« 人生、新しい周回のスタート | トップページ | ちゃんとした三脚(本日のお買い物:7/18その2) »

超広角に手を出す(本日のお買い物:7/18その1)

 真夏の三連休ですが、みなさん、どう過ごされましたでしょうか?。

 で、自分なんですが、また今年も夏の旅行に来月出かける予定です。場所も決まりました。
 そこで、どうしても超広角が欲しくなりまして。ついでに三脚も。
 そんなわけで、三連休の初日、カメラグッズの御買い物!。

 まずは超広角レンズ。

 候補に挙げたのが三種類。

 TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD Model A012

 12万円程度しますが、何と言っても2.8通しと言う驚異の明るさ。
 ニコン純正の2.8通し、AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDを買ったら20万近くしますから

 でも最大の難点は”1.1キロ”と言う重さ。何せそれをつけるカメラD600本体より重いんだもん。
 特に普段車で動かないので、この重さは致命的。
 値段的にアウトでしたが、AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDも970g。これもD600よりも重たい。

 次にSIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM

 ワイド端12mmと言うのが魅力的。ニコンフォーマットでは他にないですから。
 「ワイド端で像面湾曲が目立つ」、「周辺減光が結構強い」、「暗い」と言う悪評が随分と高く、かなり買うのを躊躇。
 でも12mmってのはかなり惹かれたんですよね。正直悩みました。

 で、Nikon AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED

 なんと言っても軽さ。他の超広角レンズに比べて圧倒的に軽い385g。
 しかも、評価がメチャクチャ良い。

 但し、一番気になったのはワイド端18mmと超広角レンズ中でも最も広角が効かないこと。
 現在持っているの標準ズームレンズがAF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRですんで、カブる画角がかなり広くなってしまう。

 SIGMAの12-24mmとNikonの18-35mmでかなり悩んだんです。

 で、悩みに悩んで、

2015071801

2015071802

 Nikon AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDを選びました。

 理由は評価の高さと軽さ。
 あと広角の使い勝手の良さ。24-120mmを持っていても、いざ出かけるとき、18-35mmだけ持って(あとせいぜい50mmの単焦点程度持って)、ブラブラするのも楽しいなと。

2015071803

 いざD600につけると、ちょうど良いんですよ、大きさ的にも。

 で、早速試し撮りに。
 行くのは横浜山手、元町。広角レンズを試すには絶好の場所です。


2015071804

2015071805

2015071806

2015071808

 ファインダーには今まで見たことがない光景が広がっていました。
 ものすごいパースペクティブ。心から「広角レンズ買って良かった!」って思いましたよ。


2015071809

 夕焼けの山下公園。雲の圧倒的な存在感、これも超広角ならでは。
 とっても気に入りました!。

 今回のお買い物はレンズだけではありません!。本日のお買い物:7/18その2に続く!。

|

« 人生、新しい周回のスタート | トップページ | ちゃんとした三脚(本日のお買い物:7/18その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30343/61922143

この記事へのトラックバック一覧です: 超広角に手を出す(本日のお買い物:7/18その1):

« 人生、新しい周回のスタート | トップページ | ちゃんとした三脚(本日のお買い物:7/18その2) »