« 松山観光初日(愛媛旅行1日目その1) | トップページ | 松山の中心巡り(愛媛旅行2日目その1) »

思い出のバー再訪(愛媛旅行1日目その2)

 萬翠荘見学を終えると、伊予鉄道松山市駅まで路面電車へ。

2014080625

 そう、松山にはJRの「松山駅」と伊予鉄道の「松山”市”駅」があるんですよ。
 JRの駅は松山の中心部からはちょこっと外れたところで、ほぼ平屋建て。松山市駅は繁華街のど真ん中と言ってもいいようなところで、建屋も駅ビルで高島屋が入っています。
 
 前回の四国旅行では松山市駅には来なかったんですよね。ほとんど松山観光しなかったんで。

2014080626

 地方鉄道では都市圏の私鉄の退役車両が活躍していますが、伊予鉄道は京王線の車両が使われているようで。


2014080627

 松山市駅から徒歩数分、子規堂へ。

 もともと子規堂は松山市湊町にあった正岡家の旧居の一部を移築されたものでしたが、。その後、昭和8年に焼失、5年後に再建されたものの、戦災によりまた焼失。
 現在の子規堂は昭和21年に子規の妹律さんが遺した記録図と友人柳原極堂さんの記憶に基づき、当時の居宅の構造をそのまま再現したもの。


2014080628

 子規が俳句を詠んだであろう書斎は確かに坂の上の雲を見てた自分からするとたしかに子規がいたかのような佇まい。


2014080629

 ただし他の部分は年代物のカーペットが敷かれており、資料が羅列されており、ちょっと雰囲気ダウンな配列。

 一旦宿のチェックインの為、道後へ。

 路面電車の道後温泉駅から続くアーケードを抜けると見えてくる道後温泉のランドマーク、道後温泉本館。

2014080630

 重要文化財かつ、現役の公衆浴場である道後温泉本館。
 映画『千と千尋の神隠し』に登場する「油屋」のモデルのひとつにもなっており、今の建屋になって、今年で120周年。
 本当にいつもにぎわっております。
 実は2017年の愛媛国体後、耐震改修工事を行われる予定で、終了予定は2024年。
 今の佇まいを見られるのはあと3年となります。


2014080631


 道後温泉本館の隣には地ビールのお店が。
 愛媛名物じゃこ天をつまみに飲むお昼のビールは格別です。


2014080632

 素泊まりですが、泊まったお宿は「八千代」さん。
 道後温泉の中でもちょっと奥まったところにありました。
 お風呂もお部屋も従業員の方も良かったですよ~。でも客室設備にはちゃんと無線LANと書いてあるのにキャリアごとのWIFISPOTサービスが館内の数か所ある程度で全ての客室にはあるとはちょっと言い難い状態。
 ちょっとがっかりでした。


 部屋でまったりした後、また路面電車に乗り、夜の街へ

2014080633

 一軒目は勝山町の「うどん居酒 せくら」へ。

2014080634

2014080635

 完全に地元の居酒屋さん。
 でも目の前で炙ってくれる鰹のたたきが本当に美味しい。関東では絶対に味わえない味。
 その他の創作料理が一つ一つ美味しい。名物「ふわふわ玉子ステーキ」は絶品でした。
 さらに地元向けのお店だからなのか?お値段もかなりリーズナブル。


2014080637

 二軒目は大街道の「サントリーバー露口」。
 松山最古のショットバー。今年で開店56周年を迎える老舗。

 開店から外装の改修をほとんど行っておらず、よく言えば「ノスタルジック」、悪く言えば「オンボロ」。

 名物は角ハイボールとマスターご夫婦。

 ここではビールは開店当初から置いてません。

 「替わりにハイボールを飲んでいただきたい」それがマスターのこだわり。

2014080638

 ここの角ハイボールは本当に絶品。
 それが証拠に昨年発売されたサントリー角ハイボール缶<濃いめ>はこちらのマスターが全面監修されて作られました。
 炭酸水まで変えて、徹底的に拘った「昭和の味」です。

 そして露口の最大の魅力は、寡黙に酒を作られるマスターと、とってもチャーミングな笑顔でおしゃべりな奥様朝子さん夫婦の人柄。

 実は前回の松山訪問時にも訪れており、こちらのお店の虜になったんです。
 前回訪問時も松山の魅力をたっぷり教わり、お菓子などをどっちゃりもらったり。
 それで今回は横浜銘菓「ありあけの黒船ハーバー」をお返しに持ってきました。

 ハーバーのイラストを担当されている柳原良平さんは言わずもがな「アンクルトリス」の生みの親。
 横浜在住の柳原さんですが、実はこちらのお店にも足しげく通われている言わば「常連」。

 黒船ハーバーを奥様に渡したところ、渡したこっちが驚くぐらい喜んでくれました。
 そのお返しでまたお土産を頂いちゃいました。それが何か?は大人の事情で秘密(^^)。

2014080639

 最後に記念撮影を。とっても感激です。

 マスターも今年で78歳。
 実は6月に体調不良で長期に渡りお休みを取られていたそうです。
 これからも松山に輝く星として、お店を続けてほしいものです。

|

« 松山観光初日(愛媛旅行1日目その1) | トップページ | 松山の中心巡り(愛媛旅行2日目その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30343/60149296

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出のバー再訪(愛媛旅行1日目その2):

« 松山観光初日(愛媛旅行1日目その1) | トップページ | 松山の中心巡り(愛媛旅行2日目その1) »