« 土佐到着(四国旅行4日目その2) | トップページ | ミスドのプレミアム版?(andonand) »

四国最終日!(四国旅行5日目)

 四国最終日。

 早めに起床し、ホテルの無料の朝食を頂き、まずはホテルの目の前でやっていた高知名物「日曜市」へ。

 2009112201 2009112202


 毎週日曜日に1.3キロに渡って約500店が軒を並べ、一日に15000人が訪れる生活市。
 とってもお買い得品があるのかな?と思ったんですが、自分がじっくり見ていなかったのがいけないのか?、思ったほど劇的に安いって物は無かった気がする。
 前日の内子の無人販売は殺人的な安さで、ヨメも「買っていこうかしら.....車じゃないけど」って言っていたけど。

 そんなわけでさっさと日曜市を切り上げ、南はりまや橋からバスに乗ること30分強。
 着きました、桂浜。

 2009112203 2009112204

 とっても素敵な海岸ですが、ガイドブック等で書いてある通り確かに潮流が早い。遊泳禁止になっているのも頷ける。
 朝9時ごろ着いたんですが、結構な観光客。
 龍馬伝効果でしょうか?

 あと途中から浜のど真ん中で映画撮影が。
 でっかく柵作って。警備員がずらっと。3連休のど真ん中にやるか?普通?。

2009112205 2009112206


 丘のてっぺんには土佐が生んだスーパーヒーロー坂本龍馬の銅像が。
 しかも、現在はキャンペーン期間中で銅像の隣に櫓を組んで龍馬さんと同じ高さで撮影出来るイベント実施中。でも有料と言うのがいただけない。

 2009112207 2009112208

 それから大急ぎでまた、高知駅までバスで。
 南風12号で大歩危へ、駅で買った高知名物芋けんぴをお茶のお供にして向かいます。出来たての芋けんぴがまた美味いんだ!。


2009112209 大歩危に到着。
 3連休の中日もあってか結構な人。
 ここからさらにバスに乗って祖谷に向かいます。

2009112210
 祖谷の名物と言えば温泉とこれ、かずら橋

 2009112211 2009112212

 山間に自生するシラクチカズラのつるを編んだ作った橋で日本三奇橋の一つに数えられ、3年に一度は掛け替えも行われる。
 重要文化財の維持とは言え、1回渡るのに1人500円かかります(JAF割引あり)。
 しかも混雑時は渡るのに数時間待ちもあるとか?。実際に近くには300台収容の大駐車場があります。

2009112213
 その近くには琵琶の滝と言う落差50mの立派な滝もあります。
 かずら橋から30m足らずなんで合わせ技でどーぞ。

 かずら橋に着いた頃、この旅行中ずっと持ちこたえてきた天気が遂に崩れ、雨が降り始めます。
 やっぱり持たなかったかぁ.....。

 祖谷を後にし、バスに乗って今度は大歩危峡へ。
 こちらの名物遊覧船に乗ります。

 2009112214 2009112215

 天気が悪いのにも関わらず、マイカー客、ツアー客が到着するタイミングにぶつかり、1時間弱並ぶ羽目に。しかも待つのはこの通り、外。寒かった!。

 2009112216 2009112217

 遊覧船は約30分間で吉野川を往復。
 透き通ったエメラルドブルーの川の色、巨岩奇岩の造形美、ある意味四万十川より感動は大きかった!。
 1050円するけど、結構オススメ。

 徒歩で大歩危の駅まで戻る予定でしたが、雨の中歩く気力はなく、タクシー呼んで数分で大歩危駅へ。

2009112218

 着いた頃、高知行きの列車が到着。その中にバックパッカーの外人さんが(写真左の人)。
 目が合ったので「ハ〜イ」と言ってしまったのが運の尽き。英語で「ツーリストインフォメーションは無いか?」と聞かれ、わからないので駅員さんに聞いたらこの近辺には無いとのこと。その日の目的地は祖谷温泉の様で、「祖谷温泉までのバスは無いか?」と聞かれたんで、タクシーの運ちゃんに聞いたら「今、出ちゃったよ〜。タクシーしかないね」とのことだったんで、そのまま答えると外人さんガックリ。タクシーを乗る予算はないらしく、駅からテクテク歩いて行っちゃいました。歩ける距離じゃないんだけど.....。

 2009112219 2009112220

 大歩危から土讃線普通列車で阿波池田へ、そこから始発電車に乗って琴平へ。
 列車の中でも吉野川を満喫。

 琴平に着いたのが17:18。ここで晩ごはん。

2009112221

 もう琴平の街は真っ暗。参道沿いのお店で開いていた数少ない店、「金毘羅饂飩 狸屋」で釜揚げうどんを。
 勿論ウマイ!。寒くて体が冷えきっていたのでなお一層ウマイ!。

 琴平でゆっくりした後、南風24号で四国を脱出。

2009112222


 この列車はアンパンマン列車!。作者のやなせたかし先生が高知出身。その為、JR四国さんではアンパンマン列車を20車両も配備。高知県の駅では出発のベルもアンパンマンのテーマ!。そして、車内の終点の到着案内もアンパンマンが担当する徹底ぶり。

 岡山に到着し、新幹線に乗換。実は山陽新幹線に乗車するのも生涯初。

 2009112223_2 2009112224

 ホームには8両編成の500系、100系、レールスター等東海道ではお目にかかれない車両がズラリ。バシバシ写真を撮影しちゃいました。

2009112225
 最後はのぞみ56号で新横浜へ。初のN700系!。
 新大阪からは新幹線内無線LANを初使用。
 ビジネスユースで使うなら全く問題ないレベルだと思う。それよりトンネルだらけの山陽新幹線の方が早急に無線LAN対応にすべきでは?。

 車内でビールで乾杯し、とても乗り心地が良いN700系に完敗、寝る気はあまり無かったのに米原〜小田原の記憶は全くなかったな。

 23:13に新横浜に到着。
 4泊5日の四国旅行終了〜!。

 あと書きを後でまた書きます。
 

|

« 土佐到着(四国旅行4日目その2) | トップページ | ミスドのプレミアム版?(andonand) »

コメント

写真が綺麗ですね!
桂浜の龍馬像もいいかんじ!
私も先週高知旅行へ行ってきて、
似たようなコースを回ってきたので
興奮しています(笑)

芋けんぴ美味かったですよね!
塩けんぴってのもあるので気になります^^;

かずら橋 こぇえーー!
踏み外したら転落しそうです。。

高知旅行お疲れ様でした~!

投稿: キャナサキ | 2009/11/29 19:39

キャナサキさん、コメントありがとうございます。

かずら橋は幅的に下に落ちる心配はないのにも関わらず、どうしてもビクビクしますよね。

本場の芋けんぴ、激ウマでした。

また四国は行きたいなと思ってます。

投稿: jaydash | 2009/11/30 08:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30343/46890101

この記事へのトラックバック一覧です: 四国最終日!(四国旅行5日目):

« 土佐到着(四国旅行4日目その2) | トップページ | ミスドのプレミアム版?(andonand) »