープンしたBar「THE SG CLUB」に行ってまいりました。


2018061702

 こちらを開いたのがオーナーの後閑信吾さん。

 ニューヨークでバーテンダーの下積みを経て、2012年のBacardi Legacy Cocktail Competitionで全米代表として出場し、世界一に。
 昨年は世界のバー業界のアカデミー賞といわれるTales of the Cocktail のInternational Bartender of the Yearを受賞。

 2014年に上海にオープンしたBar「Speak Low」 は「THE WORLD'S 50 BEST BARS 2017」で世界第10位に(昨年2号店「Sober Company」をオープン。

 ゲストバーテンダーとして世界中から招かれ活躍している、今、世界で最も有名な日本人バーテンダーです。
 
 世界で大成功をおさめ、いよいよ日本に凱旋。今年のバー&カクテル業界で最注目のBarです。

 日本初出店の地に選んだのは渋谷。
 公園通りの坂を登りきる寸前を右に曲がったところ。

2018061703

2018061704

 Barのコンセプトは、「1860年に徳川幕府により遣米使節団としてアメリカに派遣された77人の侍たちが、もしアメリカでカクテルやバーを知り、江戸に帰国後、Barを開いたら?」
 

 コンセプトありきで店舗の内装からカクテルまでをプロデュース。
 ニューヨーク、遣米使節団が立ち寄ったキューバ、そして日本を意識したカクテルです。

 一度綺麗にタイルを貼ったその日にエイジング加工でタイルを割っていくなどそのこだわりにはびっくり。

2018061705

 カウンターが銅と言うのも初めての経験。

 1階と地下1階の2フロア構成(別会計)。

2018061706

 1階「Guzzle」はオリジナルのお茶割り、オリジナルサワー、モクテル(ノンアルコールカクテル)など、カジュアルに、がぶ飲みしやすいもの。ハイカウンター、ハイチェアーでフラッと入りやすい作り。行く行くはコーヒーなども用意し、テイクアウト可能となり、目の前の代々木公園まで持って行って飲むなんてことも。

2018061707

2018061708

 地下1階「SIP」は本格的なBar。
 内装は本当に豪華。
 カクテルもオリジナリティー溢れたもの。

 両フロアを結ぶ階段の踊り場には靴磨きコーナーもあり、お酒を飲みながら靴磨きをしてもらうことができ、最後の仕上げはウイスキーをかけて磨いてくれます。

2018061709

 全て本当に美味しかった。
 グランドオープン初日でしたが、今月上旬よりソフトオープンしていた為か、私がお邪魔した18時ごろからは20時過ぎまでは大混雑と言うほどではなく(帰り際は混み始めました)、後閑信吾さんともカクテルのお話を中心に色々お話させていただきました。

 最近はネットの情報などの影響で、Barでも人気店では列を作るなんてことも。
 世界レベルで有名な後閑信吾さんが満を持してオープンしたお店。外国人観光客も含め、人気店になるのは時間の問題でしょう。

 で、途中で気づいたのが、店内でタバコを吸っている人がいないこと。
 店員さんに確認すると、喫煙は店の外にある数席のカウンターのみ可能で、店内は全て禁煙。

 最近随分話題となっている受動喫煙被害を防ぐ健康増進法改正案の問題。
 以前は日本のBarで禁煙なんて考えられてませんでしたが、ここ数年、ウイスキーの香りを楽しむためにウイスキーに特化したBarを中心に禁煙は増えてきましたが、カクテルを中心としたBarではまだまだ少数派って言うかほとんどない。

 でもこちらのお店のカクテルの大部分がそうであるように香りを楽しむカクテルも多く、そんなカクテルを飲んでいる隣でタバコを吸われると確かに邪魔なんですよね。

 随分前から欧米では禁煙のBarは増えているそうですが、正直「日本でBarで禁煙なんてまだまだ先の話」って思っていました。

 愛煙家の国会議員の先生の反対で骨抜き状態になりそうな健康増進法改正案ですが、「THE SG CLUB」のようなお店から禁煙化、分煙化が始まれば、Barの禁煙化、分煙化って意外とそう遠くない話なのかな?って思いました。
 私はタバコは全く吸わないので、大賛成なんですが。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スワローズ、交流戦首位キープ!

 昨今のスワローズ人気で行く回数が激減してしまった神宮球場。

 実は去年からファンクラブの有料会員でもなかったり。
 妻が先日、「6月9日のオリックス戦、レディースdayだから行くけど、一緒に行く?」と言われ、せっかくなので、一緒について行くことに。

2018060901

 午前中、ヘルニアの経過観察で通院した後、神宮へ。
 プレイボール1時間前に到着。


2018060902

 正面玄関にこんなのが。今年からなのかな?。


2018060903

 チアガール「Passion」の皆様。
 それを撮影する一眼レフ&ストロボ装備のカメラ小僧の皆様もズラリ。

2018060904

 チケットは全て完売。当日券なし。土曜日のデーゲームとは言えオリックス戦ですよ!。

2018060905

 時間帯の問題だとは思いますが、入場するためのQRコード発券場も大行列。
 特設グッズ売り場も大盛況。

2018060906

 入場すると外野席はレフト側半分近くはスワローズファン席。
 本当に変わったなぁ…。

 先発は原樹理とディクソン。
 原樹理は1回表から打たれ、あっさり先制点。0-1。

 1回裏、山田の安打、青木の死球、川端の内野安打で無死満塁。
 無死満塁からなかなか点を取れないスワローズ。
 4番バレンティンは併殺崩れでなんとか1点返して同点。
 「まぁこんなもんだろう」と思っていたら、雄平四球、藤井選手が勝ち越しのタイムリー内野安打、西浦選手、タイムリーと固め打ち。3対1から一、二塁のチャンスで中村選手がレフトスタンドへ2号3ラン!。なんと6得点のビッグイニング!。

2018060907

 これには驚きました。調子に乗ってるチームは違う。

 しかし打線の援護に応えられないのが原樹理。
 2回は2失点。結局原樹理は2回3失点でマウンドを降ります。

 そのあとマウンドに立ったカラシティーがよかった。危なげないピッチングで7回まで5回無失点の好投。

2018060908


 8回は近藤が無失点、青木がタイムリーで追加点をあげ、9回は石山がキッチリ締めて7-2の快勝。

 交流戦絶好調のスワローズとは言え、ここまで気持ちいいゲームを見られるとは思ってませんでした。

 翌日も勝ち、本日も首位攻防戦となる西武相手に勝利し、交流戦の単独首位をキープ。借金返済も見えてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »