« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

ミスドのプレミアム版?(andonand)

 土曜日の話ですが、横浜に買い出しがてらずっと気になっていたこちらへ。

 café andonand

2009112801 2009112802

 横浜ビブレの隣、ミスドを改装して出来た、ミスドプロデュースの「オトナが再び出会うドーナツカフェ」をコンセプトにしたお店。

 確かに大人な雰囲気。
 あとドーナツのお値段が一気に上がっている。180円、200円、280円と普通のミスドの倍額だ。

2009112805

 とりあえず、買って帰って自宅で試食。
 食べたのはショコラとメープルアーモンド。

 確かに美味しい!。メープルアーモンドなんか中にメープルシロップがどっちゃり。
 
 なんだけど、それで280円。ってのがどうも....。
 あと、andonandができたおかげで、横浜駅周辺にミスドがなくなっちゃったんです。

 KKDが駅構内にできたんで差別化を図りたいって気持ちはわかるが、ミスドにはミスドのファンがいるわけで、ファンの気持ちを完全に無視しているかな?と。

 何度も行くか?と言うと微妙。
 値段も安く、駅から近いKKDに軍配かな?。
 まぁ味の好みがあるんで、人それぞれだとは思うけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国最終日!(四国旅行5日目)

 四国最終日。

 早めに起床し、ホテルの無料の朝食を頂き、まずはホテルの目の前でやっていた高知名物「日曜市」へ。

 2009112201 2009112202


 毎週日曜日に1.3キロに渡って約500店が軒を並べ、一日に15000人が訪れる生活市。
 とってもお買い得品があるのかな?と思ったんですが、自分がじっくり見ていなかったのがいけないのか?、思ったほど劇的に安いって物は無かった気がする。
 前日の内子の無人販売は殺人的な安さで、ヨメも「買っていこうかしら.....車じゃないけど」って言っていたけど。

 そんなわけでさっさと日曜市を切り上げ、南はりまや橋からバスに乗ること30分強。
 着きました、桂浜。

 2009112203 2009112204

 とっても素敵な海岸ですが、ガイドブック等で書いてある通り確かに潮流が早い。遊泳禁止になっているのも頷ける。
 朝9時ごろ着いたんですが、結構な観光客。
 龍馬伝効果でしょうか?

 あと途中から浜のど真ん中で映画撮影が。
 でっかく柵作って。警備員がずらっと。3連休のど真ん中にやるか?普通?。

2009112205 2009112206


 丘のてっぺんには土佐が生んだスーパーヒーロー坂本龍馬の銅像が。
 しかも、現在はキャンペーン期間中で銅像の隣に櫓を組んで龍馬さんと同じ高さで撮影出来るイベント実施中。でも有料と言うのがいただけない。

 2009112207 2009112208

 それから大急ぎでまた、高知駅までバスで。
 南風12号で大歩危へ、駅で買った高知名物芋けんぴをお茶のお供にして向かいます。出来たての芋けんぴがまた美味いんだ!。


2009112209 大歩危に到着。
 3連休の中日もあってか結構な人。
 ここからさらにバスに乗って祖谷に向かいます。

2009112210
 祖谷の名物と言えば温泉とこれ、かずら橋

 2009112211 2009112212

 山間に自生するシラクチカズラのつるを編んだ作った橋で日本三奇橋の一つに数えられ、3年に一度は掛け替えも行われる。
 重要文化財の維持とは言え、1回渡るのに1人500円かかります(JAF割引あり)。
 しかも混雑時は渡るのに数時間待ちもあるとか?。実際に近くには300台収容の大駐車場があります。

2009112213
 その近くには琵琶の滝と言う落差50mの立派な滝もあります。
 かずら橋から30m足らずなんで合わせ技でどーぞ。

 かずら橋に着いた頃、この旅行中ずっと持ちこたえてきた天気が遂に崩れ、雨が降り始めます。
 やっぱり持たなかったかぁ.....。

 祖谷を後にし、バスに乗って今度は大歩危峡へ。
 こちらの名物遊覧船に乗ります。

 2009112214 2009112215

 天気が悪いのにも関わらず、マイカー客、ツアー客が到着するタイミングにぶつかり、1時間弱並ぶ羽目に。しかも待つのはこの通り、外。寒かった!。

 2009112216 2009112217

 遊覧船は約30分間で吉野川を往復。
 透き通ったエメラルドブルーの川の色、巨岩奇岩の造形美、ある意味四万十川より感動は大きかった!。
 1050円するけど、結構オススメ。

 徒歩で大歩危の駅まで戻る予定でしたが、雨の中歩く気力はなく、タクシー呼んで数分で大歩危駅へ。

2009112218

 着いた頃、高知行きの列車が到着。その中にバックパッカーの外人さんが(写真左の人)。
 目が合ったので「ハ〜イ」と言ってしまったのが運の尽き。英語で「ツーリストインフォメーションは無いか?」と聞かれ、わからないので駅員さんに聞いたらこの近辺には無いとのこと。その日の目的地は祖谷温泉の様で、「祖谷温泉までのバスは無いか?」と聞かれたんで、タクシーの運ちゃんに聞いたら「今、出ちゃったよ〜。タクシーしかないね」とのことだったんで、そのまま答えると外人さんガックリ。タクシーを乗る予算はないらしく、駅からテクテク歩いて行っちゃいました。歩ける距離じゃないんだけど.....。

 2009112219 2009112220

 大歩危から土讃線普通列車で阿波池田へ、そこから始発電車に乗って琴平へ。
 列車の中でも吉野川を満喫。

 琴平に着いたのが17:18。ここで晩ごはん。

2009112221

 もう琴平の街は真っ暗。参道沿いのお店で開いていた数少ない店、「金毘羅饂飩 狸屋」で釜揚げうどんを。
 勿論ウマイ!。寒くて体が冷えきっていたのでなお一層ウマイ!。

 琴平でゆっくりした後、南風24号で四国を脱出。

2009112222


 この列車はアンパンマン列車!。作者のやなせたかし先生が高知出身。その為、JR四国さんではアンパンマン列車を20車両も配備。高知県の駅では出発のベルもアンパンマンのテーマ!。そして、車内の終点の到着案内もアンパンマンが担当する徹底ぶり。

 岡山に到着し、新幹線に乗換。実は山陽新幹線に乗車するのも生涯初。

 2009112223_2 2009112224

 ホームには8両編成の500系、100系、レールスター等東海道ではお目にかかれない車両がズラリ。バシバシ写真を撮影しちゃいました。

2009112225
 最後はのぞみ56号で新横浜へ。初のN700系!。
 新大阪からは新幹線内無線LANを初使用。
 ビジネスユースで使うなら全く問題ないレベルだと思う。それよりトンネルだらけの山陽新幹線の方が早急に無線LAN対応にすべきでは?。

 車内でビールで乾杯し、とても乗り心地が良いN700系に完敗、寝る気はあまり無かったのに米原〜小田原の記憶は全くなかったな。

 23:13に新横浜に到着。
 4泊5日の四国旅行終了〜!。

 あと書きを後でまた書きます。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

土佐到着(四国旅行4日目その2)

2009112115 窪川からは南風20号で高知へ。

 ココからでも高知まであと70キロ、1時間かかります。広いぜ>四国。

2009112116_2 2009112117

 高知に着いたのが15時、大急ぎで路面電車をはりまや橋で乗り継ぎ、やってきました高知城

2009112118 2009112119

 関ヶ原の戦いのあと入国した「功名が辻」で有名な山内一豊に開城した南海の名城。亨保12年に大火で大部分を消失しますが、25年かけ再建され、その当時のものが今も残ってます。

2009112120 2009112121

 古城の風格たっぷり。今も天守閣に上れば高知の市街を一望することが出来ます。

 土佐を語る上で欠かせない長宗我部、坂本龍馬、板垣退助等の資料の展示などもしっかりあり、かなり見応えがありましたよ。

 高知城を出て、ホテルにチェックインすると17時過ぎ。
 実はこの日お昼ごはんをロクに食べてない。コンビニや商店がお昼時にどこも寄れなくって。

 で、早速早めの晩ごはんを。
 この夜のお目当てのお店は「葉牡丹」さん。
 「早く行き過ぎてまだ開いてなかったらどうしよう?」と思い、直接電話をかけると.....

 「午前11時から営業しております」
 居酒屋なのに......。

2009112122
 ってわけでさっそくはりまや橋から程近い「葉牡丹」に

 入ると18時前なのにすっごい人。いくら三連休の初日とは言え。
 既に高知の飲兵衛オヤジがみんなでき上がってます(笑)。
 
 いきなり店員さんに「どの位滞在されますか?」と言われ、
 「まぁ1〜2時間位は」と言うと、
 「出来れば、混雑してますんで1時間くらいで」と

 随分だなぁ.....とは思いつつも、かなりの混雑だったし、まぁ飲み足りなければ、はしご酒すりゃいいやと思って、とりあえず生中一杯。

2009112123 2009112124

 驚いたのが安さとスピード。

 「せっかく高知に来たんだから」と、このお店では比較的高めのカツオのたたき、クジラのたたき、そしてここの看板メニューの串揚げをそこそこ頼んで、さらに日本酒をほろ酔い加減まで飲んで、二人で7000円超えませんでした!。
 日本酒なんか一合300円しないのがゴロゴロ。

 何を頼んでもあっという間に出てくる。ストレスなんか全くたまらない。
 結局1時間程度で満足して出てきちゃいました。

2009112125
 その後、高知駅までブラブラ。
 北口に長距離バスのバスターミナルがあります。

 ここは「水曜どうでしょう」ファンならお馴染みの「はりまや号」「よさこい号」「ブルーメッツ号」「ドリーム高知号」が出発するところ。


2009112126 2009112127


 高知駅は昨年高架化して、リニューアルしたばっかり。
 バスターミナルもリニューアルしたてで、位置関係はなんとなくわかるものの、面影はかなり厳しい......。 
 写真左がサイコロ6にてよさこい号に乗車直前のお二人(1999年)。
 右が今回撮影。恐らく場所はほぼ一緒と思われます。

 上記の深夜バスは全てご健在。
 「よさこい号」さんは早朝から深夜まで一日10往復!。高知の皆さん、みんなやられまくり。

 結局その後、はしご酒はせず、深夜営業していたケーキ屋さんでケーキを買い込み。ホテルでお茶して、この日は就寝。
 明日はいよいよ最終日です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四万十川を串刺し!(四国旅行4日目その1)

 この日は宇和島から高知へ。

2009112101 宇和島から高知へ向かうには予土線を使います。
 コチラの路線、かなりローカル線で、一日に全線往復するのはたった七回。
 他路線と2重区間を除く駅全てがみどりの窓口がないんだから(同様なのは岩手の岩泉線ぐらい)。

 なので、宇和島から最初の目的地の江川崎へたどり着く列車は始発の6:11の次が9:38。流石に6:11は辛かったので、9:38出発とかなり遅めのスタート。

2009112102 2009112103

 本当にガラガラなのか?と思いきや、流石に本数が少ない分だけ、流石に座席は9割方埋まるくらいの乗車率。特に途中の松丸駅までは。それ以降はかなりガラガラだったなぁ。
 北宇和島 - 吉野生間は軽便鉄道であった名残で非常にカーブが多く、この区間の平均速度は35km/h程度。「おいおい、ココ走っていくの?」って思うぐらい。

2009112104 2009112105

 江川崎に到着。
 ここから予土線は四万十川沿いを走ります。次の駅まで6キロ弱、次の列車までは一時間半以上あるので、列車を降りて、次の駅まで散策することに。

2009112106 2009112107

 この日は快晴、散歩日和。
 散歩で担ぐには旅行カバンはちょっと重たかったけど、日本最後の清流、四万十川を臨みながらの散歩はとても気持ち良かったな。

 歩くスピードが早かったのか?、思いの外早く着いた次の駅は.....

2009112108

 半家(はげ)駅


2009112109
 珍名駅として時々メディアで紹介される半家駅ですが、思いっきり無人駅。
 お手洗いを借りましたが、「最後に使ったのが何年前?」と思うような寂れっぷりでした。

 しばらくすると、清流しまんと号が到着。

2009112110 2009112111


 清流しまんと号は四万十川の魅力を最も楽しめる十川~土佐大正間を過去に木材を運んでいたトロッコに乗って四万十のパノラマを満喫できる多客期のみ1日1往復する列車。

2009112112 2009112113


 このエリアはクネクネ曲がる四万十川を予土線が串刺し状に走ります。
 左右に流れるを見下ろしながらのトロッコ列車はかなり面白い!。

2009112114


 四万十川満喫!。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛媛南下(四国旅行3日目その2)

2009112011 2009112012

 松山駅から宇和海11号に乗り約30分、内子に到着。

 内子と言えば「水曜どうでしょう」の「絵はがきの旅」で登場したところ。とても街並みが素敵とのことで、来てみました。


2009112013
 内子の駅から歩いて数分、まずは見えて来たのが内子座。大正5年に建てられた現役の芝居小屋。普段は中も見学可能だが、この日は翌日からの歌舞伎の為に休館。何と市川右近が出るそうだ。最近は中村勘三郎の襲名披露もあったみたい。

2009112014 2009112023


 That's田舎なスローな空気がとてもリラックスする街並み。奥に行けば行くほど古い建物が密集します。こんなに大規模だとは思わなかった。


 道ばたに猫がいたもんで、近づいて撮影しようとしたら.....あれっ!?。

2009112015 2009112016


 膝の上に乗って来やがった。しかも寝ようとしてやがる。
 この猫、名前はミーちゃん。
 飼い猫だそうで、いつも内子の街をブラブラしてるそうな。
 あり得ない人懐っこさ、と言うより無警戒さ。


 で、「水曜どうでしょう」の「絵はがきの旅」で登場した場所は内子駅からは街並みの最も奥。内子中学校の正門の真向かい。

 お目当ての場所に着いたと思ったら......

2009112017 改修工事中......

 こちらの建物は上芳我家の住宅
 内子と言う街は江戸時代末から明治にかけて、和蝋燭などの原料になる木鑞生産で富を集積した町。その中でも本芳我家が豪商で上芳我家はその分家。かなり歴史的価値の高い建物だったんですね。


 結構、内子、面白かったです。
 愛媛に来た方、かなりオススメ。


2009112018 内子を後にし、宇和海13号にて宇和島へ。
 今やメジャーリーガー岩村明憲選手の故郷ですね。

 ホテルが併設していることもあり、駅は立派ですが、とっても静かな街。
 愛媛第2の都市だと思うんですけどね。


2009112019 2009112020


 晩ごはんはホテルから御近所の居酒屋さん、ほづみ亭さんへ。

 居酒屋巡りのカリスマ太田和彦先生も紹介した愛媛の名店。
 安い!ウマイ!。店内もキレイで女性が行っても全く問題ないです。
 わからない魚の名前も丁寧に教えてくれてとても気持ちがよかったです。


2009112021 最後に食べたのが宇和島名物「鯛めし」


 普通の鯛飯と異なり、新鮮な鯛の身を三枚におろし、醤油、みりん、玉子、ごま、だし汁で調味したタレに漬け込み、そのタレごとそのまま熱いご飯にかけて食べる宇和島独特の食べ方。
 これがウマイ!。珍しい物を食べることがで来ました。



 そのあと2軒目でbarコクテェールへ。
 コチラの店はNBA日本バーテンダー協会の大会で優勝した実績を持つ名店。
 お客さんも少なかった(金曜なのに)こともあり、ずっとマスターと喋ってました。
 最初に飲んだのがラフロイグソーダ。
 「宇和島では皆さん、カクテルばっかり。モルトを好んで飲んでくれる人は嬉しい」とのこと。そうなの?。

 さらにビックリするのは愛媛の皆さんはBarでビールを飲まないとのこと。
 「ウチも売れないんで、ビールは一切置いてないんです。だからカクテルでもレッドアイやシャンディーガフ等のビールを使うカクテルは作れないんです」
 ここまで来ると横浜では何の躊躇もなくBarでビールを飲むおいらからすると可哀想....。

 2杯目はラスティーネイルを注文すると、「これも月に2,3杯しか出ないんですよ」。
 え〜っ!。

 いろいろカルチャーショックを感じた宇和島の夜でした。

2009112022

 ホテルのロビーに貼ってあったポスター。

 流石はガンちゃん、宇和島のスーパーヒーローです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャンプ初見学(四国旅行3日目その1)

まずは昨日行きそびれた道後温泉本館へ。

2009112001 2009112002

 歴史的建造物とは言え、銭湯ですんで、Xactiのみ持参で。

 こちらは4段階の料金体系となっており、「折角だから.....」と上から2番目の料金の「霊の湯」が入ることができる料金を。

 お湯は良かったものの、最近改装工事をしたようで、蛇口や壁、「霊の湯」は扉までリニューアル済み。風情が薄まっちゃってるのよ。

 営業している銭湯だから、全てが全て昔のままと言う訳にはいかないのはわかるんだけど、蛇口を今時じゃないものを使うとか、扉はアルミ戸を使わずに木戸を使うとか考えて欲しかったなぁ。

 お風呂上がりに坊っちゃんの間や、皇室の方のみが使われる又新殿も見学。又新殿の浴室は季節柄とっても寒そう....。実際に使われたのは周りの旅館に温泉が敷かれるまでだそうで、今は皇室の方が道後温泉に来られても旅館のお風呂を使うそうで。


 旅館で朝食をとり、大急ぎで路面電車で松山駅へ向います。


 予定していた列車に乗車することができず、タクシーに乗ること20分程度。

2009112003

 遂に来ました、松山坊っちゃんスタジアム!。
 この日まで松山坊っちゃんスタジアムは東京ヤクルトスワローズの秋季キャンプが行なわれてました。

  「合わせて行ったんだろ?」と思われそうですが、実は偶然。サンライズエキスプレスの切符が発売される一ヶ月前はまだ公式サイトには開催要領の発表がなく「ひょっとしたらぶつかるかも」ときめ打ちで旅行計画を立ててました。実は宿舎もウチらが泊まっていたホテルの隣でした。

2009112004

 着いたときはちょうど朝の声出しが始まった直後。
 この日は村中投手と森岡選手。



(公式サイトより転載)
村中投手「4年目の村中恭兵です。ピッチャーしてます! 今年はチームに貢献できず、悔しいシーズンとなりました。来年はチームとして日本一、個人としては先発ローテーションを守りきり、チームに貢献したいと思います! 話は変わりますが、ボクの家はケーキ屋さんをしてます! もうすぐクリスマスです。クリスマスケーキがほしい方はこちらまで(テロップが出てるフリをしながら)ご連絡ください!!」

森岡選手「森岡良介、昨日作文を書いてきました! (紙を取り出して)…昨年、戦力外通告を受けてヤクルトに拾っていただき、もう一度ユニフォームを着てグラウンドに立つことができました。選手の皆さんとは共に頑張り、監督・コーチの皆さんに熱いご指導をいただき、裏方さんには数々のサポートに助けられ、この秋季キャンプを乗り切ることができました! 僕たち、私たちは、今日で松山秋季キャンプを、卒業します!! 明日から、僕たち、私たちは、ゴルファーです!! 皆さん、一年間ありがとうございました! 家に帰るまでが秋季キャンプですよ! 最後に、大阪に向けて一言!! 藤本さーん! 阪神、残留しませんか~!?」

 場内大爆笑でした。
 ちょうどヤクルトの藤本獲りが報道され始めたころでしたから。
 結果、藤本はFA宣言。ヤクルト獲得が決定しましたね。
 森岡!、実力でレギュラーを勝ち取れ!。

 最終日のこの日は投手陣はマドンナスタジアムでキャッチボールとノック軽めの練習。野手は坊っちゃんスタジアムでトスバッティングやフリーバッティング。
気になる選手と言うと

2009112005
 本当に久し振りに見た石井弘寿。太った?。メジャーどうのではなく、ブロ野球として生き残れるか?が正念場。球団も辛抱強く石井弘寿の復活を待ち侘びてますが、今年こそは?。



2009112006

  今オフに野手転向を表明した高井。精力的にバッティング練習に励んでいました。
25歳での野手転向。高田監督の期待に是非とも応えて欲しいもんです。



2009112007

 二年目の今年は開幕は一軍で迎えたものの、指の豆がよく潰れ、中盤はなかなか一軍に定着できず、5勝に終わった由規。
彼が2ケタ勝てば優勝はグッと近づく。



2009112008

12時には全員坊っちゃんスタジアムに集り、グラウンド一周のランニング。最後は田中博康選手の一本締めで秋季キャンプ終了。

2009112009
 松山坊っちゃんスタジアムはかつて古田敦也選手が2000安打を達成した球場です。
 こんなレリーフがあったりします。中の展示室には2000本安打を打った当日のユニ、プロテクター等も展示してあります。



2009112010



 お昼を過ぎてから、市坪(野球)駅から普通電車に乗り、松山に戻ります。

| | コメント (0)

松山一泊!(四国旅行2日目その2)

2009111917

 「ことでん」で琴電琴平に到着。

 ここまで来たら、勿論行きます。こんぴらさん

2009111918 2009111919

 時間の問題で1368段の厳魂神社までは行けませんでしたが、785段の御本宮までは行きました。
 平日だったので観光客はお年寄りが多し。みなさん良く登るなぁと言う印象。
 展望台からは瀬戸大橋、讃岐平野を一望。

2009111920 2009111921

 琴平から普通列車で多度津、丸亀を経て、しおかぜ13号で松山へ。

 今回はヨメの誕生日が11月と言うこともあり、JR四国のバースデイ切符を利用。この切符は誕生日月の本人と同一行程者3人までが3日間JR四国全線(児島を含む)、土佐くろしお鉄道全線、JR四国バスの路線バスの指定席、グリーン席がフリーパスで一人10000円と言うJR四国の運賃を考えればかなりお得な切符です。

 ですんで、しおかぜ13号もグリーン席で。かなーりリッチ!。

2009111922
 瀬戸内海沿いをずーっと西へ。
 持参した本も読まず、ずっと車窓を眺めてました。

2009111923
 松山駅からは路面電車に乗り、道後温泉へ。
 内装が木製の超レトロ電車。
 モーター音もちょっとおっかない。しかも乗車時間20分。結構乗っかります。

2009111924 道後温泉駅を降りて、アーケードを温泉方面に向かうと見覚えのある場所に着く。

 ここはと言うと.....


2009111927
 ココッ!


 「水曜どうでしょう」の「サイコロ1」の2投目。
 ミスターが臼杵の目を出したポイントです。

 誰でもわかるポイントです。

2009111925

 アーケードの出口がココ。

 「千と千尋の神隠し」のモチーフにもなった道後温泉本館。
 木曜日の夜なのにスゴイ人。
 今晩入るのは諦めて、明朝入ることにしました。

 旅館にチェックインし、旅館のメシをたらふく食べて、夜遊びに松山の歓楽街、大街道に。
 旅館で17時以降路面電車のフリーパスなるものをもらったもんで、折角なので。


2009111926 で、行ったのがココ。
 松山「バー 露口」さん。

 これだけで「ココはっ!」と思った方はかなりのbarマニア。

 松山に洋酒を広めた、創業51年(しかも一代で)の老舗中の老舗bar。
 昭和11年生まれのマスターと奥様の二人三脚で営んでおられます。

 横浜から観光で来たことを話すと、横浜縁の画家、柳原良平氏(アンクルトリスで有名)の話、横浜のBar「スリーマティーニ」の話など、常連さんを交えてとても楽しくお酒を飲むことができました。

 「50年間お客から愛されるBarってこういう店なんだ」ととても感動してしまいました。
 ちなみに飲んだのはコチラの店の定番、角ハイとラフロイグロック。


 宿に帰って温泉に入り、心も体も温まって、一泊!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

讃岐うどんに舌鼓(四国旅行2日目その1)

  上郡〜岡山間の6時に起床。

2009111901 2009111902

 夜明けを眺めていると岡山に到着。
 自身、日本列島で最西がなんと神戸。すでに未踏の地です。

 岡山で連結しているサンライズ瀬戸とサンライズ出雲はココで分かれます。

2009111903

 岡山を出て20分後、いよいよ「それ、魅力!」瀬戸大橋を通過!。
 初の瀬戸内海、初の四国上陸です。
 初めて見る瀬戸内海は感動がありましたね。

2009111904 2009111905

 7時30分過ぎ、終点の高松に到着。
 昨夜の近隣火災の遅れを完全には戻しきれませんでした。

 平日に高松に到着すると、ちょうど会社員の出勤時刻に到着します。

 サンライズエキスプレスには一切食事の販売がないので、朝飯はまだです。

2009111906 2009111916

 高松に来たら当然コレ!。讃岐うどん!。
 最初の一杯は香川県庁裏の「さか枝」さん。

 ”ぶっかけ”とかきあげ天ぷらを注文。ウマイ!。
 しかも結構な量で、小を頼んだヨメも「結構おなかいっぱい」

 2009111907 2009111908

 次の讃岐うどんとの戦いに備え、腹ごなしに徒歩で市内の特別名勝「栗林公園」へ。

 松平家の大名庭園で、文化財指定公園としては日本最大。
 スケールも大きく、とっても綺麗。かなり見応えありました。
 特に松の樹芸が秀逸。
 11月でも6:30からオープンしているのにもビックリ。

2009111909  2009111910

 そのあと、琴平電鉄の栗林公園駅から滝宮に向かいます。

 琴平電鉄、通称「ことでん」は他の地方から払い下げた電車が走っていることでも有名。
 自分が気付いただけでも京王、京浜急行が走ってました。
 実家が京浜急行沿いでしたから、京浜急行は懐かしかったなぁ〜。

2009111911 最後尾の電車(2両編成の2両目だが)に乗っていたんですが、そこで気付いたのが車掌さん。

 とっても若い、笑顔が可愛い女の子。

 後々調べてみたらこの女の子、「ことでん」にとって60年ぶりの女性車掌さんの一人の白川さん

 まだ今年入社一年目です。
 滝宮駅に降りた際「写真撮らせて!」とお願いしたら、とっても照れておりました。

2009111912
 滝宮駅を降りて、タクシーに乗ること20分弱。

 いよいよ来ました!、「山越うどん
 「釜たま」発祥の地でもある名店。
 「水曜どうでしょう」ファンにとっては聖地みたいな店ですな。

2009111913 2009111914

 「さか枝」さんと同じくセルフ。
 店員さんが手際よくうどんを出してくれますが、5〜6分で食べられるのは平日の話。土日の高速道路1000円化に伴い、日本全国から観光客が押し寄せ、休みの日は一日2500人以上が来店し、最大4時間待ちがあるとか!。恐るべし「山越」さん。

 もちろん「釜たま」をオーダー。トッピングで綾南交通タクシーの運転手さんオススメのじゃがいも天ぷらをオーダー。
 ウマイ!、文句なしの美味さです。日本全国のうどん好きが集まるのも頷ける味でございます。
 結局”小”を2杯食べてしまいました。

 大満足で山越さんを後にし、滝宮から琴平へ向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初の寝台特急(四国旅行1日目)

 さぁ、旅行記を書いていきますか。

 出発はblogの通り、18日。
 最初に乗るのはサンライズ瀬戸

 正直なところ、最大の目的はコレでした。一度も乗ったことがない寝台特急。一度は乗ってみたい。

 しかし、北に向かう北斗星カシオペアは値段も値段だし、出発時間が出発時間なもんで、出発日も休まないととても乗れない。

 で、サンライズエキスプレス。
 これは横浜を22:24に出発する為、家からタクシー飛ばせば15分で横浜に着くわが家からすればとっても好都合。

 しかし、この電車はビジネスユースや一人旅を想定して作ってある電車な為、ツインがとても少なく、チケット入手も高倍率。
 今回はJTBと近畿日本ツーリストに宿泊予約と横並びのツインのサンライズツインのチケット入手を依頼。JTBさん曰く「取れる確率は4割以下と思っておいてください。でも東北方面は1割以下ですからそれに比べれば確率は高いですよ」とのこと。
 チケット発売日である1ヶ月前の午前10時から先着で始まる予約端末(MARS)に10時キッカリの打ち込み(鉄道用語で10時打ち)をしてもらい、めでたくJTBさんが入手に成功。ラッキーでした。

 帰宅後、自宅で風呂に入り、身支度を終えて、馴染の店で夕食と摂った後22時には横浜駅に到着。しかーし!。


2009111802
 直前に戸塚ー大船間で近隣火災の為、東海道線全線運転見合わせ。
 あまりに到着直前だったんで、ちょっとヒヤリ。
 駅に止まっていた電車の運転席から聞こえる旅客一斉情報にずっと聞き耳。

2009111803
 10分弱の見合わせの後運転再開し、8分遅れでいよいよサンライズエキスプレス入線。


2009111804 コチラがウチらが乗ったサンライズツイン。
 荷物を置くスペースもあるし、横並びだし、線路方向に寝るので不満はなかったですね。強いてあげれば2階建ての1階なので、ホームよりも低い位置だと言うこと。まぁ殆ど走っているのが夜だから。(2階はA寝台のデラックスシングル)

 初めての寝台特急の列車内を社内探検。
 ネットで色々調べていたけど、やはり何もかもが新鮮。水曜日の夜とあって、結構空席も目立ちました。
 新幹線の終電より遅く出て、始発より早く着くと言う利点を持つサンライズエキスプレスでこうなんだから、利点が少ないブルートレインが苦戦したのは納得ですね。

 サンライズエキスプレスが富士川を渡る頃、日付が変わります。
 
2009111805
 ここで乾杯!。

 ちょうどこの日は11月の第3木曜日。
 そう、ボジョレヌーボーの解禁日。
 「前日に乗ったお前らがどうやってボジョレを車内に持ち込んだ!?」
 
 実は知り合いにお願いをして、日付が変わるまでは栓を開けないことを条件に解禁前のボジョレを18日のうちに譲ってもらったんです。
 
 サンライズエキスプレスの車内で飲む解禁直後のボジョレを飲む気分は最高でございました。

 チーズをつまみに、ボトル1本を空け、浜松を過ぎた頃、就寝。
 ワインの酔いと心地よい電車の揺れでバタンキューでございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

旅に出ます

 今日から旅に出ます。

 車ではなく、電車です。
 しかもローカル線を含む電車に乗るのを主体にした旅に。

 初めての経験なもんでちょっぴり緊張してます。

 模様は随時Twitterでつぶやいていきたいと思ってます。

 iBloggerがあるから、それごとにブログ更新しても良いんですが、それやるとしょこたんぶろぐになっちゃうんで、Blogは帰ってきてからまとめて書き上げます。

 mixiボイスへは自動転送されますんで、随時更新されます。
 TwitterはiPhoneでちょくちょく見るとは思いますが、ボイスは夜見るか見ないかと言うレベルですんで、返信が全くなくても怒らないでやってください。mixiボイスってつらいのよ、iPhoneユーザーには。

 で、行先ですが、それはまぁ追々。

2009111801
 久しぶりに買った時刻表。ローカル線に乗るなら流石に欲しい。

 携帯版じゃない方を持って行きたいんですが、流石に重くてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビでTwitter

 こんなことができちゃうなんて。

 Twitterで仕入れた情報です。

 半年前に購入したブラビアKDL-46W5
 コイツにはアプリキャストと言う色々な情報をインターネットから仕入れて表示する機能があります。要はアプリケーションです。

 そいつになんとTwitter用のアプリが!。

 tvitter

2009111701 ちゃんと使えました!。

 Tweetもちゃんとできました!。


 テレビでこんなこともできるとは。

 でも、もうやりません。

 iPhoneで見りゃ良いし、テキストをリモコンで書くのが辛過ぎる...。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhoneの補給艦

  やっと手に入れることができました。

USB出力付リチウムイオンバッテリーKBC-L2AS

2009111602 もともとAmazonに申し込んでおいたのは前述の通り。

 発売開始は11/14でお届け予定日は11/15〜11/17だったんです。
 が、今朝になっても発送段階にならない。
 実は水曜日から旅行に行く予定なので、それまでには是が非でも欲しかったんです。

 心配になり、Amazonに直接お電話。
 そうしたら、答えは「残念ながら今週中にはお届けすることができない」。

 え〜!そりゃないでしょう〜!。クレームつけたら後になって300円にギフトを送付してきました。そんなもんじゃ許さないぞ!。

 で、楽天さんで色々探してみましたが、間に合うところが全然無い。
 午後一で今日は久里浜で仕事だったんで、ダメ元でヨドバシカメラの上大岡に在庫確認。
 回答は「あと3つあります」。

 どっひゃ〜!まさかあるとは!。
 で、仕事の帰り道に上大岡に寄って無事購入。


2009111603 中には本体とACアダプター、充電用USBコード。

 「なんでACアダプター?」と思ったらUSBだとフル充電に14時間。ACアダプターだと7時間で充電できるんですね。
 コイツを経由してUSB2系統に充電ができるんで、コイツを持って、ACアダプターと各USBケーブルを持っていけば、携帯電話やiPhoneの電池は気にしなくて済みますね。

 とりあえず、間に合って良かった....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DVDをiPhoneへ取り込み

 自分への備忘録用

 iPhoneを購入し、動画再生も可能になったんで、どーにかしてDVDの映像をiPhoneに流し込めないかとググったらあっさり見つかり、こんなのを使ってみました。

 「ラワンクルの「新・日記のある暮らし」」さんの投稿を元にこんなソフトを使ってみました。

HandBrake

2009111601

 変換元より変換したいDVDを選び、タイトルよりDVD内のタイトルを選んでやる。但し、どのタイトルか?は時間とチャプターでしかわからないのでそこら辺はDVDの解説書を見て調べる(チャプターごとの抽出も可)。

 保存先で付けたいタイトルや保存先を選んで、画面右より流し込みたいデバイスを選ぶ。
 で、品質を選んで(一定品質41%においらは合わせた)、変換開始。
 
 できたm4vファイルをiTuneのムービーに入れておしまい。
 全く問題なく再生できました。

 これにハマると16GBなんてあっという間なんだろうなぁ。

 くれぐれも自分で買ったDVDでお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

献血とマラソンの合わせ技

 図書館行った後にちょうど、第1回の横浜国際女子マラソンが始まった頃だったので、向かってみる。

2009111501 2009111502

 中央市場入口あたり。コースとしては最北端。

 残念ながらここでは先頭集団は見られず。

2009111503 スタートから6キロあたり。まだまだ先頭集団以外は集団状態。

 給水ポイントでしたが、ちゃんととれない人多かったなぁ。
 受け取るところをうまーく撮りたかったんですが、良いポイントが見つからず断念。

 それからそれから、すごーく久しぶりの献血へ。

 場所は横浜駅東口 クロスポート献血ルーム

2009111504 機種はテルモテルシスS。今回も血小板。

 ビックリするぐらいのガラガラぶり。
 看護婦さんも「平日みたい」と仰ってました。

 献血途中に看護婦さんが集まってテレビに集中。
 「何があったの?」と聞くと、「TBSさんでアキバの献血ルームが出てるんです」とのこと。

 10月に「akiba:F」なるアキバ第2の献血ルームができたそうで、宇宙船風のルーム内にWiFiや電源も完備、採血中はiPod touchに接続したモニターで動画を見られて、休憩ルームでは色々なイベントが行われ、来年に一月までは「初音ミク」でお馴染みクリプトン・フューチャー・メディアの全面協力を得て、3D動画・動画・フィギュアなど多彩な展示までやっちゃうと言う完全アキバ仕様。これからは「リナカフェなう」ならぬ「akiba:Fなう」がTwitterの流行語?。


 処遇品はレトルトカレー。



 献血ルームを出た頃にちょうど先頭集団が周回コースの3周目、横浜駅東口を通過するところ。

2009111505
 先頭のアビトワを撮ろうとしたが、レンズカバーを着けたままと言う痛恨のミス。

 取ってから撮影したが、こんなんなっちゃいました。

2009111508

 しかも日本人トップ、総合2位の嶋原もなぜかこんなんなっちゃいました。

 慌てるとロクなことがない。



2009111506 2009111507

 箱根に比べると観客も少なかったな。
 まぁ3周もしているから合算すればそれなりの人数かも知れないけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「鉄」な本読んでました

 大きな仕事も終わり、多少時間もできたんで本でも読もうかなとぶらり図書館へ先日行ってました。

 目に付いた本を借りて読もうかな?と。

 で、最初に読んだのがこの本だったりした。

みどりの窓口を支える「マルス」の謎—世界最大の座席予約システムの誕生と進化

 すいません、「鉄」な本で。
 まぁもともと鉄分は多い方だと思います。まぁ「鉄オタ」と言ってしまったら他の「鉄オタ」な方にはとっても失礼なレベルです。

 そんな中、「マルス」にとても関心があります。
 「マルス」と言うのは、新幹線や特急の指定席を販売する為のシステムのこと。
 まぁ今や定期券は勿論、レンタカーや飛行機、宿の予約までやってのけるJRの総合発券システムになってますが。

 すごいのが歴史。もう1号機が生まれてから半世紀も経っているんです。
 今とは比較にならない性能のコンピュータで、コンピュータネットワークを組んで、ミスが許されない指定席の販売を担っていたわけで。
 まぁプロジェクトX見て感動したのも理由のひとつかな?。

 苦労話や、技術開発の経緯。容量の少ないコンピューターでどれだけ多くの座席の管理を行うか?、どれだけ処理能力があったか?など具体的な数値を乗せて紹介。また、如何に効率よく座席を埋め、売り上げを伸ばすか?の知恵も。
 コンピュータの歴史=マルスの歴史になっているのが面白い。

2009111001 これが鉄道博物館に展示されているマルス端末。
 子供のころ、みどりの窓口で切符を買うときに駅員さんがこのパタパタ付き端末を操作しているのも見てとても憧れを感じたんだよなぁ。今のタッチパネルじゃ魅力半減なんだよね。


2009111002
 あと国立科学博物館に展示されているマルスの2号機にあたるマルス101。
 1号機のマルス1が鉄道博物館に展示されてて、じっくり見たのに写真に収めてないんだよね。どうしてだろ?。

 さらに今、こんなの読んでいたり。
豪華特急トワイライト殺人事件 (新潮文庫)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

元サヤ(ハードディスクレコーダー)

 10月18日の件なんですけどね。

 当ブログには何も書いてなかったんですが、 
 詳細はヨメのブログを参照していただければ。
 
 わが家のTOSHIBA RD-XD92Dが見事に逝きまして、しかも症状が複数で、どう考えても修理代が購入価格を上回りそうな状態。

 で、新しいのを買いましょうと言うことで。
 嗚呼、さらに出費が.....。MacBook欲しかったのに.....。

 しかも先月まではオレの仕事がスーパー多忙。とてもカタログを見て調べて検討して...ってのが全く無理でして、機種選定は完全にヨメ任せ。
 でも、希望はズバリSONY製。
 理由は7月にBRAVIAとシアターラックを購入しており、BRAVIAリンクが構築できるから。
 あともうTOSHIBAは懲りました。GUIにしても信頼性にしても。他メーカーが問題外。

2009110701


 で、BDZ-X100を購入。

 操作のレスポンスも早いし、過去に録画したDVDも綺麗に撮影するし、何と言ってもBRAVIAリンクが秀逸。
 とっても便利。見た目もフラッグシップにふさわしいデザインしているしね。

 私のことをよーく知っている方はもともとSONYに思い入れがあるのはご存知でしょう。
 それが、一度は他メーカーに浮気をして、改めてSONYの良さに気付きました。
 完全に元サヤ状態。まぁシリコンオーディオはMacに対応してないんで、買うことはありませんが、それ以外はまた当面の間はSONYかな?。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Poken壊れた?(パフェ部)

 仕事も一段落したし、久しぶりにPokenのイベントで渋谷へ行ってました。

2009110301 Poken パフェ部っわけで、特大パフェをみんなで食すと言うイベント。

 この通りのデカさ。
 しかも下1/3は全てかき氷。これかかなり辛い。

 しっかし、参加者の9割方がiPhone所有者。どういう団体だ?。
 そもそも渋谷は他の街に比べ、明らかにiPhone率が高い。
 2次会のプロントでも関係のない両隣にお座りの方も全員iPhone使ってる。



2009110302

 電池交換後、初めてのハイフォーを行って、家に帰ってきたら、ハイフォーしたデータがアップされない...。
 USBとして認識するし、web上でも同期はとれていると出ているのにタイムラインが前回のまま.....。

 故障?電池交換の時壊した?。

 こりゃ困ったなぁ...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

”King of Pop”、Last Dance!(THIS IS IT)

 金曜日のレイトショーで見てきましたよ。

2009103001
MichaelJackson

 THIS IS IT

 ”King of Pop”の最後のperformance、内容がどうであれ、見に行ってやろうと。

 まぁ2週間限定と言うのにも釣られましたが。

2009103002 2009103003

 やられました...。
 Kingよ、貴方はやはり偉大だった。あたしゃ、見事に貴方の世界に浸かってしまったよ。
 十分、21世紀のMJのライブを堪能することができました。

 迫真のリハーサル。
 あまりにも素晴らしいダンスパフォーマンスが故、口パク疑惑がついて回ったMJですが、細かい指示を入れながら歌っている映像を見れば誰もがMJに詫びを入れるでしょう。

 「今回で最後」と最初から言われていた今回のコンサートツアー。MJの気合いの入れ方はかなりのもんで、細かくは言いませんが、映像その他はかなり大金を払って用意していた模様。

 最新の技術、世界中から集めた最高のダンサー、バックバンド、そして命を懸けたMJ。
 21世紀の”King of Pop”のパフォーマンスは凄かった!。

 本当に2週間限定!?と思いきやなんとBlu-rayの販売が決定?。
 
 マイケル・ジャクソン THIS IS IT [Blu-ray]

 取りあえず注文を開始したらamazonさんからメール貰えるようにしておきました。
 絶対買う!。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »