« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

「リケジョ」大飛躍(理研、STAP細胞作成に成功)

 日本科学界、いや世界の科学界において、大ニュースになりましたね。

2014013001


 酸の刺激だけで万能細胞作製 新型「STAP」理研が成功:産経新聞

 理化学研究所の小保方さんの「STAP細胞」の発見、作成のニュースは驚きと喜びでいっぱい。

 山中教授と言い、近年の生物、医学系の基礎研究で日本の科学者が活躍し始めたのは日本の科学レベルが円熟の域に達したってことなのかな?。

 直ぐ経済につなげるのもなんだけど、生物、医学系は今後も絶対に需要がなくならない分野、日本のトップランナーとして是非ともがんばっていただきたいですね。

 で、もうひとつの驚きが、TVニュースで見た理研の研究室風景。
 研究室のスタッフ5人は全員女性。
 壁はピンクや黄色、好きなムーミンのキャラクターシールも貼っている。

 自分も工科系大学に通い、1年間研究室にこもった一人ですが、電気工学専攻だったとは言え、所属した学科は学科は200人の学生のうち、女子は10人以下(卒業したのは5人程度)。
 自分が入った研究室は女子ゼロ、研究に忙殺され、学食も食えず、自炊で増えるわかめをおかずにランチを取り、着てる服装もボロボロ。研究室も殺風景そのもの。
 そんなイメージだから、そっちにも大変驚きました。

 「理系離れ」に歯止めがかからない日本、研究室の風景を女子中高生が見て、「これだったら、私も理系に行く!」と、「リケジョ」を目指す女性が増えてくれれば、とってもうれしいね。

 さらに驚いたのが、小保方さんの仕事着は白衣ではなく、大学院時代に祖母からもらったかっぽう着。

 「これを着ると家族に応援してもらっているように感じる」 だそうで。

 既にこのニュースは日本のみならず、世界に流れていることでしょう。
 そんな中、小保方さんのかっぽう着姿が世界の人たちにはどう映るのか?とっても気になります。
 
 「かっぽう着、次世代の仕事着として、世界を席巻!」なんてないですかね?。あったら楽しいのに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

神奈川区ブラブラ

 ちょっと二日酔いな日曜日(^^:。
 酔い覚まし&運動不足解消にと、カメラ持参で、自転車に乗って神奈川区へ。

 ルートは反町〜六角橋〜瑞穂埠頭。
 何となく、モノクロームが合うなと思い、モノクロームでまとめてみました。

2014012601

2014012602

2014012603

2014012604

2014012605

2014012606

2014012607

2014012608

2014012609


| | コメント (0) | トラックバック (0)

バーンズ・ナイト

 昨日、1月25日はスコットランドに造詣がある方、スコッチウイスキーファンにとっては特別な日。

 「バーンズ・ナイト」と呼ばれ、「スコットランドの最愛の息子」の呼ばれるスコットランドの国民的詩人、ロバート・バーンズ(1759~1796)の誕生日を祝う日です。
 (日本では「蛍の光」の原曲の作詞をされた方として有名です)

 国内でも数多くのスコッチパブ等でバーンズナイトが行われていたのではないでしょうか?。

 とあるご縁で、都内某所で行われたバーンズナイトに参加させて頂くことになり、夫婦で参加してまいりました。

2014012501
 (敢えて大ボケ写真を使っております)

2014012502

 会費制で、選り抜きのオフィシャル、ボトラーズウイスキーが飲み放題。
 アートラックの50年、グレンファークラスのクォーターカスクなど、なかなか飲む機会がないものも。

 30名近い方が参加されており、皆様揃って、私なんか足元にも及ばないぐらいのウイスキー通の皆様。
 メンバーの中にはウイスキーファンなら知らない人がいない大重鎮な方も。

 女性参加者もとっても多く、とっても気さくな皆様。約5時間の滞在時間があっという間に過ぎてしまう楽しい一時。
 ウイスキーファン(特に男性)であればウイスキーの話をするの、みんな大好きなんですよね。
 ウイスキーの話だけで何時間でも喋ることが出来る。

 今まで経験したことがないシチュエーションでスコッチを味わうことができました。

 そんな中、3年前のサントリーのブロガーイベントの関連でお互いtwitterでフォロアーになった方で、一度も会うことがなく、このイベントで(本当に)偶然お会いするなんてハプニングも。
 世の中、本当に狭い。twitter等で、同じ趣味を愛する方が近づける機会が増え、なおのことこう言う機会が増えましたね。

 本当に楽しかった!。
 また、こう言うイベントに是非とも参加したいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

30th anniversary Macintosh

2014012401



 30年前の今日。米国カリフォルニア州クパチーノのフリントセンターで、その後のパーソナルコンピューターの骨格を決定づける革新的なコンピューターが発表されました。

 遂にMacintoshが発表30周年を迎えました。


 自分もMacintoshを使い続けて実に19年、自分の人生の約半分をつきあってくれた相棒でもあり、人生の伴侶を引き合わせてくれたキューピッドでもあります(ヨメとの初デートはヨメの初Mac選びだったりします)。

 折角ですので、Mac遍歴を

2014012402
 初めてのMacがPerfoma575。
 購入したのが1995年の春。購入したのは元祖箱売りショップのSTEP。懐かしいですね。
 購入したときはColor StyleWriter 2400とセットで買いました。
 そのあと、16MBのメモリを5万以上出して購入しました。今じゃ考えられない価格です。

 それでも当時はまだWindows95が発売される前。
 先進的なGUI、今までのコンピュータの概念を打ち崩すアーキテクチャに感動しました。

2014012403

 大学生活、スマホも当然なく、ネットにつなげるには自宅か、大学、グレ電(死語)のみ。
 通学時間を割いてテキストを打ちたいが為に、買ったのがPowerBook520。

 電車の中で、コイツでパソコン通信の波に乗る為にオフラインでログを読み取り、返信や発言を夢中で打ち込みました。
 途中からはグレ電の登場で屋外からもniftyへもこれで接続。
 でもパソコン通信もほぼ無名。グレ電に通信中に電話を待ってるおばちゃんに受話器を取られたりと、今じゃ全く考えられないエピソードも懐かしい思い出です。
 でも当時はWindowsの攻勢にやられまくり。
 買収の噂も流れ、「Macこそが、先進的なOS!」と強がってはいたものの、「本当になくなっちゃうのかな?」と心配していた時期だったり。

2014012404_2

 社会人になって早々に買った、初のPowerPC&RISCチップのMacがPowerMacG3。
 FireWire、USBを搭載し、「これぞ次世代のMacだ!」と思ったもんです。
 ジョブスも復帰し、iMacも生まれ、斬新なハードも誕生し、やっと先が見えてきた頃です。

2014012405

 結婚後、初めて買ったMacがPower Macintosh G5。
 買ったのは横浜のビックカメラ。
 もうこの頃はどこの家電量販店でもMacが買えるご時世。20世紀末を考えるとビックリする位の変化。
 堂々とMacを買うことが出来ました。

2014012406

 そして、現役がこちらのiMac。
 Performa575を使っている頃とはやっていることがまるで違います。 
 画素数もまるで違う。ハイビジョンを普通にPCで扱えるなんて。

 appleはその後、Macだけでなく、音楽プレーヤー、携帯電話などにも進出。
 倒産寸前の企業が世界一の価値を持つ企業にまで成長を遂げました。

 Macintoshと言うコンピュータの半分以上の道程を共に歩んだことを誇りに思ってます。
 これからの30年、コンピュータ、Macintoshがどのような成長を遂げるか?。共に歩んで行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モバイルブースター2代目(本日のお買い物:1/22)

 Amazonさんで買ってしまいました。

SANYO eneloop mobile booster KBC-L2BS

2014012201

 初iPhoneのiPhone3GSとほぼ同時に買ったKBC-L2Aも購入してから4年以上が経過し、流石にバッテリー性能が落ちてきた感が否めず、「そろそろ新しいモバイルバッテリーを買いたいな」と思い始めたわけです。

 4年前と違い、モバイルバッテリーも百花繚乱状態。
 「モバイルブースターより良いのがあるだろう」って思っていたので、次はモバイルブースター以外のものを......と、いざ、◯ドバシカメラ他でいろいろ見てみたんですが。

 「欲しい!」って思うものがない。

 形、大きさ、出力性能、充電速度等、トータルで満足行くのがない。
 コレなら今まで同様モバイルブースターの2口タイプの方がイイ。

 でもパナ◯ニックなモバイルブースターなんて使いたくない!。

 で、Amazonで検索したらまだSANYO製のが残ってるじゃありませんか。
 コレがSANYO製の最後のモバイルブースターになるかな?と思い、即購入。


 今まで使ってたKBC-L2AはiPadへの充電はできなかったものの、KBC-L2BSはiPadも40%ではあるものの、充電できるんですね。それもコレを買った決め手の一つでした。

 仕事の時以外にも、ご近所のお散歩のお供、四国、北海道、東北、九州、いろんなところでiPhoneの補給艦になってくれたSANYO eneloop mobile booster。
 これからもよろしくね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サントリー、ビーム社買収

 突然のニュースに驚きました。

 サントリー、米大手ビーム社買収 1・7兆円、蒸留酒世界3位に:産経新聞


2014011401 2014011402

 どこも昨夜からトップニュースで報道してますが、サントリーがスピリッツ市場において大手のビーム社の買収を発表しました。

 ビーム社が取り扱っている主要商品は

 バーボンウイスキー:JIM BEAM、Maker's Mark、Old Grand-Dad、Booker’s
 スコッチウイスキー:LAPHROAIG、Teacher's Highland Cream
 カナディアンウイスキー:Canadian Club
 コニャック:Courvoisier
 テキーラ:Sauza
 ラム:Ronrico

 その他大勢あるわけですが。
 ちょうど去年の今頃からビーム社の製品をサントリーが旗艦販売店として取り扱い始めてましたね。
 ディカプリオのJIM BEAMのCMが記憶に新しいところで。

 その頃から買収交渉が進んでいたんですかね?。

 これで蒸留酒業界はこの通りに(2012年小売りベース、単位:百万ドル)

 1:ディアジオ      :31,896
 2:ペルノ・リカール   :18,725
 3:サントリー+ビーム  :9,508
 4:バカルディ・マルティーニ:8,890
 5:ブラウンフォーマン   :6,694

 既にオランジーナ・シュウェップス、グラクソ・スミスクラインの飲料事業などを買収してきたサントリー。
 頭打ちの日本市場から市場のグローバル化、 スケールメリットを活かした販売戦略を考えた末の結論なんでしょうね。
 あとはビールに比べ蒸留酒は価格競争に巻き込まれ辛く、利益を確保しやすいメリットもあり、新規で立ち上げるのはかなりのハイリスクなので、新興国に入り込みやすいジャンル。需要の掘り起こしも十分望めますね。

 今考えると、キリンビールとの合併は破談にしておいて良かったのかも。

 まぁ日本の消費者にはあまり影響はないとは思いますが、兎にも角にも日本メーカーとして頑張って欲しいもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPad&iPhoneでテレビ(本日のお買い物:1/6)

 今年最初のお買い物。

2014011302

 エリアフリー録画対応デジタルTVチューナー SB-TV04-WRI

 コイツをアンテナ線に接続する事により、iPad & iPhoneで家中どことでも地上波&BS/110度CSデジタル放送が見ることが出来ます。

 買うきっかけは先日の箱根駅伝。

 (本当はやっちゃいけないんだろうが)TV中継の画像をTwitterに載せたわけですが、我が家にはTV中継の画像をキャプチャリングする設備がまったく無く、どうやったか?と言うと、テレビの映像をiPhoneのカメラで撮影すると言うお粗末っぷりcoldsweats01

 「なんとかならんのか?」と。

 ワンセグチューナーと言う手もあるんですが、うちのマンションはどの部屋でも携帯電話等ワンセグはまったく拾うことが出来ず、書斎で時々テレビを見るときはガラケーにアンテナ線を貼り付けて見てました(これがなんとか見れたりするんです)。

 でもどう考えてもスマートでないし、寝室や浴室などで見れればなお使い勝手がいい。

 ワンセグだと自分が一番地上波以上によく視聴するBSが見られないのがかなりのマイナスポイント。

 で、ネットで色々探していたらコイツにぶち当たりました。
 フルセグで見られる、外付けHDDを繋げれば録画も可能、しかもWi-Fi接続なら外出先からも見られる。しかもお値段9980円!。

 おっ、これだけ出来てこのお値段は安いじゃないの。

 「キャプチャー出来るか?」は分かりませんが、まぁ本来やっちゃいけない行為だし、出来なかったら出来なかったで仕方ないと即購入。

2014011301

 で、届きました。
 設定は思ったよりは複雑でしたが、説明書をしっかり見ながらやれば問題なく出来ました。



 画質はさすがはフルセグ、iPad & iPhoneではまったく問題ない画質です。
 でも電波が少しでも悪いと、時々止まるんですよねー。
 まぁガチで見るのはリビングのテレビで見ればいいので、これでもいいのかな?値段も安いし。

 ひとつ誤算だったのが、チューナー内蔵の無線LANとアクセスするのが大前提なんですね。
 チューナーをどこに置くか?で悩んだわけですが、もともと置く予定だった場所で自宅内どこでも無線LANを拾えているのでとりあえずは大丈夫かな?と。

 もちろんチューナーはインターネットに接続しますので、そのままインターネットの無線LANルーターとして、テレビ視聴以外の時もそのまま使えます。だから今まで使っていた無線LANを外しちゃっても支障ありません。

2014011304

 また、「ながら見モード」と言って、テレビを見ながらWEBブラウザを使うことも出来ます。


 で、キャプチャーですが、
 キャプチャーした瞬間、
 「画面キャプチャーの処理を検出したため映像処理の再生を中断しました。」
 と言う表示が出て画像を流すのを止めてしまいます。
 でもキャプチャーした画像はちゃんとカメラロールに収納されており、結果としてキャプチャーは可能です。
 (もちろん著作権的にはやってはいけないんですが)

 あと、外出先からの視聴ですが、屋外でのWi-FiスポットからiPhoneで試してみました。
 結果、設定が悪いのかな?。

2014011303
 (iPhoneの画面キャプチャーそのまんま)

 ちっちゃ!。
 これじゃワンセグよりひどいぞ。
 数箇所で試してみたんですが、全てこの画像でした。 
 これはまた一考の余地あり。改善策があれば追記します。

 (追記)
 やっぱり設定の問題でした。
 ちゃんと設定すれば、それなりに満足行く画質で見られました。

 あと外付けHDDがあれば録画も出来るんだけど、ちゃんとソニーのブルーレイがあるし、外からでも予約ができるので、焦って買う程でもないなーと。

 まぁこの値段なら買って良かったなと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

献血105回目

 冬休み、最終日。
 買い物ついでに献血へ。

 場所もいつもの横浜駅西口献血ルーム

 Aルームで受付してAルームで血小板献血。
 飲酒が続いていたので、採血前検査で引っかかるかな?と思いつつも問題無し。
 機材はCCS。

 ガラガラなのかな?と思って行ったら、意外と混雑。
 長期休暇だっただけに暇つぶしで来ている人も多いかな?。
 処遇品はインスタントラーメンが復活していたので、インスタントラーメンを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東洋、ぶっちぎりの返り咲き(第90回箱根駅伝)

 やはり、箱根は違うんです。

復路新記録!東洋大、総合歴代2位タイムで完全V/箱根駅伝:サンスポ

2014010301

 出雲、全日本と今シーズンの大学駅伝の2タイトルに輝き、盤石の体勢で箱根に臨んだ駒沢ですが、やはり2倍以上の道程を駆け抜ける箱根路は違いました。

 東洋は往路、復路共に制し完全優勝。
 柏原選手抜きで臨んだ89回大会を逃し、再び「その1秒を削りだせ! 」の精神が全ランナーの力になった。
 箱根常勝チームは他とは違いましたね。
 設楽兄弟が往路を走り、”二冠”駒沢とは1分遅れの復路スタートだっただけに心配されたが、ふたを開けてみれば復路新記録。 チームの底力が違いました。

 設楽兄弟がキッチリ区間賞を取る中、早大大迫がまさかの区間5位、日体大服部が区間2位、駒大窪田が2位とエースが実力を発揮できなかったのも東洋の完全優勝を許した要因ですね。

 また、東洋の時代が戻るのか?、日体大、早稲田、駒沢が返り咲くのか?

2014010302

2014010303

2014010304

 また例によって、2日は横浜駅前で選手を応援してました。
 今回は初のD600の出動ですが、”一瞬を切り取る”と言うのはまぁ思い通りにはいかない。
 今回も上位選手を逃しまくり。

 また来年頑張りまーす!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年 謹賀新年

2014010101

 明けましておめでとうございます。
 本年も当blogをよろしくお願いします。

 最近は本当に更新スピードがガタ落ち状態ですが、些細なことでもいいので少し記事をまた増やして行きたいと思ってます。

 いつもの通り、実家に戻り、おせち料理食ってダラダラ状態。

 ただ、いつもと違い、仕事関係で急なトラブル連絡が入る可能性がある為、日中全く酒が飲めないと言う状態なのがかなりしんどかったり。
 でもこれで、もっと健康になれればそれでもいいかな?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »