« Mountain Lionさん、入れてみた | トップページ | 球場ではなかなか出会えないビールを »

江戸時代の町並み、銘酒(黒石:北東北旅行その7)

 4日目。

 早起きして、8時前には弘前駅へ。
 本日の行程は弘南鉄道弘南線に乗って、黒石を目指し、弘前に戻ってきます。
 五能線~五所川原経由で津軽鉄道の金木駅へ。
 もう一回五能線で川部駅まで戻ってきて、奥羽本線で青森駅まで。
 トータル140キロ程度、全て普通列車。

2012071401

 この日の為に買ったのが津軽フリーパス

 今回の行程の全てと弘南鉄道全線、奥羽本線弘前~碇ヶ関、黒石や弘前エリアの弘南バスが全部フリーパスになっていて有効期間2日間で2000円と言う超お買い得周遊きっぷ。しかもいろんな施設で優待あり。
 この日の行程だけでも正規運賃で3390円なんです。 

2012071402

 弘南鉄道の電車は東急の払い下げ電車。

2012071403 2012071404

 流石は豪雪地帯、雪よけはつけられています。ただし、つり革はそのまんまだったり。


2012071405

 車窓からは津軽富士こと岩木山がくっきり。

2012071406

 黒石駅は弘南鉄道弘南線は最後の駅。

2012071407

 駅前に開店前のCOOPはあるものの、それ以外に商店なし、コンビニもナシ。
 弘前でミスド食っておいて、本当に良かった.....。

2012071408

 駅から8分ほどであるのが今回の目的地「小見世通り

2012071409 2012071410

2012071411 2012071412

2012071413

 黒石藩政時代から今に残る木造のアーケード状の通路。
 夏の日照り、冬の積雪から歩行者を守る為です。ここ黒石もかなりの豪雪地帯ですから。
 この町並みがまた絵になるんだ!。通り全部が文化財状態!。
 
 ただ、現地到着が9時前(^^;。
 お店はほとんど開いてませんでしたが、その分観光客も少なく、写真を撮るのにはちょうど良かったな。

2012071414

 そんな早い時間からでもやってたのが酒蔵。
 「菊乃井」ブランドの鳴海醸造店。
 本当は予約が必要だったみたいですが、ちょっと中をのぞこうとしたらお店の方が、「時間があればよろしかったら見学して行ってください」と。

 お店の方が説明付きで、じっくり見学させてもらえました。

2012071415

2012071416 2012071417

2012071418

 昔ならではの木造の造り酒屋。
 しかも現役。とっても立派で素敵な建物でした。
 でも、この冬のココ数年の豪雪でかなり建物もダメージを受けたそうです。

 ちなみに昨年放映された「津軽百年食堂」のロケでも使用されたそうです。
 そんな映画あること、初めて知りましたが。

2012071419

 勿論試飲コーナーもあり、朝から美味しい日本酒頂きました(^^;。

|

« Mountain Lionさん、入れてみた | トップページ | 球場ではなかなか出会えないビールを »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30343/55305574

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸時代の町並み、銘酒(黒石:北東北旅行その7):

» 津軽へ(2) [東京西郊日誌]
「津軽へ」、第2回は弘南鉄道編。代々譲渡車を中心に運用されている弘南鉄道、現在は日本初のオールステンレス車である元東急の7000系が多数活躍しています。田園風景の中をのんびりと走る弘南線、弘前の市街地から大鰐の温泉町へと向かう大鰐線、今回どちらも全線完乗しました。写真は弘南線の終点、黒石駅に並ぶ7000系です。 >> 津軽へ「弘南鉄道」 <<...... [続きを読む]

受信: 2012/09/28 18:56

« Mountain Lionさん、入れてみた | トップページ | 球場ではなかなか出会えないビールを »