« 2017年3月 | トップページ

DSC-RX100M5試し撮り

 前回の記事の続き。
 DSC-RX100M5をせっかく買ったので、早速試し撮り

 購入翌日の4/14土曜日。この日八王子まで法事へ。
 冠婚葬祭用セカンドバッグに財布、iPhone、手帳、モバイルバッテリー、RX100M5が一緒に悠々入ります。

2017042301

2017042302

2017042303

 横浜ではソメイヨシノがかなり散ってしまってましたが、八王子はまだほとんど葉も出ておらず、散りはじめ程度。枝垂れ桜は満開。まさに見頃。


2017042304

 法要のあと、高尾のうかい竹亭へ。
 竹林の中にある殆どが離れのお部屋の懐石料理のお店。



2017042305

2017042306

2017042307

2017042308

2017042309

2017042310

2017042311

2017042312

2017042313


2017042314

2017042315


2017042316

 試し撮りには絶好のロケーションでした。
 本来ならもっと慣れてからだったかもしれないが。

 翌日4/16はお昼すぎまで仕事。

2017042317

 仕事帰り。三浦海岸にて。
 これから平日は仕事のカバンにはコンデジを入れっぱなしにするつもりなので、こう言う写真も増えそう。
 X10もそうするつもりだったんだけど。やはり大きいんだ。
 そういう意味でもNikon DLより良かったのかも。



 それから横浜北仲マルシェ

 2017042318

 クラフトジン買っちゃいました。


 その足で3月25日(土)から6月4日(日)までの間行われている第33回 全国都市緑化よこはまフェアの会場の一つ、赤レンガ倉庫周辺へ。

2017042319

2017042320

2017042321


2017042322

 ちなみにこれがこのカメラの最高のシャッタースピード、1/32000で撮った画像。
 もっとアップで撮るべきだったかな?。



2017042323


2017042324

2017042325


2017042326


 第33回 全国都市緑化よこはまフェアの会場は点在しており、全部見切るのにもかなり時間がかかりそう。
 おそらく、ゴールデンウイークは全国都市緑化よこはまフェア回りでおわりそうな。

 昨日4/22。
 午前中は仕事の後、野毛、吉田町、みなとみらい、福富町ブラブラ。

2017042327

2017042330

2017042331

2017042332

2017042333

2017042334

2017042335


2017042336

2017042337

 よく感じたのはセンサの大きさ。
 1インチはやはりそれなりに大きい。

 次にEVFはやっぱりあった方がいいけど、ちょっと中が小さすぎるかな...。中の文字を見るのにちょっと一苦労。

 AFに関しては、「あっ、そこに合ってたんだ...と」家に帰って、大きな画面で初めてフォーカスポイントが違っているのに気づくのがちらほら。
 これはAFの使い方をもう少し勉強すべきかな?。
 まだ取説も全然読んでないし。

 取説はPDFでダウンロードもできるみたいだし、もうちょっと読み直そう。
 本日はこれからお仕事。ちなみに来週は東京で試し撮り予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DSC-RX100M5購入(本日のお買いもの:4/14)

 買っちゃいました。


2017041401

 DSC-RX100M5

 このBLOGでも書いているんですが、随分前からサブ用コンデジを買い換えたいとずっと思っていたんですよ。

2017041402

 今まで使っていたサブ用コンデジFujiFilm X10
 2011年10月に発売され、私が購入したのが2012年6月の話。約5年使ったわけですな。
 
 結構前から買い換えようって思ってはいたんですよ。

 2015年のCP+の際にX10のズームリングが突然動きが悪くなり、その後、ゆっくり動かし続けたら多少変な抵抗が有るものの、動くようになったんですが。
 その修理料金がレンズごと交換になるので数万かかると言われ、躊躇ってしまい、結局修理せずに今に至ってます(使えているので)。

 で、そんなこともあるし、X10のオートフォーカスには不満があったので、去年ぐらいから新しいコンデジが欲しいなぁ...って気持ちがあったんです。

 で、本当であれば富士フイルムの画は好きだったので、X30の後継機が出れば、それを買おうかと思っていたんですが、発表された後継機?はAPS-Cの単焦点レンズのコンデジ。
 サブコンデジはズーム付きが絶対条件なので、ここで富士フイルムの選択肢がなくなりました。

 記録的要素が強いサブコンデジはズーム、マクロ搭載が絶対条件です。
 なので、リコーのGRやシグマのDPシリーズはナシなんです。
 単焦点の方がキレイなのはわかりますが、あまりにも実用性がないので。


2017041403

 で、そんな中、去年初頭、「おっ!」と思ったのが、ニコンのDLです。

 操作性もよく、AFも早く、それなりにコンパクト。オプションでEVFも着けられる。
 EVFも欲しかったんですよ。X10はレンジファインダーが付いてますが、ファインダー内は何も表示されず、お飾り程度だったので、ほぼ全部背面ディスプレイを使ってて、逆光のときとかはやっぱりEVFが欲しかったんです。

 去年のCP+でも展示され、私も触ってみて、かなり興味を持ちました
 正直夏頃にはDL24-85 f/1.8-2.8 を買う気だったんですよね。
 それが、発売無期延期となり、「いつ発売されるのやら?」と思いつつ、発表の1年後にあたる今年のCP+の直前にまさかの発売中止発表
 コンデジ選びが振り出しに戻りました。

 そこで、第一候補に浮上したのがDSC-RX100シリーズ。
 やはり魅力は小ささです。
 さらにストロボもEVFもついている。
 ズーム付き高級コンデジはどこも消極的な中、この機種だけは押せ押せムード。
 しかも初代のRX100から5代目のRX100M5まで全て現行品。かなり特殊なカメラです。

 画質、AFなどで評価が高かったものの、候補にならなかったのが、ニコン、富士フイルムの方が買いたい気持ちが強かったからなんです。
 でも、この2社からはもう自分の希望通りのコンデジが今後出るのは絶望的。
 で、RX100でした。

 問題点は小さすぎて、使いづらいのでは?と言うところ。



2017041401

 ノーマルのRX100がこの通り。

 今年のヨドバシカメラや今年のCP+でかなり触ってみましたが、右手中指が全く引っかからず、やはりそのままだと滑るんですね。


2017041404

 それはアタッチメントグリップAG-R2を使うことによって解決できるかな?と思い、これは銀座のソニーのショールームで実際に装着されているカメラを触らせてもらって、解決できることを確認。これでRX100購入決定。


 問題は5種類あるRX100シリーズのどれを買うか?。
 EVFやWiFiがない時点でRX100、RX100M2は候補から外れます。問題はそこから。
 RX100M3~RX100M4~RX100M5までで実に4万円ぐらいの価格差があります。デジカメがもう1台買える値段ですよ。

 でもX10でAFのダメっぷりに嫌気が指していたので、(高いけど)M5を第一候補に。
 そんなことを思ってたのが3月中頃。

 ヨドバシカメラに通っていると、RX100M3、RX100M4、RX100M5は結構価格変動が激しいことに気づきました。
 で、いつが底値か?時々ソニーが実施しているキャッシュバックキャンペーンはいつか?等色々考えながら、時が過ぎ。

 そして、3月末日にいよいよソニーから5000円のキャッシュバックキャンペーンスタート。

 値段も平日夕方のタイムバーゲンならSDカードもついてかなり安めの値段に。
 そこでRX100M4にするかRX100M5するかで悩んじゃったんですよね。まぁキャッシュバックキャンペーンも5月末日までだから、もうちょっとゆっくり考えればいいや、ってね。


 で、4月に入った途端、RX100M4、RX100M5が両方とも一斉値上げ。しかも上げ幅は1万円以上。
 「キャッシュバックキャンペーンの意味がない!」びっくりしましたよ。完全に買うタイミングを逸しました。
 (しかもこの頃にはもうRX100M5を買うことを心に決めてました)

 で、14日の夜。
 散発帰りにヨドバシカメラに寄り道、RX100M4、RX100M5が安くなる兆しもなく、ため息を付きながら、商品を見ていると、ヨドバシカメラの店員さんが。 

 ヨ:「どうです!、今ならキャッシュバックキャンペーンもついててお得ですよ!」

 で、

 私:「でも先月に比べてキャッシュバックキャンペーンも吹っ飛ぶぐらい値上げしましたよね?」
 
 ヨ:「(ため息を付きながら)そうなんです....実は4月に入って、ソニーが卸値を上げまして....」

 私:「そう言うことですか....。3月末の値段なら買うんですが....」

 なんてやり取りすると

 ヨ:「ちょっと待って下さい!。どこまで値下げできるか?上司と交渉します!」

 と、店員さん売り場から引っ込み、約10分。

 ヨ:「この値段でいかがでしょう!?」

 と提示した値段はまさに3月末とほぼ同額。
 ってわけでクレジットカード一括払いで購入。店員さんありがとう!。

 アタッチメントグリップAG-R2と液晶保護ガラスと同時購入。


2017041405


 ドーン!。


2017041406
 
 両面テープで貼り付けるグリップ、保護ガラスを取り付け、充電して、準備完了。


 何度も買うまでに触れていますが、改めて小さい。これなら通勤カバンに入れっぱなしにできますね。

 次回試し撮り編へ!。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017神宮初観戦

 土曜日の話ですが

 2戦目にして今季神宮初観戦に。
 実のところ今年はスワローズのファンクラブには有料会員にもなってなくって。

 仕事柄事前にチケット買っても必ずその日の行ける保証がなく、以前なら、その日になってから、「今日は神宮行けそうだから、これから行こうかな?」とフラッと行くこともできたんですが、最近の神宮はなかなかそうも行かず、まぁTV観戦でいいかな?なんて思ってたんですが。

 前日の夜、嫁さんが「三塁側内野指定ならチケットとれそうよ」って言われ、じゃあ行ってみますかと。


2017040101

 小雨が降ったり止んだりの神宮球場へ。


2017040102




 神宮の3塁側B指定席っておそらく初めて。
 しかもデーゲーム。ちょっと新鮮な景色です。

 試合は小川ークラインの先発で試合開始。
 あっさり初回梶谷のタイムリーで先制され、さらにロペスのタイムリー。
 畠山に1発が出るものの、6回に二番手ギムレットが連続タイムリーを喰らい、4失点。これで勝負あり。

 1−6で敗戦。
 でもプロ初登板の星、平井、原樹理がそこそこ好投してくれたのが、慰めになりました。

 今年はあんまり来れないんだろうな…と思いつつ、神宮を去りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三遊亭ときん師匠真打昇進興行

 献血の後の話。

2017032602


 上野鈴本演芸場へ。

2017032603


 21日から始まった平成29年春の落語協会真打昇進披露興行
 日替わりで新真打がトリを務めます。

 江戸落語の世界で真打は階級では一番上の位。寄席でトリを務めるには真打であることが条件です。
 26日は三遊亭ときん師匠の2度目のトリを務める日。

2017032604


 あいにくの雨でしたが、鈴本演芸場の前には真打昇進披露宴でも披露されたときん師匠の名前が入った大きなのぼりがお出迎え。

 遂に番組表の一番最後にときん師匠の名前と写真が載りました。

2017032605


 陣中見舞と思い、菓子折りを持参したんで、受付の女性にときん師匠に渡してもらう様お願いしたところ、

 「本人既に見えておりますので、直接楽屋にお持ちください」と。

 えっ!直接行っていいの?。

2017032606


 ロビーにはお祝いの花がギッシリ。

2017032607


 ホールに入り、席を確保してから恐る恐る舞台横にある楽屋へ。
 ドアを開けるといきなりときん師匠が。
 無事直接本人に菓子折りを渡し、激励してミッション終了。

 (公演中は写真撮影禁止なので画像は何も残ってません)
 
 この日はときん師匠の師匠の三遊亭金時師匠、さらに金時師匠の師匠の三遊亭金馬師匠の三代揃い踏み。
 金時師匠が「真田小僧」、金馬師匠が「紙入れ」でした。

 中入り後は昇進披露口上。
 その頃には演芸場はほぼ満員。
 柳家喬太郎、三遊亭金馬、三遊亭金時、鈴々舎馬風柳亭市馬、各師匠と並んでの披露口上。名だたる師匠と並んでの口上、三本締め。感動したなぁ。


 林家正楽師匠の紙切り、柳家三三師匠、柳家喬太郎師匠の高座が終わり、ついに大トリ、ときん師匠の登場。
 この日は「茶の湯」。三代目三遊亭金馬の持ちネタですね。

 最後は割れんばかりの拍手。

 感無量でした。来て本当に良かった。

 三遊亭ときん師匠の真打昇進披露興行は5月19日まで続きます。

新宿末廣亭 夜の部4/6(木)10(月)
浅草演芸ホール 昼の部4/12(水)18(火)
池袋演芸場 昼の部4/24(月)30(日)
国立演芸場 昼の部5/13(土)19(金)(19日夜の部有 新真打総出演)

 是非とも観に行ってください!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

献血116回目

 日曜日のお話。
 午前中は職場で残務処理、夕方から上野へお出かけだったので、その前に献血。 


2017032601



 場所は横浜Leaf献血ルーム
 
 一昨年の10月以来の血小板献血、機種はテルシスS、4サイクル。

 ハーゲンダッツのアイスクリームをいただいて、次のところへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ