« ミイルおすすめユーザーになって | トップページ | NIKKA WHISKY STORY BAR TOKYO »

「余市」「宮城峡」終売。新NV発売へ

 Yahoo!ニュースにも取り上げられたましたね。

「マッサン」人気で原酒不足「余市」出荷停止へ(朝日新聞)

2015062101

 当blogでも話題にしましたが、ニッカのシングルモルト、「余市」「宮城峡」の現行品が全て終売になることが発表されました(8月いっぱい)。
 原酒不足を補う為に、最も人気がある竹鶴ブランドに注力する為だそうで。

 もともとサントリーに生産量でもかなり少なかったニッカ、さらにマッサン効果で、今までニッカのニの字も知らない人までニッカのウイスキーを飲み始めたわけですから、原酒が足りなくなるのも当然の話。余市、宮城峡ブランドで2015年1〜5月の前年比263%、竹鶴ブランドで2015年1〜4月期で前年比314%ですよ。
 しかも、現在の脂がのった原酒が生産されたのは1990年代。
 もっともウイスキーの売れ行きが悪かった頃の話なんですよね。

 ビール等と違って、生産したものを数ヶ月で出す事が出来ない。最低5年以上はかかる。
 年数表記があるウイスキーであれば、その年数以上の原酒を使わなければいけないわけで。

2015062102

 で、9月から、余市、宮城峡は年数表記のない NV(NON VINTAGE)が発売へ
 NVなら10年以下の原酒も使う事が出来ます。


 問題は質です。
 勿論、熟成すればいいってもんじゃないんですが、シングルモルトはある程度の長期熟成は必須です。

 すでに数年前にサントリーは山崎、白州の10年を終売させ、新山崎、新白州としてNVを発売させました。
 新山崎、新白州と全く同価格で新余市、新宮城峡は発売される様です。

 但し、山崎、白州は12年、18年、25年を残してますが、宮城峡はNV、10年、12年、15年、余市はNV、10年、12年、15年、20年を全て終売させての新NV。

 ただでさえ少ない原酒の中から、ニッカウヰスキーファンの期待を裏切らない味を作らなければいけない。 
 ブレンダーの腕が試されます。

 余市、宮城峡は現行品はもうNVを除いて、酒販店では出せば、直ぐに売り切れ。オークションでは既に定価を遥かに上回る値段で売買される始末。

 この騒ぎを収束させるには新余市、新宮城峡の味でファンを黙らせるしかないでしょう。

 発売は9月。ぜひとも期待しましょう!。

|

« ミイルおすすめユーザーになって | トップページ | NIKKA WHISKY STORY BAR TOKYO »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30343/61772706

この記事へのトラックバック一覧です: 「余市」「宮城峡」終売。新NV発売へ:

« ミイルおすすめユーザーになって | トップページ | NIKKA WHISKY STORY BAR TOKYO »