« Evernoteにも手を出した! | トップページ | 「できる」本初購入 »

初の妙高高原へ

 金、土曜日と夫婦でスキーへ。

 今回行ってきたのは生涯初の妙高エリア。赤倉温泉赤倉観光

 とにかく天気に悩まされたのよ。天気に。

2010030501

  ついた直後(9:30)がこんな感じ。
  快晴、って言うかあまりに暑い。汗びっしょりでした。

2010030502

 その約1時間後。

 もうかなり天気が怪しいです。
 さっきとはえらい違いです。


2010030503 これがお昼過ぎ。

 もう真っ白ケッケ。
 視界50メートルぐらいかな?。

 正直ちょっと早いカービングターンは怖くて前々無理。

 初日はかなり早々に退散。
 二日目の昨日も霧は多少よくなったので、朝から15時頃までは滑ってましたが、今度は雨。
 当然雪はボロボロ。妙高まで来たのに......。


2010030504 泊まった宿は「ホテル金甚」さん。

 ここの宿はかつて基礎スキー全盛期の全日本デモンストレーターであった金子裕之さんのお宿。

 金子さんがデモとして大活躍されていたころ、ちょうど月刊Skierの愛読者で、スキー場にも一番通っていました。

 今回も「赤倉行くなら、折角なら金子デモの宿に泊まってみよう」って思って予約しました。格安のプランもあったし。

 酷い霧で、ヘトヘトになって宿に戻ると、金子浩之さんご本人がお出迎え。

 ラウンジでコーヒーをごちそうになりながら1時間近くも金子さんと雑談。
 90年代のスキー業界の話、そしてトリノ、バンクーバー五輪の話。基礎スキー界だけでなく、アルペン、フリースタイル、そしてスノーボードの話まで。
 アルペンチームのヘッドコーチである児玉修さんとバンクーバーの後で話したことや、中学生時代のショーンホワイトの話。
 「SKI NOW」大全盛期の頃の話は盛り上がった〜!coldsweats01
 「あの頃は本当に凄かった!ウェアも道具も高かったけど、それだけ手を混んだものが作れて、それが売れたんだよね〜!」

 あっ、「SKI NOW」を知らない方は、こちら参照

 とっても面白い話を聞くことが出来ました。



2010030505 翌朝、金子さんとのツーショット写真をお願いすると、慶んで受けてくれました。

 2日目の帰り際にお風呂で再度お会いしたとき「この二日間、本当に残念でしたね〜!。ずっと悪天候でしたもんね。今年はガス多いんですよ!」と慰めてくれました。

 このことがちょこっとご本人のダイアリーに書いてあったりします。


 施設はちょいレトロですが、お風呂もよかったし、食事も(種類が少ないプランなのに)体育会系最重視のボリュームたっぷりでよかったですよ。
 学生が行くならとっても最高なんじゃないのかな?。
 スキー雑誌関係者や金子浩之さんの教え子なども泊まっており、常連さん多いんだろうなぁ。



2010030506 コンディションはボロボロでしたが、コースもとっても気に入ったな。特に赤倉観光の方。
 
 食事も(特に赤倉観光)かなり力入ってましたよ。
 麓のレストランなんて、カフェバー風で、MTV見ながらイタリアンだもの。
 しかもとっても美味しかったし。
 どこかのチェーンホテル系の○リエスカレストランも見習ってほしいものだ。

 コンディションが良いときにもう一回来たいな。
 全然気持ちよく滑れなかったんだもの。


|

« Evernoteにも手を出した! | トップページ | 「できる」本初購入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30343/47746249

この記事へのトラックバック一覧です: 初の妙高高原へ:

« Evernoteにも手を出した! | トップページ | 「できる」本初購入 »