« ミスドのプレミアム版?(andonand) | トップページ | 初日に年貢納め »

四国旅行雑感

 初の鉄道メインの旅行だった四国旅行。

 あとがきを兼ねて雑感を。

 ○まさに ”ゆりかご” 寝台特急サンライズエキスプレス

2009120101


 今回最大の目的、初めての寝台特急となったサンライズエキスプレス。
 「ちゃんと眠れるのか?」「酔ったりしない?」など、いろいろ心配でしたが、全て杞憂でした。

 最初のうちは電車の揺れが気になりましたが、ワインを飲んでいるうちに、揺れが心地よくなり一気に爆睡。
 特にサンライズツインは進行方向に寝るので、寝心地は抜群でしたね。
 他の寝台列車と違い、サンライズは機関車に引っ張られる動力集中方式ではなく普通の一般特急や新幹線と同じ、動力分散方式。かつ、サンライズツインがある4号車11号車はモーターを積んでないので、寝るのにはとても好条件が揃っているんですね。

 今回は幸運にもボジョレヌーボーの解禁日にぶつかり、ネタ優先とは言え解禁時刻ジャストに車内でボジョレを飲むと言う贅沢ができました。これはなかなかできない嗜みですな。解禁前にボジョレを譲ってくれた知り合いには感謝です。


 結構ハマりました。また乗りたい。
 次はサンライズ出雲ですかね?。でもそれじゃ芸がないので、やっぱり乗りたい札幌行き。

2009120102
 夢はカシオペアのスイート!。展望タイプなんて贅沢言わない!メゾネットで良い!(十分贅沢)。

 さらにカシオペアが入線する上野駅の13番線ホームの直ぐ近くにWINE &DINEって言うリカーショップがあるんですよ。
 ココで酒を買い込んで、ウェルカムワインの後に買い込んだ酒で乾杯!、サイコー!(妄想プレー)。

 ただ、寝台特急に乗って思ったのが、移動時間の殆どを睡眠に費やしてしまう為、エライ遠くに来たと言う実感がまるでない。
 名古屋も京都も大阪も夢の中でしたからね。新幹線の方がまだ実感がありますね。
 特にサンライズは出発時点でもう日が暮れてますからね。

2009120103

 四国内移動で利用したバースデイ切符はかなり便利でした。
 グリーン車も乗り放題と言う事で、グリーン車がある「しおかぜ」「南風」はゴージャスな気分を味わうことができました。
 今回はJR四国線だけで600キロ近く乗っているんですよ。3日間のみ有効なので、最終日の高知~琴平間は実費を払いましたが、かなりお得でした。

 ○初のローカル線頼み。

2009120104

 途中、いくら時間を合わせたとは言え30~40分待ちなどもありましたが、意外とイライラすることなく待てましたね(予土線半家駅、土讃線大歩危駅、琴平駅他)。
 普段は10分待ちでも結構イライラするのに。
 これもローカル線のならではなのかな?。
 まぁiPhoneに取り込んでおいたDVD見てたりとかしてたけど。

 どうにしてもまた行きたい。明らかに鉄分増えました。

 ○太田和彦先生万歳、酒万歳。

2009120105 今回も太田和彦先生ご紹介のお店で美味いものをありつくことが出来ました。
 地方で美味いもの=評判の居酒屋。公式になりました。
  聞いた話によると俳優の角野卓造さんも太田和彦ファンらしく、太田和彦氏の著書を片手に日本中の居酒屋やbarに行っているとか?。

 あとは酒の力。
 松山のBAR「露口」さん、初めて四国にやって来た横浜の観光客暖かく迎え入れて、常連さんとも楽しくお酒を交わすことが出来ました。




 ○便利だったもの

2009120106 まずはiPhone!
 本当に便利でした。コレがなければこの旅行成立しませんでした。
 サンライズに乗っている途中もマップを立ち上げ、GPSで現在地がいつでもわかる。
 行きたかったうどん屋、BAR、泊まるホテルは全て事前に連絡先にコピペ。いざ必要になったら即ナビに。
 松山のBAR露口なんてコレがなきゃ行けなかったんじゃないか?。
 あと、散策などでもどのくらいの距離があるか?もコイツでズバリ。
 あと心配だったSOFTBANKの電波も予土線の車中でも意外な程届きました。まぁ高知で、急に圏外になったり不可思議な現象起こしていたけどね。
 実は松山坊っちゃんスタジアムに向かった際、乗ったタクシーにデジカメを忘れるというハプニングを起こしたんですが、この時も「松山 個人タクシー」でググって、そのまま通話。タイムロス5~6分で済んだのもiPhone様様でしたね。
 Twitterへの乗車ごとのつぶやきもTwitPictのおかげです。


 iPhoneに付随しますが、ギリギリで間に合ったUSBバッテリーのKBC-L2AS。これが無ければ死んでました。

 やはり持って行って良かった時刻表。

2009120107 本数が少ない路線を旅行するにはやはり必携ですね。
 特に最終日は予定していた大歩危トロッコが満席、大歩危観光が全く時間が読めないなど、全く予定が立てられず、しかもバースデイ切符の有効期限が切れていた為、できれば特急を使いたくないなどの条件が重なった時も役に立ったのが時刻表でした。
 普段、全く見ない時刻表ですが、時刻表で狙った通りに電車を乗り継ぐと、”駅前探検倶楽部”で検索した時には絶対に得られない達成感があります。

 持って行ったのはポケットタイプなので、ことでん等の私鉄の時刻が出てなかったのが残念だったところ。
 でも今回は松山キャンプ用に300ミリレンズ、ユニフォーム、三脚持参だったんで、少しでも荷物を軽くしたかったのよね。


 まぁこんなところかな?。
 あとで何か気付いたら追記します。

|

« ミスドのプレミアム版?(andonand) | トップページ | 初日に年貢納め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30343/46900354

この記事へのトラックバック一覧です: 四国旅行雑感:

« ミスドのプレミアム版?(andonand) | トップページ | 初日に年貢納め »