« つかの間の名古屋滞在(奈良・伊勢旅行4日目 その2) | トップページ | 随分と様変わり(献血109回目) »

モダンモルトウイスキーマーケット

2015091901

 シルバーウイークの初日、秋葉原の駅前のアキバスクエアに。



2015091902




 三陽物産が主催するウイスキーイベント、モダンモルトウイスキーマーケットに行ってまいりました。

 今年の10回目となるイベントですが、今までは酒販店、飲食店等の業界向けイベントで、基本的に一般人は入場できないイベントですが、今年から2日間のうち、1日のみ一般人も入場できるイベントになりました。


2015091903


 比較的マイナーイベントかと思ってましたが、昨今のウイスキーブームの影響か?この通り、大盛況でした。



2015091904


 サントリー他、国内ウイスキーメーカーのブースではこんな表記が。
 遂にココまで来ちゃいました。


2015091905


 開場早々に行われていたのが、国内ウイスキーブレンダーのステージ。
 私はとても混んでいて、良く聞くことが出来ませんでしたが、サントリー、ニッカ、イチローズ、キリンのチーフブレンダーが勢ぞろいするのはこんなイベントならでは。



 その後行われたステージではサントリーの福與伸二さん、ニッカの佐久間正さん、両チーフブレンダーのお話を拝聴することが出来ました。
 他のフェスと違って、チーフブレンダーのステージを別途チケットを買わずに聞けるのはありがたい限り。




2015091906


 福與ブレンダーは「知多」にちなんだグレーンウイスキーの話。
 多彩な種類の原酒を造ったことにより、豊かな味わいのウイスキーを造ることが出来たため、「知多」のようなシングルグレーンウイスキーを造れるようになったこと。
 今やグレーンウイスキーはブレンデッドウイスキーの希釈用のウイスキーじゃなくなった。
 最近、白州蒸溜所に知多蒸溜所の1/10の規模のグレーンウイスキー製造施設を造ったのは知多の施設でグレーンウイスキーの試作をしようとすると出来る原酒の量が膨大となり、ハイリスクになってしまう為。今まではとうろもこし主体でグレーンウイスキーを製造していたが、現在ライ麦や小麦等でもチャレンジしているそうです。



2015091907




 佐久間ブレンダーはブレンデッドモルトの話。
 グレーンウイスキーの役割をモルトウイスキーに賄わせるのはかなり困難な所業であること。
 1989年の酒税法改正(級別廃止)は2級だけでなく特級のウイスキーの売上げにも大ダメージを与えたこと。
 2006年が売上げの底だったそうで、だとすると10年超えの原酒不足は当面続くことが容易く想像できます。
 売上が落ち込んで先が見えない最中の2000年に現状打破の為に先代の佐藤チーフブレンダーが開発したのが「竹鶴」だったんだそうです。
 ここに来てブレンデッドモルトを造るメーカーが増えてきたのは喜ばしいことだそうです。

 各社のブースではウイスキーフェスティバルよりは規模は小さいものの、魅力的なウイスキーが多くありました。




2015091908

 いつも気になるイチローズモルト。



2015091909



 シングルカスクでBARREL、PEATED、FINO、OLOROSO、PXと多彩なラインナップ(一部試作段階も)。
 BARRELが感動的に美味しかったですね。



2015091910



2015091911


 ウイスキーマガジン社のブースではキリン、サントリー、ニッカのシングルカスクが飲めたのはとてもラッキー!。
 各蒸溜所の良さがはっきり出た素晴らしいウイスキー達でした。

 その他も多彩なウイスキーをテイスティングすることが出来ましたよ。

|

« つかの間の名古屋滞在(奈良・伊勢旅行4日目 その2) | トップページ | 随分と様変わり(献血109回目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30343/62318209

この記事へのトラックバック一覧です: モダンモルトウイスキーマーケット:

« つかの間の名古屋滞在(奈良・伊勢旅行4日目 その2) | トップページ | 随分と様変わり(献血109回目) »