« 英滞在者からの献血、制限緩和 | トップページ | で、iPadですが »

Power Mac G5が戻ってきた......が!

 修理に出したPower Mac G5が驚くべきスピードで、今夜修理を完了し、帰ってきました。

2010012901

 で、気になったのが、「どこが壊れてたか?」

 修理内容を見たところ。
 (我が家のPower Mac G5はデュアルCPUの2.0GHzです)

 まずは

 「ロジックボードの故障により、電源を入れても電源ランプが3回点滅し、画面が真っ暗なまま起動できない症状を確認しましたので、ロジックボードを交換致しました。」

 おそらくそうだろうと思ってました。予想通りです。

 が、そのあとも修理内容が続きます。

 「また、プロセッサ(上)の故障により起動時のカーネルパニックが発生する症状を確認致しましたので、プロセッサ(上)を交換致しました」

 えっ!プロセッサ(CPU)も壊れてたの?。そうですかそうですか。確かにメモリトラブルが一度収まったときもカーネルパニック起こしたもんなぁ。
 で、さらに続く。

 「その他、テストツールにてプロセッサ(下)のエラーを確認致しましたので、プロセッサ(下)を交換致しました」

 ゲッ!、さらに下のプロセッサまで!。
 結局ロジックボードとCPU二つとも。このPower Mac G5の中枢部まるまるじゃないの。
 これを一律料金51,450円で直してくれたのは感謝だな。

 今まで積んでいたメモリもちゃんと認識し、外付けHDDを今度はバックアップディスクとして(Time Machine)、認識させて随時バックアップを取るようにさせました。これで安全だな。

|

« 英滞在者からの献血、制限緩和 | トップページ | で、iPadですが »

コメント

はじめまして。私のMacも現在全く同じ状況で、死んでいます。。。
修理見積もりで「10万」なんて金額だったので、修理するかどうか思案中です。
51,450円ってのは安いですねー。

どちらで修理されたんですか?

是非、教えてください!

投稿: アカ | 2010/04/07 22:39

>アカさん

 普通にAppleに頼んじゃいましたよ。
 Appleなら修理代は一律の筈なので、極端に変わらない筈なんですが......。

投稿: jaydash | 2010/04/08 07:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30343/47416708

この記事へのトラックバック一覧です: Power Mac G5が戻ってきた......が!:

« 英滞在者からの献血、制限緩和 | トップページ | で、iPadですが »