« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

事務所お引っ越し

2012082601

 この週末、職場が移転になりまして。

 過去に十数年、職場の移転もなければ転勤もなかった自分にとっちゃ初のお引っ越しで。

 先月位からゆっくり準備を始めていたもんで、ギリギリになってドタバタはなかったんですが。
 職場そのものも自社ビルでもないのに20年弱移転をしてなかったんで、まぁ過去の遺産がドンドン出てきまして。

2012082602

 8インチのフロッピーディスクが出て来たときには流石に驚きました。
 そもそも読み取りできる機械が今どこにあるんだか?。

 土曜日には運送業者による旧オフィスから新オフィスへの搬入。
 日曜日は箱詰めした荷物の開梱、整理と。

 大部分の社員は土曜日はお休みだったんですが、職場の中で搬出する荷物が一番多いのは実は自分でして(別に物が捨てられないのではなく、そう言う職務だからです)、しかも搬出する荷物に精密機器が多いもんで、搬出都度業者さんに説明する必要があったりとで、ずっと立ち会い。

 当初午後イチには解放される見通しだったんですが、運送業者のピストン輸送の段取りがとても悪く、結局解放は18時過ぎに......。

 日曜日も自分は7時に出社。段ボールやパレットだらけに新オフィスがなっていたので、自分の分だけでも他の人が来る前に整理しておかないと....と思い。

 それが功を奏したのか?ウチのグループ開梱整理作業が段取りよく進み、当初「日曜日中に終わるの?」と思われた作業が結局15時過ぎには見通しが立ち、17時には解放。

 今日から新オフィスでのお仕事です。
 まぁ心機一転頑張りますわ。体中筋肉痛ですがcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

献血92回目

 日曜日にまたも献血。
 ココ最近ずっと2週間ペースを維持できてるな。

 場所もいつもの横浜駅西口献血ルーム

 Aルームで受付して血漿献血。機材はCCS。

 処遇品はミニカップラーメンを。

 暑い時は献血ドナーは減るのは通例ですが。昨日は多かったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iMacが壊れて修理に出しました

2012081901

 購入して約10ヶ月になるiMac27inchさん。
 先週末ぐらいから左上の裏側から変な異音が。高周波みたいな音。
 いろいろ調べるとiMacの左上には電源ユニットがついていることを突き止める。
 ハハーン、こりゃ電源ユニットの不良だなと(電源ユニットが壊れかけるとそう言った高周波を出す物が多々あります)。

 保証期間内だし、すぐにiMacを多用する用もなかったので修理に出そうと。
 
 ここでスゴいなーと思ったのがAppleの修理受付。

2012081902

 どこの電話サポートも電話をかけると、(数年前ほどじゃないが)「ただいま大変混み合っておりますので、しばらくこのままでお待ちください」ってのが自動音声で流れて待たされるのがお決まりのパターン。
 Appleさんの場合、まずはネット受付で機器情報や簡単な症状を書くと、いつ電話をかければ良いか?と言うのを訊かれます。
 いつなら今現在何人空席(?)がありますみたいな案内があったり。
 で、「すぐ電話かける」ってのもあり、自分はそれを選びました。
 先週の日曜日だったので、「当分の間かかってこないだろ」と思ってたら、1分足らずでかかってきました。結構ビックリ。

 で、多少細かい話をして、「どうにしてもハードの不良でしょう」って話になり、ピック&デリバリーを希望し、ヨメがいる木曜の午前中に集荷を依頼しました。

 木曜の午前中にヤマト運輸さんが集荷。
 翌日にはAppleさんに届き、なんとその日の夕方には修理完了報告!。
 土曜日の午前中には戻ってきました!。

 故障原因はやはり電源ユニット。
 交換し、ちゃんと治って戻ってきました。

 PCの修理もこんなサクサク帰ってくるご時世なのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北東北旅行に持参した新ツール紹介

 もう旅行から1ヶ月も経ちますが。

 4泊5日に及んだ北東北鉄道旅行。
 旅行の為に買い込んだツールが数点ありますんで、それをご紹介。


2012063002

 この為ってわけではないですが、X10は旅行に持って行きたかったんで、買ったようなもの。
 今回の旅行では街の居酒屋やBARに行く予定でしたので、店の中で一眼レフで写真を引っ張り出すのも.....ってのがありまして。

 これならあまり引かれることもこともなく。



2012081801

 今回の旅行、7月中旬だったこともあり、まだ梅雨明け前で、旅行中に高い確率で雨に見舞われる可能性があることは旅行までの時点で把握してました。

 実際に秋田内陸縦貫鉄道に乗った二日目はほぼずっと雨でしたし。

 そこでレインカバーを買って行きました。
 買って行ってよかったとは思ってます。
 ストラップを首からさげたまま使えるし、ファインダーだけでなく、液晶画面も確認できるし、操作で不便なところは特段なかったです。

 ただし、何せこのレインカバー、D一桁シリーズ以外の全てのニコン製デジタル一眼でAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIとの組み合わせが可能。だからかなり大きく作ってある。
 なので、自分のD50とAF-S DX ZOOMNIKKOR ED 18~55mm F3.5~5.6Gでは生地が余る余るcoldsweats01
 まぁD400が出れば、それと、もうちょっと明るい標準ズームレンズを買いたいなーとは思ってるんで。
 (いつ出るんだ?>D400)



 
2012081802

 最近ではどこのビジネスホテルでもLAN回線が各部屋まで来ています。
 まぁ自分はiPadやノートPCを持っていくわけでもないので、正直iPhoneしか持って行かないんですが、場所によっては電波の入りがイマイチで、折角目の前までブロードバンドが来ているのにぃ.....って思うことも。

 ですんで、そんな大きな荷物にもならないポケットルーターを持っていくことに。

 I・O DATAさんのWN-G150TRWを持っていきました。
 iPhoneからだとappを入れれば簡単設定とか銘打ってますが、別にSSIDを入れれば直ぐ設定できるので、そっちで設定しました。

 2012081803

 今回は弘前のドーミーインと青森駅前のルートインにて使いましたが、(各地で)何の設定も入れずに動作しました。
 かなり大手のビジネスホテル2件で使えましたので、まぁ大丈夫でしょうと。
 あとは東横インやAPAホテルあたりでしょうか?(まぁ問題ないとは思いますが)。

 LANケーブルはホテル備え付けのを使えばいいし、電源はUSBケーブルで取りますので、かなりコンパクトです。
 勿論3G回線よりは圧倒的に早いので、快適です。
 ビジネスホテルに泊まることが多い出張族な方はかなり便利ですね。



 そんなこんなで、最近はUSBで充電するものが本当に増えました。
 今回の旅行で夫婦二人が持参したUSBで充電(使用)可能なものをリストアップすると。

 iPhone          2台
 ガラケー         2台
 三洋mobile booster  2台
 ポケットルーター    1台

 実に7台です。
 ノートPCは持参してないので、そうするとACアダプターを持参することになります。
 台数分ACアダプターを持っていったらそれこそかさばっちゃってかさばっちゃって。

 で、こんなのを買いました。

2012081804

 PL-QUCHG03-W

 4ポートついている2000mAのACアダプター。
 4ポートあれば一応事足りました。ガラケーは毎日充電するわけでもないんで。

 確か近所のPCDEPOTの数量限定の特売で買いました。
 なんと497円。

 何も問題ありませんでした。

 最近は飛行機やNYのタクシーにもUSBコンセントがあるご時勢。
 これからいろんなところにUSBコンセントつくんでしょうねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

津軽海峡”夏”景色(青森:北東北旅行その10)

 最終日。

2012071501

 まずは駅前のねぶたの家 ワ・ラッセへ。

 こちらは青森ねぶたの歴史、制作技術等を集めた施設。

2012071502

2012071503

 ねぶたの中はどうなっているのか?。ねぶたの行列はどのようになりたっているのか?等を細かく紹介。

2012071504 2012071505

 以前は竹をまげて作っていたねぶたも針金に変わり、表情に立体感が(左が竹、右が針金)。
 中の明かりも以前はろうそく、それが電球や蛍光灯に変わり。最近はなんとLEDに!。消費電力80%削減に成功したとか?。
 ねぶたは今も日々革新を続けているそうです。


2012071506

 ワ・ラッセの大部分を占めるのがねぶたホール。
 ここには出陣した大型ねぶたが優秀作5機も展示。


2012071507

2012071508

2012071509

 ものすごい大迫力。ホールは真っ暗になっており、ねぶたとのコントラストが本当に映えます。

 ねぶたは毎年入れ替えられます。今年のねぶたは8月2日から7日まで行われ、今年の優秀作が9日、10日にワ•ラッセへ搬入され、入れ替えられたそうです。

 静止しているねぶたを見ても圧倒されました。
 これが動いているところをぜひとも見てみたいですね!。




2012071510

 次に青函連絡船の桟橋へ。
 青森駅に着いた貨物列車がこちらの可動橋から青函連絡船に引き込まれました。

2012071511

2012071512

 今も桟橋には八甲田丸が係留されています。桟橋建屋は撤去されており、青森駅から高架橋で直接行ける訳ではないんですが。

2012071513 2012071518

2012071514

2012171515

2012071516

2012071517

 八甲田丸はお台場に展示されていた羊蹄丸に比べると展示範囲は多めです。
 エンジンルーム、総括制御室、グリーン座席、グリーン寝室、座敷席等。
 座席や統括制御室は羊蹄丸には展示どころか、残ってもいませんでしたから。
 でも、客席部分の多くは撤去され展示施設になってます。
 機械遺産に指定されているので、もうちょっと客席等は当時そのままで残して欲しかったなーと思いますが。


2012071519

 ブリッジから外に出ると青森港が一望。煙突にも上ることができて、展望台になってます。

 2012071520
 
 青森ベイブリッジを越えた逆側にある青森物産館アスパムの下には今年のねぶたを制作している建屋が。ここで制作されていたねぶたは先週青森の街を練り歩いていたことでしょう。

2012071521


 桟橋建屋の跡地には青函連絡船の象徴とも言える石川さゆりさんの大ヒット曲「津軽海峡•冬景色」の歌碑が建てられています。 
 赤外線センサーで歌碑の前に人が立つと石川さゆりさんの歌声が。

 つい、周りの方の冷たい目線も気にせず歌碑の前で熱唱(^^;)。

 本来ならねー、冬に来てみたかったですよねー。
 もう無理な話ですが、青函連絡船がまだ運航していた頃に来たかった。
 雪の中の青森駅を見たいし、誰も無口な北へ帰る人の群れを見たかったし(^^; 、凍えそうなカモメ見つめ泣いてみたかったし(^^;;;;;;; 。




 駅でランチをとって、青森駅からバスで20分。
 青森県立美術館にやってきました。

2012071522

 「冬は保護色になるんじゃ?」ってぐらいの真っ白な建屋です。
 3次元を面白く使い、順路も迷路チック。今、建屋のどこにいるんだかわからなくなるぐらいで、飽きさせません。

2012071523

 フォントも館内すべて45度単位の直線を用いた独特のフォント。女性館員さんの制服もとっても可愛い。かなりこだわりを感じます。

 ロビーにはマルク・シャガールのバレエ「アレコ」の舞台背景画が展示。
 縦が約9メートル、横は約15メートル!これが三枚!。ロビーも空間を贅沢に使い、流石は青森の美術館だなー。

2012071524

 常設展示は青森に縁がある方のものが。
 まずは棟方志功。青森と言えばこの方でしょう。
 あとは寺山修司、奈良美智
 ベトナム戦争を撮影した『安全への逃避』でピュリツァーを受賞した沢田教一さんの展示も。

 あと特集展示されていたのがウルトラQ、ウルトラマン、ウルトラセブン等に登場するヒーロー、怪獣、宇宙人をデザインした彫刻家成田亨氏展示が没後10年とのことで大々的に展示がされてました。
 まったく下調べしないで、来たのですが思わぬ収穫でした。



2012071525

 美術館からバスで10分で新青森駅に到着。
 出来てまだ2年も経たない新駅舎。何もかもがきれい。
 新しい青森の玄関口なだけに1階のお土産売り場はさながら空港のショッピングモール。

2012071526

 乗るのは勿論はやぶさ!。18:14発のはやぶさ6号で
 グランクラスに乗りたかったんですが、普通指定席と比べると10000円アップですからね....流石に諦めました。

2012071527

 最高速度300km/h!。自前のGPSロガーでも300kmを示してました。
 乗り心地は本当に良かった!。そして速かった!。東京までの674.9キロをわずか3時間10分!。

2012071528 2012071529

 車内でも青森を名残惜しむ晩酌を。シードルに練り物に海の幸(^^;。


 22時には横浜まで戻ってきました。


 四泊五日の長旅、流石に疲れましたが、大満足の旅でした。

 でも青森はもう一度行ってみたいなー。行ってないところいっぱいありますし。
 竜飛、十和田、三沢、八戸、あと六ヶ所村にも行ってみたいなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅行最終夜(青森:北東北旅行その9)

 14日、4日目の夕方に青森駅に到着。

2012071443

2012071444


 以前は奥羽本線、東北本線の終着駅。ここから連絡船に乗り北海道に向かう一大ターミナル駅でしたが、今は青函トンネルが開通し、東北新幹線の延伸により途中駅の一つになってしまいました。

 駅からは津軽海峡、そして八甲田丸を臨むことができます。

2012071445

 ホテルにチェックイン。
 青森では駅前のルートイン。
 どのプランでも朝食無料!。大浴場も完備で不満無しでしたね。

2012071446

 この日の晩ごはんは居酒屋ふく郎へ。
 ここも太田和彦氏の「日本百名居酒屋」、最新版「居酒屋美酒覧」に出ている名居酒屋。

2012071447

 ご覧の通り、お店に入るとねぶたがお出迎え。
 青森モードONなのです!。

2012071448

2012071449

 日本酒、お魚全てにやられました。美味かった!。

 コチラのお店はカウンターの片隅にテレビがドーンと。
 流れていたのは阪神ーヤクルト戦。

 常連のお客さんと野球談義。
 ヤクルトファンであることを話すと珍しがられる。確かに青森県でヤクルトファンは少ないよね。

 途中からいらっしゃった方は出張で北海道からいらっしゃったサラリーマン。
 北海道談義で盛り上がり。
 一期一会。これが居酒屋探訪の最大の魅力です。

2012071450

 2軒目はCOCKTAIL&SHOTBAR Arへ。

2012071451

 すっごくオシャレな内装、数百本以上あると思われる圧巻のバックバー(ハシゴに上って瓶をとる)、金曜の夜と言うのもありますが、ビックリする程のお客さんの数。カウンターにはバーテンダーさんが5人も。
 おそらくかなり人気のある店なんですね。

 1軒目で飲み疲れたため、モヒート一杯で。

 最終日は青森観光です!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太宰の「故郷」へ:(津軽半島:北東北旅行その8)

 11時過ぎには黒石から弘前にとんぼ返り。

 なぜか?と言うと、次の目的地五所川原に向かう弘前発の五能線が11:12を逃すと、約2時間後の13:08までないから!。

2012071420

 ここでもまたディーゼル車の登場。

2012071421

 五所川原に向かう五能線の車窓から景色の8割はリンゴ畑だったな....流石は青森。

2012071422

 お昼には五所川原駅に到着。
 三連休初日で、ここに来て、観光客もそこそこ増えてきたなぁ。
 五所川原も立佞武多が有名だったりと観光したかったんだけど、本当に乗り継ぎのみになっちゃったな。

2012071423

2012071424

 ここで日本最北の民間鉄道会社津軽鉄道に乗り換え。
 流石は最北の民間鉄道だけあって、ローカルっぷりが半端ではない。

2012071425 2012071426

 閉塞方式はタブレットが未だ現役!。
 タブレットの受け渡し、初めて見ましたよ。

2012071427

 駅の時刻表はなんと縦書き漢数字!。しかもバリバリの現役で今年の4月にちゃんと改正されているのだ!。
 ここだけでなく、地元の路線バスのターミナルの時刻表も全て縦書き漢数字でした!。

2012071428

 お昼は五所川原の駅から程近いお店で買った大きな手作りおにぎりとメンチ。
 安いし美味かった!(夫婦二人で600円で済んだ)。

2012071429

 津軽鉄道も秋田内陸縦貫線同様、アテンダントさんが。
 おっ、内陸縦貫に比べてアテンダントさん、若くて美人だな(すいません>内陸縦貫のSさん(^^;)
 3連休だったので、車内もそこそこ混んでおり、アテンダントさんも気合が入ります!。


2012071430

 五所川原から約20分程度、ほとんどの観光客の方が降りる駅が金木駅。

 ここ金木は太宰治の故郷。
 まぁ随分と北の端っこで育ったのね.....。故郷金木を題材とした小説も何冊も出しているので、太宰ファンなら良くご存知でしょうが。

2012071431

 街の中心部にあるのが、太宰治、本名津島修治の生家「斜陽館」。

 太宰治は県下有数の大地主、衆議院議員、貴族院議員を務めた津島源右衛門の息子。
 大富豪も大富豪。

 旧金木町役場や金木郵便局も津島家の敷地内。
 金木銀行の頭取も務めたぐらいで。

2012071432

 とにかくデカい!。
 一階、二階含めて延床面積1300平米!。
2012071433 2012071434

2012071435 2012071436

2012071437

 一階は純和風の土間、板間、座敷、仏壇もあり得ないぐらいに大きかったな。
 二階も和室と洋間。とても1907年に青森の片田舎にできた民家とは思えない。

 戦後地主制度が崩壊し、津島家がこの建物を手放したあとは旅館として使われていたそうで。
 旅館として成立するような家だったと。

2012071438

 もう一軒寄ったのが、「太宰治疎開の家」。

2012071439 2012071440


2012071441 2012071442

 これは太宰治の長兄にあたる文治氏が結婚した際に増築した新座敷で、終戦直前に戦渦を逃れた太宰治一家が1年半にわたり、暮らした家。
 ここで、23作品も執筆したそうです。
 文壇に登場してから太宰が暮らした居宅としては唯一現存しているのがこの家だったりします。

 でも、このお宅、斜陽館からは90m近く離れてます。
 なんと90m曵いてきたそうです!。これは先述した戦後津島家が斜陽館を手放した際に本来は斜陽館とくっついていたこの離れだけを移設して居宅にする為にだそうで。

 金木を後にし、津軽鉄道、五能線で川部まで戻り、今回の旅行の最後の宿泊地、青森に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Pinterest始めました

2012080701

 1年ぐらい前からかな?。

 やたら話題となっていたPinterest

 ようやくですが始めてみました。
 ずっと前から始めようと思ってPinterestにメール送っていたんですが、なかなか招待状が来なくって。
 どうやらスパムメール扱いされていた模様orz。

 まぁ初めてやるSNSはいつもそうですが。

 使いこなし方がさっぱりわかりません。

2012080702

 facebookもそうでしたが、我慢して少しやって、フォロワーさんとの繋がりを密にしていかないと面白さもよくわからないんだろうな。

 ってわけでtwitterやfacebookでお友達な皆様でPinterestやってる方、繋がってやってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑いときこそ(献血91回目)

 暑いときこそ献血者が減るので

 場所もいつもの横浜駅西口献血ルーム

 Aルームで受付して血漿献血。機材はCCS。

 処遇品はミニカップラーメンを。

 100回までラスト9回か......。来年初頭ぐらいには達成可能かな?。
 ケガ、病気とかしないように気をつけないとな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サントリー「白州 森香るハイボールセット」当選!

 またもやサントリーさんからキター!。

2012080501

 サントリー「白州 森香るハイボールセット」!

 当たりました〜!。

 これは4月末から6月末まで応募していたキャンペーンで、白州を飲んでいるところを画像付きでtweetして応募できるもの。

 俺、サントリーのキャンペーン当てるの何回目だろ?。
 まぁ数打つことが重要ですな。

 中に入ってたのは白州10年(350ml)、The Premium Soda From Yamazaki(240ml)、白州森香るハイボールグラス(ロゴ入り、小ちゃめ)1個。

 私の応募はこれですな。

2012080502

 ヨーシ、今のウイスキー飲み終えたらミント買って来て白州ハイボール飲むぞ!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

球場ではなかなか出会えないビールを

 昨日は飲み友達さんから横浜スタジアムのシーズンシートを頂いたので、横浜ー巨人へ。

2012080401

 見やすっ!。
 どっちのファンのでもない自分にとっちゃ本当に特等席でした。
 特に中村ノリの打席を真後ろから拝むことができたのはとっても感動でした。
 
 応援することもないので、とにかく飲むわけで。

2012080402

 1杯目はオリオン!。
 なぜかオリオンの生を出張販売してたんですよ!。迷わず買いました!。

2012080403

 なんとキリン一番搾りフローズン<生>が販売されてたんです。
 場所は内野席裏3階のビクトリーコートってカフェで数量限定で。

 暑い球場ではフローズン生はちょうど良いですな。
 でも750円と言う値段には正直驚きましたが。

2012080404 2012080405

 浜スタのバックネット裏は初めてだったので、今まで気づきませんでしたが、バックネット裏では『DB.スターマン』や『diana』が試合中もファンサービスしているんですね。
 dianaは本当にセクスィーですのう。スワローズのPassionも去年までよりはかなりマシになりましたが、dianaにはどうやっても勝てませんな。

 試合は最近の両チームのチームの順位を象徴しているかのようなワンサイドゲーム。
 折角だからノリのHR見たかったな.....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸時代の町並み、銘酒(黒石:北東北旅行その7)

 4日目。

 早起きして、8時前には弘前駅へ。
 本日の行程は弘南鉄道弘南線に乗って、黒石を目指し、弘前に戻ってきます。
 五能線~五所川原経由で津軽鉄道の金木駅へ。
 もう一回五能線で川部駅まで戻ってきて、奥羽本線で青森駅まで。
 トータル140キロ程度、全て普通列車。

2012071401

 この日の為に買ったのが津軽フリーパス

 今回の行程の全てと弘南鉄道全線、奥羽本線弘前~碇ヶ関、黒石や弘前エリアの弘南バスが全部フリーパスになっていて有効期間2日間で2000円と言う超お買い得周遊きっぷ。しかもいろんな施設で優待あり。
 この日の行程だけでも正規運賃で3390円なんです。 

2012071402

 弘南鉄道の電車は東急の払い下げ電車。

2012071403 2012071404

 流石は豪雪地帯、雪よけはつけられています。ただし、つり革はそのまんまだったり。


2012071405

 車窓からは津軽富士こと岩木山がくっきり。

2012071406

 黒石駅は弘南鉄道弘南線は最後の駅。

2012071407

 駅前に開店前のCOOPはあるものの、それ以外に商店なし、コンビニもナシ。
 弘前でミスド食っておいて、本当に良かった.....。

2012071408

 駅から8分ほどであるのが今回の目的地「小見世通り

2012071409 2012071410

2012071411 2012071412

2012071413

 黒石藩政時代から今に残る木造のアーケード状の通路。
 夏の日照り、冬の積雪から歩行者を守る為です。ここ黒石もかなりの豪雪地帯ですから。
 この町並みがまた絵になるんだ!。通り全部が文化財状態!。
 
 ただ、現地到着が9時前(^^;。
 お店はほとんど開いてませんでしたが、その分観光客も少なく、写真を撮るのにはちょうど良かったな。

2012071414

 そんな早い時間からでもやってたのが酒蔵。
 「菊乃井」ブランドの鳴海醸造店。
 本当は予約が必要だったみたいですが、ちょっと中をのぞこうとしたらお店の方が、「時間があればよろしかったら見学して行ってください」と。

 お店の方が説明付きで、じっくり見学させてもらえました。

2012071415

2012071416 2012071417

2012071418

 昔ならではの木造の造り酒屋。
 しかも現役。とっても立派で素敵な建物でした。
 でも、この冬のココ数年の豪雪でかなり建物もダメージを受けたそうです。

 ちなみに昨年放映された「津軽百年食堂」のロケでも使用されたそうです。
 そんな映画あること、初めて知りましたが。

2012071419

 勿論試飲コーナーもあり、朝から美味しい日本酒頂きました(^^;。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »