« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

サブ用コンデジ購入(本日のお買い物:6/28)

 6年以上使い続けたD50はこの秋に出ると噂されるD400で買い換えの方向でいるわけだが。

 どうにしてもD50に比べりゃデカくなるのは必至。

 さらに最近祖母の葬儀があったり、仕事で急に写真を撮ることがあったりと、その時に「ふらっと持ち運べるカメラが欲しいな」と1ヶ月以上前から思い続けてたんです。
 ぶっちゃけ毎日通勤カバンに入れておけるような。で、D50の代わりに持って行って不満がない程度のそれなりの性能を持ってるものを


 最初に考えたのがNikon1 J1

2012063001

 3万円を下回る金額で発売されていたので、正直ポチる寸前までいったんですよ。

 でもいろいろ触っていると、不満点がいろいろ。
 まずは操作性。そのほとんどがメニューの中、ミラーレスなのに。
 ヨドバシでも販売員さんに「操作性はコンデジの派生と思った方がいい」とまで言われ。
 で、さらに標準ズームレンズだと結構な奥行きになること。通勤カバン等に入れることを考えると幅や高さはそれほど気にならないが、奥行きがかなり気になる。
 普段使いを考えると単焦点よりはズームレンズの方が便利だし。
 あとボディのチャチさも。まぁそこはV1買えば良いんですが。それにしても奥行きと操作性はどうにもならない。

 で、いろいろ考えてると今まで全然検討してなかった高級コンデジに目を向けることに。

 候補になったのが、オリンパスXZ-1富士フイルムX10、そして発売されたてのソニーDSC-RX100

 この三台で悩んだんですよ。

 お店ではなく、もっとじっくり見たいと、先週銀座ソニービルと六本木フジフイルムスクエア行ったぐらいだし。

 かなーり悩んだ挙げ句、買ったのはコレでした。


 FUJIFILM X10

2012063002

 一番の決め手は一眼レフにも負けない操作性でした。

2012063003


 (絞り優先AE、AF-Sで)絞り、WB、AFエリア、マクロ設定、露出補正、ISOなど、大部分の設定はボタンorダイヤル一つで出すことが出来る。撮影の際はほとんどメニューを触ることがありませんでした。

 マニュアルズームも一眼レフに慣れてる人にはとっても嬉しい機能。
 以前持ってたコンデジ(まぁ今もXacti持ってますが)は電動ズームでしたが、静止画メインで撮ろうとするとマニュアルズームの方がストレスがたまらない。
 ホールド性もコンデジの中では一つ頭越えてるからこれもストレスにならない。


 あとはこのカメラを持つこと、撮ることの楽しさでしょう。
 これは正直XZ-1やRX100にはなかった。

 あとレンジファインダーにも憧れがあったな。まぁライカ買う程お金ないですが。
 まぁX100やX-Pro1と違いレンジファインダー内に一切情報表示がないと言うのは残念ですが、これも味かな?と。

2012063004

 仕事のときや普段使いの時も持ち歩くつもりなので、ネックストラップではなく、ハンドストラップにしました。ネットショッピングで買った天然皮革のものを。
 うん、カッコつきます。
 あとレリーズが昔懐かしいネジ式なので、レリーズボタンをまたどっかで気に入ったのを買おうかな?と思っているところ。

 昨夜、会社帰りに試し撮りをして来ました。

2012063005

2012063006


2012063007


2012063008


2012063009

 撮る対象等にもよりますが、ISO1600まではまず常用範囲ですね。
 やっぱりレンズの明るさが際立つわ〜!。

 まぁ機能を全て理解してないですが、とりあえず1〜2時間程度で「この機能はどこだっけ?」と迷うことはほとんどなくなりました。

 あとはEye-FiFlashAirを買いたいと思っているところ。
 D50ではSDHCに対応してなかったから、使えなかったのよね.....。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミニラーメンが復活(献血88回目)

 キッチリ2週間で献血とは行かなかったが、1ヶ月開けずに献血です。

 場所もいつもの横浜駅西口献血ルーム

2012062401

 今日はBルームが諸事情で閉鎖。
 Aルームで受付して血漿献血。機材はCCS。

 流石に混んでました。1時間は待たなかったものの、結構待たされました。

 処遇品はミニカップラーメンが復活!。待ってました!。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

またも写真展

 昨日は2週連続で写真展へ。

 まずは品川。

ナショナル ジオグラフィック写真展

〜50グレイテスト フォトグラフ〜

2012062301_2

 地理学、人類学、自然・環境学、ポピュラーサイエンス、歴史、文化、最新事象、写真などの記事を掲載している、ナショナル ジオグラフィックの誌面を飾った膨大な数の写真の中からベストの50作品を掲載。

2012062302

 非常に有名な一枚、「アフガニスタンの少女」。
 
 彼女の瞳だけで全てを感じ取れる強烈な一枚。
 これが撮影されたのが1984年の12月。
 使用フィルムが2009年に生産を打ち切った「コダクローム」であるのも時代を感じます。

 それから28年、ほとんど変わってないアフガン。
 「なんとかならなんのか!?」って思います。


 2012062303_2

 それから銀座ソニービル経由でFUJIFILM SQUAREへ。

 写真展そのものが目的じゃなかったんですが。

 第85回 日本写真会展覧会


 資生堂初代会長で資生堂のシンボルマーク「花椿」のデザイナーである福原信三氏が創設した日本最古参の写真愛好家団体、日本写真会の写真展。

 戦前の写真から、現会員の至極の作品まで。
 写真を撮ることにさらにムズムズさせてくれる素晴らしい作品が揃っていました。

 実はコンデジ買いたくてね....。もちろんD400出たらそれはそれで買う気なんですがね....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界報道写真展2012

 昨日は新宿まで用があったので、その前に寄り道で、東京都写真美術館へ。

 実は行くのは初めてでした。

 お目当ては

世界報道写真展2012

2012061701

 2011年に撮影された10万1254点の中から選ばれた、計57人の写真家の作品を展示。

 昨年は多くの命が失われた年でした。
 最高峰の報道カメラマン達は2011年をどうフレームに納めたか?を見たくて。

 どの写真も強烈なメッセージを見る側に与えるものばかりでした。

 どんなに悲惨な状況下でも世界に伝える為に残酷なまでにシャッターを切るカメラマン。
 写真撮るのは好きだけど、報道カメラマンはできないな....あそこまで心を鬼にできないよ。

 ちなみに来週からナショナル ジオグラフィックの写真展が品川駅港南口でやるみたいなので、行ってみようかな?と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっとiCloudに切替

 WWDC基調講演開始数時間前(月曜日の夜)の話ですが。

 いよいよmobileMeが今月一杯で終了ってことで、やっとやっとではございますが、

2012061601

 iCloudへの移行が完了しました。

 OSX LionのmobileMeの設定画面は

2012061602


 こんな感じになるのね。

 一番心配していた会社のPC(Windows XP SP3、公式ではサポート外)からWebブラウザからカレンダーやコンタクト、mailの操作が出来るか?って問題ですが。


2012061603


 この通り表示できました。
 1週間弱操作しましたが、問題はなさそうです。

 まぁ感想ですが、フォトストリームは便利だなーとは思うけど、年間9800円のサービスから無料のサービスになり、機能は激減しちゃってるんだよね。
 フォトストリームもiPhotoだけでなく、webブラウザからiCloudにアクセスして見られると便利なのになーと思いました。何とかならんかな?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界最強ピーティー(本日のウイスキー:6/13)

 会社からの帰り道にあるけど一度も行ったことのないBarに初訪問。

 何軒もBarには行ってますが、初訪問はやはり緊張するものです。
 それがまた、心地よかったりするんですが。

 店長さんも人柄も良く、また良いBarを見つけました。

 で、そこで飲んだシングルモルトを

Bruichladdich Octmore4_167 62.5%

2012061301

 フェノール値167ppmと世界で最もピーティーなシングルモルト。
 さぞかし強烈なフレーバーを持つウイスキーかと思いきや、勿論ピーティーではあるものの、そのピートに嫌みがなく、とても甘く華やかなフレーバー。後味もいい感じで続いてくれます。
 良い意味で裏切られたシングルモルト。
 結構気に入りました。

 日本には360本のみ。そのうち2本をこの店で仕入れたとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WWDC基調講演終了

 2時間位前にWWDCの基調講演が終了。

 一般ウケはしなくてもMacユーザーはかなりビックリした内容だったのでは?と。

2012061201

 今回最大の目玉だったでしょう>MacBook Pro Retinaディスプレイモデル

 2800x1800と言う脅威の高精細画面!。
 何せ自分が今使ってるiMac27インチモデルより高画素なんだもん(2560x1440)。

 Finalcut Proもバージョンアップするとプレビュー画面でもフルハイビジョンと言う始末。
 さらに薄さ1.8センチ、MAX768GBのSSD、もうコレはどこもPCメーカーも太刀打ちできん.....。
 しかも今日から発売開始、オプションギッシリでも321,801円とスペック考えれば十分な納得が行く金額ですな。

2012061202_2

 OSX Mountain Lionは噂通りのiOSにかなり近づいた仕様。
 新たに発表された内容としては

 音声入力機能

 スリープ状態でもソフトウェアアップデートやiCloudのデータをアップデートしてくれる「Power Nap」

 FacebookやTwitterをOSレベルでサポート。

 すべてのアプリケーションに「共有ボタン」が付き、iCloud等への共有が簡単に>コレ便利。

 MacもApple TVでAirPlayが可能。

 しかも7月発売開始、1900円。


2012061203

 iOS6は9月リリース。つまりiPhone5も9月以降ってことですな。

 Siriが機能拡張。スポーツの結果詳細情報、レストラン、映画等のガイドに対応。自動車メーカー各社との連携も。ただしここら辺が日本語にどこまで対応するか?は微妙なところ。

 SiriがiPadにも対応(最新モデルだけだろうが)。

 FacebookがOSレベルでサポート。
 FacebookイベントがiOSのカレンダーに表示されたり、アドレス帳と連携>コレ便利。

 電話もアップデート。留守電、不在着信にテキストメッセージでの返信や、コールバックするリマインダーも設定可能に。

 3GでFaceTimeが可能に(WI-FIでなくても可能に)

 メールアプリの新機能。特定の人からのメールを通知に表示したりする「VIPメールボックス」

 Mapは噂通りGoogle Mapと決別。
 Appleが自前で地図を作成。ワールドワイドな努力をして対応。トラフィック情報や、ナビも対応。さらに主要都市をバードビューチックに空から眺められる「Flyover」という機能も追加。(ニューヨークとシドニーは間違いなく対応)

 新アプリ「Passbook」は映画のチケットやスポーツ、飛行機のチケット、iPhoneで代用可能に。現地にいけばGPSで感知してQRコードが記載されたチケットが表示される。これも日本でどこまで対応するか?はわからんが。

 mapがどこまで使い勝手変わるか?が気になるところ。
 あとfacebookの使用頻度がかなり上がってるので、facebookの親和性がかなり気になりますね。


 MacBook AirがUSB3.0に対応し、リニューアル。
 あと基調講演では触れられなかったものの、AirMac Expressがリニューアル。MacProもCPUのみスペックアップ。
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

コメ復活(献血87回目)

 キッチリ2週間で献血に。ヨシヨシ、ペースあがってきたぞ。

 場所もいつもの横浜駅西口献血ルーム

 Aルームで受付して、Bルームで血小板献血。

 最初Trimaでの採血を勧められるが「過去に寒気が起きたことがあるんで」と丁重にお断り。

2012060301

 処遇品は一時なくなっていたお米が復活。
 萌え米じゃないけど。
 お米は絶対に使うから便利だよね。
 あとはミニカップラーメンが復活してくれれば文句ナシ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »