« 讃岐うどんに舌鼓(四国旅行2日目その1) | トップページ | キャンプ初見学(四国旅行3日目その1) »

松山一泊!(四国旅行2日目その2)

2009111917

 「ことでん」で琴電琴平に到着。

 ここまで来たら、勿論行きます。こんぴらさん

2009111918 2009111919

 時間の問題で1368段の厳魂神社までは行けませんでしたが、785段の御本宮までは行きました。
 平日だったので観光客はお年寄りが多し。みなさん良く登るなぁと言う印象。
 展望台からは瀬戸大橋、讃岐平野を一望。

2009111920 2009111921

 琴平から普通列車で多度津、丸亀を経て、しおかぜ13号で松山へ。

 今回はヨメの誕生日が11月と言うこともあり、JR四国のバースデイ切符を利用。この切符は誕生日月の本人と同一行程者3人までが3日間JR四国全線(児島を含む)、土佐くろしお鉄道全線、JR四国バスの路線バスの指定席、グリーン席がフリーパスで一人10000円と言うJR四国の運賃を考えればかなりお得な切符です。

 ですんで、しおかぜ13号もグリーン席で。かなーりリッチ!。

2009111922
 瀬戸内海沿いをずーっと西へ。
 持参した本も読まず、ずっと車窓を眺めてました。

2009111923
 松山駅からは路面電車に乗り、道後温泉へ。
 内装が木製の超レトロ電車。
 モーター音もちょっとおっかない。しかも乗車時間20分。結構乗っかります。

2009111924 道後温泉駅を降りて、アーケードを温泉方面に向かうと見覚えのある場所に着く。

 ここはと言うと.....


2009111927
 ココッ!


 「水曜どうでしょう」の「サイコロ1」の2投目。
 ミスターが臼杵の目を出したポイントです。

 誰でもわかるポイントです。

2009111925

 アーケードの出口がココ。

 「千と千尋の神隠し」のモチーフにもなった道後温泉本館。
 木曜日の夜なのにスゴイ人。
 今晩入るのは諦めて、明朝入ることにしました。

 旅館にチェックインし、旅館のメシをたらふく食べて、夜遊びに松山の歓楽街、大街道に。
 旅館で17時以降路面電車のフリーパスなるものをもらったもんで、折角なので。


2009111926 で、行ったのがココ。
 松山「バー 露口」さん。

 これだけで「ココはっ!」と思った方はかなりのbarマニア。

 松山に洋酒を広めた、創業51年(しかも一代で)の老舗中の老舗bar。
 昭和11年生まれのマスターと奥様の二人三脚で営んでおられます。

 横浜から観光で来たことを話すと、横浜縁の画家、柳原良平氏(アンクルトリスで有名)の話、横浜のBar「スリーマティーニ」の話など、常連さんを交えてとても楽しくお酒を飲むことができました。

 「50年間お客から愛されるBarってこういう店なんだ」ととても感動してしまいました。
 ちなみに飲んだのはコチラの店の定番、角ハイとラフロイグロック。


 宿に帰って温泉に入り、心も体も温まって、一泊!。

|

« 讃岐うどんに舌鼓(四国旅行2日目その1) | トップページ | キャンプ初見学(四国旅行3日目その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30343/46838896

この記事へのトラックバック一覧です: 松山一泊!(四国旅行2日目その2):

« 讃岐うどんに舌鼓(四国旅行2日目その1) | トップページ | キャンプ初見学(四国旅行3日目その1) »