« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

等覚院リベンジ

 久しぶりのフォトウォーク。

 本日は川崎へ。

 土曜日のあっぱれKANAGAWA大行進で登場した、「神木山等覚院」のツツジが見頃だと言うことで、行ってみようと。

 実は過去に行ったことがあり、

2014042701

 これが前回の画像。行ったの5月の連休明けだったもんで、ほとんど残ってなくって。

 で、今年。

2014042702

 見事満開!。

2014042703

 ツツジって、こんなにビッシリ咲くもんなんだなって思う位ですね。

2014042704


2014042705

 ツツジの名所で、快晴だっただけあって、お客さん多かったですね。
 来週末まで花が持つか?まではわかりませんが、とってもオススメです。

 その他の写真はこちらを。「神木山等覚院 2014/4/27

| | コメント (2) | トラックバック (0)

blog開設10周年

072

 「絶対作ったところで続くわけがない!」

 この言葉から始まった、当blog「jaydashの備忘録」

 本日で満10周年を迎えました。

 更新頻度は大激減しましたが、一応10年を迎えることが出来ました。

 10年前の自分が「blog、10年続いたよ」と聞いたら、かなり驚くんだろうなぁ。

 最初はスワローズの試合の感想書いたり、毎日のお昼ごはんをアップしたりとしてましたが、環境の変化と共に内容も随分変わり、最近は撮影した写真や、お出かけ記録の公開の場になりましたね。
 
 最近はtwitter、facebookの登場で、些細な情報のアップは全てそっちになっちゃいましたね。
 
 blog不要論もありますが、blogだから書けることもあります。blogだからこそ情報発信できることもあると思ってます。

 大したことを書いてないblogですが、実はこれでも1日平均100PV位はあるんです。
 芸能人やアルファブロガーからすればこれっぽっちのPVですが、それでも誰も見てないわけではない。

 少しでも有益な情報が発信できるように、これからも続けて行きたいなと思ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クラフトビールブーム円熟期

 とある事情で美味しいソーセージ、美味しいコンビーフが手に入り、せっかくなら美味しいビールで楽しみたいと思い、酒屋さんでどっさりクラフトビールを買って来てみたり。

 クラフトビールって言うと、1994年にビールの酒税法が改正され、その後数年至るところで地ビール醸造所ができて、ブームになったものの、町おこしメインで、品質が伴わず、一気に沈静化。
 ここに来て、実力のあるマイクロブルワリーだけが残り、ブログ、SNS他でも情報が伝わりやすくなり、美味しい地ビールが飲みやすくなりましたね。

2014042001

 そんなわけで、適当にピックアップした5つを紹介。

2014042002

 まずは国産クラフトビールの先駆者、サンクトガーレンの「湘南ゴールド」。

 神奈川県が12年をかけて開発したオレンジで「湘南ゴールド」を惜しげもなく使ったフルーツビール。湘南ゴールドの出荷期のみの発売となるので、春夏限定です。
 とにかく、湘南ゴールドのとってもジューシーな香りが素晴らしい。実際に果実そのものも素晴らしい。
 ビールも果実もどちらも試したことのない人は是非とも試して欲しい。
 ビールの方はビールがあまり好きではない人も是非ともオススメ。

2014042003

 志賀高原の湧水でできた玉村本店の志賀高原IPA
 ホップの効き方がとってもイイ。
 とっても爽快な香り。
 
2014042004

 こちらもクラフトビールの老舗、ヤッホーブルーイングのIPA、インドの青鬼
 しっかりIPAだけど、嫌味のない苦み。非常にバランスの良いIPA。


2014042005

 ヤッホーブルーイングの看板商品、よなよなエール

 実は初めて飲みましたが、花のようなアロマの香りがとっても気持ちがいい。
 これは売れるのもうなづける。


2014042006

 我が家ではブームになりつつあるのが、このブリュードッグのパンクIPA
 スコットランド産モルトを使っているのがスコッチシングルモルトウイスキー好きとしてはたまらない。
 ホップの効き方がハンパない!。香りも素晴らしい。

 最近はマイクロブルワリーの生ビールを多く置いてあるお店も増えてますが、こうやって家で飲み比べるのも面白いなと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボトラーズフェスティバル

2014033001

 日曜日の話ですが、ホテルJALシティ田町で行われた、「ボトラーズウイスキーフェスティバル2014」に行ってきました。

 正直ウイスキーが好きな方じゃないと何のことだか?わかりませんね。

 ボトラーズウイスキーと言うものから説明しないと。

 ウイスキーと言うと、発酵、蒸溜、樽熟成したあと、樽から瓶詰めして出されますが、普通は各ウイスキー蒸溜所が樽から出したウイスキーをブレンダーによりブレンディングされ、味が均一化され、オフィシャルボトルとして世に出ます。
 ですが、全てが全て、そのような形では出てきてないんです。
 (小さな蒸留所では瓶詰め設備がないところもあります)


 イギリスには”瓶詰め業者”、ボトラーズと言う会社が存在します。
 これは蒸溜所からウイスキーを樽で購入し、自社で瓶詰めし販売します。

 その為、オフィシャルのウイスキーと違い、その多くの商品が超少数販売。
 樽の原酒をそのまんま出す、シングルカスク。
 ボトラーズ側でブレンドされて出すものには数多くの蒸留所の原酒をブレンドしたもの。中にはどの蒸溜所の原酒が入っているか?世に出せない珍品も。

 全く聞いたことがない小さな蒸溜所のシングルモルトもボトラーズから多く販売されてます。

 だから、サントリー、ニッカ、ディアジオ、ペルノリカールと言った有名メーカーが一切出展せず、出展しているのはウイスキー通や、バー関係者しか知らない、日本の輸入代理店ばかり。

 ま、簡単に言うと「かなりマニアック」。

 「Whisky Festival」に比べれば、それほど盛り上がらないんだろうと思いきや。

2014033002

 この通り、大盛況。熱気ムンムン。1800人来たそうです。主催者側としても予想をはるかに超える人数だったそうで。

 他のウイスキーフェス同様試飲が出来るんですが、珍品ボトルが多いせいか?有料試飲が多かったな....。

 試飲してみたもので、美味しかったもの、気になったものを

2014033003

 1991 Berrys' Own Selection Tomatin Higjland (54.8%)

 とってもフルーティーなノーズにバニラな味わい。ハイランドのいいところが出てます。


2014033004

 1994 Berrys' Own Selection Braes of Glenlivet,Speyside (46%)

 Braes of GlenlivetはGlenlivetとは別物の蒸溜所。ブレンドの補完用として主に生産されており、シングルモルトとしてとはほとんど出てないようですね。まろやかなオークの香りがとってもよく出てました。


2014033005

 THE TASTER 6th Imperial 1995 (56.2%)

 モルト・ウイスキーに精通したモルト愛好家が、テイスティングと選定を行う「ザ・テイスター」シリーズの第6弾。

 今回は吉村宗之さんが選んだImperialの18年。
 1998年に生産休止、その後閉鎖と、すでにない蒸溜所。ペルノリカールが同所を買収しており、今後蒸溜所を新設予定だそうです。

 ノーズからフィニッシュまでナッツやオークの香りがとっても引き立ち、とっても正統派なシングルモルト。


2014033006

 Ichiro's Malt CHICHIBU Silver Seal Whisky (62.4%)

 イチローズモルトのボトラーズ経由のシングルカスクですね。
 果実の香りがとって強く、とってもスパイシー。若干加水すると丸みが生まれ、とっても飲みやすかったです。

2014033007

 【ウイスキートーク福岡2014】オリジナルボトル 「失われゆく動物シリーズ」 秩父2009 ツシマヤマネコ

 毎年福岡で行われているウイスキーイベント、ウイスキートーク福岡で販売されるオリジナルボトル。
 これが飲んだ瞬間に思わず声を上げたほどの驚き。プラムに近いフルーティーフレーバー。
 今までのイチローズモルトではなかった味わい。
 どうやったらこんな味になるのか?。なかなか試飲できるチャンスは少ないですが、これはイチローズモルトファンなら試してもらいたい。


2014033008

 知らないボトラーズブランドがあるのはわかるものの、知らない蒸溜所が多いこと多いこと。
 まだまだウイスキーに対し不勉強だなぁと反省反省。

 ウイスキーは買ってきませんでしたが、ウイスキー関連本をどっさり買ってきました。

 ウイスキーバカの集まり。来場されている方もひと味違います。

2014033009

 おっ!、○ョニーウォーカー!。

2014033010

 Ardbegの革ジャン!。

 楽しかったけど、これ以上人気が出ちゃうと収集がつかなくなりそうだな....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »