« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

本坊酒造マルス津貫蒸溜所(鹿児島旅行1日目 その2)

2017071325

 加世田からバスで約20分(運賃320円)、遂に到着。

本坊酒造マルス津貫蒸溜所

 こちらの見学が今回の旅行の一番の目的でもあります。

 本坊酒造が初めてお酒(焼酎)を作った地でもあります。

 事前に見学申し込みをしておいたので、話が早く、ちょうど別の酒造会社(焼酎?)さん御一行が視察に来られており、一緒に見学することになりました。

2017071326

 まず最初に案内されたのが旧蒸留塔。津貫蒸溜所のシンボルタワーです。

2017071327

2017071328

 本坊酒造で70年以上使い続けた焼酎用スーパーアロスパス連続式蒸留機。 
 もう既に使われてませんが、実際に稼働していた連続式蒸留機をまるまる見学するのも初めてですな。
 基本稼働中の連続式蒸留機はかなりの高濃度アルコールを生成するので危険すぎて一般人は近づけないんですよね。

2017071329

 旧蒸留塔で本坊酒造のあゆみを紹介。結構包み隠さず話してくれました。

2017071330

 そして、ウイスキー蒸留棟。去年できたてホヤホヤの施設ですね。

2017071331


 ドアを開けていきなり目の前にあったのが、ハイブリッド型スピリッツ蒸留機。

2017071333

2017071334

 こちらで和美人等を作っているんですな。
 本坊酒造では本格焼酎の原酒にジュニパーベリーや鹿児島産のボタニカルを仕込んで再留してジンを製造しています。

2017071335

 ハイブリッドスチルの他にもこちらでは40年ぐらい前まで鹿児島工場でウイスキー用に使用していた小型のポットスチルをスピリッツ用スチルとして再利用しています。

 こちらでは原料の加工から蒸溜まで一つの建屋で行ってます。

2017071336

 麦芽を粉砕するモルトミル。

2017071337

2017071338

 マッシュタンには縦長の覗き窓があるんですね。糖化している過程をチェックできます。

2017071339

 発酵を行うウォッシュバックは5槽。

2017071340

 ポットスチルはなんと国内製。高崎の三宅製作所で作られたものです。
 どちらもストレート型だけど、初留はタマネギ型なのかな?。徹底的にヘビー狙いですね。

 「駒ケ岳とは違うものを...」と言う理由でネックを太くして雑味をあえて入れる形です。

2017071341

 ちょっと驚いたのがハッチ部分がガラスなんです。
 国内の蒸溜所でハッチがガラスなのはここだけ?。

2017071342

 真夏は蒸溜には不適なので、ちょうど訪問した際は各セクション全てメンテナンスの真っ最中でしたが、ちょうどメンテナンスの一環で、水?をポットスチルで加熱している最中で、水が煮えたぎっている光景を撮影することが出来ました。

 動画でどうぞ。


2017071369

 蒸留棟は中央にある見学ルームから麦芽処理から蒸溜までの全ての過程を見学することが出来ます。
 ここはエアコン完備なので、いつの時期に訪問しても快適に見学することが出来ます。

2017071344

 スピリットセーフも見学ルームの目の前に配置。

 蒸溜の次は貯蔵です。

2017071345

2017071346

 既に数多くの建屋に貯蔵しているようですが(駒ケ岳の原酒の一部も津貫でエイジングされています)、案内されたのは石蔵の樽貯蔵庫。

2017071347

2017071348

 どちらかと言うと見学用の貯蔵庫と言った感じですが、ちゃんと津貫で蒸溜された一番樽もありました。

2017071349

2017071350

2017071351

2017071352
 
 フォアローゼス、ジムビームで使用したバーボン樽、PX、オロロソの樽。

2017071353

 その他にも桜の木を鏡に使った樽もテスト用で熟成させてます。

 本坊酒造では駒ケ岳、津貫の他に屋久島にもエージングセラーを保有し、熟成中。
 
 当然駒ケ岳に比べ、津貫、屋久島は平均気温も高いため、駒ケ岳とは異なる味わいのウイスキーが生まれることでしょう。

2017071354

 そして最後に案内されたのがかつて本坊酒造二代目社長・本坊常吉氏が暮らした邸宅を改造した「本坊家旧邸「寶常(ほうじょう)」」。

 有料試飲とちょっとしたウイスキーのおつまみが提供される他、オリジナルグッズと酒類の販売するSHOPとなっているんですが、ココが何と言っても素晴らしい。

2017071355

2017071356

2017071357

2017071358

2017071359


 創業家の邸宅だけあって家の作りが素晴らしいし、今回ココをビジター施設にするにあたり、徹底的に内装に拘ったそうで、照明や家具もとっても素敵。

2017071360

2017071361

2017071362

2017071363

 そして、ウッドデッキと庭園。石蔵のギャラリーもあります。

 こんなに素敵な国内の蒸溜所のビジター施設は今まで無いだろうし、おそらく今後もできないのでは?。

2017071364

 まだ津貫蒸溜所のウイスキーはないので、試飲はマルスウイスキーで発売されている他の製品に限られます。
 それでも鹿児島限定のもの等、まだ飲んだことのないウイスキーも随分と有りましたので、十分楽しめました。

 あくまで「試飲」の為、ウイスキーも少量でバラエティも少なめですが、できるもんならココで夏の夜にでもウッドデッキでライトアップされた庭園を見ながらウイスキー仲間と一杯やりたいなぁ...なんて思いました(現在の営業時間は16時まで)。

2017071365

2017071366

 ショップもグッズも豊富ですし、買いたいウイスキーもいっぱい。

2017071367

2017071368

 注目したのは和美人の隣に置いてあった薩摩ボタン。和美人のラベルになったものが展示されてます。

 結局4時間滞在(その後のバスの都合上、滞在時間は2時間か4時間かの択一だったんです)。

 スタッフの方とも随分とお話させてもらいました。
 現在津貫でウイスキー蒸溜に直接関わっているスタッフは3人程度で、しかも全員20代。
 「敢えて若手に任せたい」と言う社長の方針だったそうです。

 初出荷は2020年を予定。とっても楽しみですね。
 (ちなみに貯蔵していないニューポットは「寶常」にて発売中。

 この蒸溜所を見学するに辺り、最大のネックがなんと言ってもアクセスです。
 鹿児島空港、鹿児島中央、どちらから車を飛ばしても1時間半。
 大都市圏からはあまりにも遠すぎます。
 今回も随分とバスの時刻表をにらめっこしました。

 でも驚いたのがアクセスが悪い土地でしかも平日にも関わらず、随分と見学客が多かったこと。
 やっぱりウイスキーブームの影響なんでしょうか?。
 10年近く前なんて、ゴールデンウイークのキリンの御殿場蒸溜所だってほとんど見学客いなかったのにね。

 でもウイスキー愛好家であれば来る価値は十分ある蒸溜所です。
 今訪問して、2020年も心待ちにするか、3年後、ウイスキーが出来てから訪問するか?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿児島初上陸(鹿児島旅行1日目 その1)

 7月13日から17日まで早めの夏休みをいただいて鹿児島まで行ってまいりました。

 なぜ鹿児島だったのか?。行きたいところいっぱいある中で。

2017071301

 最大の理由が本坊酒造津貫蒸溜所です。

 昨年本坊酒造2カ所目のウイスキー蒸溜所として開設された注目の蒸溜所です。
 昨今のウイスキーブームで何カ所か新しい蒸溜所ができました。
 しかしそのほとんどが少数精鋭で作業を行っていたり、まだ準備が進んでないことにより、現時点で一般人が見学可能な蒸溜所は自分が知りうる限り津貫蒸溜所しかありません。

 また津貫蒸溜所ではプレミアムジンの製造もしておりますが、ジンの製造施設も一般人の見学可能な施設もここだけ。

 まだ津貫蒸溜所で作られたウイスキーは販売されてませんが、逆にまだ一本もウイスキーを出荷していない蒸溜所を見学するチャンスは今後そうはないだろうと思ったし、ウイスキーファンでも山崎、余市などは行っていてもまだ津貫に行ったことがある方はまだまだ少数だと思うので、いい話のネタになるだろうと思い、鹿児島行きを決断しました。

 蒸溜所だけしか行かないのは勿体ないので、「水曜どうでしょう」ファンの自分としてはサイコロ5で登場した指宿の砂蒸し風呂、対決列島ほか何度も登場した鹿児島銘菓、”白くま”の本店、「天文館むじゃき」には行ってみたかったので、その辺りを加味して計画を立てました。

 しかし、水を差したのが出発2日前に起きた鹿児島県地震です。
 震度5強とのことでかなり心配になりましたが、各宿泊地、津貫蒸溜所に確認をとったところ、被害らしい被害もないとのことで、とりあえず行くことに。


 初日。

 この日に津貫蒸溜所に向かう予定だったわけですが。事前に現地の公共交通機関を調べると、かなり乗り継ぎがスムーズに行かない事が分かっていました。
 鹿児島空港から津貫までの公共交通機関での最短アクセスは空港から津貫がある南さつま市の中心地の加世田まで空港リムジンバスで80分程度、そこからバスかタクシーで20分程度になります。
 空港バスも1日8本、加世田からのバスも1日9本。全て公共交通機関で行こうとすると、羽田からも含めると各々1時間以上の乗り継ぎ待ちを強いられます。

  そんな訳で家を朝5時前には出発。

2017071302

 羽田6時25分発のJAL641便で鹿児島空港へ。

2017071303

 実に3年ぶりの飛行機搭乗。
 地方出張もなく、実家も関東なので、旅行ぐらいでしか乗る機会がないんですよね。
 変わったなぁ…って思ったのが充電用のUSBやコンセントの数ですね。
 普通に待合室の椅子の袖に着いてますもんね。
 機種はボーイング737-800 レジ番JA346J。
 旅行一週間前の段階では旅行の前半は時々雨が降るような予報だったので、天気はあまり期待してなかったんですが、旅行が近づくにつれ予報が良くなり、出発当日のこの日も晴れ。

2017071304

 この通り富士山も拝むことができました。
 その後、夕方には九州南部に梅雨明け宣言が出ました。
 タイミングズバリ。

2017071305

2017071306

 鹿児島空港には若干前倒しでの到着。
 それからバスの出発まで約1時間40分の時間調整。

2017071307

2017071308


 さすがです鹿児島、数多くの焼酎の広告が。

2017071309

 まずは朝ごはん。
 出発ロビーと同じ2階ににある大空食堂

2017071310

2017071311

 こちらでは終日奄美大島名物の鶏飯を含む朝食バイキングがあります。
 10時までは朝食バイキングで800円、10時以降は鶏飯のみ食べ放題が580円。

2017071312

 鶏飯は初めてかな?。しいたけの煮付けの甘さが関東の人には意見が割れそうな気もしますが、かけるスープは美味しかった。


 時間があるので空港内探検。

2017071313

2017071314

2017071315

DHC8-Q400のモックアップなんてあったり。


2017071316

 ウイングレットもジャンボジェットのものだとえらいデカくなりますな。

2017071317

 それでも時間が余ったので足湯。
 国内の空港で天然温泉の足湯は初めてだそうで。流石は鹿児島だね。

2017071318

 空港からバスに乗車。九州道、指宿スカイラインを経由し、薩摩半島を縦断し、南さつま市加世田に到着。

2017071319

 加世田はかつて薩摩半島の西部の縦断していた鹿児島交通枕崎線の車両基地があった駅(1984年に廃線)。
 今も車両基地がそのまま鹿児島交通バスのバスターミナルになっています。

2017071320

 鉄道が走っていた頃の遺構が多少残っております。
 ここから津貫蒸溜所に向かうにはバスを乗り換えるか、タクシーに乗るか。
 バスだと55分の待ち時間、タクシーだと約15分ですが、運賃約2,500円。
 
 ここで早目のランチ。実は津貫蒸溜所周辺(徒歩圏)で食事が取れるところは全くありません。

2017071321

 寄ったお店は焼きたてワッフルと手作りシフォンのお店、はーみーCafe

2017071322

2017071323

 可愛い女性が一人で営んでました。お店もとっても可愛らしい。

2017071324

 朝食をガッツリ食べたので、少なめにハーフワッフルのランチを。
 甘み抑えめでとっても美味しかった。
 ド平日でしたが、ランチには続々とお客さんが来てましたね。人気店なんだね。

 カフェでお昼を取ったおかげでさほど時間調整も苦にならず、鹿児島交通の加世田発枕崎行きのバスに乗車し、津貫に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリンター買い替え(本日のお買いもの:7/2)

 普段あんまり使わないけど、なきゃ困るもの、プリンター。

 それでも年賀状以外にも時々写真を印刷したりするから、一般家庭よりつかっているのかな?。

 約7年ぶりの買い替え。

2017070402

 エプソン、EP-808AW

 はっきり言います、型落ち品です。

2017070401

 今まで使っていたのが、エプソンのEP-803AW7年弱前に買ったプリンタ。そうか、当時はiPhone3GS使っていたのか.....。

 で、随分前から用紙フィードに難があり、辛うじてL判とハガキは印刷出来ていたんですが、A4を全く送ってくれませんでして、近日予定している旅行の書類(旅行会社からの最終旅程表とか)も流石に全てiPadやiPhoneの中ってわけにも.....ってわけで一応無事ボーナスも出たので、週末に買って参りました。


 
 このシリーズの最新機種が EP-879AWなわけなんですが、ヨドバシカメラさん行って見比べたんですよ。

 夫婦で出た結論が「大した差じゃない」。

 価格差4000円。直ぐに結論が出て安い方になりました。
 修理対応期限の問題がありますが、おそらく壊れたら修理せずに買い換えるだろうし.....。

 確かに今まで使っていたEP-803AWに比べ、たしかに画はキレイだなとは思います。あとかなり静か。
 あとは何よりEP-803AWはギリギリでAir Printに対応してなかったんですよね。Air Printのお陰でiPhoneやiPadに表示したドキュメントやwebサイトや写真を直ぐに印刷できるようになりました。これはかなり便利。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

World Class Japan Final観戦

 6月24、25日のお話。

 当ブログで何度か話題にしている世界有数の酒造メーカー「ディアジオ」社が主催する世界最大規模のバーテンダーのコンペティション、「World Class」。

 既存の一種類のカクテルを審査員の前で作り、カクテル技術、味、ネーミング、色彩・デコレーション、身のこなし等を競う今までカクテルコンペティションとは一線を画し、プレゼンテーション能力、スピード、瞬時の適応能力、お客様のおもてなし等、「バーテンダーとして必要なすべて」が求められる大会で、実にフツーのbar好きな素人な私が見ててもとってもエキサイティングな大会です。

2017062401

 
 国内予選は一次審査、二次審査のあと以前はホテルのバーで国内最終予選(Japan Final)が行われてましたが、ここ数年Japan Finalは大きなイベントスペースやホールで行われるようになり、抽選で関係者以外の一般客も観戦できるようになりました。

 で、6月24、25日の2日行われるJapan Finalの初日の24日が何とか時間が作れたので、以前から観戦してみたかったので、応募したところ見事当選。会場の表参道ヒルズまで行ってまいりました。

2017062402

2017062403

2017062404

2017062405

 会場は選手が競技を行うステージ、観客席の他、ディアジオ社が扱う、タンカレー  ナンバーテン、ジョニーウォーカー、ケテル ワン、ドン・フリオなどのポップアップバーもあり、そこでそれらを用いたカクテルを試飲することが出来ました。

2017062406

2017062407


 しかも、歴代のWorld Class Japan Finalの優勝者もカウンターに立って、カクテルを作っていると言う豪華版。

2017062408

 あとジョニーウォーカーブースでは日本未発売のウイスキーが。

 選手は4つの異なる競技を行い、その総合評価でJapan Final優勝、メキシコで行われるGloal Finalの出場者が決まります。
 
 24日
●オリジナルカクテルチャレンジ
●スピード&テイストチャレンジ

 25日
●ケテル ワン マイブラッディメアリー&ナイトキャップチャレンジ
●ビフォー&アフターチャレンジ

2017062409

 Japan Finalに残ったのは10名の選手。その半分以上がJapan Final複数回経験者。
 「1位じゃなければ意味がない」と優勝だけを狙っている猛者ばかりです。

 私が観戦したのはスピード&テイストチャレンジ。

 World Classでは恒例の競技だそうで。

 予めスタンダードカクテルの中から8種類を選び8分間で、4種類も通常のスタンダードレシピ通り、残り4種類をツイスト(スタンダードから少し手間や工夫をかけたもの)したカクテルを、さらに開始2分後に更にもう1種類のカクテルがランダムに注文され、計9種類のカクテルを作り上げるスピードと技と即興性が求められる競技。
 8分で9種類、53秒に1種類のカクテルを作らなければならないんだから、かなりタフな競技。

 無駄の動作を一切しなくてもとても間に合わない時間の中で工夫をこらしたカクテル、更にカクテルの説明も加えていきます。

 追加注文はマティーニエル・ディアブロモスコミュールあたりが多かったでしょうか?。

2017062410

2017062411

2017062413


 やっぱり経験がものを言う競技なんでしょうか?Japan Final複数回経験者の方が全般的に流れもよく、比較的に余裕があったかな?って気がしました。でもベテランさんでも「リハーサル通りには行かないですね....」とぼやく一面も。
 そもそも普段自分が立っているバーカウンターとは違う特設会場の特設バーカウンターで行うわけですから、まるで勝手が違うわけで、そのあたりの対応力も求められますよね。

 使われるお酒も高級なお酒ばかり。見ている時は気にしてなかったけど、同じく観戦していた地元横浜の馴染みのバーテンダーさんが仰ってたのが、

 「スピード&テイストチャレンジ、1回本物のお酒で練習するだけで原価3000円が飛びます!」

 そうか....そう言う問題がもあるのか....。バーテンダーにしかわからないですね。


2017062414


 結果は翌日になって分かりましたが、このチャレンジで1位になったのが、BAR ORCHARD GINZAの宮之原 拓男さん。
 Japan Finalの常連とも言っても良いバーテンダーさん。
 残り20秒弱で追加注文のエル・ディアブロを作り始めて「残り10秒!」のコールされても全く動じず、残り1秒で作り上げる精神力は一朝一夕じゃ絶対できないな。


2017062412

 4つの競技が終了し、Japan Final総合優勝に輝いたのが、大阪Bar Leigh Islayの槇永 優さん。
 槇永さんもJapan Finalの常連。長年の苦労が実を結びました。
 後から調べて知ったんですが、Bar Leigh Islayってスタンディングバーなんですね。ちょっとびっくり。

 槇永さんが出場するGlobal Finalは8月20日からメキシコシティにて開催。全世界25000人の参加者の頂点に挑みます。

 2015年は奈良の金子道人さんがGlobal Final総合優勝、2016年は大阪の藤井隆さんがGlobal Final総合準優勝と近年関西勢が大活躍!。槇永さんにもぜひ好成績を期待したいですね。
 

 大阪も行ってみたいBARが更に一つ増えてしまった。
 藤井さんがいるBar Kにも行ってみたいしなぁ....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生、新しい周回のスタート

 定期ポストで。

 去年はこの定期ポストしなかったんですよね。確かに去年の今頃は大きな仕事があってそれどころじゃなかったんですよね。

 実は今も、会社の方でかなり大きな変化があり、それの対応で、休日出勤をかなり強いられてまして、なかなかBLOGも更新できないのが現状です。

 夏休みは少しは取れそうですが、どうなることだか。
 秋になったらまた大きな仕事が入りそうでだし。トホホ。

 facebookを始め、たくさんのお誕生日メッセージ、ありがとうございます。

 これからも末永く遊んでやってください。

 多少ネタ有るので、これから更新します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »