« 居酒屋と云う名のコミュニティ | トップページ | 九州上陸!(長崎天草旅行1日目その1) »

(ようやく)Eye-Fi購入(本日のお買い物:8/17)

 amazonさんでお買い物

Eye-Fi Mobi 8GB

2013081801

2013081802

 コイツ、X10の相棒となる予定です。

 実は今まで、カメラで撮影した画像を直接WiFiでデータを飛ばして、スマホ等に入れることに消極的だったんです。
 理由は基本的にカメラ撮影の時はGPSロガーを持ち歩き、自宅に帰り、MacでGPSロガーの緯度経度のデータを画像ファイルにマージさせてから、iPhotoに取り込んで、それから活用していたんです。
 
 なんで、GPSロガーのデータを入れる前にフォトストリームに入ると後で画像ファイルの管理がややこしいな?と。

 でも、FaceBookやtwitter等のSNSにリアルタイムでアップすることの面白さ。
 値段も8GBで4500円ちょっとだし、GPSのデータもあとで、マージしたものを上書きすればいいかな?と思い、やっと買うことにしました。

 あともう一つはEye-Fi Mobiの登場でスマホやタブレットPCへの転送に特化したこと。
 Macへの転送も別にSDカードを差し替えるのも面倒と思わなかったし。

 セットアップも簡単ですね。

2013081803

 iTune Storeから専用App(アプリ)をダウンロードし、立ち上げると、このような画面が出て、アクティベーションコードを訊かれます。

2013081804

 アクティベーションコードはEye-Fi Mobiが入っていたケースの裏に書いてあります。
 (白抜きしてある部分)

2013081805

 アクティベーションコードの入力が終わると、プロファイルのインストールが。
 iPhoneでauやsoftbankのWiFiサービスを使ったことがある方はご存知ですね。

 コレで初期設定は完了。

 Eye-Fi Mobiをカメラに挿入し、撮影。

2013081806

 取り込む時はまずは周りにEye-Fi Mobi以外にWiFi環境がある場合はWiFiの設定画面からEye-Fi Cardのネットワークを選択します。

 ここで、注意が。
 このEye-Fi Mobi、省電力の為なのか?転送すべきデータがない場合(カード内に画像がない、全て転送済み)はネットワークが表示されません。
 だから、最初にちゃんとネットワークを拾えるか?を確認する場合はまず撮影してからにする必要があります。

2013081807

 ネットワークを拾ってからEye-FiのAppを立ち上げると、この通り、自動的にダウンロードされます。
 ほとんどつまづくことなく、ココまで出来ました。便利便利。


 あと、カード側で一枚一枚転送したか?をチェックしているようで、例えば2台以上の端末にEye-FiのAppを入れてダウンロードしようとしても、片方でダウンロードした場合は、もう片方では既にダウンロード済みの扱いとなり、ダウンロードすることが出来ません。
 まぁiCloudユーザーならフォトストリームに入るので、気にすることはないよね。

 来週の旅行では早速コイツで遊んでみようと思います!。

|

« 居酒屋と云う名のコミュニティ | トップページ | 九州上陸!(長崎天草旅行1日目その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30343/58013996

この記事へのトラックバック一覧です: (ようやく)Eye-Fi購入(本日のお買い物:8/17):

« 居酒屋と云う名のコミュニティ | トップページ | 九州上陸!(長崎天草旅行1日目その1) »