« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

宮古〜岩泉〜盛岡(三陸海岸ドライブ3日目)

 えっと、最終日ですな。

2013011901
 ホテルを出発し、先ずは宮古駅へ向かい、駐車場に車を駐めます。

2013011902

 午前中は三陸鉄道に乗ります。
 三陸鉄道は三陸海岸を縦貫する第三セクター第1号の鉄道会社。
 震災で壊滅的な被害を受けたのにもかかわらず、職員の懸命な努力で、震災後5日で、一部区間を開通。来年4月の全面運転再開を目指し、復旧工事が進められてます。
 もともと乗降客の少なさゆえ、経営状態が良くない上にさらに今回の被災。
 乗って支援しないと!。
 
 自分らみたいな観光客いたり、地元のお客さんいたり。
 三陸の足として頑張ってます!。

2013011903

 こちらは途中の田老の街。

 「万里の長城」とまで言われた田老の防潮堤も3.11の大津波には太刀打ちできず。
 駅以外何もない。全てが流されてしまってます。
 
2013011904

 海寄りにはどっさりと瓦礫の山。

2013011905

 現時点の宮古から来る三陸鉄道の終点、小本。駅舎は残っているものの、この近辺もかなり津波の被害を受けてます。


2013011906

 駅を降りて、向かったのは復興商店街。
 こちらでとっても安かった、椎茸やらリンゴやらをお買い上げ。

2013011907

 普通の食料品店にて、こんなのまで。
 流石に手を出す勇気はなかった(^^;。

 それからまた宮古に戻り、車に乗り再度三陸を北上。

2013011908

 途中の熊の鼻展望台からの絶景!。

 That'sリアス式海岸!。
 素晴らしい眺めでした。
 コレだけでも三陸来た価値があったなってぐらい。
 海の色もとっても素敵。

 「何か観光地がないか?」と寄ったのが龍泉洞

2013011909

2013011910

2013011911

2013011912

 国指定の天然記念物で、日本三大鍾乳洞の一つ。

 洞内はすでに知られている所だけでも 3100m以上あり、その全容は5000m以上に達すると推定されている、巨大な鍾乳洞。

 地底湖がいくつもあり、深いところだと120mだとか。
 地底湖のコバルトブルーの輝きがとっても神秘的。

 そう言えば吉永小百合さんのJRのCMでも使われるね。

 普通鍾乳洞って春から秋に来ることが多いですが、季節は真冬。
 外よりも温かいと言う不思議な体験をしました。


2013011913

 それから盛岡経由で帰途へ。
 盛岡に寄ったことにより、これで東北の県庁所在地に全て降り立ちました。
 やっと東北制覇か......。
 そして盛岡から横浜までは実に580キロ。
 16時過ぎに出発して、辛うじてその日のうちに横浜に到着。
 岩手はやはり遠かった.....。やっぱ行くなら電車だな。

 でも本当に楽しかった!>三陸。
 壊滅的な被害を受けた地域もあるけど、多くの街は既に観光客の受け入れ状態は整ってます。

 経済復興してこそ、真の街の復興!。

 皆さん、躊躇しないで、是非三陸へ!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春スキー

2013032301

 土曜日から、白馬岩岳へ春スキーに行ってきました。

 関東ではもう桜が満開の今週末。
 白馬も雪はかなり少ない状態。

2013032302

 ゴンドラで山の上まで上がればそこそこありましたが、麓は土が出まくり。
 こんなに雪が少ないゲレンデで滑るのも久しぶりでした。
 ちなみにリフト券は春スキー価格で2500円です。

2013032303

 スキー場では来シーズンモデルの試乗会が。

 最近新しいスキー板なんて乗ったことがないので、興味津々。
 何本か試乗させてもらいました。

 感想は「イイ!」

 まぁまず、チューニング、ワクシングがしっかりしているので、自分の板よりも乗り心地がいいんですよ。
 自分の板もチューニングしようかな?。

2013032304

 そんな中抜群の性能だったのが、FISCHERRC4 WC SC PRO RACETRACK(リンク先は12-13モデル)。

 ワールドカップでも御馴染みの穴開きスキーですよ。
 本当にワールドカップでも使われているスキーは穴開き出そうですが、一般市販のものは穴が開いておらず、透明な樹脂が着いてます。

 とにかく吸い付くように滑る。板がバタつかない。
 かなり的確に反応してくれる。
 滑って面白い面白い!。
 (まぁコブはボロボロでしたが)。

 「コレ良い!」と思ったら、FISCHERの最上級モデルなんですね。定価10万以上.....とっても買えない。

 日帰りの予定が、一緒に行った上司に昼にしこたま飲まされてしまい、これじゃとても車の運転なんて無理.....と急遽民宿で一泊。

 翌朝は朝食とって、直ぐに横浜へ。

2013032305

 日曜日の白馬は快晴でした。この通り、八方尾根も山頂まで望めました。
 まぁ晴れた白馬の朝を気持ちよく運転できたから、良かったかな?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013シーズン初神宮球場

2013031711

 日曜日ですが、オープン戦観戦で、今季初の神宮球場です。

 自分にとって神宮観戦は二点大きな変化があります。

 一点が東横線渋谷駅地下化に伴う神宮までの移動経路。
 もう一点がスワローズのファンクラブのシステムが大幅にリニューアルされたこと。

 まず前者ですが、私が普段神宮まで通う際は

  横浜~(東横線)~渋谷~(銀座線)~外苑前

 と言うルートだったんです。

 でも、今季からこのルートだと渋谷駅で乗り換えの為に地下5階から地上3階まで上らなければならず、かなり不便。

 で、今回はまずこんなルートで行ってみることに。

  横浜~(東横線)~渋谷~(半蔵門線)~表参道〜(銀座線)〜外苑前

 コレなら乗り換え回数は2回になるが、乗り換えでの上下の移動は渋谷駅の地下5階から地下3階で済む。

 いざコレで行ってみたら、前に比べて手間がなくなったのは改札の回数。
 以前までは渋谷駅の東横線改札を通って、さらに銀座線改札を通りましたが、16日から東横線から半蔵門線への乗り換えは改札がなくなりました。

 でも想定外だったのが、乗り換えた際のホームの位置。
 東横線から半蔵門線に乗り換えると、半蔵門線のかなり表参道寄りに着くんですよ。

 そうすると表参道に乗り換えて、外苑前に着くと、当然青山一丁目寄りに着くんですよね。

 そうすると、神宮球場内野席側に行こうとする客にはかなり不便なんですね。

 自分も今までは内野席側にいつも行っていたんですよ。
 基本(安いから&ファンクラブ特典があるから)外野席に座る自分ですが、来場する際は必ず一塁側内野席裏にあるファンクラブ窓口に寄って、ファンクラブ特典のチケをもらったり、来場記録をつけてもらったりしていたんで。

 ですが、今年からファンクラブのシステムが変更になり、来場記録は外野席通路でもつけられるし、特典チケットは入会時に発行。ファンクラブ価格でのチケット購入は携帯電話で購入可能になったので、内野席裏のファンクラブ窓口に寄る必要がなくなりました。

 これからは外苑前では青山一丁目側出口から下りるか、半蔵門線でそのまま青山一丁目に行くってのもアリかな?ってことになります。

 で、試合ですが。

2013031712

2013031713

 先発から、石山、江村とルーキーが相次いで登場。
 石山は、5回を被安打7、奪三振2、与四死球5の5失点
 江村投手は、1回を被安打3、奪三振1、与四球1の2失点。

 まぁぶっちゃけボッコボコと。
 まぁ洗礼を浴びまくったな?と。

 そんな中、無い物ねだりになりますが、

2013031714

 東浜クン、良かったな.....欲しいな.....。

2013031715

 そんな中、川島慶三選手が1軍に戻って来たのが嬉しい限り。

2013031716

 岩村選手もスワローズに戻って来ました!。
 この日はDHで出場。

 WBCも終わり、来週末には公式戦がいよいよ始まります。
 何試合位来られるかな?。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハービー山口「あそこに見えるのが天草の空」&トークショー

2013031701

 昨日は東京ミッドタウンのフジフイルムスクエアで行われた、X-Pro1写真展 ハービー山口「あそこに見えるのが天草の空」へ。

2013031702

 今回の写真展はBSフジで放送中の「東京会議」の企画にて、熊本県を拠点とする天草エアライン所有のボンバルディアDHC-8を12年振りの機体塗替のため募集した「天草エアライン デザインコンペティション2012」の企画の延長で、天草にてハービー山口先生がX-Pro1で撮った天草の写真を展示。


 実はハービー山口先生、全写真カラーの写真展は生涯初だったそうです。
 確かにハービー山口先生と言えば、ライカで撮影したモノクロのスナップポートレート写真が御馴染みですが、全写真カラーが初と言うのはビックリでした。


 ほのぼのとした町並み、キリシタン文化の特徴的な建物、真っ青な空、イルカ、気さくな地元の皆さんの笑顔。とっても素敵でした。


 愛機「X10」をぶら下げて作品を見ていると、「おっ、「X」お持ちですね」と声をかけられたのは来場されたハービー山口先生ご本人!。ちょっとビックリ。
 「X-Pro1もとっても良い色出しますよ、うん」とさりげなくX-Pro1をセールス。
 X-Pro1も良いけどね.....D600持って、X10持って、X-Pro1は流石に.....。


 写真展の同時展示で天草ロケに同行した東京会議の主宰小山薫堂さんと、天草エアラインのイメージソングを担当された松任谷正隆さんの写真対決の作品が。

 そちらには小山薫堂さん、松任谷正隆さん、ハービー先生が揃ってお出まし。
 既に東京会議にて放送されましたが、ハービー先生がジャッジされたこの対決は3-0で小山薫堂さんの勝利。
 対決に負けてとっても悔しい、松任谷さん。勝負がついてるのにも関わらず、この場に於いてもハービー先生に自分の写真を猛アピールされてました。


2013031703

 その後、フジフイルムスクエアの2階にて行われた、小山薫堂さん、松任谷正隆さん、ハービー先生のトークショーを聴講。
 定員250人の席は予約で満席(自分も予約開始初日に予約を入れました)。

 ちなみに本番前のハービー先生のtweetでは

 とのこと(笑)。

 2013031704

 登場すると、早速写真を撮り出す登壇者の皆様(笑)。

2013031705

 東京会議での小山vs松任谷の写真対決は天草ロケで2回目。
 最初に東京会議での写真対決、ハービー先生のご出演、富士フイルムの協賛の経緯から。

 正直来場者のほとんどは東京会議のヘビーウォッチャーだと思うので、みんな知っているとは思うんですが、それをすっかり失念していたのが、当の主宰の小山さん(笑)。

 「あれ!?。あれってどうしたんでしたっけ!?」の連発。
 来場者はみんな大爆笑。
 第1回の写真対決は大岡山商店街で行われましたが、大岡山が舞台になった理由は「直ぐに商店街の撮影許可が下りたから」「商店街内に富士フイルム系の写真屋さんがあったから」などの裏話も暴露。

2013031706

 その後は天草ロケでの写真を題材にフリートーク。

 天草の写真対決は“天草の風景”“天草の食”“自由”がテーマでしたが、
 小山さんは天草の食堂のお姉さんを被写体、松任谷さんはタクシーの運ちゃんを被写体にした、“天草の食”では、放送終了しているのにも関わらず、この場でジャッジを務めたハービー先生が「お姉さんがキレイ過ぎて、公正な判断が出来なかった。自分の未熟さから誤審をしてしまった」と松任谷さんの写真に軍配を上げ直す衝撃の発言!。
 まぁ3−0が2−1に変わるだけなので、どっちにしても小山さんの勝利ではあったんですが。


 天草ロケの裏話もとっても楽しかった!
 小山さん
 「天草エアラインは何でもあり!」(ヤバ過ぎて具体的内容はオフレコ)
 「田中畜産の焼肉が安い理由は牧場を経営しているんで、「肉牛がいっぱいいるから(それだけ?)」
 「ハービーさんの助手を務めているハービーさんの息子さん(高校生)は父親を「ハービー」と呼んでいる

 ハービー先生
 「天草の人々には「小山薫堂の友達」と言えば、なんでも許された」(小山さんは天草出身)

 松任谷さん
 (人見知りな松任谷さんがおばあちゃんを撮ったとき)「そりゃあ、口説きましたよ!」

 2013031707

 カメラ好きオヤジのトークに場内から笑いが絶えることはありませんでした。

 そんな中、ハービー先生から撮影のアドバイスが

 ○水平に撮るのが本来は真っ当。斜め撮りはあと写真にもう一つ何かを加えたいとき。正直なところ、ごまかし。アバンギャルドになる。
 ○思い切り寝そべり、ローアングルから人を撮れば、「何だ?。このオジサンは?」と相手はカメラに気構えなくなる。

 最後には第3回対決の企画会議が。
 賭ける商品は愛車?、曲の版権?、ユーミンにくまモンの歌を歌わせる?。
 題材はベネチアロケ?、リオ?、女性のヌード?、世界の料理人?、ユーミンNEWアルバムのCDジャケット?、等等。

 小山さんが「費用は富士フイルムさんが持ってくれますか?。断るならCanonさんにお願いを.....」と半ば恐喝まがいの脅し(笑)。

 予定の1時間を20分以上もオーバーする中身タップリのトークショーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「さようなら」を言いに(東急東横線 渋谷駅)

2013031501

 ニュース等で流れてますが、東急東横線渋谷地上駅が85年の歴史に幕を下ろしました。

 ちょうど今頃、代官山〜渋谷駅間では線路の切替工事が行われている真っ最中だと思いますが。

 結婚してから東急東横線は随分とお世話になりました。
 結婚前からも自由が丘でデートしたりと、東横線は使ったな.....。

 渋谷駅のホームは本当に思い入れがあります。

 わざわざ行くこともないかな?と思ったんですが、もう、あのホームに行けないと思うと、いてもたってもいられず、最後のご挨拶に行って来ました。

 日中は混んでるだろうなと思い、始発に乗って(しかも行きは京浜東北線&山手線で先回り)。
 実際のところ、特に今夜は渋谷駅は混乱していたみたいですね。
 カメラで撮影どころじゃなかったな。

 6時前には現地入りしましたが、流石に空いてましたが、自分同様カメラ持った人は多かったな。


2013031502

2013031503

2013031504

2013031505

2013031506

2013031507

2013031508

2013031509

2013031510

2013031511

2013031512

2013031513

 その他の画像はNIKON IMAGE SPACEで(X10で撮影した画像ですが)

 Last morning toyokoline shibuya terminal

 もう二度と電車がやってこない東急渋谷地上駅ですが、来週末にさよならイベントが行われ、ゴールデンウィークまではイベントスペースとして、使われます。
 電車を見ることは出来ませんが、あの屋根はまだまだ見るチャンスがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004 Jan Tokyu Toyoko Line

‎ 3月15日の現東急東横線渋谷駅廃止のことを考えてたら、9年前、桜木町駅に行ってたな、と。

 当時の写真をアップしてみることにしました。

 非力な富士フイルムFinePix1700zで撮影した画像ですが、当時から東急東横線沿線に住まれていた皆様、少しでも当時のことを懐かしんで頂ければな、と。

 東急東横線横浜〜桜木町駅廃止一週間前の桜木町近辺、高島町駅、横浜駅。
 そして、東急桜木町駅最終日の画像を。

2013031001

2013031002

2013031003

2013031004

2013031005

2013031006

2013031007

2013031008

2013031009

2013031010

2013031011

2013131012


| | コメント (0) | トラックバック (0)

駆け込み購入(本日のお買い物:3/8)

 amazonさんにて購入。

SANYO eneloop 限定単4形8本パック HR-4UTGB-8U

2013030901

 すぐに何かに使う予定はなかったんですが、駆け込みで買った理由は勿論、2月28日に発表された4月下旬から発売予定の新eneloopを見てのこと。




2013030902

 充電回数が増えたとは言え、いやいやいや、このデザイン、ありえないッスから。

 この発表があってから結構盛り上がりましたね。
 みんな同じ意見なんだな、と。

 このロゴが好きだったのにぃ。
 高性能充電池の先駆者だし、USBモバイルバッテリーも他メーカーに先駆けて、売り出したもんね。
 モバイルブースター、今もeneloopですよ。

 しかも、諸事情があり、幼き頃からアンチ松下、アンチPanasonicなんですよ>自分。
 我が家にあるPanasonic製品ってSDカードぐらいじゃないのかな?。

 しかもSanyo好きだったのよねー。Xactiも使ってるしねー。Xactiの後継機種もパナ作ってるけど、次買うかな?って思うと微妙だなー。
 Sanyoがパナに買収された時はすっごく悔しかったし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浜離宮をブラブラと

 春一番が吹いた翌日の東京。

2013030201

 夕方から両親、弟夫婦と新橋で食事の予定でしたので、その前にD600を持って浜離宮恩賜庭園へ

 実は一眼レフ初号機D50を買った時も早々に浜離宮に来ているんですよね。

 写真三昧(9/16:その1)

 前回来た時は早秋でしたな。
 今回は早春で。

2013030202

2013030203

2013030204

 梅もまだまだだったのかな?。
 もうちょっと咲いているかな?と思ってたんですけどね。

 菜の花なんか全く咲くそぶりすらナシと。


2013030205

 カモメの撮影で3Dトラッキングを使ってみたんですが、そもそもカモメが小さく、しかもスピードが早いんで、全く追えない追えない。

 まぁあとは技量だな。

 撮った写真はNIKON IMAGE SPACEで。

 浜離宮恩賜庭園 2013/3/2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »