« 懐かしの”あの時計” | トップページ | やったぜヒルマン!なまら熱いぜ札幌! »

どうするどうなる山K?

 出勤中の車中で、隣の人が読んでる日経を横から見て知ったんですが、

 自宅に帰ってRSSリーダー開いたら、ネタフルさんのところ取り上げていたので、そこからピックアップ。

 インプレスが「山と渓谷社」を子会社化nikkansports.com

 しっかりとは読めなかったので、「そんなにヤバかったのか?山K!?」と思っていたんですが、2005年8月期も黒字を出しているなど、なんとか経営はできていた様子。
 完全子会社化の真意は?。

20061012skier 山Kと言えば、なんと言ってもオイラにとっては「月刊skier」。
 初めて申し込んだクレジットカードもskierカードだもん。未だにメインカードはコレ。

 「唯一のイロモノ系スキー雑誌」として一斉風靡したskierも今じゃ普通のスキー雑誌。以前は欠かさず買っていたのに、最近はどうでもよくなっちゃっているんだよね〜。
 SAL※懐かしいなぁ〜。スキーがナンパの道具として通用しなくなった今、もう生まれないんだろうなぁ。

 以前は年8回程度は出てたのに、今じゃ4回程度。
 それで今回の完全子会社化。廃刊かな...?と思ってしまったりします。

 ※SAL:skierの名物読者はがき紹介コーナー。スキー雑誌とは思えない、イロモノ、ベースケっぷり。イラストはSALの後継コーナーの「新橋SL広場」のイラストの一つ。こんなんばっかだった。

|

« 懐かしの”あの時計” | トップページ | やったぜヒルマン!なまら熱いぜ札幌! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30343/12256957

この記事へのトラックバック一覧です: どうするどうなる山K?:

« 懐かしの”あの時計” | トップページ | やったぜヒルマン!なまら熱いぜ札幌! »