« BSフジ「小山薫堂 東京会議」 写真対決inアメリカ西海岸 結果発表&トークショー | トップページ | ホームページお引越し »

空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン展

 日曜日の話の続き。

 六本木から紀尾井町へ、ホテルニューオータニの真向かいへ。
 空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン展へ。

ルイ・ヴィトンの原点である旅行鞄にスポットライトを当て、「旅」と題し、ルイ・ヴィトンの軌跡を辿る展覧会。

 S0612108


 紀尾井町のもともと駐車場だったところにドーンと建物を建ててしまってます。2ヶ月弱の展覧会の為に。


S0672114

 展覧会は110年前のトランクからスタート。
 ルイ・ヴィトンのトレードマーク「モノグラム」は実に120年前からできていたんですね。
 最初の頃は全て手書きだったそうです(いつから手書きをやめたか?は不明だそうで)。


S0682115


S0692116

 見てください、この内装でたった2ヶ月の展覧会ですよ。



 2016050405

2016050406

2016050407


 クラシックなトランク類は旅行そのものが長期間かつ、一大事。当然荷物の量が増え、トランクの量が増えます。オーナーのイニシャルが入っていたりといろいろなカスタマイズが。帽子用、洋服用、書類用。
 あと、とにかく豪勢。そのままトランクがワードローブですよ。


2016050408

 すごいのが、ここで見本として展示されている衣類も全てフランスの博物館等から借用した当時の衣装を展示。
 全く手を抜いてない。



 「冒険」のゾーンでは20世紀初頭にシトロエンが結成した探検プロジェクトに参加。
 探検用の必需品(”ティーセット”や洗面道具)などを運ぶためのトランクを制作。



2016050409

2016050410

 それを展示するのにここまでするか.....。

 自動車、飛行機、鉄道、移動手段が変わるに連れ、積むもの、鞄もニーズが変わります。



2016050411


 自動車の旅にはピクニックトランクや、クーラーボックスは必需品ですからねぇ(笑)。


2016050412


2016050413



 飛行機用には「服2着、オーバーコート1枚、シャツ10枚、ナイトガウン3枚、アンダーウェア3枚、ウェストコート3枚、ソックス6足、ハンカチ12枚、シューズ1足、付け襟18枚、グローブ、ネクタイ、帽子」
 これが基準だったそうで。

 鉄道、民間航空機の登場で寝台の下にバッグを入れられるようにしたりと。

2016050414


2016050415



 本当に、これで、期間限定か....。

 世の中にはすごいトランクをオーダーする人がいる


2016050416



 工具バッグをこんなにおしゃれにする必要があるのか...


2016050417


 百科事典を携帯しなくても.....。



2016050418

2016050419


 書斎を持ち運ぼうとしている。
 ちゃんと設計図も展示。


2016050420

 いくら大事な絵画とは言え、それをモノグラムで.....。



2016050421

 指揮棒入れ、バイオリン入れ、レコード入れ、そしてギター入れ。

 もうもうもう......。

 最後には実際に革細工の実演も
 これだけ手間かけてんだから、そりゃ高いよね。

2016050422

 で、このイベント入場無料!。
 
 プロモーションなんだろうけど、それにしてもこの内容で無料はすごすぎる。

予約した方がいいそうですが、いきなり行っても入ることができました。

 ヴィトンが好きな方は絶対行くべき。
 ヴィトンに興味がなくても、「本物とは何か?」を本当に楽しめます。

|

« BSフジ「小山薫堂 東京会議」 写真対決inアメリカ西海岸 結果発表&トークショー | トップページ | ホームページお引越し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30343/63574015

この記事へのトラックバック一覧です: 空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン展:

« BSフジ「小山薫堂 東京会議」 写真対決inアメリカ西海岸 結果発表&トークショー | トップページ | ホームページお引越し »