« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

Mountain Lionさん、入れてみた

 25日にリリースされたMacOSの最新バージョン、10.8”Mountain Lion”を昨日インストールしてみました。

 2012073001

 日曜の午後でダウンロードは10分はかからず、終了。

 インストールはこのスペックで40分はかかりませんでした。
 SSDと違って、HDDはかなりインストールに時間がかかると、ネット記事にかなり脅されてましたが、「なーんだ。こんなもんか?」程度でした。
 まぁ日曜の午後、高校野球見ながらでしたから、焦ってたわけでもないし。

 印象としては前評判通り、とにかくiOSと近づいた、iOSとの連携に特化したOSだなと。
 もうMac&iOS使いはもうWindows&Androidには浮気出来ないなと。


 で、いろいろ試してみて、気づいたところを。



2012073002

 音声入力はテキスト入力する画面でfnキー2連打(初期状態で)するとこのように表示されて使えるようになります。
 認識精度はiOSとほぼ同程度かな?。



2012073003

 検索もURLも同じフィールドで行えるスマート検索フィールドもSafariでも対応。
 これって、Chromeではいち早く対応してたから、感動はないけど。コレが好きでChrome使っているところあったしね。
 
 あと共有ボタン(四角に矢印)で画面やURLをメッセージ(iMassageですな)やtweetできるように。
 あとcloudボタン(雲ボタン)を使うことにより他の自身のアカウントでログインしている他のMacとタブを共有できるようになりました。
 これもiOS6ではMac〜iOS間でもできるようになるそうで。
 かなり便利になるなぁ。



2012073004

 これも前から話題が出てた通知センター。

 カレンダー、メールが通知されるのは便利だな。まぁGrowl使ってる人は驚きはないかな?。
 自分もtwitterでmentionが通知されるのはCrowyで慣れてるからなぁ.....。通知された部分をクリックするとデフォルトのブラウザから公式のtwitterのサイトの@関連の画面が表示されます。
 通知センターからもtweetが出来るようになったけど、クライアントは違えど、基本的にみんなtwitterの画面って出しっぱですよね?。どこまで必要か?と言われると微妙......。



2012073005

 嬉しい機能としてメモ、リマインダーがMacOSX上で単独のアプリとなり、iCloudを用いてiOSとリアルタイム共有が可能になったこと。
 正直使ってなかったんだよねー>メモ。今までメモはEvernoteで全て管理してたからなぁ。

 これで更にウェブブラウザからも見られるようになれば完璧なのに。
 ついでに言うとフォトストリームもね(会社のPCがWinXPなもんで)。

 ユニークな機能としてはAirPlayミラーリングにより、Macの画面をAppleTV経由でテレビにミラーリング出来るようになったこと。
 今までUSTREAMやYoutubeのライブはAppleTVが見られなかったのがコレで見られるようになります。
 でもUSTREAMを試したところ全画面にしてもTV側では左上から6割程度の大きさにしかならない.....。
 なんでだろ?何か設定があるのかな?。

 まぁ感動的と言う程までの進化はしてるとは思えないけど、何せ1700円。
 あとiOS6がリリースされればさらに便利になることでしょう。
 あと秋に予定されているfacebookとの連携強化も楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉田まちじゅうビアガーデン!

 昨日のこと。

 って言うか、金曜日の晩から、暑さにやられ、「ビアガーデンに行きたい!」気分でした。

 そんな中、お昼を次いでに行ってみたのが関内駅からほど近い、横浜市中区の吉田町本通り。

2012072801

 昨日は本通りを通行止めにして、「吉田まちじゅうビアガーデン」なるイベントが行われてました。

 通りにはずっと露店が勢揃い。
 みんなご近所のお店が出店。

 吉田町は近年バーの出店が多く、過去にバーだけでイベントが行われていたことも。

 先述しましたIBA ワールドカクテルチャンピオンシップで創作カクテル世界一になった、山田高史氏がオーナーを務められている、Bar Nobleも吉田町にあります。
 今度はbar狙いで吉田町に来ないと.....

2012072802

 だからバーも出店。
 オーセンティックバーのバーテンダーさんが露店でカクテルを作られてます!。


2012072803

2012072804

 美味しそうなモノばかり。これはたまらない!。

2012072805

 前々から気になってた、「BAY BREWING YOKOHAMA」の昨日限定のビール「吉田町GOLD」を頂きました!。

 灼熱の横浜の通りのど真ん中で飲むビールは美味い!。

 あと、全てのお店のお酒も料理もかなりリーズナブル。
 ○クトーバーフェストや恵○寿麦酒祭とかと比べるとの値段の差は歴然!。

 今年はあと8月25日にも行われる予定!。
 かなりオススメ!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弘前カメラ散歩〜弘前ナイト(北東北旅行その6)

 午後からは弘前ねぷた見学。



2012071320

 場所は津軽藩ねぷた村


2012071321

 青森ねぶたとちがって、弘前ねぷたは扇形のねぷたがメイン。人形をかたどったものもあるにはありますが。
 大きさ、迫力。うん、スゴイ。

2012071322

  ねぷたを描く絵師さんは素人ではなく、専門で職業にされている方や、兼業でもプロの様な絵師が毎年書かれており、各々個性があったりします。
 ここでは絵師さんのねぷた見比べることもできます。

2012071323

 この施設では津軽三味線も聴くことが出来ます。
 しかもここに出てくる人は全国大会A級チャンピオンクラスの人々だそうで。



 夜は軽くふらっと入った居酒屋さんで食べたあと、BARに繰り出しました。

 ここで失敗したのが、この日弘前は「弘前バル街」なるイベントが行われていたんです。
 5枚つづり1セット3,500円のチケットを事前に購入し、イベント参加店でチケット1枚でピンチョス付きのワンドリンクが楽しめるそうで。(ここら辺もあとから知った)
 初めての弘前なので、いきなりイベントに参加するのも.....と思い、参加しなかったんですが。
 これがまた大盛況。繁華街はイベントのマップを持ったサラリーマン、OLの皆さんがゾロゾロ。
 安い金額で多くのお店を経験できるので、逆に参加すべきだったな....と。

2012071324


 まず入った店は「Bar Small Batch」(全然紹介サイトがない....)

 弘前市桶屋町5 グランドパレス2号館
 21:00~27:00 日曜定休

 ここも”弘前バル街”参加店で、最初弘前バル参加者と勘違いされてしまい、いきなりこんなおつまみが。(ドリンクはジントニックを注文)
2012071325

 これで”弘前バル街”参加者は実質700円で食べられると。

 結局ウイスキーは飲みませんでしたが、かなり面白いお店。
 バーボンが全ウイスキーの1/3を占め、Ardbegも10年を置かずにBLASDAを置くと言う天邪鬼っぷり。

 理由をバーテンダーさん(二人とも女性!しかも美人!)に聞くと、

 「弘前にもスコッチを置いてある店はかなりあるので、差別化の為に敢えて他の店にはないものを」

 女性バーテンダーにしてこの冒険っぷりはスゴイ!。
 席はカウンターのみ(8席ぐらいかな?)。

 ”弘前バル街”でてんやわんや状態だったので、私達は早めに退散してきましたが、また来てバーテンダーさんとウイスキー談義をしたいなと思うお店でした。
 スコッチ好きであることを話すと、「近所に”弘前バル街”に参加してない、スコッチの在庫が豊富なオーセンティックバーがあるので、よろしければ.....」と別の店を紹介していただく。


 紹介していただいた店は「ROB ROY」(コチラも紹介サイトが全然ない.....)

 弘前市大字親方町42
 0172-35-4293

2012071326

 ”That's オーセンティックバー”なお店。
 物静かなバーテンダーさんお一人で営まれてて、内装も重厚なトラッドな作り。
 カウンター席のみで10席ぐらいだったかな?。

2012071327

 スコッチシングルモルトはオフィシャル、ボトラーズ共に豊富。
 飲んだのはボトラーズのクライヌリッシュとオフィシャルのヘーゼルバーン。

 お通しのナッツをハイペースで食べてたら、バーテンダーさんが「ナッツお好きですか?」と聞くので「はい....」と答えたら、出てきたのがコチラの落花生。

2012071328

 食べた瞬間、口の中に広がる強烈なスモーキーフレーバー!。
 「これは?」とたずねると、

 「ポートエレンのピートで乾燥させた落花生です

ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ポートエレンキタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━!!!!。

 「もうポートエレンも蒸溜所なくなってストックのなくなりつつありますよね......」
 知ってますとも知ってますとも!夫婦二人で大興奮!。

 最後に強烈なモノをご馳走になりました。

 ”弘前バル街”には参加できず、残念でしたが、大満足の弘前ナイトでした!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弘前カメラ散歩(北東北旅行その5)

 3日目。この日は一日弘前観光。

2012071301

 朝食をとった店がベーカリー&カフェSAKI

2012071302

2012071303

 コチラの店は青森が生んだ重量級デザート「気になるリンゴ」を生み出したラグノオが直営しているベーカリー&カフェ。

2012071304

 8時オープンで、コーヒー等を飲みながら焼きたての美味しいパンを。新聞、雑誌も揃っており、地元のお客さんも朝食に来ている様子。ちなみに東北パスポートでリンゴのお菓子「いのち」無料でもらえましたよ。



2012071305

2012071306

 弘前と言ったら弘前城。

 本当は桜の季節に来たかったんですけどね。
 実は去年のGWに来ようと考えたんですよ。そう、東日本大震災の直後。
 ホテル等を調べたんですが、どこも空いておらず断念しました。恐るべし>弘前。


2012071307 2012071308

2012071309 2012071310

2012071311

2012071312 2012071313

 明治以降学都であった弘前は外国人教師が多く招かれ、洋館、教会が多く残っています。
 それに伴いとてもノスタルジックな洋館も。


2012071314

2012071315

 旧弘前市立図書館は一度民間人の手に渡ってさらに市が買い取ったもの。ちょっとビックリ。


 弘前は「カフェとフランス料理の街」
 行ってから知ったんですが(^^;。

2012071316

 ランチをとったのが、レストラン山崎
 弘前のフレンチのパイオニアだそうです。

2012071317

2012071318 2012071319

 スープ、メインディッシュ、デザートで1600円だったかな?。
 美味しかったです。まぁことフレンチのランチでこの値段なら仕方ないかな?と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MY FIRST AOMORI(弘前:北東北旅行その4)

 2日目の夕刻、いよいよ青森県へ。

 東北6県で唯一来たことがなかったのが青森県でした。
 今回の旅行もとにかく青森に来たかったってのがあります。

2012071221

 降り立ったのは弘前。

2012071222

 弘前と言えばりんごの街。とりかくりんごだらけ。

 今宵の宿にまずはチェックイン。
 地方都市への旅行の際、お決まりになりつつあるのがドーミーイン

2012071223

 大浴場ある(しかもココは温泉)、部屋キレイで大きめってのがとにかくお気に入り。
 夜、小腹が空いて帰って来ても、小盛りのラーメンが無料で食べられたり、朝食無しプランでも朝はコーヒー飲めたりとサービス満点。
 弘前のドーミーインはリンゴジュースが飲めたり、駅から送迎タクシーが無料で使えたりなんてサービスがありました。
 そう言えば、CSはなぜかフジテレビONE、TWOだけ見られました。しかも無料で。ちょうどスワローズは神宮でしたので、見ることが出来ました。

 今回は2泊します。そうすれば洗濯もしやすいし。


 早速、晩ごはん。


2012071224

 訪問したお店は「しまや」さん。

 太田和彦氏の「日本百名居酒屋」、最新版「居酒屋美酒覧」にも出た弘前の郷土料理の名店。
 裏通りの住宅街にあり、お店も気づき辛く、自分もiPhoneのマップ見ながら行ったのに見事に一度通りすぎました(笑)。

2012071225

 こじんまりとしたお店。おそらくメニューなし(”本日のオススメ”以外どこ探してもなかった)。
 カウンターに美味しそうなお惣菜がどっさり。

2012071226 2012071227

 女将さんと話していると、いろいろ酒の肴が出てくる。どれもこれも美味しい!。
 どこまで、お金取られて、どこまでサービスだったかさっぱりワカラン(^_^;)。まぁ良心的な値段だったからいいけどね。

 マグロも美味しかったし、弘前の郷土料理もね。あと弘前の名酒「豊盃」これが美味い!。
 常連さんや女将さんとの話も面白かったな。質の高い居酒屋さんには質の高い常連さんが集まるのです。
 弘前大学病院の近くなので、病院の先生がよくいらっしゃるそうです。

 翌日は丸一日弘前。カメラ散歩です!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あと10回(献血90回目)

 またもキッチリ2週間献血です。最近、ずっと2週間おきだな。

 場所もいつもの横浜駅西口献血ルーム

 Aルームで受付して血漿献血。機材はCCS。

 処遇品はレトルトカレーしかなかったので、それを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海上技術安全研究所一般公開

 今日はこんなところへ。

2012072201

 独立行政法人 海上技術安全研究所

 その名の通り、日本の海事・海洋分野の中核的研究開発機関です。年に2度の一般公開が本日あり、訪問しました。

 随分前ですが、コチラの研究所にてタモリ倶楽部がロケを敢行。「MITAKA-SEA」と名付け、タモリさん達が研究所の施設で楽しむと言う企画でした。
 「自分も楽しみたい!」ってわけで。

2012072202

 海事部門では巨大な船舶シュミレーター。
 東京湾から房総半島まではデータが作成されており、天候にあわせ、画面も変わり、潮の状況に合わせシミュレーターも動作が変化するスグレモノ。

2012072203

2012072204
 深さ8メートル、長さ400メートルの超巨大水槽では、船が水の上を進む時の波を曳航台車上から観察。
 実際に乗せてもらうことが出来ました。

2012072205

 直径16メートルの円形水槽では128枚の造波装置を使って様々な波を作り、水が生き物のように動きます。
 動画撮って来ました!。

 さらにこの水槽は深さ30mもあり、ギネスブックに登録されているそうです。

 かなり面白かった!。
 春と夏に公開されています。三鷹と仙川の間にありますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

”秋田の自然”満喫鉄道(北東北旅行その3)

 2日目。

2012071201

 実は旅館の送迎バスの時間を間違えたり、スケジュールを勘違いしたりとかなりグダグダな一日に。
 しかも大雨.......。
 
 まずは角館駅に戻ります。

 おっと、話すのを忘れてました。

2012071202

 今、東北6県では東北観光博なるイベントが開催中(2013年3月末まで)。
 各県の主要駅にある旅サロンで申し込むともらえる東北パスポートを使うと有料施設で割引があったり、飲食店でプレゼントがもらえたり、スタンプを集めると抽選でプレゼントがもらえたり、良いことたっぷり!。
 東北に旅行に行かれる方、是非とも東北パスポートをgetしてください!。



2012071203 2012071204

 角館からは秋田内陸縦貫鉄道に乗ります。
 秋田の内陸、角館と鷹巣を結ぶ94.5キロを1時間40分かけて走るのんびりローカル鉄道。
 途中駅に大きな街は全くなく、非常に苦しい経営強いられている三セク鉄道です。

 角館 - 松葉間と鷹巣 - 阿仁合はもともと国鉄だった路線で、角館や鷹巣ではJR線と同じ敷地内にホームがあります。

2012071205

 ですんで、角館では秋田新幹線とのこんなショットも。


 通勤通学だけでは限界があるので、観光に力を入れてる内陸線。


2012071206

 乗務するのは運転手さんとなんとアテンダントさん。

 観光案内は勿論、お土産や食べ物、飲み物の販売まで(1両編成なのに)。
 せっかくなので、買いました。

2012071207


 チーズ饅頭「笑内(おかしない)」

 笑内とは内陸線に実在する駅の名前です。
 iPhoneで撮影したら、見事に顔認識してくれました(笑)。




2012071208

 途中下車したのは阿仁マタギ駅

 「マタギって何よ?」と言うとクマなどの大型獣を捕獲する技術と組織をもち、狩猟を生業としてきた人たちのこと。
 そのマタギの集落がこの近くにありました。

2012071209

 で、向かった先は打当温泉マタギの湯
 実はもともと一泊目はここに泊まろうと思ってたんですが、なんと団体さん貸し切りで泊まれず....。


2012071210 2012071211

 平日の昼間とあって、お客さん少なかったな....。
 温泉良かったです!。
 のんびりお風呂に入らせて頂きました。

2012071212

 お昼は折角なので、熊鍋を頂きました。
 独特の獣風味のお肉でしたが、あまり臭みもなく、美味しく頂きましたよ。

2012071213

 あとがどぶろくです。
 阿仁地方は秋田県で最初に国からどぶろく作りの許可を得たどぶろく特区で、いろいろな賞もとってるそうで。
 これも美味しく頂いたけど、飲み慣れてないせいか、結構酔いが残りました。

2012071214


 この施設の中にはマタギ資料館もあり、マタギについての歴史、習わし、熊をしとめる方法等々が紹介されてました。
 マタギの最中しか使わない言葉があったり、「山の神」女性でしかもブスでヤキモチやきとか(笑)。


2012071215 2012071216

 再度、阿仁マタギ駅に戻り(送迎バスあり)、そこから終点の鷹巣まで。

 角館〜鷹巣間には秋田らしく田んぼだらけ。

2012071217

2012071218

 数カ所に内陸線から見える様に田んぼアートが数カ所にあります。

 田んぼアートの場所はアテンダントさんからガイドがもらえるし、近づくと撮影用に運転手さんがスピードダウンしてくれます。

2012071219

 鷹巣から大館まで奥羽本線の普通電車に乗車。
 内陸線がのんびりディーゼルだっただけに、電車の奥羽本線がとっても速く感じること!。

2012071220

 大館から特急つがるに乗り、初上陸の青森県、弘前に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コバルトブルーの渓流、そして小京都(北東北旅行その2)

2012071112


 田沢湖から車を走らせ、着いたのが次の目的地、抱返り渓谷

2012071113

2012071114 2012071115


 ”東北の耶馬渓”と称され、両岸の原生林と独特の青い渓流のコントラストがとっても神秘的。

2012071116

2012071117

2012071118

 天気はピーカンだったし、原生林の緑と渓流の青が映えに映えた!。
 昨年の大雨の影響で、現在は途中の回顧の滝までのコースに制限されてますが、それでも1時間コース。

 でも他の渓谷と異なり、アップダウンがとても少なく、渓谷初心者の方でも気軽に来ることが出来ます。
 新緑や紅葉のシーズンに来たら本当にキレイだろうな。


 抱返り渓谷が程近くにあるのが、みちのくの小京都、角館。

 「よーし!写真撮るぞ!」と意気込んで散策をしたんですが、

2012071119

 なーんか、イマイチしっくりこないんですよ。
 ガイドではこの町並みの写真が多用されますが、正直この風景が一番風情があるんです。

2012071120

2012071121 2012071122

2012071123

2012071124


 一つ一つの武家屋敷も大して大きくなく、(有料の)大きなお屋敷でも中をずいぶんと改装して、資料館にしたり、喫茶店にしたり、物販ブースにしたりと。

 なんでなかなか写真映えしてくれない。
 もちろん、その中でも撮ってて面白いところもあるんですが。

 田沢湖、抱返り渓谷で時間が押しまくり、2時間程度の滞在時間しかなく、「こりゃ明日も来ることになるかな?」と心配していたんですが、正直2時間ちょいの滞在時間で十分だったかな?と。

 実は事前の宿予約の段階で、角館の宿がやたら少なく、「有名な街なのになんでこんなに宿が少ないの?」と不思議だったんですが、謎が解けました。
 1泊2日で来る街じゃなかったんです。
 まぁ秋田市もそれほど遠くないし、近くには大曲、乳頭温泉、田沢湖など宿はそれなりにあるんですよね。


2012071125

 で、そんな中、意地で見つけた宿がこの日のお宿、角館温泉「花葉館」

 実は角館の中心部のお宿はどこも大浴場がない。
 「旅先まで行って、せまいユニットバスには入りたくない」ってのが旅行の際の我が家の信条でして、大浴場がある角館の宿がココしかなかったんです(角館駅から無料送迎バスで約20分)。

 正直、行くまでかなり心配だったんです。
 公式サイトらしい公式サイトもなく、情報は旅行会社の口コミサイトぐらいで。

 結果「当たり」でした。

2012071126

2012071127


 旅館としては部屋も平均レベル。
 食事も郷土料理のコースで、文句ナシ(生ビールはサッポロ)。酒のアテに持って来いな料理が多かったような......まぁお酒を飲まなくても十分満足できると思います。


2012071128

 お風呂は今時の(平均的な地方の)日帰り温泉をイメージしてくれれば。立派な露天風呂もあります。
 確か夜は23時まで、朝は5時から入浴可能だったかな?。ちゃんと源泉掛け流し。
 どうせ宿の周りには何もないので、23時に風呂が閉まっても問題ナシです。
 男性用化粧品はヘアリキッド / ヘアトニック / ローションのお決まりのもの。有償で髭剃りセットもありました。
 宿に泊まれば勿論タオル/髭剃り/バスタオル/浴衣/歯ミガキもあります。

 流石に部屋にはLANは来てませんが、フロントに行けば常備されてるPCでWeb閲覧ぐらいはさせてもらえそうでした。

 スタッフは男性がやたら多いですが、親切そのもの。

 そう言えば、翌朝バスを待ってたら、社長さんっぽい方が

 「よろしかったらどーぞ!。私も飲みますんで!」

 ”1杯100円”って書いてあるコーヒー奢ってくれたな......。普通に美味しかったな。

 
 但し、この宿、一つだけ問題点が。

 ソフトバンクは全く電波が入りません。

2012071129

 左上がヨメのソフトバンクのiPhone4はバッチリ圏外、右上が私のKDDIのiPhone4Sは2Gで4本(レストランでは3Gでアンテナ4本になりました)、下が私のドコモのガラケーが2本。

 角館と秋田市を結ぶ国道沿いなんですけどね。
 まぁこりゃ、ソフトバンク側の問題っちゃ問題ですが、宿側もソフトバンクに文句言いなさいよ!とも思いますが。

 これで二人で泊まって16000円ですから、満足です。

 翌日は秋田の内陸を縦貫します!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いざ秋田へ(北東北旅行その1)

 早めの夏休みを取得し、北東北に旅行に行って参りました。

 当初は四国、広島、九州とか候補が挙がってたんですが、一番電力不足の影響のなさそうなところ...とその中でも今まで行ったことがないところで、北東北に決まりました。
 雨のことを考えたらこの判断は正しかった訳ですが。

 しかも4泊5日と今まで国内旅行では一番の長丁場旅行になりました。

 2012071101

 横浜を6時過ぎに出発。東京から、まずはこまち13号に乗り、田沢湖へ。初”こまち”だったりします。
 コレに乗れば10時前には田沢湖に着くことができるんですね。

2012071102


 田沢湖駅は秋田新幹線開業と同時にオープンした新しい駅舎。
 ガラスと木の組み合わせのとってもきれいな駅舎です。

2012071103

 ここから駅レンタカーを借りて、まずは田沢湖へ。

2012071104

 車に乗ると、こんな心遣いが。

2012071105 2012071106


 田沢湖は最大深度は423.4mで日本でも最も深い湖。
 砂浜もあり、海水浴場ならぬ湖水浴場があるとっても珍しい湖ですな。

 湖畔のおみやげ物屋さんでは秋田犬の見学が無料で。
 国の天然記念物で、忠犬ハチ公でも有名な犬種。

2012071107 2012071108

2012071109

 こちらでは4歳の「ゴン」「ハチ」、まだ1歳8ヶ月の「ナナ」三匹が飼われています。
 
 大型犬の秋田犬ですが、特にメスの「ハチ」「ナナ」がカワイイ!。

2012071110

 「ハチ」は犬舎にいるときはずっとこのスタイル。こうしているのが好きなんでしょうね。

 ちょうど訪問した時におトイレタイムで三匹共に犬舎から出てきました。

2012071111

 同時に出てきた「ゴン」「ハチ」はずっとこの通り、じゃれまくり。
 仲が良いこと良いこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2週間キッチリで(献血89回目)

 キッチリ2週間献血です。

 場所もいつもの横浜駅西口献血ルーム


 Aルームで受付して血小板献血。機材はCCS。

 冷房が効いていたせいか?献血中に寒気が。
 途中で採血ペースが落ち、横になり、毛布をかぶって応急処置。
 それでも採血前と採血直後で最高血圧が20近く落ちちゃったんで、採血後に採血ベッドで休憩を。
 こんな状態になるの珍しいんですがね。

 処遇品はポイントも貯まったので、レトルトカレー2セットで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

97歳の好奇心ガール(「恒子の昭和」出版記念写真展 )

 昨日、またも写真展へ......

 場所は目黒。大鳥神社のすぐ近く。

 恒子の昭和出版記念写真展

2012070701

 生き方本『好奇心ガール、いま97歳』で一躍脚光を浴びた、97歳で今も現役の日本初の女性報道写真家、笹本恒子さんの写真展。

 戦中、戦後を駆け抜けた昭和のキーパーソン達を女性ならでは感性で切り取った写真が一堂に。

 見ててうっとりする写真ではないが、全てを失った戦後から這い上がって行く人たちの力強い目は心に突き刺さるものがありますね。

 しっかし、来場者の平均年齢高かった......うちの両親より上だもんなぁ......。
 写真展、今日までです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生、新しい周回のスタート

2012070601


 この年になると、わざわざ言うほどのことでもないか?とは思いますが、Facebookなどでメッセージを頂くと、「今年も誕生日が来たかぁ~」って思いますね。

 上のバナーはmixiさんのを貼ってますが、去年と替わらないのね。
 そのくらい替えればいいのにぃ.....って思うが。

 お祝いメッセージありがとうございます。

 まとめてではありますが、御礼申し上げます。
 これからも末永く遊んでやってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧国鉄万世橋駅、商業施設として復活

 ちょっぴり嬉しいニュースだったので。

 
 旧国鉄万世橋駅、商業施設に…ホームにカフェも:読売新聞

 秋葉原から程近く、「交通博物館跡地」と言えば東京近郊にお住まいの方なら誰でも分かるあの場所に国鉄万世橋駅がありました。

2012070407


 1912年の開業当時は中央本線の起点だったこともあり、ターミナル駅としてとても栄えた駅だったそうで。
 (初代駅舎を設計したのは東京駅丸の内口と同じ辰野金吾氏)

 それが開業7年で中央本線は東京駅まで延伸し、ターミナル駅としての役目を終え、近隣の駅に客が流れ、乗客数は減少。1943年には営業休止(実質の廃止)された駅です。
 晩年の1936年に東京駅から鉄道博物館が万世橋に移転。これが2006年まで営業していた後の交通博物館。
 旧鉄道博物館の開業と万世橋駅の営業が重なっていた影響もあってか?交通博物館は万世橋駅の遺構が数多く残されていました。

2012070401 2012070402

2012070403_2

2012070404

2012070405

2012070406

 このBLOGでも紹介しましたが、2006年の交通博物館閉館時に特別公開された万世橋の遺構がコチラ。

 交通博物館は閉館になり、敷地内の建屋は中央線高架下を除きほぼ全部解体され、オフィスビルが建てられる計画だったので、遺構の再公開はもう二度とないとは思ってたんですよね。

2012070408

 それが来夏、高架下の階段や旧ホームの遺構を整備し再公開することが決定。
 高架下部分も遺構と一体化した商業施設、神田川の親水デッキの設置が設置されることに。
 旧ホーム上にカフェもできるそうな?。

 これはJR東日本さん、とっても粋な計らいを!。
 ノリは横浜赤レンガ倉庫チックになるのかな?。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

柔らかな主張(本日のウイスキー:6/29)

 金曜の夜、X10で試し撮りをしたあと、そのまま某Barへ。

 サントリーさん話題の一本を口開けで頂きました。

白州へビリーピーテッド2012 48%

2012070101

 白州へビリーピーテッドは確か2年前にも発売されましたよね。

 "HEAVILY"なんて名前がついてますが、アイラまでのキツさはなく、サントリーのシングルモルトの持ち味である華やかさと繊細さをしっかり持った香り。
 そしてピートの持ち味のスパイシーさが柔らかに主張するモルト。
 スモーキーな余韻も続きます。

 名前で抵抗あるアイラ嫌いな方も結構イケるんじゃないのかな?。

 一口一口をゆっくりまったり飲みたい一杯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »