« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

ファストクーポン様々(iPhone5sがやってきた!)

 ってわけでやってきました!>iPhone5s

2013092301

 それでは我が家にiPhone5sがやってくるまでの経緯を。

 まずは9月3日。そう、まだiPhone5s、iPhone5cが発表される前の話。
 既に9月10日発表、9月20日発売は既定路線とささやかれてはいたが、ドコモ参入のビッグニュースが流れる前の話(こんな書き方すると随分昔の話の要だけど、まだ20日前の話なんだよね)

 こんなのがauさんから届きました。

2013092302

 ファストクーポンなるもの。
 内容を見ると、iPhone4Sユーザー宛に届いたようで、”最新モデル”(それが何か?は書いてない)、auオンラインショップにてファストクーポンを使って予約すると、優先的に届けられ、5250円引きになり、且つ使っているiPhone4Sを下取りしてくれるとの内容。

 この時点でまぁ近々iPhoneの最新モデルが出るってau側が言っているようなもんですが。
 詳細は後日、SMSで届くとのこと。

 で、9月10日にiPhone5s、iPhone5cの発表。
 ちょっと遅れて、iPhone5cが13日の16時に予約開始と発表されたものの、料金体系も発表されなければ、ファストクーポンに関する情報もなかなか来ない。

 ファストクーポンに関する詳報が届いたのは13日の午後1時過ぎ。
 iPhone5cの予約開始の3時間前です。
 よっぽどキャリア三社でのせめぎ合いがあったんでしょう。

 さらに値下げが発生し、キャンペーンで15750円引き、今持っているiPhone4sが下取りで17000円分のポイントキャッシュバックとのこと。すっごい引くな.....。

 その時点で、5sはやはり20日に予約、販売開始と....。
 全ては20日の午前8時が勝負と言うことになりました。

 でもファストクーポンがどこまで優遇されるのかもイマイチわからず、ヤキモキ感が。
 とにもかくにもオンラインで買った方がかなりお買い得なので、どうにしてもオンラインで買うことに。(20日に並ぶことも出来ないので)。

 で、迎えた20日。
 この日は社用車で現場直行だったので、現場に近いコンビニの駐車場で8時まで待機(現場は9時に入れば良かったので、十分余裕はありました)

 そして、8時。
 混雑で繋がらないこともありましたが、なんどかリロードで申し込み成功。

 予約の受付終了が8:23。
 本申し込みのご案内が8:34に届きました。

 この本申し込みのご案内が来たってことがすでに商品が確保できたってことなんですね。
 だから、現時点で、本申し込みのご案内が来てない人は今も商品の入荷待ちと言う状態。

 直ぐに本申し込みを行い、8:57には本申し込みの確認メールが届きました。
 このメール送付された翌日から、審査、発送手続きが始まるとのこと。

 で、その日の夜にさらに案内が。

■発送予定日のご案内
発送予定日 :2013/09/22
※発送予定日は変更となる場合がありますので、ご了承ください。

※商品到着は、上記発送予定日から3〜4日間かかる場合があります。

 届いたのが20日ですから、2日後に発送予定と。
 「できれば発送予定日の翌日(23日)に届けば、休日にセットアップだの、テストができるのに...」
 と淡い期待をしつつも「3〜4日間かかる場合があります」と一文にビビってました。

 いろいろ調べると、auオンラインショップは発送にヤマト運輸を使っているらしいので、関東近郊で22日の当日発送締め切りに間に合えば、23日着になるなと思ってたり。

 で、22日。
 発送されれば発送完了メールが届くはずなのだが、いつになっても来ない。
 結局日をまたぎ23日。
 「発送が遅れてるのかな....」と23日着を完全に諦めてました。

 そして、今日23日の8:20頃。
 朝、メールをチェックすると、8:02に発送完了のメールが!。しかも発送日は昨日!。
 メール内の、ヤマト運輸の伝票番号を大急ぎでチェックし、ヤマト運輸のサイトで配達状況を調べると、なんと、最寄りの宅急便センターまで届いている!。
 おぉ〜!なんてこったい!。
 しかも大抵我が家はヤマト運輸のルート的に一番手で持ってくるので、荷物が届く時は大抵8時過ぎ。
 興奮しながら(するなよ)、twitterにつぶやいていると、

 「ピンポーン!、ヤマト運輸です!」

 キター!。

2013092303

 届いちゃったよ〜!。
 auオンラインショップではおそらく最短で届いたんじゃないのかな?。
 日曜日に届いた人っているのかな?。

 20日の朝申し込んだ方もまだ本申し込みの案内が届いてない人も大勢いるみたいなので、ココはファストクーポンのアドバンテージがかなり強く働いていたのでは?。

2013092304

 買ったのはシルバーの32GB。
 64と悩んだんだけどね。

 開梱から出来るのはオンラインショップ購入の利点だよね。
 電源を入れる前に防護フィルムを取り付け、直ぐにauに電話をして、移行作業完了。

 直前にバックアップしておいた、iPhone4sからデータをituneからリストア。
 それでもとっても時間はかかりましたね。まぁ4s買った時もそうだったし。

 手間取ったのは一部のアプリがtwitter認証や、パスワードが移行されないアプリへの認証作業。
 理由はわからないが、evernoteがデータが同期されない問題。これはアプリを一度削除して再インストールすることにより復帰。慌てましたよ。仕事にならないもの。
 あと未だにpopサーバーの@niftyの未読メール処理(だってIMAPにするとそれだけで月々105円とられるんで)。
 それと今までが4sだったので、アプリの配置をやり直し。

 一応使い始めましたが、ちょっとビックリしたのが、無線LANの感度。
 今まで、ちゃんと受信できていた部屋で家庭内無線LANを認識できない問題が発生。
 それで、無線LANルーターの置き場所を再度考え直し、置き場所を変えること全部屋使えることを確認。

 最新モデルに買い替えて無線LANの感度が悪くなるのは想定外でした。

 あとau wifiが再設定しなおしになるのかな?。今日は全く外に出なかったので(体調もイマイチだったし)、これは明日ですな。

 アプリは一通り問題ないかな?。

 あとはiOS7への慣れですね。
 21日にiPadもiOS7へアップグレード済み。
 今のところとっても便利ですよ>iOS7。
 やっぱりコントロールセンターがイイ!。
 それと、ポッドキャストがミュージックから離れて、別のアプリになったんですね。

 指紋認証は私がやる分には全く問題ないですよ。
 パスコードを打たなくて済むので便利ですが、これ使うと、去年、一世風靡したスマホ対応手袋が役立たずかな?と思ったんですが、指紋認証、パスコードどちらかではなく、どちらでもロック解除できるので、大丈夫かな?。

 とりあえず触り尽くして覚えないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

閉館間近の東芝科学館へ

 一昨日、川崎にある、東芝科学館に行って来ました。

2013091401

 1961年に東芝の研究所内に作られた企業博物館の先駆けとなったところ。
 城南、横浜、川崎生まれの子なら社会科見学で来た子も多いのでは?(自分は行く予定だった社会科見学を風邪で休みました)。

 自分も実は来るのは大学時代以来。
 川崎駅からバスと交通の便が悪い場所なんですよね(車は無料駐車場あり)。

2013091402

 何故来たか?と言うと、今月いっぱいで閉館することを知ったからです。
 そう言えば逓信総合博物館も8月一杯で閉館したんだよね。閉館前に行っておきたかったな...。よく小学生のころ行ったしね。

 東芝と言えば、日本最古参の電気機器メーカー。
 世界初、日本初もかなりあり、それが惜しげもなく展示されていたり。

2013091403

 国産第一号の洗濯機は昭和5年に制作。なんと戦前です。
 当時は銀行員の初任給の5倍以上と高嶺の花。
 凄いのが動体保存。目の前でコンパニオンさんが動かしてくれました。

2013091404

 電子レンジの国産第一号も東芝。
 そう言えば、実家で初めて買った電子レンジも東芝だし、我が家にある電子レンジも東芝だな。

2013091405

 プロジェクトXにも出てきた日本語ワープロ第一号機JW-10。
 当時の非力なCPUで2000字以上の漢字、独特の日本語文法をどう使わせるか?。
 今でこそ、携帯電話を始めどんなデバイスにでも入っているような技術ですが、当時としてはとてつもない技術。
 そう言えば、もう今やワープロ専用機が姿を消しちゃいましたね。

2013091406

 DVDプレーヤーの世界初が東芝。
 1996年だから、もう出来てから17年たつんですね。
 未だ現役、ブルーレイよりもまだまだ売れてるもんね。

2013091407

 知られてないでしょうが、SDカード、SSD他、今や記録媒体としては主流になりつつあるNAND型フラッシュメモリを開発したのが東芝。開発に成功したのが、1984年です。
 当時「自由に書き込みできるROM」ってキャッチフレーズだった気が。
 NAND型フラッシュメモリが出来なければ今のスマホは絶対存在できなかったな。

 東芝の主力産業となると、昔は電球、今は半導体に医療機器。

2013091408

 電球に関する展示も今も大々的に。

2013091409

 東芝科学館名物マンモスランプは今も健在。

 そんな電球も2010年に一般向け白熱電球の生産を他メーカーに先駆け生産完了。
 白熱電球の生産を日本で初めて行ってから120年。苦渋の決断だったかもしれないけど、過去にしがみついててもロクなことがない。先を見越した決断だったんでしょう。

2013091410

 だから、LED照明に関する展示も大々的に。
 消費電力の差は歴然。
 ルーブル美術館の照明も東芝が担当したんですよね。
 熱を出さないから、美術品へのダメージも少ないし。

2013091411

 価格競争が激しくなる中で、フラッシュメモリの価格を下げる為の技術もアピール。
 それでもかなり半導体事業は厳しそうだが。
 
 あと、CTなどの医療機器は利益率が良いから、大々的に展示されてたな。
 CTって、東芝とレコード事業で協力関係のある英EMI社が発明したのもの。
 しかもその開発資金の源は、所属していたビートルズの大ヒットによるものだったってこと。

 つまりビートルズが生まれなければ、CTの誕生は大幅に遅れた可能性はとっても強かったり。
 (だからベテランのお医者さんはCTのことを「EMIスキャン」って言ったりする)

 もう一つの主力産業が原子力発電。

2013091412

 「展示なくしちゃったかな?」と思いましたが、ありましたありました。
 福島第一原発の第3号機は東芝製だったり。

 この他にも子ども達が楽しめる最新技術の紹介もあったりととっても楽しいところ。
 是非とも日本の将来の担い手である子どもに是非とも来て欲しい。

2013091413

 東芝科学館は今月で閉館しますが、2014年初頭には「東芝科学未来館」としてラゾーナ川崎の隣にリニューアルオープンするそうです。
 
 駅から近くなるからとっても来館しやすくなりますね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

イルカ!イルカ!イルカ!(長崎天草旅行3日目その1)

 3日から本格的に天草観光スタートです。

2013082301

 今回天草で2泊お世話になった宿が、和み宿 「新和荘 海心」さん。

 天草の中心地である本渡で。
 夕食抜きの宿泊ができる。
 きれい。
 足が伸ばせる大きなお風呂がある。
 LAN環境がある。

 この条件が合う数少ない宿がココでした。

2013082302

 本渡港の目の前で本渡のほぼ中心。しかも自転車も無料貸し出ししてくれて、最寄のコンビニも楽々。
 お部屋の割にはお値段も格安でした。
 お風呂も貸切風呂で、2つしかありませんが、事前にフロントに言っておけばお風呂が空いたら、部屋まで電話してくれたりと、とっても気配りもしてくれて、とっても素敵でいいお宿でした。




 天草は天草上島、天草下島を中心とした島の集まり。
 一番の特徴は鉄道が一切ないこと。交通機関はすべてマイカーかバス頼みです。

2013082303

 2日間の天草巡りは全てレンタカーで。
 bBを今回レンタル。
 vitzとかが一番安いんですが、JAFの割引とか使うと、ほとんど値段が変わらなかったんで。



2013082304

 まずは本渡の街中の祗園橋。

2013082305

2013082306

 祇園神社の前にあるから祗園橋です。
 当時(1832年)の庄屋さんが発起して、作った石橋アーチ橋。
 国指定の重要文化財です。

 朝早いこともあり、地元の住民の方が数人歩いている程度。
 ザッツ、ローカル!。




2013082307

 次に向かうは二江漁港。

 ここは1年を通じて約200頭のミナミハンドウイルカが定住しています。
 漁船に乗って、イルカを間近で見ることができます。

 船さえ出れば遭遇率99%!。遭えなきゃ料金全て返金と言う強気っぷり!。



2013082308

 ライフジャケット着て、さぁ出港!。
 出た瞬間、「あっ、あそこにイルカいるんだな」ってのがすぐわかります。
 二江漁港でイルカウォッチングツアーをしている会社が何社もあり、イルカの群れもまとまっているので、そこに船もまとまります。それが一発でわかるんですね。
 当然その群れ目掛けて私たちの船も直行!。

 すると、いましたいました!。

2013082309

2013082310

2013082311

2013082312

 「こんなにいるんだぁ」と思うぐらいいました。
 ただし、○○水族館のCMの様にきれいに飛び跳ねてくれるわけではないので、全身を拝むのはなかなかうまく行きません。

2013082313


 野生のイルカですから、どこに行くか?は着の身着のまま。
 一旦潜ると、どこに行ったか?がわかりません。
 見つかると、あそこだ~!と一斉に漁船がイルカの群れに直行!。

 まぁ自分のお金払って船に乗った身なので、デカイことは言えませんが、ちょっとイルカが可哀想かな....感はあります。
 まぁイルカと衝突事故は起こさないように細心の注意は払っているのはよくわかりましたが。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone 5s 5c発表

 いよいよ発表されましたね。

2013091101

 Apple、「iPhone 5s」発表 指紋センサー「Touch ID」搭載 9月20日発売

 ”ほぼ”予想通りの仕様で、とってもびっくりすることはありませんでしたが。

 新たに知ったのはカメラの大幅な性能向上、副プロセッサ「M7モーションプロセッサ」の搭載。

 カメラはセンササイズの拡大、最大絞りがF2.2(iPhone5が2.4)。強化された手ぶれ補正搭載に、二色のLEDライト搭載により、より自然な肌色を再現。

 「画素数=カメラの性能」で突き進んだガラケーと異なり、真のカメラの性能、画質を突き進んだiPhoneは未だ健在ですね。

 加速度センサー、ジャイロスコープ、コンパスのデータを処理する「M7モーションプロセッサ」はこれからどんなアプリが出てくるか?でしょうね。既にNikeはアプリを用意しているようで。
 また、A7プロセッサとの連携で消費電力低減もできるとのことで、ここら辺も良く考えてるな!と。 
 

 iPhone3GS、4Sの時もそうだったけど、「S」の時って、見た目が変わらないので、あまり大ニュースにならないけど、大きな改善を結構しているんだよね。

 今回は64bitCPUをついに搭載。PCだって、64bitが出回り始めてまだ数年だと言うのに。
 

 今朝、朝の情報番組を見ていたけど、どちらかと言うと、iPhone5cの方が大きく報道されてましたね。

 「プラスチック!?」なんて思ってたけど、スチールの強化フレームを使って、かなり強化している模様。
 まぁ見た目が見た目なので、特に朝の情報を見て、今日のiPhone発売を知ったような層はiPhone5cの方がインパクトがあるのかも?。
 仕様そのものはiPhone5と大して変わらないし、それで安いんだから、これからiPhoneに切り替えようと思っている、学生、OL総層には5cの魅力的かも。とってもカラフルだし。

 でもappleが大々的にiPhoneカバーをこのタイミングで売り出してくるとは思わなかった。
 iPhone4の時に電波問題で”渋々”バンパーを売り出したけど、ジョブズはiPhoneにカバーをつけさせること自体嫌いだったんだろうなぁ....とは容易に想像つくけどね。

 あと、報道どおり、ドコモのiPhone販売が正式が決まりましたね。
 これで、国内大手キャリア三社の主力機が実質同じになるので、後は価格、通信品質、サービスでの競争になる。
 面積カバー率では抜群の強さを誇るドコモ。地方ユーザーをどれだけ取り込めるか?。
 auはiPhone5s、5cのLTE待望のプラチナバンド対応。これで、一気にエリアを拡げられます。
 SoftBankは3万局近く基地局が設置されていると言われるTD-LTEがiPhone5s、5cではどうやら未対応の様子。ご自慢の人口カバー率をどれだけユーザーに実感してもらえるか?が勝負?。

 で、iPhone4S持ちの自分ですが。

 とりあえず、iPhone5s購入は決定です。

 問題はキャリアですな。まぁauかドコモの二者択一ですが。
 まぁauが筆頭候補。iPhone5sになれば基地局も増えるだろうと期待できるし、2年でまたMNPでドコモに戻すのも....ってのもあるし、社用ケータイ(ガラケー)がドコモなので、同じキャリア2つ持つのも.....てのももあるし。

 ドコモが気になるのはトラフィックですね。
 ドコモのガラケーを使い続けたユーザー、”渋々”ソフトバンクを使い続けたiPhoneユーザーはドコモのiPhoneに集中するのは必至。
 それも結果が出るのは半年以上先だろうしね。

 とりあえずこの2年はauかな?って思ってます。
 まぁ明日あたりに各社出してくるであろう新料金体系やサービス体系を見て、最終判断ですね。

 でも厄介なのはiPhone5sは予約を受け付けないとのこと。
 何故5sだけ?。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

長崎から天草へ(長崎天草旅行2日目その2)

 長崎最後の観光ポイントは眼鏡橋。

2013082220

 日本最古のアーチ型の石橋です。

 見たとおりのとってもフォトジェニックな橋。夏の青空とのマッチング最高。
 時間調整もありましが、随分長いこと橋ばっかり写真とってました。

2013082221

 とっても暑かったこともあり、涼を求めて、観光客も多かったな。

 これで、長崎はおしまい。
 予想はしていたけど、やっぱり時間が足りなかった。またもう一回、ゆっくり来たいな>長崎。
 行ってもいないスポットもまだまだあるし。

2013082222

 ホテルに戻り、荷物を返却してもらい、思案橋のすぐ近く、浜の町から一日に数本しか出ない茂木港行きのバスに乗り、揺られること30分弱。
 一応調べて行ったんだけど、それでも「これ茂木港行きます!?」って何度もバスの運ちゃんに聞いちゃったな。
 確かに茂木港まで行く数は限られていたみたいだし、そのバスが来るのも定刻よりもかなり遅かったし。
 慣れない街のバスは正直かなり怖いです。




2013082223

 茂木港到着。長崎から天草へは茂木港から高速船に乗って向かいます!。

 実は今回の旅行で、一番心配だったのが、ココ。
 天草灘を渡れば1時間足らずの長崎~天草ですが、陸路だととてつもない遠回りを強いられるので...。

2013082224

 乗る高速船はコイツ!。

 ちっちぇーよー。これで45分!。
 定員80人と言っても40人は後方の展望デッキでカウントしてます。
 
 しかも自分、船の経験って、隅田川、横浜港内、宮城の松島の観光船程度。
 まともに沖に出た経験がなかったりします。

 船酔い大丈夫かな......と不安になるわけで。
 絶対酔うわけにはいかないんです。
 船に乗った後、路線バスで40分近く揺られ、そのあと晩ごはん(飲み。下記参照)の予定なので、酔ってなんかいられなんです。

 いよいよ出港。乗ったのはわずか十数名。

2013082225

 最初のうちは展望デッキで優雅に写真を撮っていたんですが、港内から沖に出たとたんに揺れまくり!。
 とてもまともに立ってられない。

2013082226

 大慌てで船内の客室に戻って、目をつぶって船酔い対策。
 20分以上はこんな状態が続いたかな?。

 船員さんに「こんなに揺れるもんなんですか?」と聞いてみると、

 「台風近づいているでしょ!。アレのせいなんだよ。こんなに揺れたの初めてだよ!」

 ほ、本当に初めてなの?そんな状況にめぐり合うって、ドンだけ運が悪いのよ!?。

2013082227

 こんなの貼ってあったけど、本当に!?。



2013082228

 どうにかこうにか天草のほぼ北端、富岡港に到着。
 軽く酔いました。

 ココから熊本。

2013082229

 さっそく熊本県の営業部長がお出迎え。このあと営業部長とは遭遇しまくります。流石は熊本。


2013082230

 富岡港からバス(ちっちぇー。しかも客はうち等夫婦と地元の人一人の計三人)で約40分の本日の晩ごはん処に到着。




2013082231

 本日の晩ごはんは、たなか畜産さん。

 畜産業を営んでいる方が経営している店。
 この店とにかくスゴイ。

 私が頼んだのは安いほうの満福セット。

 まずサラダと一緒に出てきたのが、極上部位2点!。

2013082232

 見てくださいこの霜降り!黒毛和牛A5のサーロインとランプ肉!。
 当然美味い!。

 これ以外は食べ放題で
2013082233

2013082234

 カルビ、ホルモン、豚塩カルビ、ウインナー、牛丼、カレー。
 さらに生ビール、焼酎、サワー、ソフトドリンクも飲み放題。

 これ以上で2900円!

 安い!かなり安い!。
 本渡(この日泊まる天草の中心地)までの終バスが20時前には終わるので、タクシー代2000円を考慮しても安い!。

 流石は人気店、平日だけど、それなりに混んでました。

 大満足で、宿に到着。
 明日からは天草を回ります。


 ※追記
 今記事にて紹介しました、安田観光汽船の長崎〜天草航路は2013年10月31日を持って休止することになったとのことです。
 やっぱり乗客が少なかったそうで......。
 2014年4月から新会社が引き継ぐらしいですが....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

龍馬さんと原爆(長崎天草旅行2日目その1)

 旅行2日目。今日は長崎中心地から北側を回ります。

 まずは路面電車にのり、新大工町電停へ。

2013082201

 本当にこの街は路面電車と街が共存してますね。

2013082202

 電停の近くに上野彦馬宅跡の碑が残されてます。
 勿論普通の民家が建っているですが、


2013082203

 すぐ隣にはこんなモニュメントが。

 ここから亀山社中の跡に向かいます。
 ただし、亀山社中は敢えて長崎港を見渡せる高台にある為、かなり登らされます。


2013082204

 こんなところをずっと行くと、


2013082205

 龍馬のぶーつ像があって...おやおや、先客が....。



2013082206

 電停から歩くこと20分弱、その奥にあるのが、日本最初の商社「亀山社中」があります。

 2009年から当時の建物に限りなく近い形で復元、再オープンをかけたようです。


2013082207

 母屋は10畳、8畳、3畳の部屋と土間と中2階。
 そこに入れ替わりがあるとは言え亀山社中のメンバー20人がアジトにするにはかなりの狭さ。
 でもここをアジトにしていたのは約3年ぐらいなのかな?。
 まぁ龍馬自身31年しか生きてなかったんだからね。

 龍馬人気で朝一番にもかかわらず、かなりお客さんが来ていました。
 福山雅治は来館してないようでしたが、その他の「龍馬伝」メンバーの多くが来館していたようですよ(大泉洋さんとか、ピエール瀧さんとか)。



 亀山社中からさらに登ると、風頭山の山頂。
 この日の長崎の最高気温は37度のどピーカン。本当に暑い!。
 この旅行中何本ペットボトル類を購入したことだか!。こまめな水分補給で熱中症にならずにすみましたが。



2013082208

 山頂からは稲佐山と長崎湾が一望。

 長崎の客船ターミナルにはクルーズ客船、コスタ・ビクトリア入港していました。
 長崎の客船ターミナルは東京港や横浜港大さん橋と異なり、10万トン強の超大型クルーズ客船も入港可能。
 横浜港大さん橋に時々クルーズ客船と見に行く一人としてはうらやましい限り。


2013082209

 海援隊旗を棚引かせながら長崎港を見つめる龍馬さんの像、あと上野彦馬のお墓も風頭山の山頂にあります。


 登ってきた坂道を(汗だくになりながら)降りて、路面電車に乗って、さらに北上、松山町電停へ。
 電停の目の前に平和公園があります。

2013082210

 1945年(昭和20年)8月9日午前11時02分に世界二例目の原子爆弾が投下されました。
 (たった一発の爆弾で)長崎市の人口24万人(推定)のうち死者73884人、負傷者74909人、建物は約36%が全焼しました。長崎は山が多く、爆風などの影響も少ないのにもかかわらず全人口の三分の一が死んでしまったわけですから、どれだけの威力だったか?と思うと恐ろしいですね。

 奇しくも同じ8月の訪問。
 「今日と同様に暑い日だったのかな.....」などと思いながら公園内に入りました(後にわかったことですが、当日は曇りだったそうです)。

 爆心地のすぐ隣にある平和公園がある丘は原爆投下まで刑務所だったそうです。
 原爆投下により周囲をはりめぐらされていた塀は基礎を残して倒壊、受刑者や職員は全員即死だったそうです。

2013082211

 平和公園のシンボルとも言える平和祈念像は原爆投下十周年の前日に除幕。
 右手は原爆の脅威、左手は世界平和、閉じたまぶたは犠牲者の冥福を祈っているそうです。

 間近で見てみると、思いの外やさしい顔立ちをしているんですね。




2013082212

 行くまで知らなかったのは噴水や平和祈念像の他に世界各国から贈られた平和を象徴する15個のモニュメントもあったりします。
 (後で調べたら、なんとアメリカのセントポール市からも寄贈されてます)



2013082213

 すぐ近くには原爆資料館があります。

 もともと1955年に長崎国際文化会館にあった原爆資料室が前身で1996年に現在の資料館が出来上がったそうで。
 ですんで、施設も新しいです。


2013082214

 入ってすぐに実際に被爆した建物が移築されて展示されます。



2013082215

 その他にも長崎に投下された原子爆弾「ファットマン」の模型、熱線による被害を受けた「証拠」が展示。
 小学生の頃、長崎や広島に関する資料は随分読みましたが、本物を見せ付けられると、そのショックはかなり違いますな。


2013082216

 最後に展示されているのは「ナガサキ」後の核兵器の歴史。
 核兵器の実戦使用は現時点では長崎が最後ですが、そのあとの68年間で実施された核実験の数、歴史、現時点での核兵器の数をビジュアルでわかりやすく展示されてます。
 正直、コレがかなりインパクトがありました。

 やはり、保有数でダントツに多いのが旧ソ連とアメリカ。
 冷戦が続いたとは言え、「この二つの国は一体地球をいくつ焼け野原にする気なんだろうか?」とつくづく考えさせられます。



2013082217

 平和資料館から、徒歩数分で見えてくるのが浦上天主堂です。
 爆心地から近く、もともとあった天主堂はほぼ原型を留めない状態。
 天主堂にいた信徒は全員死亡。

 今の建物は昭和34年に建てられた鉄筋コンクリート製。
 とにかく大きいんです「コレ全部埋まるんだぁ....」とビックリします。
 
 もともと広島の原爆ドーム同様原爆遺構として旧天主堂を残す話もあったそうですが、禁教迫害時代からの由緒あるところなので新天主堂を別のところに建てることができず、遺構を移設すると言う形、今の天主堂が建てられたそうです。

  中は撮影不可だったので、コチラを。



2013082218

 外には被災した像も残されてます。

2013082219

 ちなみに爆心地周辺は「平和町」と言う住所。
 戦中の地図には別の地名が書かれていたので、原爆投下後に平和を祈念し、この地名がつけられたんでしょう」。

 浦上地区からバス移動で、長崎最後の観光ポイントへ向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7年後(2020年東京五輪開催決定)

 「今日決まった」と言う備忘録兼ねて

20年五輪:東京開催が決定 56年ぶり2回目:毎日新聞

2013090801

 まぁ何よりめでたい。
 経済効果、子ども達の夢、まぁプラスになる点はいくらでもある。

 他の都市でやるのは正直どうかと思うが(施設維持費等)、財政的に全く問題がない東京でやるなら.....感はある。


 タイミングにもちょうど良い。

 前回の東京五輪が49年前。
 その時に作られた施設はかなり老朽化が激しく、大規模改修なり、建て替えなりどっちみちしなければならなかったわけなので、だったらきっかけがあった方が良いに越したことはないわけで。


 でも今回の五輪招致の報道でとっても気になったのはIOCの委員の皆様。
 偏った報道がされてそれに影響されてるのかもしれませんが、

 「本当にオリンピックの成功を第一に考えてるの?」と。

 視察の報道を見ても「おもてなし」第一。接待したもん勝ちが否めない。
 「ロビー活動」と言う言葉をこれまで何度聞いたことだか?。
 まぁそれだけで判断しているとは思わないけど(思いたくないけど)。



 今日、報道されていた内容を見ると、

 ○2006年の冬季五輪、ほぼスイスのシオンに決まっていたのに、開催都市決定前夜にシオンの招致委員会のメンバーが前祝いをやったと言う噂が流れて、二番人気だったトリノに開催都市の座を奪われたとか?(ウソかもしれないが)。

 ○今回も元々はマドリードが一番人気だったが、2024年にパリが開催を狙っている為に「2大会連続でヨーロッパ開催はマズいだろ!?」とヨーロッパのIOC委員が揃って東京に入れたとか?(ウソかもしれないが)。


 オリンピックと言うものは開催都市、開催国の将来を大きく左右する。

 東京は49年前の東京五輪でインフラが整備され、経済成長の柱を作るきっかけとなった。
 もし東京五輪が行われず、(強引気味な)インフラ整備が行われてなかったら、今頃東京の道路交通網はどうなってたか?と思うと、かなり恐ろしい。

 逆にギリシャはオリンピック開催の巨額の負債が財政危機にトドメを刺したと言われても仕方がない。

 東京、札幌、長野と3度日本はオリンピックの開催国になったが、その3大会全てにおいて、日本選手団は神懸かり的な大活躍を遂げている。
 でもそれは7年位前に自国開催が決まり、若きアスリート達が自国五輪でのメダル獲得を夢見て、切磋琢磨し、プレッシャーにも負けず頑張ったからであり、決して偶然ではないと思ってる。

 それぐらいオリンピックの開催と言うのは大きな意味を持っていると思う。
 2016年分も含め、五輪招致合戦の報道を見てとってもIOCの(評価)委員のイメージががた落ちしたわけで。


 さぁ今日から東京はオリンピック開催都市!。
 7年後なんて随分先の話のように聞こえるけど、あっという間にやってくるんだろうな。

 東京がコレからどんな変貌を遂げるのか?とっても楽しみです。

 開催期間は
 オリンピックは  2020年7月24日(金)~8月9日(日)
 パラリンピックは 2020年8月25日(火)~9月6日(日)

 だそうです。
 「夏コミどうなるの?」と心配されている方、ご安心を(^^;。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ベタなとこ周り(長崎天草旅行1日目その2)

 長崎と言ったら、まずは思い浮かぶのがグラバー園

 長崎に観光に行って「グラバー園に行きませんでした」とは言えません。

 一般にグラバー園見学の場合、大浦天主堂電停側から向かうのが一般ルートですが、このグラバー園、坂道になっており、かなり標高差があります。猛暑の中、坂道を登るのは当たり前ながら最小限に抑えたいわけ。

2013082115

 石橋電停側から向かうと「グラバースカイロード」なるものが。
 斜行エレベーターで5階、普通の垂直エレベーターで3階、実質8階分登ってくれます。
 その頂上にグラバー園の裏門があります。正門から行けばその8階分を登らなければならないわけなので登り坂嫌いな方はコッチからのルートがオススメ。
 観光客だけでなく近隣住民も多用してました。グラバー園の裏は普通に住宅街だったりします。

 2013082116

2013082117

 途中で出会った子猫。
 かなりやせ細ってて、正直可哀想なぐらい。
 あんまり住民の皆さんエサとかあたえないのかな?。まぁ増えすぎちゃうと確かに迷惑なんだけどね。
 横浜は去勢して野良猫を減らしてますが。
 ごめんよ....この時全くエサになりそうなモノ持ってなかったのよ.....。

2013082118_2


2013082119


2013082120

 グラバー園は言わずもがな幕末期の武器商人であるトーマス グラバー他、外国人商人の旧宅他、歴史的建造物が残されてます。

 儲かり方のせいなのか?横浜の洋館に比べ一つ一つの建物がとっても大きい&優雅。

2013082121_2

2013082122

 一番上からは長崎市街が一望。
 また、向かい側の三菱重工の長崎造船所も丸見え。
 戦中の戦艦武蔵を建築する前にグラバー邸は三菱重工に買収されます。理由は言わずもがなですな。


2013082134

 水曜日でしたが、夏休み&観光名所だけあって、お客さん多かったな。
 どうやら貸衣装サービスもやっているようで、可愛らしいドレスを着た女の子が。カワイイ!。

 園内は素敵な庭を臨むガーデンカフェも。
 この日の長崎は最高気温37.1℃の猛暑日。スゲー暑いワケで。

2013082135

 プハー!、普段はなかなか飲めない昼ビールも今日はOK!。
 
 グラバー園を出て、かなり遅めのお昼を
 長崎と言ったら言わずもがなの長崎ちゃんぽん!。
 「実はリンガーハットが一番美味い」なんて話もありますが、事前に九州出身の会社の後輩くんから「美味いちゃんぽん情報」を入手済。

2013082123

 それがグラバー園からほど近い四海樓さん。

 ちゃんぽん&皿うどん発祥のお店。
 ちゃんぽん屋と聞いてやってきたので、5階建ての立派な建物を見てビックリ。横浜中華街でもこんなにデカイ店ないぞ!ってぐらい。崎陽軒本店とどっこいどっこいぐらい?。
 2階にはちゃんぽんミュージアムまであったり。

 14時過ぎについたものの、30分待ちと言われる!。なんとビックリ。詳しく聞くと、個人客がちゃんぽんを食えるのは5階のみ。12時ごろでも待ち時間は変わらないけど、お盆休みのピーク時は60分待ちを超えたとのこと。

2013082124

 サッポロ生とちゃんぽん!。
 豚骨の臭みもなくとってもクリーミーで深いスープがとっても美味しい!。◯ンガーハットよりは美味しいぞ!(^^;;。大満足大満足!。


2013082125

 四海樓さんとグラバー園の間にあるのが国宝大浦天主堂

2013082126

2013082127

 1864年に出来た日本最古の、木造教会。
 ゴシック調の建物が素晴らしい。
 中のステンドグラスもとっても素敵なんですが、残念ながら撮影禁止(教会は基本撮影禁止なのです)。

 でも青空の中の教会がとっても素敵でした。

2013082128

 路面電車を挟んで逆側にあるのが、孔子廊。

2013082129

 儒教の創始者である孔子を祀っている霊廟ですが、東京だと湯島聖堂が有名なところ。
 1893年に作られましたが、原爆投下で、壊滅的なダメージを受けましたが、1967年に現在の建物が再建されてます。
 
 横浜中華街等で、中国の建築物は見慣れてますが、孔子の弟子にあたる72賢人の石像があったりと、とっても趣があるし、フォトジェニック。
 でも流石に観光客少なかったな....。写真撮りやすくって良いんですけどね。

 路面電車に乗って、築町(新地の最寄りの電停)まで戻ってきます。

 グラバー園とならんで、長崎で有名なものと言えば出島です。
 長崎に来た方であれば常識なのかもしれないんですが、歴史の教科書に出てきたあの扇形の地形、実は残ってないんです。

 1883年に河口工事により、扇形の内側が削られ、1897年からの埋め立て工事で周りがほとんど埋められてしまったんです。

2013082130

 しかも当時の町並みを復活させようと復元事業が始まったのは1996年、バリバリ平成になってからのお話。しかもまだ復元も終わってないんですよ。
 この通り、まだ基礎工事が終わったばかりのところも。

2013082131

 復元された建物も勿論平成生まれ。
 いくら当時の町並みを再現しているとは言え、イマイチ趣が....。ちょっとガッカリな出島でした。

 出島を出た頃には18時頃。
 流石は九州の西端、全く日が暮れません。

 でも腹が「酒の時間です」と言っているので(^^;、飲み屋へGO!。

2013082132

 長崎で飲みと言ったら思案橋。長崎随一の繁華街です。

 お店はまたもや太田和彦先生の居酒屋味酒覧からピックアップ。

2013082136

2013082133

 行ったのは思案橋の居酒屋「こいそ」さん。
 細ーい路地を入ったところ、「普通の観光客じゃ絶対に来ないな」ってところ。
 でもかなり人気があるようで、プロ野球選手も結構来ている様子(スワローズの選手が多いみたい)。

 お店の人もとっても気さくな性格。料理もとっても美味しかったな。
 長崎来るならまたココだなって思った位。

 さぁ一泊してもう一日長崎観光です!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州上陸!(長崎天草旅行1日目その1)

 SNSその他でご報告の通り、8月21日から24日まで夏の旅行に行ってまいりました。

 初の九州旅行、行き先は長崎、天草です。

 きっかけは恥ずかしながら、テレビの影響(^^;。

 BSフジで放送されている「東京会議」のファンでして、半年前ぐらいに主宰の小山薫堂さんの地元でもある天草の航空会社「天草エアライン」の唯一の旅客機の塗装を塗り替えようと言う企画で塗り替えられた飛行機がかなり可愛い!。
 しかもこの機体もそろそろ更新時期が近いと言う情報があり、数年でなくなる可能性も。これは行かないと!。
 さらに同番組中で見た天草の風景がとっても素敵でとっても行きたくなりました。
 しかも一度行ってみたかった長崎からも天草へ高速船が運行されているとのことだったので、ちょうどいいので、セットで行こうと。


2013082101

 出発地は勿論羽田。
 羽田に飛行機乗りに来るのも1年半ぶりです。

 今回は羽田〜長崎〜天草〜福岡〜羽田と言う道程。

 ツアーパッケージが使えないので、JALのチケットはJALに直接予約。
 飛行機による出張がないし、実家が関東な自分にとって、JALに直接予約してチケットを取ることも実は恥ずかしながら人生初。
 当然早割使いましたよ。羽田〜長崎の正規運賃なんて目が飛び出る値段だもの。

2013082102

 2次元バーコードは1年半前の北海道で使いましたが、今回は紙にも打ち出さず、iPhoneから。
 便利になったよねー。座席も直前になってもどこからでも変更にできるもん。
 でも昔のような厚めの紙のチケットを持って「よし!飛行機乗るぞ!」ってあの感覚がなくなるのもなんだかな.....。

2013082103

 乗ったのはJAL1841便、長崎行き。
 使用機材はボーイング767-300 レジ番JA8399。来年で20歳だ。

 ピーカンが続いた東京もこの日から曇り空。自分たちが旅行中はずっと雨だったようで。
 羽田のD滑走路Runway05を使ったのも初めてだったな。
 第1ターミナルからだと離陸するまでやっぱ随分かかったね。

2013082104

 その雲から逃げるように着いた長崎はこの通りのピーカン!。

2013082105


2013082106


 長崎空港は長崎市から北にバスで1時間弱のところにある大村湾の湾上に浮かぶ人工島。
 ピーカンの中、Runway32に滑り込んで行くのは気持ちよかった!。


2013082107

 長崎市に向かい、降り立ったのは長崎の新地。
 バスターミナル、築町電停(市電の乗り換えポイント)、主要ビジネスホテル、出島、中華街、思案橋(飲み屋街)からも至近で拠点にするのはとっても便利。
 今回も宿泊に使ったのはホテルドーミーイン
 毎度のことですが、大浴場があるのが最大の魅力。朝ご飯もおかず豊富で地元ならではのものを提供してくれます。
 新地バスターミナルからも近く、とっても便利でしたが。
 一つ不満だったのが、フロントが3Fで出かける時も帰ってくる時も一度3Fによらなければならず、しかも1Fから3Fまでのエレベーターが客室用エレベーターと共用でいつも混雑でなかなか来ない...。

2013082108

 朝一番の飛行機に乗ったお陰でお昼前には観光スタート。
 長崎の観光の交通手段は基本路面電車かバス。
 坂の街なので、自転車は使い物にならないし、路面電車も5〜8分間隔で来るので、とっても便利。

 500円で路面電車の1日乗車券があり、初日は買ったんですが、これ意外と不経済。
 路面電車はどこまで行っても120円で、観光名所が数カ所に固まっているので、効率的に観光名所をたどると一日に5回乗らないんですよ....。

 まずは新地から南へ、石橋電停に向かいます。


 2013082109 2013082110

 まずは東山手の洋風住宅群へ。
 途中の坂がオランダ坂。当時の日本人が外人の見分けがつかず、外国人のことを全て「オランダさん」と呼んでいたことがこの名がついたとか?。


2013082111


2013082112

 これらの住宅は狭い敷地に密集して作られており、中国人が作った建物で、横浜や後に見るグラバー園の建物とは異なった作り。
 原爆投下直後は避難した市民が住んでいたことも。

2013082113

2013082114

 その敷地内に古写真資料館なんてのがあります。
 長崎は日本初のプロカメラマン上野彦馬生誕の地。
 長崎でも写真館を経営し、数多くの写真を撮影。皆さんが見たことのある幕末の志士の写真の数多くが上野彦馬撮影だったと言っても過言ではありません。

 生家、お墓も長崎市内に残っています。

 このあとは長崎一番の観光名所、グラバー園に向かいます!。

 旅行の写真はコチラに
 2013長崎天草旅行

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »