« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

会津若松ブラブラの旅(二日目)

 二日目は東山温泉からブラブラ。

2014052531

 東山温泉は今から約千三百年前、名僧・行基によって発見されたと言われ、奥羽三楽郷に数えられる歴史ある温泉郷。

2014052532

2014052533

 湯川沿いに数多くの温泉旅館があります。
 中には江戸時代建築で国の登録文化財に指定されているのにもかかわらず、現役の旅館なんかも。

 会津若松市街からも近いのに、雰囲気は山の中の温泉街。
 会津若松観光の宿には持ってこいの温泉街でした。

2014052534

 東山温泉から歩くこと十数分。
 会津藩主松平家の墓所があります。
 二代保科正経公以降の藩主が眠っており、幕末の話では必ず出て来る松平容保公も。
 面積は約15万平方メートルと恐ろしく広大。
 変わっているのは2台代の保科正経公は仏式、三代以降は神式で奉られてます。

2014052535

 墓碑もとっても大きい。これで実は高さ4〜5メートルはあると思います。
 この墓碑と共にある墓所も入口から山道を歩いて15分近くあるところ。重機も何もない江戸時代にこんなものを作り、墓所まで持ってきた先人のパワーにビックリです。

2014052536

2014052537

 墓所内はアヤメ科のシャガの群生を見ることができました。

2014052538

 お墓もシャガの群生も森の中、隙き間から突き刺す日差しが生み出すコントラストとっても素敵。

 
 松平家の墓所から歩いてすぐのところに、会津武家屋敷が。

2014052539

 ここは会津藩家老の西郷頼母邸を復元したところ。
 本物は鶴ヶ城近くにあり、戊辰戦争の際に焼失してしまったそうで、過去の資料を基に再現したとのことで。

2014052540

 完成度はとっても高く、昭和になって再建されたとはとても思えない。
 歴史的価値はあまりないかもしれませんが、当時の家老の暮らしを知る上ではとっても素晴らしい。
 家族の部屋、来賓用の部屋、事務方の部屋が随分細分化されているのね。

2014052541

2014052542

 歴代の会津藩主が別荘、庭園として愛された御薬園

2014052543

 名前の言われは2代藩主の保科正経がここで薬草栽培をしたところから。
 今も園内では数百種類に及ぶ薬草、薬木が栽培されてます。

2014052544

 園内ではお抹茶とごま羊羹と楽しむことができます。
 抹茶飲むのっていつ以来だろう?。

 御薬園からお土産を買う為に末廣酒造に周遊バスに乗っていたら飛び込んできたのが

2014052545

 会津若松市役所の庁舎。
 昭和12年建築の最も成熟した時期の近代建築。

2014052546

 大慌てでバスから降りて見学。
 但し、土曜日だったので、中に入ることが出来ずじまい。
 前日に気づいていれば中の見学も出来たのに....かなり残念。

 とても素敵な建物でした。

 市役所から末廣酒造までブラブラ歩いてて、寄ったお店が「骨董倶楽部 会津」と言うアンティークショップ。

 
2014052547

2014052548

 中には日本のアンティーク雑貨がギッシリ。
 撮影ダメかな?と思いきや、all OK。

2014052549
 
 中で、撮影三昧。
 2階は「昭和なつかし館」と言うのもあるそうですが、時間的に余裕がなく、断念。

 ここモノ撮りにとっても良かった。
 もっと時間に余裕があれば良かったんだけど。

2014052550

 買い物を終えて、会津若松駅に着くと、ちょうど「SLばんえつ物語」号が出発寸前。

 ちゃんと時間調べておけばじっくり写真撮れたのにな.....。

2014052551

 会津若松からは磐越西線で郡山に戻り、新幹線で帰路。
 磐越西線の中でのビールのアテとして買った「ポテあられ 福島限定カレー焼きそば風味」。
 コレがビールのアテとしては最高に美味しかった!。

 乗り換えの郡山で必死になって探したんですが、見つからずじまい。

2014052552

 1泊2日の会津若松ブラブラの旅。
 正直、普段の旅に比べて下調べしなかったんですよ。
 疲れを癒すことが最大の目的で温泉入ればそれでいいやぐらいで。

 でも行ったら行ったで根っからの貧乏性が出てしまうもんで、徹底的にその街を楽しんでしまおうと思ってしまう。
 「ちゃんと調べておけば...」と言う後悔いっぱい。おまけにこんなに会津若松の街が楽しめるとは思わなかった。
 まだまだ行きたいところいっぱいあるし。
 あと、やっぱりSL乗りたいなぁ....。でも磐越西線の新津側に行くんだよね。

 とっても楽しかった!。会津若松オススメ!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会津若松ブラブラの旅(一日目)

 この一年間、休日出勤のオンレパード、名ばかり管理職なので、残業代もつかず、振替休日もなかなかとれずじまいで。

 なんとかして無理矢理振替休日を取得して、旅に出ようと。

 今回はとにかく「温泉にゆっくり浸かりたい!」と言うのが一番の目的。とにかく疲れを癒したい。

 で、今回は会津若松に。
 1泊2日ではあるものの、スキー以外では珍しく一点集中の旅。
 しかも「びゅう」の旅行プランで。

 横浜から東京、郡山で乗り換え、3時間半。

2014052301

 会津若松駅に到着。
 鉄道で会津若松に来るのは初めて。磐越西線は猪苗代まででした。

 2014052302

 磐越西線の途中駅ながら、スイッチバック構造の駅。
 郡山から出発し、会津若松の先の喜多方に向かう電車もここでスイッチバックをかけます。
 大部分の電車はここが終着になってますね。
 車止めがある地方のJRの駅で行ったことがあるのは高松、宇和島ぐらいかな?。

2014052303

 駅では会津のシンボル、赤べこちゃんがお出迎え。

2014052304

 会津若松駅の観光案内所では会津若松駅からほど近い東山温泉芦ノ牧温泉への宿泊者向けのサービスとして、日中手荷物を預ければ、夕方には泊まる宿に届けてくれるサービスを”無料”でしてくれます。
 これは電車で街歩きをする人にはとっても便利。
 自分もこの日の宿は東山温泉で予約をしているので、迷わず利用。
 帰りも宿のチェックアウト時に荷物をフロントに預ければ、500円で駅まで届けてくれます。

 駅からブラブラ野口英世青春通り、七日町通りをブラブラ。

2014052305

2014052506 

 野口英世が手の手術を受け、医師を目指すきっかけとなった街、医師としての武者修行を受けた街からこの通りの名前が。

2014052507

 名産の漆器のお店、カフェなどがありますが、一番最初に漆器があるところで写真を撮ろうとしたところ、いきなりネットへのアップ禁止と言われ、いきなりガックリ。
 ってわけで載せられてません。
 古い街並にも残っており、とってもフォトジェニック。


2014052508

 JR只見線の会津若松駅の隣の駅、七日町もこんなにオシャレ。中にはいい感じのカフェも併設。

 会津と言えば日本酒。
 
2014052509

 七日町からほど近くにあるのが末廣酒造の酒蔵。


 嘉永三年創業の歴史ある酒造会社。日本酒ファンなら聞いたことがある名前でしょう。
 メインの酒蔵は会津高田町に移転してますが、こちらでも酒造りは続いており、ココでしか買えないお酒も。

2014052510

 会津高田町の「博士蔵」はかなり近代的だそうですが、こちらの「嘉永蔵」は明治時代に建てられた蔵で、作り方も昔ならでは。
 蔵内ツアーも頻繁に行われており内部をキッチリ見ることが出来ます。

2014052511

 勿論試飲可能!。
 しこたま飲んで、しこたま買い込みました。(ちなみにこのあと他の酒蔵に2軒も行きます)

2014052512

 ちなみにこの酒蔵の中に「末廣クラシックカメラ博物館」があります。

2014052513

 二眼レフ、レンジファインダー、コンパクトカメラ、スプリングカメラ他600台近い古いカメラが展示。
 しかもなんと一個人のコレクション。(あくまで末廣酒造は場所を貸しているだけ)
 もともとは横浜市へ寄付される予定だったのだが、横浜市が財政難の為、展示が出来ずここで展示しているのだとか。

2014052514

 会津若松と言ったらシンボル、「鶴ヶ城」。

 戊辰戦争後に一度廃城になり取り壊されましたが、1965年に再建されたお城です。

2014052515

 中は鉄筋コンクリートですんで、大阪城や小田原城と同じパターンなんですが。

2014052516

 天守からは会津若松の街が一望。背の高いビルも少なく、盆地なので。
 天気も良かったので、素晴らしい眺望でした。

 ちなみに23日金曜日のこの日の鶴ヶ城は翌日の東北六魂祭のツアーの御一行さんの寄り道となっていたようで、平日なのにも関わらず、とっても混雑していました。

2014052517

 会津若松市の中心部は「ハイカラさん」と「あかべぇ」と言う2つのバスが走ってます。
 1回利用で210円。500円で1日フリー券が使えます。
 30分間隔で運行しているので、効率よくいろんなスポットを周るにはちょうど良いかもしれません。

 カメラ片手にブラブラしていると時間が経つのはあっという間。
 結局16時半過ぎまでブラブラ。
 マズいマズいとハイカラさんに乗って本日のお宿へ。

2014052518

 宿は東山温泉のくつろぎの宿千代滝さん。

 「びゅう」のプランの中の宿でしたが、これが大正解。

2014052519

2014052520

2014052521

 お部屋もとってもキレイ。
 晩ごはんを食べるダイニングもとってもオシャレ。
 大浴場も露天風呂付きで、露天風呂からは会津若松の市内を一望。

 お部屋は最近リニューアルしたばっかりのようで、全館無線LAN対応、そしてガジェット好きにはとっても重要なコンセントの数もかなり豊富(ビジネスホテル以上)。

2014052522

2014052523

 晩ごはんも地元料理から国産牛の陶板焼きなどとっても美味しかった。
 全般的に健康志向。
 ごはんも白米の他にも玄米やミックスも選べたり。アラフォー以降や女性にはとっても人気でそう。
 あと生野菜のサラダのレタスは富士通の半導体工場のクリーンルームを植物工場に転用した低カリウムのレタスだそうで。
 豆腐のディップも美味しかった。

2014052524

 ダイニングの入口には綾瀬はるかさんのサインが。
 会津若松市内全般に言えることですが、去年の大河ドラマ「八重の桜」の余波が今も色濃く残ってます。
 至る所にポスターが張られてましたね。


2014052525

2014052526

 夕飯の後はロビー前の地酒BAR「地酒の館」で、会津の日本酒を飲むことができたりととっても素敵でした。
 また、来たいな....。

 道中、撮影した写真はコチラで。「2014会津ブラブラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マクロレンズに手を出す(本日のお買い物:5/18)

 予定通りに行けば、久しぶりに振替休日を消化して、ちょこっと国内旅行に行って来ようかと。

 で、どうしても欲しくなっちゃったんですよ。

2014051801

 マクロレンズ。

 随分前から買いたいなーとは思っていたんです。
 50mmの単焦点は持っているので、中望遠系の単焦点でポートレートも使えるのが良いなーと。
 モノ撮りでも使えるし、あと、昨年生まれた甥っ子のぷにぷにの手や足を寄って撮りたいと言う願望が(^^;。

 で、買ったのが、TAMRONのSP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD F004N

 まぁNIKONのAF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDも悩んだけどね。
 値段でTAMRONを選びました。TAMRONの90mmマクロは伝統的に評判もいいし、去年出たばっかりだしね。VCも付いているのも魅力。

 おまけにNIKONの105mmはTAMRONの90mmに比べ200gも重いんですね。750mmはあまりにも重いな.....。

2014051802

 購入はご近所のヨドバシカメラさんで。
 今はTAMRONさんのマクロセール期間でミニ三脚が付いてきたんですが、よくよく考えると、自分のD600とこのマクロレンズをつけるとこの三脚の搭載機材の最大重量の1キロを超えてしまうんですよね。意味ない....。

 レンズプロテクターはどうせこのレンズだと料理等も撮影することも多かろうと撥水、撥油性能が高い、marumiのEXUSシリーズを購入しました。

 で、早速なので試し撮り。

 夕方からでしたが、ご近所の公園へ。
 まぁとりあえずどれだけ寄れるのか?と。

2014081803

ISO500 0.7EV F5.6 1/4000

2014081804

ISO500 0.7EV F5 1/640

 すっごい寄れました!。
 本格的マクロレンズは初経験なので本当にビックリ。
 しかもこんなにボケるもんなのか!と感動。

2014081805
ISO500 0.7EV F9 1/200

2014081806
ISO500 0EV F11 1/320

 シャープに出したいものはちゃんと出るし、流石は名玉と言われるレンズは違うなーと感動。

 出かける楽しみが一つ増えました。さぁコレ持って出かけるぞ!。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

献血106回目

 GW、最終日の5月6日。

 午前中仕事でしたが、午後はOFFでしたので、久しぶりの献血。

 実に1月以来。こんなに空けるのも珍しい。

 場所もいつもの横浜駅西口献血ルーム

 Aルームで受付してAルームで血小板献血。

 機材はCCS。

 驚いたのが処遇品。
 歯磨き粉1つとか、ハンドソープ一つとか、マスク3枚とか、一気にグレードダウン。
 献血が終わると誰でも食べられたアイスクリームも処遇品にマスクを選んだ人のみなど、限定されることに。

 献血者が増えて、処遇品を減らしても問題がなくなったのか?、処遇品を減らさざるを得ないほど献血事業が逼迫しているのか?。
 ちょっと心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竹鶴MUSEUM BAR

 上野広小路から銀座線&日比谷線で六本木へ到着。

 お目当ては5月18日まで六本木ヒルズで開催中の竹鶴 MUSEUM BAR

 ニッカウヰスキーの創業80周年と、ニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝の生誕120周年を記念してのイベント。

2014050321

2014050322

 六本木ヒルズの表玄関「メトロハット」もこの通り!。


2014050323

 MUSEUM BARはこの通り、とってもオシャレに。


2014050324

 ガラス壁には竹鶴政孝がスコットランドで学んできたウイスキー技術の全てを書き記した「竹鶴ノート」の抜粋が。
 これはニッカウヰスキーファンにはたまらない。


2014050325

2014050326

2014050327


2014050328

 入口にあるMUSEUM SPACEでは年表と共に政孝が実際に使用していたパスポートなどが展示。また、政孝とリタが研修先のスコットランドから持ち帰った旅行かばんは初公開だそうで。
 あと竹鶴ノートのレプリカも手にとって見ることが出来ました。これは以前竹鶴35年のおまけにもついていたのかな?。あとブレンダーズバーでも見ることが出来ますが。


2014050329

 まずは竹鶴ノンエイジのハイボールから、竹鶴17年もまたハイボールをいただきました。何せ暑くて暑くて。

 フードはかなり充実してました。
 中にはリタ婦人のレシピのを再現した特別メニューなんてのもありました。
 竹鶴のノンエイジが435円、17年760円、21年が1300円とかなり良心的。レストランバーとして普通に飲みに行っても十分楽しめる。

2014050330

 テイスティングセットでは竹鶴のノンエイジ、17年、21年の各15mlを1500円、宮城峡10年、余市10年、竹鶴ノンエイジの各15mlを1100円。
 是非ともお勧めは前者。ブレンデッドウイスキーなので、ブレンドの傾向もありますが、年月がウイスキーをこうも変えるんだと言う事を味わうことが出来ます。


2014050331

 ここならではお楽しみとして、各テーブルの上には試験管が8本。

 これは余市や宮城峡のキーモルトとカフェグレーン、竹鶴の17年の21年が入っており、その場で各々の香りを比較体験することが出来ます。(テラス席ではスタッフにお願いすれば出してくれます)
 これは是非ともウイスキー初心者の方にこそ試してもらいたい。
 「ウイスキーなんてどれも一緒」と言う考えを改めることが出来ると思うし。
 「本当のウイスキーの素晴らしさを味わってもらいたい」と思う竹鶴イズムが詰まったニッカらしい演出です。
 テラス席で体験していましたが、通り過ぎる人の注目が全てこの試験管に集まります。
 それがまたとってもおかしい(笑)。「一体あれはなんなんだろう?」って思っているんでしょうね。


 その他に日本バーテンダー協会会長の岸久さん、日本ホテルバーメンズ協会会長の渡邉一也さん、プロフェッショナル・バーテンダーズ機構チェアマンの北村聡さんがこのイベントの為にプロデュースした竹鶴を使ったカクテルも提供。


2014050332

 「一杯ぐらい飲んでみようかな?」と思っていたら、なんとゲストとして、日本バーテンダー協会会長の岸久さんがゲストとして、登場!。
 ご本人が作られたカクテル「ヘザーランド ~約束の地~」を飲むことが出来ました。これはラッキー。

 とっても楽しいイベントでした。これが5月18日までなんてとっても悲しい。
 このイベントは6月に仙台、10月に札幌でも開催予定。
 10月の札幌開催は「マッサン」のスタートに合わせたかな?。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上野ブラリ(旧岩崎邸庭園、下町風俗資料館)

 世間的にはゴールデンウイークですな。
 大部分の方は日並びが悪いので4連休と言うところでしょうか?。

 そんな自分はさらに悪く、4日、6日と出勤の為、3日、5日のみお休みと、普段の週末より悪い週末を迎えております。

 で、本当に本当に「安、近、短」しか選択肢がなく、都内にまたもやブラリ。

 まずはここに。

2014050301

 旧岩崎邸庭園

 かつて、越後高田藩榊原家(現在の新潟県上越市高田)の中屋敷であった場所が、明治時代初期に牧野弼成(旧舞鶴藩主)邸となりその後、1878年(明治11年)に三菱財閥初代の岩崎弥太郎氏(龍馬伝の香川照之さんだ)が購入した邸地です。

 昔だったら不忍池が一望できる池之端の一等地です。

 正門から、長い砂利道(それでもかなり岩崎家が住んでいた頃に比べるとかなり短くなったそうで)、を歩くと....

2014050302


 どーん!

 1896年(明治29年)に竣工した木造2階建地下1階建てのとってもとっても立派な洋館。国の重要文化財
 鹿鳴館や、三菱一号館等を手がけ、”日本近代建築の父”と呼ばれた辰野金吾氏などを育てたジョサイア・コンドル
が設計。

2014050303

 建てたのは三菱財閥の三代目総帥岩崎久彌氏(弥太郎氏の息子。弥太郎氏は1885年に死去)。

 しかし、ここでとっても残念なことに「館内撮影禁止」と言う事を知る。かなりガックリ。

 「文化財保護」が理由らしい。
 でも確かにGWとは言え、かなりの来場者。
 これで、アマチュアカメラマンに写真をゆっくり撮られると、収拾つかなくなるのは容易く想像できる。

 何せ築118年、しかも木造。
 だから、2階の見学は人数制限までしている状況。文化財保護の難しさは随分聞くが、やはり大変なのです。

2014050304

2014050305

 中は当時の建築技術が鏤められた素晴らしいつくり。
 特に壁紙として使われている「金唐革紙」は一軒の価値あり。

2014050306

2014050307

2014050308


 裏手は大きな芝庭と大きなベランダ。
 1階と2階で柱のデザインが異なるのは設計者のこだわりでしょう。
 芝庭もかなり縮小されてしまったそうですが、一民間人の庭として考えれば信じられない広さ。


2014050310

 隣には山小屋チックのビリヤード場が。
 隣の洋館とは地下で繋がっていて、来客と夕食の後の娯楽として、ビリヤードを嗜んだそうで。
 ブラタモリでもこの洋館の地下通路に関して紹介されてましたね。
 現在は地下通路全て見学不可。安全性に問題があるんでしょう。


2014050309


 洋館の隣には和館が。
 洋館は来客や、書斎として、普段の岩崎家の生活空間は和館だったそうで。
 各所に岩崎家の家紋である三階菱が、屋根には3メートル強の一枚板が使われているなど見所満載。
 でも「思ったより部屋数が無い」と思いきや、大部分が1969年に司法研修所建設の為に解体。あまりにも勿体無い....。

 また、小岩井農場の商品が2箇所で出張販売しており、「何故?」と思いきや、日本鉄道会社副社長の”小野”義眞(おのぎしん)、三菱財閥2代目の”岩”崎彌之助、鉄道庁長官の”井”上勝、共同創始者3人の名前の頭文字をとって、ついた名前だそうで。
 てっきり、地名か、創始者が小岩井さんなんだと思ってました。

2014050311

 旧岩崎邸庭園から数百メートルの不忍池沿いにあるのが「下町風俗資料館

 明治大正時代の東京の下町を再現した資料館。
 この手の資料館は「深川江戸資料館」、「江戸東京博物館」がありますが、その元祖みたいなもんでしょうか?(時代は違いますが)。

2014050312

2014050313

 「小さい」とは聞いてましたが、確かに小さかった(^^;)。

2014050314

 でも昔の駄菓子屋が再現されていたり、昭和30年代の一般家庭が再現されていたりと、今の子供達が見たらかなり新鮮に見えるんだろうなぁ。

 この手の施設は都内だけでも「江戸東京たてもの園」がありますね。
 あと、予約が必要なUR都市機構の技術研究所。ここに「集合住宅歴史館」ってのがあるんですよ。ここに行ってみたい!(タモリ倶楽部でも過去に特集されました)。

 上野を後にし、この日のメインイベントの六本木へ。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »