« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

長いシーズン終了

 長い長いシーズンがやっとやっと終わりました。

真中監督号泣…燕、14年ぶり日本一ならず 山田「ソフトが強すぎ」:サンスポ

 ま、ソフトバンクが強すぎました。
 完敗ですよね。

 本当に1勝できるのがやっとでした。

 ディフェンディングチャンピオンと昨年最下位の差をおもいっきり見せつけられたなと。

 最下位からの14年ぶりのリーグ優勝、CS初優勝、そして日本シリーズ。

 ま、「そんな容易くは日本一になれないぞ」とホークスに言われたような。

 これで投手陣、打撃陣ともに強烈な課題を課せられたなと。

 でも本当に監督、コーチ、選手には感謝したい。
 大混戦でハラハラドキドキだったけど、リーグ優勝を決め、14年ぶりの歓喜。本当に本当に嬉しかった。

 4月はこんなにシーズンが長くなるなんて、思ってなかったもの。
 優勝はおろか、CS進出もないと思ってたし。ここまで1年で変わるものかと。
 山田、川端、畠山も一気に知名度を上げました。
 そもそも、神宮が変わった。
 ポストシーズン、優勝がかかってない試合でもチケットが入手困難になった。こんなことは今までで初めてです。
 人気球団になったのは嬉しいけど、ふらっと神宮に行けなくなったのは悲しいかな?。

 1992年とかぶるんですよね。
 野村ID野球で今年と同じく14年ぶりの優勝、そして当時最強と言われた西武ライオンズに相手に3勝4敗でシリーズ敗退。(スワローズの日本シリーズ敗退は1992年以来のことです)。

 今年のコーチ陣はまさしく野村IDの申し子たち。

 翌年の1993年はその西武ライオンズ相手に前年の雪辱を果たし日本一。
 「来年こそはやってくれるんじゃないか?」ともう期待してたり。

 日本シリーズから一夜明けた昨日、来季の布陣の情報も出始めましたね。
 1軍コーチ陣は全員残留(多少任務変更あり)。
 2軍監督は伊東昭光さんが辞任し、同じく野村ID戦士の一人、宮本賢治さんが就任、引退した松元ユウイチと笘篠誠治さんが2軍コーチ入り。
 資金力がなく生え抜き頼みのスワローズとしては2軍選手の育成は最重要課題。今年のファームはあまりにも酷かっただけにぜひとも頑張って欲しいですね。

 来年のセ・リーグは半分監督が変わる。
 就任する三人は全員、常勤でのプロ野球の指導経験ナシ。全くもって未知数。
 どう化けるか?とても楽しみなシーズンになりそう。

 スワローズは前年最下位からディフェンディングチャンピオンに。
 徹底的に研究されることでしょう。今年とは比べ物にならないぐらい勝つことが厳しくなることでしょう。

 でも優勝の喜びを知り、日本一になることがどれだけ大変かも知った。
 選手たちも一回り大きくなったと思います。

 本当にお疲れ様でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知多 風香るBAR (名古屋)

2015102901


 先週土曜日のオフ会で名古屋に訪問したついでに名古屋で開催中の「知多 風香るBAR」に行ってきました。

 今秋発売されたサントリーグレーンウイスキー「知多」のキャンペーンの一環としてオープンした1年間限定のBAR。

 六本木ヒルズ等で期間限定のBARイベントはサントリー、ニッカ共に開催していますが、1年間と言う開催期間は異例のロングラン。

 1972年(なんと白州蒸溜所よりも1年早い!)に完成し、角瓶、響などのブレンデッドウイスキーの下支えとなるグレーンウイスキーを作り続けた知多蒸溜所。
 今まで限定発売で知多蒸溜所のグレーンウイスキーはあったものの、初めて「知多」の名前を冠したウイスキーの発売。
 知多から最寄りの大都市である名古屋で知名度を上げる目論見でしょうか?。


 場所は名古屋駅の名鉄百貨店の1F。


2015102902



 目印はコレ!。
 名古屋名物ナナちゃん人形の真ん前です。


 スマホがなくても名古屋駅に着いたら周りの人に「ナナちゃん人形どこですか!?」で絶対わかります。


2015102903


2015102904


 流石は1年のロングラン営業。お店もちゃんとした作りです。オール立ち飲み、20人弱は入るのかな?。



2015102905

 前述の通り、お昼からオフ会で、名古屋に到着したのが、11時。
 さすがに何か食べてしまうと、オフ会で何も食べられなくなるので、注文したのは「知多 風香るハイボール」のみ。
 フードもチョイ飲みによさそうな酒の肴三点盛りや、乗り物、出し巻き玉子、知多の郷土料理などなど。食べることができませんでしたが、とてもよさげ。



2015102906


2015102907

 グレーンウイスキーの蒸溜にはマッサンで出てきたポットスチルではなく連続式蒸溜器を使用します。
 その連続式蒸溜器を模した特製サーバーから知多風香るハイボールが出てくる仕組み。
 (本物の連続式蒸留器はもっともっと大きいが)

 知多は主原料がとうもろこしのグレーンウイスキー。
 ですので、主原料がとうもろこしのバーボンによく似た味わいと香り。

 二条大麦が主原料のモルトウイスキーばかり飲んでいるとかなり違和感を感じるかな?。

 来年までやってます。名古屋に訪れた際は訪れてみては?名古屋駅の駅前ですしね。 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

献血110回目

 昨日はお昼から横浜駅で散髪と献血を。

場所は横浜Leaf献血ルーム

 成分(血小板)献血、機種はテルシスs。

2015102601

 自分はやりませんでしたが、この日はタロット占いのサービスがありましたね。
 処遇品を渡さない代わりに、このようなイベントが多いのって東京流でしたが、神奈川でもやり始めたんですね。結構東京では評判良かったのかな?。

2015102602

 前回、こちらの献血ルームで献血の際もらったオリジナルラベルのMINTIAを提示して、複数回特典でハーゲンダッツのアイスクリームとさらにMINTIAをもらいました。

 このキャンペーンは11月いっぱいだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの”オフ会”

 今年で、コンピュータを用いて、コミュニケーションをとるようになって、実に20年になりました。

 当時は当然、facebook、twitter、mixiはおろか、2ちゃんねるすらなかった時代。
 そもそもまだインターネットがまだ企業、学術機関でもない限り簡単には繋げることができないご時世です。

 当時のネットワークを用いたコミュニケーションと言ったら「パソコン通信」でした。
 まだインターネットではなく、電話回線で直接サーバーに接続し、そこでコミュニケーションを取っていたのです。
 
 で、自分も大手パソコン通信サービス「NIFTY SERVE」を使用していました。

 普通に内輪でメールのやり取りのほか、mixiで言う「コミュニティー」にあたる「フォーラム」で不特定多数の皆さんとフォーラムごとに各々のテーマに関してコミュニケーションをとったものです。

 北は北海道、南は九州沖縄まで。
 今でこそ世界を超えたコミュニケーションは当たり前のご時世ですが、当時、日本全国の人とコミュニケーションをとることは非常に革新的なことでした。

 自分はメインにベースボールフォーラム(以下FBBALL)で活発に活動しており、特に大学時代は大学のサークルにも入らず、学業の他はバイトとNIFTYSERVEでの活動に明け暮れてました。


 そこではパソコン通信上だけでなく、実際に会う、オフラインミーティング(=オフ会、今で言うミートアップでしょうか?)も随分と行われました。

 そこで出会った女性とその後結婚するわけですが(笑)。

 その後インターネットの普及でパソコン通信は衰退、NIFTYSERVEもサービスを終えます。
 そこで出会った皆さんとも一旦は離れ離れになりましたが、ネットワークに繋げることそのものが、専門知識を必要とする時代から頑張って活動していたメンバーです、mixi、twitter、blog、facebookなどのサービスで復活し、それを互いに発見し、再びコミュニケーションが始まりました。

 そんな中、「久しぶりにみんなで会いましょう!」と。

 久しぶりのオフ会です。




2015102401



 会場は名古屋です。仕事、子育て等で忙しい中、関西、中部、関東在住の10人が集まりました。
 皆さんと最後にお会いしたのも15年以上前、やっぱり年相応になりました(^^;(人のこと言えませんが)。



2015102502


 ドレスコードはユニフォーム!。
 
 でも当時はまだ球場でユニフォームを着るって風習なかったんですよね。
 だからユニを着ている皆さんを見るのも初めてだったり。

 1995年当時の野球事情から、当時のパソコン通信の苦労話まで。
 懐かしい話で盛り上がりました。
 みんな根っからの野球好き。
 その年その年のトピックが出てはみんな追いてきます。

 1995年と言えば、オリックスのイチローが大全盛期。
 完全無欠と言われたイチローを野村IDのヤクルトが日本シリーズでイチローを完全に抑え切った思い出深い年です。
 打点、本塁打のタイトルは”広島の”江藤。盗塁王は現広島監督の緒方孝市です。

 ネットワーク人口も増え、同じ野球くくりでもなかなか他球団の人と交流することはとても少ないと思いますが、当時は絶対的にメンバーがいないので、他球団ファンと交流するのが当たり前でした。
 実際今回の参加メンバーでもスワローズファンは私たち夫婦だけでした。

 お昼から居酒屋で始まった宴会も一旦終了して、腹ごなしに観光。
 向かうは、



2015102503


 ナゴヤ球場!。
 このメンバーならではの観光スポット。

 ナゴヤ球場も1997年に名古屋ドームにフランチャイズ移転後、スタンドなどが解体、改修が行われ、ファームの練習場として使われてます。
 また、大きな室内練習場、選手寮なども作られてます。

 実はナゴヤ球場に来るのは初めて。
 名古屋駅から東海道線で一駅なんですね。
 住宅地と町工場同居する街のど真ん中。
 立地にちょっと驚きました。
 
 この日は一部の選手の秋季練習が行われてました(着いた頃には終わってましたが)。 
 随分と熱心なドラゴンズファンも見学に着ていました(若松駿太選手がサインの写真撮影に応じていました)。




2015102503jpg


 そんな中、こんな出で立ちでやってきた我がメンバー。
 冷たい目線喰らいまくり(^^;。

 特にスワローズユニを着ていた自分は「テメーは福岡だろ!」って思われてたんだろうなぁ。

2015102504


 その後名古屋駅に戻って、飲み会第二ラウンド。
 自分は日本シリーズ第一戦の一球速報にヤキモキしながら(結果は.....)。

 同窓会満喫の1日となりました。

 また会いたいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ニコンミュージアム 品川にて開館

 スワローズが日本シリーズ出場を決めた17日。神宮球場に行く前に品川に寄ってきました。



2015101751


 20年前の面影が全くない港南口を出て、北品川方面へ。



2015101752

 品川インターシティの最南端、C棟。現在のニコンの本社(去年、有楽町から移転してきました)。

 ここの2階。



2015101753



 この日、ニコン初の企業博物館「ニコンミュージアム」がオープンしました。

 横浜からなら大した寄り道でもないし、無料とのことで、行ってきました。




2015101754

 入口にあるのは様々な光学製品の基となる石英ガラスインゴット。
 これの技術もニコンは世界トップクラス。



2015101755

 目玉はやっぱり歴代カメラ展示でしょうか?。




2015101756

 ニッコールレンズ第1号や



2015101757


 ニコンカメラの1号機、東京オリンピック向けに作られた1000mmレンズ。




2015101758

 業務用に作られたレンズの裏側まで写ってしまう巨大魚眼レンズ。




2015101759

 宇宙で活躍したカメラ。




2015101760

 世界初のオートフォーカスレンズ

 その他、ニコンが発売したカメラが一堂に集まっています。

 時代に沿って見ていると、とにかく多いのが2000年代。
 コンデジが毎月のように新発売されていた時期です。
 私が持っていたコンデジも展示されていました。

 それも2010年代になるとカメラ付携帯電話の普及で一気になくなります。

 カメラも時代の流れにもまれているのね。



2015101761

 その他、レンズの仕組みを一から学べる展示も。
 子供だけでなくと大人も十分楽しめますし、為になります。




2015101762


 今でこそカメラ分野はデジタルカメラのおかげでニコンにおいて1番の主力ですが、以前の主力製品といったら、露光装置。

 コンピュータのCPU、半導体メモリ、液晶パネル。これらは露光装置の技術なしでは作ることができません。

 今でこそオランダのASML社にシェアで負けてますが、これらの機器は以前はニコンとキャノンでほぼ市場を独占してました。
 1台50億円以上の機械が年間数十台売れるわけですから、すごい市場です。

 0.3μmの線を描き、畳数畳分の台を1/1000mm単位で正確に動かすわけですから、すごい技術です。




2015101763jpg


 博物館なので、お土産売り場もあります。
 ニコンのレンズの形のタンブラー、手ぬぐい、トートバッグ、そしてニコン名物ようかんも!。





2015101764


 日曜休みですが、平日、土曜は開館、しかも無料なので、カメラ好きであれば、是非ともご来館を。
 キャノンな方もミュージアムの向かい側がキャノンギャラリーなので、セットで来ればとっても楽しめますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スワローズ、CS初優勝!14年ぶりの日本シリーズへ!

 遅ればせながら。

 結果は4勝1敗でもヒヤヒヤもののCSでした。

 真中燕、14年ぶり日本S進出!24日から工藤ソフトと新人監督対決:サンスポ

2015101701

 自分は16日の金曜日の第3戦、17日の土曜日の第4戦を観戦してました。

 チケット争奪戦も壮絶で、第3戦は一塁側のS指定、第4戦は本当に人気があって、3塁側A指定がやっとでした。

 3戦、4戦ともにロースコアゲーム。

 第3戦は館山が好投したものの、得点に恵まれず、6回なんとか2点をとり、そのまま9回までリレー完封。

 第4戦は巨人のミスが目立ちに目立ったゲームで、正直実力でスワローズで勝ったとは良い難かったかな?。
 原監督の采配にも?がついたし。
 発展途上の杉浦にCSで白星をつけられたのは本人にとっていい経験になったのでは?。
 
 CS通して真中監督の采配は見事に的中した感はありました。
 特にワンポイント起用だった久古は全てノーミスのピッチング。
 最終戦での比屋根起用はペナントレースで先発のポレダとの相性の良さからでしたが、期待通りの大活躍。

 なにより長野の大不振に助けられました。阿部は素晴らしいバッティングでしたが、あとは誰も続かなかったのが幸いでした。

 2001年以来日本シリーズ進出がなかったスワローズ。
 2007年から始まったクライマックスシリーズでの優勝はもちろん初めて。
 私もペナントレース優勝と日本シリーズ優勝の合間に胴上げを見るというのはとても不思議な感覚です。

2015101602

 祝勝会は、ペナントレース優勝同様神宮球場のグランドで。
 試合終了後も内野席下の売店でビールが販売されていたので、自分も選手たちと一緒に祝杯!。
 テレビ越しではあっても、選手の目の前でこんな経験できるのはスワローズファンの特権?。
 ビニールシートがさらに広くなったような?。

 さぁ、日本シリーズです。
 相手は福岡ソフトバンクホークス。正直勝てる気が全くしません。
 まぁ奇数年に挑んだ日本シリーズは全て日本一になっていると言うデータはありますが、ま、あてにはなりません。

 チケットなんですが、先行予約の段階では1枚も取れず.....。一般販売で取れるかな?。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14年ぶりの歓喜(スワローズ セリーグ優勝)

 やっと、やっと、この日がやってきました!。


 真中ヤクルト、就任1年目で悲願V!神宮劇的サヨナラで大混セ制す:サンスポ



2015100201_2


 実に14年ぶり、若松監督以来のセリーグ制覇。
 稀に見る大混戦での優勝。
 本当に本当によかった!。

2015100202

 blogには書いてませんが、実は9月29日のマジック1で迎えた広島戦、行っていたんです。
 もちろん、数日前には全てのチケットが売り切れ。
 たまたま、東京で夜まで仕事で、スワローズのファンクラブでもらってた外野席自由席の招待券が余っていたので、満席状態の神宮球場に入れるか?はわかりませんが、行ってみたところ、無事入場。
 しかしまさかの敗戦、マジックも足止め。

 次の試合は10月1日の阪神を迎えての神宮球場最終戦。
 もちろんチケットは売り切れ。
 残るは広島のズムスタと東京ドーム。
 完全に優勝の瞬間を拝むのは諦めていたんです。

 それが、10月1日雨天中止、チケットは全て払い戻し。
 振替の昨日の試合のチケットは全て当日の9時から一斉販売。

 まさかまさかのチャンス到来。
 9時からチケット購入は球団公式サイトからのチケット購入はなかなかつながらず撃沈。 


 2015100203

 なんとかチケットぴあで3塁側A指定席を入手できました。
 いくら阪神戦とは言え、この日ばかりは外野席も四分の三はスワローズファンに開放。

 3塁側内野席も多くはスワローズファン。心置きなく応援することができました。

 初回に畠山のタイムリーで先制したものの、その後岩田の好投でなかなか点を奪えず、0行進。
 小川も0点に抑えていたものの、決して好調とは言えないピッチング。
 そして8回、秋吉が塁を出し、久古も打たれ、またもやバーネットが回跨ぎ登板。
 しかし、ここで引退が決定している関本に痛恨のタイムリー。

 「今日も決まらないのか!?」

 10回にもチャンスが到来したものの、ここ一番の場面で上田が打てず、11回へ。

 ロマンが10回11回をゼロに抑え、11回裏、川端がヒット、山田は三振したものの、暴投で川端は3塁へ。畠山が敬遠、ロマンの代打田中博康はライトにライナー性の打球!、「決まったか!?」と思ったら江越のファインプレーに阻まれ、2アウト。
 そして、雄平。
 これでダメなら12回。12回表が0で抑えれば、12回裏の攻撃を待つことなく優勝が決定。正直覚悟しましたよ。


 2015100204


 雄平が引っ張った打球はライト前へ。
 2009年オフから野手転向して6年、本当に苦労した男が14年ぶりの優勝を決めてくれました!。




2015100205

 真中監督の優勝監督インタビュー。
 最後に。

 ファンの皆さん! 優勝おめでとうございます!

 忘れもしない2001年10月6日の横浜スタジアム。
 今年以上の大難産で生まれたセリーグ制覇で、インタビューで若松監督から生まれた世紀の大名言。

 当時真中監督はバリバリの現役。
 監督就任1年目ですが、2008年の引退からそのまま2軍の指導に入り、そのままずっとチームの一員。
 90年代の大黄金期、そして、2002年以降の低迷期、スワローズの四半世紀の全てを知っています。

 若松監督へのリスペクトの意味を込めてのファンへのメッセージ、本当に大感動でした。




2015100206

 神宮球場では初めてとなるグラウンドでの祝勝会。
 もちろんビールかけを生で見るのは初めての経験。
 バックネット裏から見てましたが、センター前で行われたビールかけから漂うビールや日本酒の香りがバックネット裏まで届きました。
 ビール2000本、日本酒三樽は伊達じゃないです。

 選手は全員初めての経験、逆にスワローズ生え抜きで揃えた今年のコーチ、監督はほとんどが祝勝会のベテラン(^^)。
 早く選手達もベテランになってね!。

 当blogが始まったのは2004年、前回の優勝が2001年。
 当初は毎試合試合の結果までアップしていた当blogがやっとやっと優勝を伝えることができました。

 続けて本当に良かった!。

 14日からスワローズは初めて1勝のアドバンテージを抱えてのクライマックスシリーズに挑みます。
 今までクライマックスシリーズを経ての日本シリーズ進出はありません。

 この勢いで是非とも14年ぶりの日本シリーズを神宮球場で!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »