« 西の迎賓館 (奈良ホテル:奈良・伊勢旅行1日目 その3) | トップページ | なら燈花会初日 (奈良・伊勢旅行1日目 その5) »

久しぶりの超本格フレンチ (奈良ホテルのディナー:奈良・伊勢旅行1日目 その4)

 さぁ晩飯ターイム!。


2015080546

 向うは奈良ホテルのメインダイニングルーム「三笠」




2015080547

 こちらも創業当時から続く、まさしく”百年食堂”でございます。

 私たちが食べるメニューは通常のレストランメニューではない、「ノスタルジア」宿泊プラン専用のメモリアルディナー





2015080548

 使われる銀器は英国王室御用達銀食器メーカーMappin & Webb社製の実に110年以上前に作られたもの。

 もともとは1898年にオープンし、わずか10年で閉館した「極東の最高級ホテル」と呼ばれた長崎県の「長崎ホテル」の為に作られた銀器。

 長崎ホテルの設計は鹿鳴館、旧岩崎邸、三菱一号館などを設計し、明治以後の日本建築界の基礎を築いたジョサイア・コンドル
 奈良ホテルを設計した辰野金吾とは師弟の関係にあります。
 
 辰野金吾は長崎ホテルを閉館直前に訪れているので、おそらく長崎ホテル閉店に際し、奈良ホテルが買い受けたものと思われています。
 銀器まで100年超えです!。

 お皿などの金色の部分は本当に金を使っている超豪華版。


 ではではお食事スタート!。



2015080549

 一口のお楽しみ




2015080550

 海の幸お花畑風 ラヴィゴットソース。





2015080551

 にんじんのポタージュスープ(スープは他にも選べました)



2015080552

 鯛のポワレ 海老と野菜を添えて トマトクーリとブールブランソース


 お口直しのゆずのシャーベット(写真撮り忘れ)





2015080553

 国産牛フィレ肉のステーキ フォアグラとトリュフを添えて マデラソース




2015080554

 デザート




2015080555

 コーヒー



 そりゃあそりゃあ美味かったっすよ!。

 特に雲丹とステーキとフォアグラは「いい素材使ってるな!」と思いましたわ。
 あと、ニンジンのポタージュもすっごく濃厚。入念な下ごしらえの賜物ですね。

 あとデザートのチョコレートには奈良ホテルのマークがこれでもか!と。
 「オードブルからデザートまで手を抜かないぞ!」って気合を浴びまくったディナーでした。

 ちなみにお酒は奈良ホテルのソムリエチョイスのワイン三種を頂きました。
 ビールもあったんですが、のどが渇いてたのでとっても飲みたかったんだけど、一応フランス料理のフルコースだったのでさすがに自重しました(^^;。




2015080556

 テラス席からは興福寺の五重塔が見え、





2015080557


 庭には珍客が(^^;。
 さすがは奈良公園の敷地内。日常茶飯事なんでしょう。
 大満足のフレンチフルコースでした!。

 ちなみに奈良ホテルは観光地に立地している為、特別なドレスコードはなし(もちろん浴衣、スリッパはNG)。
 わたしもジーパン、襟付きシャツでした。
 

|

« 西の迎賓館 (奈良ホテル:奈良・伊勢旅行1日目 その3) | トップページ | なら燈花会初日 (奈良・伊勢旅行1日目 その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30343/62074386

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの超本格フレンチ (奈良ホテルのディナー:奈良・伊勢旅行1日目 その4):

« 西の迎賓館 (奈良ホテル:奈良・伊勢旅行1日目 その3) | トップページ | なら燈花会初日 (奈良・伊勢旅行1日目 その5) »