« 朝食&館内見学(奈良ホテル:奈良・伊勢旅行2日目 その1) | トップページ | 奈良、最後の夜(奈良・伊勢旅行2日目 その3) »

ならまち&平城宮跡(奈良・伊勢旅行2日目 その2)

 奈良ホテルを出て、ホテルから目と鼻にあるのが、ならまち


2015080616


2015080617


2015080618



 昔の街並みが見られるとあって、カメラ担いで、来たんですが。
 フォトジェニックなところもあるにはあるんですが、かなり点在してるんですわ。



2015080619


2015080620


 ならまちを歩いていると気になるのが、この人形。
 「さるぼぼ?」と思い、調べると、これはみがわりさると言って、庚申さんのお使いの申をかたどったお守りで、魔除けを意味し、家の中に災難が入ってこないように吊るしているそうで、決してさるぼぼではないそうです(「さるぼぼではありません!」と力強く書いてました)。

 この日も酷暑。
 春や秋ならまだ良かったんですが、バテて、早々に街歩きを断念し、昼飯。



2015080621

 ご近所で手ごろなものをとCurry & Cafe 香炉里(こるり)さん。



2015080622


 夏野菜カレーを頂きました。
 これで700円は観光地にしちゃお得だなと。



 ご飯も食べて、食後の一杯。



2015080623


2015080624


 ならまち内の清酒春鹿の蔵元、今西清兵衛商店に。
 利き酒ができるとのことで頂きました。



2015080625


 純米酒、本醸造、純米吟醸などいただきましたが、一番気になったのは本醸造。本醸造としては雑味が全くなく、とってもすっきり。
 気に入って、本醸造だけお土産にしました。


 そこから、バスを乗り継いで、西へ。

 着いたのは平城宮跡
 
 710年の遷都から、784年の長岡京の遷都までの間、天皇が住まわれ、儀式なども行われてました。
 
 長岡京への遷都後は農地になっていましたが、江戸時代になり、発掘調査が始まり、1970年代に入り、整備事業が本格化、大極殿と朱雀門他一部の建物が復元されてます。


2015080626


2015080627



 広い!、とにかく広い!。

 権威を示すためにあえて広くしたんでしょうが、本当に規模が大きい。
 まぁ建物も一部が復元されているだけなので、なお一層広く感じるんでしょう。

 大極殿の復元も資料がほとんど残っておらず、同時期に建てられた建物を参考に作ったそうで。



2015080628

 中は復元に関する説明が。




2015080629


2015080630

 あとは高御座が。天皇の即位の儀にて使われる玉座ですね。
 四半世紀前の今上天皇の即位の礼でも使われていましたね。

 大極殿から朱雀門への道のりも


2015080631

 まぁ~長い!、すっごい先!。



2015080632

 しかも近鉄奈良線が貫いてしまっていたり。これも地下化の話が出ていたり。


2015080633

 朱雀門も一からの復元です。大極殿も朱雀門平成になってから作られました。よく作ったよね。
 ちなみにすべて国費のようで。

 
 2日目もとにかく歩いた!。

 ヘトヘトになりながら今宵のお宿のJR奈良駅前のスーパーホテルへ。



2015080634


 前日のお部屋の何分の1の広さでしょうか?(笑)。
 どう考えてもこれが身分相応です。

|

« 朝食&館内見学(奈良ホテル:奈良・伊勢旅行2日目 その1) | トップページ | 奈良、最後の夜(奈良・伊勢旅行2日目 その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30343/62121220

この記事へのトラックバック一覧です: ならまち&平城宮跡(奈良・伊勢旅行2日目 その2):

« 朝食&館内見学(奈良ホテル:奈良・伊勢旅行2日目 その1) | トップページ | 奈良、最後の夜(奈良・伊勢旅行2日目 その3) »