« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

ズブズブカメラ沼に(本日のお買い物:9/21)

 自分だけでも一眼レフカメラが2台、そしてレンズが数本、ミラーレスにコンデジ。

 そしてヨメもミラーレスにコンデジ、そしてフイルムカメラまで手を出し。
 夫婦で持つカメラ、レンズの台数が増えてきました。

 防カビ対策でドライボックス乾燥剤をにそれらを突っ込んでいたんですが。
 で、その結果が

2014092701

 
 この通り。
 明らかにキャパシティオーバー。

 さらに最近はそこそこ高いレンズにも手を出し、全く使わないレンズも出てきました(全く使わないと言うのがレンズにカビが生える一番の温床)。

 そろそろ、防湿庫を真剣に考えないとと。
 いろいろな人に相談してもやっぱり結論は「防湿庫は必要」。

 で、いつかは買わないと行けないわけでと言うことで。

 で、買っちゃいました>東洋リビングED-140CDB
 かなりゆとりを持って買いました。
 足りなくなるのはかなり困りますから。
 湿度調整だけでなく、光触媒機能を搭載し、防カビを保つ優れもの。
 ヨドバシさんに注文し。メーカーから直送。

 で、21日に到着。
 設置予定の和室に。

2014092702


 でけーぞ!おい、やっぱり!。
 店で見るのとやっぱり違うな!。

2014092703


 箱を開けるとこんな感じ。

2014092704


 で、設置予定位置に
 ちゃんと尺を測って行ったので、予定通りに位置具合。
 和室に置いたのもリビングも書斎ももう置く場所がなくってね。


2014092705

 で、早速カメラとレンズのお引っ越し。

 予定通り、ゆうゆう入りました。
 ゆとり持って置いても一段分空いてます。

 これが埋まらないようにしないと行けません。
 広角レンズ欲しいんだよな....超望遠レンズ欲しいんだよなぁ......。

 嗚呼、レンズ沼だ......。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(行って来ました)Tokyo International BarShow + WHISKY LIVE

2014092101

 
先日の20、21日とプリズムホールで行われたTokyo International BarShow + WHISKY LIVE

 21日の日曜日に行ってまいりました。

 2012年からWHISKY LIVEに「Bar Show」と言う要素が一緒となり、コレで三年目。

 自分は2012年以来の2度目の参加ですが、2012年と比べると。カクテルの要素がかなり強くなり、ウイスキー色がかなり薄まった感が。

2014092102

 一番目立っていたのがバカルディジャパンのブース。
 面積はビームサントリー、アサヒビール(ニッカ含)と同様でしたが、一番元気だったなーと。
 バカルティモヒート美味しいもんね。

 噂ではBarShowとWHISKY LIVEを分離させるなんて話もあるそうで。

 気になったものその他をピックアップ。


2014092103

 イチローズモルトは近日発売予定のCHIBIDARUの新作を
 前作に比べるととっても複雑な味わいになってました。
 肥土伊知郎さんも会場内でお見かけしましたが、随分とダイエットされたようで。


2014092104

 創業80年、そして来週から「マッサン」スタートと、まさに千載一遇のチャンスのニッカ。

 「」の競合と思われるプレミアムブレンデッドウイスキーとして「THE NIKKA 12年」を出してきました。
 今月末には発売されるそうです。

 非常に柔らかかつ、重厚な味わい。家飲みには最高かな?と。
 おそらく買うことになるでしょう。
 ちょうどブースに佐久間チーフブレンダーがいて、現在の余市のことを聞いたところ、「見学者が6割増です!」とマッサン景気がはっきり出ていることを教えてもらいました。


2014092105

 ビームサントリーブースはやっぱり角ハイボール押しでしょうか?。
 ブースには輿水チーフブレンダー、山崎、白州の工場長を務められた嶋谷幸雄さんがいらっしゃいました。

 また、会場直後には白州、山崎の限定ボトルが発売されると聞き、慌ててならんでラスト一本で山崎の11年もののスパニッシュオーク樽のシングルカスクを手に入れることが出来ました。

2014092112

 マルスウイスキー駒ヶ岳蒸溜所再稼働後第一弾の三年ものを初披露。
 有料試飲だったもんで、飲まなかったんですが、1万円以上ですか....。
 マルスウイスキーの竹平ブレンダーも「今はこの値段でないと提供できないんです....」と仰ってましたが。


2014092106

 MHDではタリスカーロンサカパの2点で勝負。

2014092107

 タリスカーポートリーは初めて飲んだかな?。
 甘い香りとスパイシーが同居する不思議な味わい。

 タリスカーもストレートの試飲も勿論可能ですが、タリスカーを使ったカクテルをプッシュ。


2014092108

 バカルディジャパンカティーサークだけ別ブースに。
 コチラもカティーサークを使ったカクテルがメイン。
 カティーサークのマグカップをもらえてとても嬉しかった。普段使いのマグカップにしよっと。
 やはり「Bar Show」の要素をメインに。

 写真は撮影しませんでしたが、ペルノリカールDITAのみの展示でしたね。

2014092113

 キリンビールは富士山麓、富士御殿場シングルグレーン25年、ジョニーウォーカーの他、シロックタンカレードンフリオ等等。

2014092109 2014092110

 WORLD CLASS特設ブースには2014年日本代表のBAR HIGH FIVE倉上香里さん、2013年日本代表の奈良ホテル宮﨑剛志さんがパフォーマンス。
 流石は日本代表のバーテンダーのパフォーマンス、人だかりになりました。


2014092111

 今回のイベントではやたらシェリー推し。
 シェリーカクテルの大会が行われたり、ベネシアンドールのパフォーマンスがあったりと。
 シェリー樽が足りなくなっているとの話もあり、「もっとシェリー酒を飲まないと!」と思って、最近、シェリー酒に興味を持ち始めた自分。
 ベネシアンドールがシェリーを注ぐのを初めて見たんですが、とっても感動!。

 あんまりウイスキーはじっくり飲みませんでしたが、とっても楽しい1日になりました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Tokyo International BarShow + WHISKY LIVE

 いやぁ、ホッとしました。

 スコットランド「独立否決」英BBCが速報 住民投票:産経新聞

 輸出産業の一つであるスコッチウイスキーが路頭に迷う可能性があった今回の住民投票。
 これでEU各国への関税ゼロも継続され、ポンド今後も輸出されることでしょう。

 で、珍しく、明日からのイベントのご案内。

Tokyo International BarShow + WHISKY LIVE

2014091901

 スピリッツ、リキュール、ウイスキー他様々なお酒が一堂に揃うバーイベント。
 今回で3回目。1回目、2回目は4月開催でしたが、今回は9月開催。

 1回目がとても楽しかったんで、去年は行けませんでしたが。今年はなんとか行けそうだなと言うわけで。


 他のウイスキーイベントと異なり、様々なジンやラムも楽しめ、日本屈指のバーテンダーが多数来場し、素晴らしいパフォーマンスを見学し、カクテルをテイスティングすることが出来ます。

 バーテンダーや飲食業関係者だけでなく、バーや洋酒を愛する人であれば誰でも楽しめるイベント。
 今年は後楽園プリズムホールで20、21日の開催。

 私は急な仕事が入らない限り、日曜日に行きますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国脱出!(愛媛旅行最終日)

 そして、最終日。

2014080901

 予想通りでしたが、宇和島は大雨&暴風。

 ホテルから駅までは徒歩10分弱と言う距離でしたが、荷物を持って歩くにはかなりしんどい状態で、タクシーを使う程度。宇和島城見学なんてとても無理な状態でした。


2014080902

 宇和島駅に着いた頃にはお昼には瀬戸大橋が閉鎖されてしまうとの情報が。
 こうなると空路しかこの日のうちに横浜に戻る手段がなくなります。


2014080903

 宇和島駅から8:39分発の宇和海6号に乗って、松山駅へ。
 もっともっと愛媛を堪能したかったのに......。


2014080904

 11時前には松山空港到着。
 松山は幸いにもまだ晴れており、風が多少強い程度。


2014080905

 すぐにJALのカウンターで相談したところ、12:00定刻のJAL1466便の座席を確保。
 しかも当初の予定していたクラスJの席が奇跡的に空いてました。

2014080906

 JetStarは早々と欠航を決めており、地上職員も誰もいない状態でした。
 こんな時はやっぱりメジャーキャリアですね。

 ゆっくりお土産物を買って、保安検査場へ。
 搭乗口前で搭乗を待っている頃、当初搭乗予定だった19:15発のJAL1476便の欠航が決定。
 やっぱり早く動いておいて正解だったかな?と。


2014080907 2014080908

 搭乗機は737-800 JA311J。
 人生初のクラスJ。

 狭いボーイング737ですが、クラスJのおかげでとっても快適に帰ってくることが出来ました。
 これでプラス1000円ならいいかな?って気は確かにするね。

2014080909
 
 航空路混雑で25分の出発遅れになりましたが、14時前には無事羽田に到着。

 普段早朝に羽田を発ち、最終便で戻ってくるキチキチ旅行ばかりしているので、真っ昼間の羽田に着くのは初めての経験。
 しかも帰省ラッシュでしたので、まぁ羽田が混んでました。

 日が明るいうち帰宅し、その日のうちに写真整理や洗濯が出来ました。

 天候に恵まれなかった今回の愛媛旅行。
 もっともっと楽しみたかったな~!。宇和島城も行きたかったし。
 ちょうどこの時期は北海道でもないと晴れっぱなしってことはなかったのではないか?と思うと諦めがつくんですが。
 また機会があればもう一度行きたいですね。

 一つ反省したのは、今回カメラはメインのニコンD600とiPhone5sのみでサブデジカメなしで行ったんですね。
 極力荷物を軽くしたかったもんで。
 でもそうすると、雰囲気的に撮りづらいところ(飲食店等)だとフルサイズデジカメのD600は出しづらいんですよね。
 まぁiPhoneでもいいっちゃいいんですがね。
 夜ブラブラする時もフルサイズ持ち歩くのはやっぱり面倒でした。

  道中、撮影した写真はコチラで。「2014愛媛旅行

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Apple 2014秋の新発表

 出ましたね。


Apple、「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」発表 - ITmedia ニュース

Apple、ウェアラブル端末「Apple Watch」発表 - ITmedia ニュース


 最近は事前リーク情報通りに出てきてしまうのでちょっとつまんないですが。

2014091001

 iPhone6は買い替えません。
 iOS8までは使うつもりで64bitCPUのiPhone5s買いましたんで。

 NFC対応と言ってもFelicaとは完全互換ではないので、すぐに必要になるとはとても思えない。
 薄さはもうiPhone5sで十分薄いっすよ。バッテリーの持ちも良くなったみたいだけど、さらにその分バッテリー大きくしてほしい。

 あとはカメラが多少良くなってるのとCPUが向上した以外ってそれほどの大きな変化は....とりあえず買い換えるほどの気持ちにはならなかったですね。
 防水にでもなったら買い換えたかな?。

 6PlusはもしiPadを持ってなかったら買い換えたかな?。
 土日問わずいつでもiPadを持ってる自分からすると特段欲しくない...。

 特に今iPad mini使っている人だとiPhoneとiPad miniをiPhone6Plusに統合しちゃうって人が結構いるんじゃないのかな?って思うけど、どうなんだろう?。

 まだ実物を見れてないんで実感とは変わるかもしれませんが。

 iPhone6でもデカイんすよ。
 平日はシャツの胸ポケットに入れてますんで、iPhone5sが高さが限界なんです(シャツによってはiPhone5sでもはみ出してしまうものも)。

 こうなると普段はiPhoneはカバンの中。そうなっちゃうと電話やメールの着信に気づかなくなるから、そうなると......(後述)。

2014091002


 で、噂通り出てきたApple Watch

 "今のところ"、買いたいと思うレベルじゃないです。

 "今のところ"と言うのも、もし来年以降iPhone6sかなんかが出てきて、2年のiPhone5sの割賦払いも終えて、じゃ、買い換えようと思うとき、iPhone6と同じ、もしくはさらに大きくなり、とてもポケットに入れられなくなり、カバンに入れて持ち運ぶようになり、電話やメールの着信にすぐ気づく為にも...となると必要になるのかな?と。

 あと、機能面は各デベロッパーがいろいろアプリを出してくると思うので、それで使う意味はどんどん増すのかな?と。これはこれからですよね。

 あと自分としては気になるのは値段。
 どうやら3万円台後半のようで。

 高級多機能腕時計と思えば、決して高くはない金額だとは思います。
 でも問題はこのApple Watchを果たして何年使うのか?。

 自分、今まで腕時計って、紛失しない限りはほぼ10年以上は使い続けてます。
 プライベートで使ってるPROTREKは今年で満17年使ってます。
 世間の皆様も5年も使わずに買い換えるってことはあまりないと思うんですよ(買い増すことはあっても)。


 で、このApple Watch。
 液晶パネルを使っているので、普通の腕時計に比べればかなりハイペースでの充電が必要となるでしょう。
 まぁ「一日持ちません」じゃ話にならないが。

 腕時計ですから、基本的には毎日使います。
 充電池の寿命がどのくらいなのか?iPhone同様2年以上経つとかなりヘタって来て、それが買い替え時だとすると、かなり高い買い物になるかな?と思うんですよ。

 あともう一つは腕時計のアクセサリーとしての一面。

 Appleもそれを意識してか本体も3タイプに大小のサイズ構成で計6種類。
 それに各種バンドが付くようですね。
 バンドはiPhoneケース同様、サードパーティさんがいろいろ作ってくるんだろうな。

 でも、一つ気になるのはファッションとして何本も腕時計を持ってる人はどう思うんでしょうか?。

 みんなと同じものを持つのに抵抗ないですかね?。

 バンドをファッションブランドがこぞって販売し始めたら状況が一変しますかね?。噂によると、Appleは随分ファッション業界から大物をヘッドハンティングしているって話だし。

 そんな自分にとって最も気になるのがiOS8になりますね。

 Macとの連携、iCloudのさらなる機能強化他、通知センターももっと使いやすくなりそうですな。
 あと、IME他、OSの中枢にサードパーティーが踏み込めることになりそうなのも楽しみなところですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苦渋の決断(愛媛旅行3日目 その2)

2014080822

 最後に訪れたのは西予市の卯之町。

2014080823

2014080824

 宇和島藩の在郷町として栄えた卯之町も昔からの街並みがしっかり残ってます。


2014080825

 その街の中心にあるのが、四国最古の小学校「開明学校」。

2014080826

2014080827

 明治15年にできた校舎だそうで、中には当時から今にかけての教育に関する資料がぎっしり。

2014080828

 当時の教室も再現されおり、地元の子供たち向けに「明治の授業体験」と称して当時の服装に着替え、当時の授業を行ったことも。自分が子供だったらやってみたかった!。


2014080829

 街並みの中の一軒のお店。
 「ゆびしょうゆさし」と言う醤油さしを専門で売っているお店。

2014080830

2014080831

 シリコン製のふたを押すだけで醤油が出てくる仕組み。指を離すと、気圧を使って逆流し、垂れない仕組みになっている優れもの。
 本体はなんと有田焼。

 押すとピューと出る感触にハマり買ってしまいました。
 でも子供がいる家庭はあまりお勧めしないかも....(倒すとほぼ全部出ちゃう。子供がふざけてピューピュー出してしまう) 



 17時過ぎには本日宿泊予定の南予の中心都市、宇和島に到着。

 宇和島に到着した時点で風はかなり強く、いかにも台風の暴風圏直前といった様相。

 まずはチェックイン。

2014080832

 この日宿泊したのは宇和島第一ホテル

 地方都市の普通のビジネスホテルって感じですが、何より安かった(ツイン二人使用で10,800円)。
 特段新しいわけではありませんが、部屋も不満もないですし新しい大浴場もあるし、WiFiも全く問題なく使えます。

 チェックインして、さっそく翌日上陸予定の台風11号の情報収集を開始。

 うん、どう考えても明日の午後はヤバそうである....。
 JALのサイトをチェックすると、ツアー客も搭乗便の前倒しが可能みたい。

 本来の最終日のメインイベントだった八幡浜~松山間の観光列車「伊予灘ものがたり」は旅行初日の6日の時点で運休が決まっておりました

 さらに追い打ちをかけてのこの状況。
 宇和島に宿をとったのも宇和島の最大の目的が宇和島城見学だったんですが、ここは松山城と異なり、ケーブルカーなどはなく、城山を30分近くかけて登らなければならず。とてもこの天候では無理。

 悩んだ末、

 「最終日のスケジュールは諦めるか」 と。

 最終日はすべてのスケジュールをキャンセルして朝一番で松山空港に向かうことにしました。


2014080833

 この日の晩ごはんは狙い撃ちの「ほずみ亭」。
 実は2回目の訪問!

2014080834

2014080835

2014080836

 宇和島の名店です。
 魚介類を目の前で調理。いけすもかなり大きいものがあり、新鮮な宇和島の海の幸を堪能できます。

2014080837

 そしてここの名物と言えば「鯛めし」
 醤油やみりん、だし汁で調理した特製だれに、漬け込んだ新鮮な鯛の切り身とわかめ、玉子と一緒に食べる宇和島の郷土料理。

 HTB「おにぎりあたためますか」でも「卵かけゴハンとして分類するのならNo1!」と言わしめた味。


 これが本当に美味しい!。
 大満足の宇和島の夜でした。

  道中、撮影した写真はコチラで。「2014愛媛旅行

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南予 街並み巡り(愛媛旅行3日目 その1)

 愛媛旅行3日目。

 松山を離れます。
 松山駅の駅前でレンタカーを借ります。

 今日、訪問するところは電車移動はかなり厳しそうだったので。
 結構悩んだんですが、この日は雨が降ったり止んだりの天気。結果として正解でした。

 まずは内子へ。

2014080801


 最初に訪れたのは弓削神社(ゆげじんじゃ)

 松山自動車道で内子の中心地からほど近い内子五十崎インターチェンジから車で30分強。
 しかも途中からはかなり細い道。借りたレンタカーがVitzでしたが、3ナンバーならかなりしんどい道幅。しかもかなりの急こう配の山道を登っていきます。

2014080802

2014080803

 坂の上の雲のロケでも使われた屋根付き橋の先にある神社。
 ちょうど境内が池のど真ん中って感じ。

2014080804

 着いたときは観光客はゼロでしかも夏休みとは言え、金曜日だったので「こんなとこ、誰も来ないよね」と思いきや、そのあと続々とカメラを持った観光客が。
 知名度の高さに驚きです。


2014080805

 神社の逆側にはこんな棚田が
 絶対大型田植機なんて入れません。

2014080806

 この近辺は多くの棚田が残ってます。


2014080807

 そこから内子の市街地方向に戻ると、もう一つの屋根付き橋の田丸橋があります。
 こちらも「坂の上の雲」の撮影で使われてます。

 橋がある麓川の川筋には昔は10橋近い屋根付き橋がかかっていたそうで。
 昔は生活道路としてだけでなく、野菜の保管場所、井戸端会議の会議場としても使われていたそうで。
 畑の中にポツンとあるので、ちゃんと調べて行かないと、なかなか見つけられないかも。

2014080808

 ちょうどここに来た頃から雨脚が強くなってきて、レインカバーをつけての撮影。
 年代物のレインコートが役に立たず、びしょびしょになりながらの撮影になりました。



 そのあと、2度目の訪問の内子の街並保存地区。

2014080809

 ちょうど天気はざーざー降りの大雨。
 内子笹まつりの期間中で様々な笹飾りが飾られてましたが、お客はほぼゼロ。




2014080810

 散策を早々と諦め、街並み保存地区の中にある木蝋資料館 上芳我邸へ。(カメラのレインカバーが見切れてる....)
 「水曜どうでしょう」的には絵はがきの旅第3夜の目的地にもなったところです。

 前回訪れた時は修復工事中で入ることができなかったんですよね。

2014080811

2014080812

2014080813

 木蝋産業で栄えた内子の豪商、上芳我家の暮らしぶり、木蝋の作り方などを学ぶことができます。
 建物は武家屋敷を彷彿させるほどの豪華っぷり。「本当に儲かってたのね」とため息をつかされます。



2014080814

2014080815

 かつて中村勘三郎も襲名披露を行った芝居小屋「内子座」。
 前回訪問時に中に入ったので中には入りませんでしたが、入り口で見覚えのある女性が。
 何と前日道後のお寿司屋さんで隣の席だった香港の女性ではありませんか!。

 英語まるでダメなので「ハロー!」ぐらいしか言えませんでしたが、予期せぬ再会。これも旅の楽しみなのです。


2014080816

 さらに南下。今度は大洲に。

2014080817

 「伊予の小京都」と称ばれる大洲。こちらも古い街並みが。

2014080818

 「おはなはん通り」はかつてのNHKの朝ドラ「おはなはん」のロケ地にもなった場所。そもそも「おはなはん」の舞台設定がここ大洲。ドラマそのものが半世紀近く前なんですよね。


2014080819

2014080820

2014080821

 かつて銀行として使用されていた赤煉瓦造りの建物や昭和30年代の街並みなど、歩いているだけでいろんな時代にタイムスリップ。

 とってもフォトジェニックな街。
 雨が降ってなければ、もうちょっと時間があれば.....。

 この時点で15時過ぎ。さらにもう一街向かいます。

  道中、撮影した写真はコチラで。「2014愛媛旅行

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »