« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

ジャパニーズ、スコッチ、苦悩と商機

 マッサン放映終了から2か月。

 空前のウイスキーブームが到来し、ここ数か月、ウイスキーが一気に品薄状態に。

 サントリーは白州、山崎の12年が一時休売に。
 響も12年を終売とし、年数標記なしに。

 そして、ニッカから驚きのニュースが。
 シングルモルト余市の10~20年、宮城峡の10~15年が全て”終売”となると言うのです。
 まだ、プレスリリースはなく、全てが噂レベルですが、酒販店やバーなどで聞いてみると、終売を断言する店が多く、ちょっとガセネタとは思いづらい状況。

 そんな我が家ですが。

2015052801

 すんません。買いだめしちゃった.....。
 プレスリリースは6月、出荷終了は8月末日との噂。
 すでにどこの酒販店でも品薄状態で、もしプレスリリースが出ればファンがすぐに買占めに走るだろうし、ニッカサイドもそれほど、大量には出荷できない様子。

 ウイスキーは生産してから最低3年、基本的には8年程度は熟成しないと商品にならない。
 もちろん上記のシングルモルトは”最低”年数であり、それ以上熟成させないとならないわけで、他の食品やお酒と違い、急な需要には全く対応できないお酒なのです。

 マッサン効果でウイスキーの需要は増えるだろうとは思ってましたが、これほどまでとは。

 ジャパニーズがこの状態なので、救いの手は海外に求めるしかない。
 先日のTokyo International BarShow でもビームサントリーの出展はジャパニーズウイスキーは響のjapaneseharmonyのみ。あとはサントリーが販売している、スコッチ、アイリッシュ、バーボンウイスキー等をメインに。
 ニッカもメインは来月発売予定のブラックニッカディープブレンドでしたが、半分はジャックダニエルなどの輸入ウイスキーに。

 と言うと、輸入ウイスキーの販売元に商機が
 
 そんな中、アイラモルトのスコッチウイスキーの中でも熱狂的なファンが多い、Ardbegが今月末で誕生200周年を迎えます。

 Ardbegの200周年を祝うパーティーが都内で行われ、行ってまいりました。

2015052802

 場所はゆりかもめ日の出駅前の「TABLOID」。もともと産経新聞社の印刷工場だったところ。

“究極のアイラ・モルト”アードベッグ200周年記念イベント「ARDBEG DAY 2015」に、Yujiさん、前川泰之さん、Sen Mitsujiさん達が登場。

 そういえば、ニュースにもなっていました。
 マスコミや、セレブな皆様も来ていたようですが、芸能人などにも滅法弱いので、さっぱりわからず。
 でもほとんどの方はウチラ一般客が入場する前に帰ってしまったようで。


2015052803

2015052804

2015052805


 一夜限りのパーティー会場でしたが、ずいぶん豪勢でしたね。
 VIP席があったりしたのも都内のパーティーだなぁと感心したり。
 ピートの山が出来ていたり、歴代のardbegが展示されていたり。

2015052806


 この日一番の話題は5月30日に発売される200周年の記念ボトル「Perpetuum」のお披露目。
 
 私も試飲することができました。
 香りはハーブ&シルキー、味わいはスモーキー。独特の味わいでしたね。
 なかなか味わえないパーティーにとても楽しむ事が出来ました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Tokyo International BarShow + WHISKY EXPO JAPAN 2015

2015051601

 昨日ですが、東京ドームシティプリズムホールで今日まで開催されている「Tokyo International BarShow + WHISKY EXPO JAPAN 2015 」に行ってまいりました。

 2年連続で参加しましたが、明らかに客増えてます。イベントの認知度が上がったのか?。ウイスキーファンの増加なのか?、バーファンの増加なのか?はわかりませんが。

2015051602

 着いて早々に、訳あってマスタークラスに。
  サンフランシスコにある、"トミーズ メキシカン レストラン"のオーナーのMr. Julio Bermejoのテキーラ講座を受講。


 テキーラは正直初心者の部類ですが、テキーラの味わい方、違いの比べ方を徹底的に教えて頂きました。


2015051603

 去年出たのかな?。HIGHLAND PARK のDARK ORIGINS。
 シェリー樽熟成たっぷりのHIGHLAND PARK。とっても濃厚、しっかりシェリー。


2015051604

 イチローズモルトの今年のTHE PEATED。
 毎年THE PEATEDは飲んでますが、今年はスゴイ!。
 香りはもの凄くヨード香、そして口に含んだ瞬間に全身にスモーキーが襲います。
 今までの中でもトップクラスじゃないのかな?。

2015051605

 マルスウイスキーさんは7月発売の「越百(こすも)」
 駒ヶ岳のモルトと、他国のモルトのブレンデッド。
 マルスも原酒不足なのね。
 竹平所長は「他の蒸溜場でマルスらしさを出すのに苦労した」との事ですが、いつもエッジなウイスキーを出すマルスさん的にはちょっと無難?。美味しかったには美味しかったんですが。

2015051606

 キリンの富士御殿場シングルモルト17年とシングルグレーン25年
 どちらもエステル香が来ますが、そのあとはフルーツフレーバーが。
 自分はやっぱりシングルモルトかな?。
 でもシングルモルト17年で20000円か.....。


2015051607

 ニッカウヰスキーは来月発売予定のブラックニッカディープブレンド。
 今までのブラックニッカに比べて、名前の通り、濃厚で奥深い。
 ロック、ハイボールどっちにもいけそう。

2015051608

 来月初めて日本市場にて発売されるシカゴのウイスキー、「KOVAL」。

 創設者のRobert Birneckerも来日!。
 全て有機栽培されたグレーンを用いて、ポットスチルと連続式蒸溜機を合体させたHybrid Stillを用いて作るウイスキー。
 特にキビを使ったmilletはフルーティーな味わい。面白い!。

 ちょっと残念だったのが、サントリーのブースが年々縮小。
 原酒不足が原因?。あとこのイベントがウイスキーからBarにスイッチしているのが原因?。


2015051609

 それを象徴するのはMHD
 ウイスキーはタリスカーストームとグレンモーレンジを出展しましたが、どちらもストレートやロックでは出さずにサイドカー等カクテルにして提供。
 MHDのシングルモルトの新たな魅力を披露。
 MHDのシングルモルトブランドアンバサダー、ロバート・ストックウェル3世(通称ボブ)もシェーカー振ってました!。

2015051610

 目立ったブースがHENDRICK'S GIN
 HENDRICK'Sが持つ上品さを前面に出す戦略か?、異色のブースに人気もありました!。

2015051611

 今年も目立ちに目立ってたバカルディジャパンブース。バカルディの他、ボンベイサファイヤ、カティーサーク、グレイグース等を出展。
 今年の夏もバカルディモヒート?。まぁ美味しいからねぇ。

2015051612

 グレイグースのブースにて。フレーバーウォッカのステージを聞いてみました。
 興味は持ってたフレーバーウォッカ。
 3種類のフレーバーウォッカを飲み比べ。
 果物本来の味以外にも随分と違うものだと実感。 
 新たなカクテルの魅力を発見しました!。

 Tokyo International BarShow + WHISKY EXPO JAPAN 2015 は今日まで。
 とっても楽しいので是非!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベイスターズに完敗

 昨日は久しぶりの浜スタでのスワローズ戦観戦。

 今年は絶好調のベイスターズ。そしてAクラスをキープしているスワローズ。
 それだけでなくカープ女子効果もあってか?。スワローズ戦を見るのは意外と困難。
 5連休前半の神宮でのカープ戦は連休前に全てチケットは完売。
 浜スタでのスワローズーベイスターズ戦も試合前には連日完売。

2015050701

 今回も6日の外野指定席のチケットを4日に直接スタジアムに買いに行く始末。
 しかも並び席はほとんど残ってない状態。凄い人気です。

2015050702

 試合前に、ベイスターズ好き落語家の三遊亭時松さんと柳亭市弥さんの二人の落語会、
ハマっ子楽屋~ベイスターズ好きの落語会~」にスワローズファンである事を隠して潜入!。
 柳亭市弥さんが「粗忽の釘」、三遊亭時松さんが「寝床」をベイスターズネタをちりばめながらの2席。
 とっても楽しかった!。

2015050703

 デーゲームの浜スタと言ったらやっぱりみかん氷。
 仕事の都合上、日中はビールが飲めないので、これで我慢。
 でも美味しい!。

 試合ですが、ベイスターズの強さをまざまざと見せつけられましたね。
 関根の走者一掃タイムリーにスワローズはどうする事も出来なかったですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sony Design: MAKING MODERN ~原型づくりへの挑戦~

2015050301

 GW初日、銀座のソニービルへ。

 Sony Design: MAKING MODERN ~原型づくりへの挑戦~

 アート・デザイン系出版物に定評のある、ニューヨークの出版社Rizzoli International Publicationsが『Sony Design: MAKING MODERN』を出版。
 それを記念し、70年代から現代に至るまでの製品約30点を展示するイベント。

2015050302

 ソニーの魅力は当然性能の素晴らしさもありましたが、なんと言ってもデザイン。
 多くのソニーファンが来場されてました。

 とりあえず手当たり次第写真に収めてまいりました。

2015050303

2015050304

2015050305

2015050306

2015050307

2015050308

2015050309

2015050310

2015050311

2015050312

2015050313

2015050314

2015050315

2015050316

2015050317

2015050318

 70年代のラジオの頃からやっぱりカッコいいですよね。
 今でも十分通用するデザインですよ。
 my first sonyも先進的だったなぁ。

 出た当時はその薄さに圧倒されたVAIO505
 でも今改めて見ると、最近のノートPCの薄さに慣れると厚いですね。
 まぁ18年も前ですよ。素晴らしいですね。


2015050319

 そしてAIBOとQRIO

 素晴らしい製品だったのになぁ。
 QRIOは同ビルのイベントでふれあう事ができたのは本当に貴重な経験です。
 その時の投稿。
 可愛いけど憎らしい!?>QRIO
 もう10年以上前の話ですよ。
 AIBOもQRIOも開発をやめて随分経っちゃいましたね。 
 今や大したヒット商品も少なく、「なんでロボットやめちゃったの?」感いっぱい。


2015050320

 会場にはQRIOのクレイモデルも展示されてました。
 コレは貴重です!。

 コチラのイベントは6月14日まで開催、入場無料!。
 ソニーファンには「懐かしい〜!」がいっぱい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生初 マイルを使う

 2月の話ですが。

 仕事柄、飛行機を使った出張もほとんどなく、旅行でも年に一度、ツアーで飛行機を使う程度でマイルなんてほとんど貯まりません。
 実家も東京ですから、横浜在住の自分には帰省に飛行機は無縁です。

 一応乗る飛行機はJALと決めていまして、一応JMBローソンPontaカードVisaを持ってはいます。

 で、ココ数年ほぼ毎年のように飛行機で夏の旅行をして、更に去年初めての大分出張があって、3年近く前にスキーに北海道に行ったりと、続けざまに飛行機に乗ったんですね。

 で、よく見るとマイルが3000マイル程貯まっていたんですね。
 
 勿論飛行機に乗れる程のマイルじゃありません。
 でも有効期限が迫っている。
 「なんか使える手だてがないの?」と思うと、なんと2000マイルから使う事が出来るミニマイル特典なるものがあるんですね。

 それじゃ使っちゃおう!と。

 3000マイルだと、カタログギフトがもらえます。

2015050201_2

 ってわけで、リンベルのカタログギフトをゲット!。
 まさか自分がマイルを活用する日がやって来るなんて。


2015050202

2015050203

 カタログギフトで、生ハムとウインナーの詰め合わせを注文。
 
 先日美味しく頂きました。

 海外旅行に頻繁に行くリッチマン、帰省や出張で飛行機を多用する人じゃないと流石に優待航空券までは手が届かないマイレージクラブ。

 こんな使い方もあるので、普段飛行機に乗らない方も試してみては?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »