« 3年ぶりの清里へ | トップページ | 燕の人気者、相次ぐ引退 »

じっくり「角」を飲んでみる

 話の続き。

 先日、残業の後の飲み会の帰りにちょこっとお気に入りのBARに寄ったときのこと。

 マスターや隣のお客さんとサントリーのウイスキーの話で盛り上がり、「そういえば」と思い、登美の丘で購入したクォータリーのブレンデッドウイスキー特集を取り出し見せたところ、「おや、ちょっと待っててください」とマスターが奥へ。

 出てくると、これを

200809502
  クォータリー№86 2008春
  特集 角瓶70年

 マスターが「これ、持って行ってください。サントリーの方がくれるんで」ともらってしまいました。
 これにはびっくり。特集がなんと角瓶。 ブレンデッドつながり。

 ついでに話すと、先日こんなのを見たんですよ。

2008092503 プロフェッショナル 仕事の流儀
  ウイスキーブレンダー 輿水精一の仕事 優等生では面白くない



 サントリーのウイスキーのブレンドを取り仕切るチーフブレンダー輿水精一さんのお話。
 ちょうど取り上げていたのが、70周年を控えた角瓶のブレンドの見直し、そして白州25年のブレンド作業。

 ちょうど自宅のウイスキーが空いたところ。
 あまりにもタイミングが良すぎる。
 あまりブレンデッドは自宅で飲むことは少ないんですが、「今回ばかりは買うっきゃない!」と思い、買いました!>角瓶

2008092501 冷凍庫で冷やし、”とろ角”で、ハイボール。



 飲みやすさの中にもキッチリ”とげ”がある程よい飲み応え。改めてじっくり飲むと美味しいじゃないの!。


 

|

« 3年ぶりの清里へ | トップページ | 燕の人気者、相次ぐ引退 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30343/42578486

この記事へのトラックバック一覧です: じっくり「角」を飲んでみる:

« 3年ぶりの清里へ | トップページ | 燕の人気者、相次ぐ引退 »