« 金剛地がエアギターで!? | トップページ | 夜はやっぱりすすきの! »

音楽家 中尊寺ゆつこ

 漫画家の中尊寺ゆつこさん死去=「オヤジギャル」を流行語に

 日本中の殆どの方は「中尊寺ゆつこ=漫画家」だと思うが、

 その中で、私は数少ない「中尊寺ゆつこ=音楽プロデューサー」の一人である。

 私が、本気でPAになることを考えていた、1990年代前半のこと。

 中尊寺ゆつこさんは当時、私が愛読していたサウンド&レコーディング・マガジンに連載を持っていた。音楽プロデューサーとして、ニューヨーク、ブルックリンでの奮闘記を漫画にしたものだ。
 実際、CX系「ウゴウゴルーガ」での童謡コーナーにて彼女が手がけた曲が全国ネットにて流れたのだ。

 彼女自身、マルチトラック他、音楽機材を買うがために、漫画を書き、小銭を稼いだ。つまり、あくまで漫画は副業であり、音楽こそが彼女の本当の仕事だった(実際にそう彼女は語ってます)。

 その他にも、高校時代、ケイト・ブッシュに傾倒、高校1年から大学3年までファンクラブ会長だったと言う事実を知っている人も、少ない筈だ。

 殆ど漫画を見ない自分にとって紛れもなく中尊寺ゆつこは音楽家だった。

 あまりにも早すぎる死。
 ご冥福をお祈りします。

|

« 金剛地がエアギターで!? | トップページ | 夜はやっぱりすすきの! »

コメント

 私も彼女が連載していた当時のサウンド&レコーディング読んでました。懐かしいです。TBさせてもらいました。

投稿: ナオ | 2005/02/01 11:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30343/2764768

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽家 中尊寺ゆつこ:

» 中尊寺ゆつこ 死去 [ナオのアート道]
 昨日はかなりびっくりしました。まだまだ若い中尊寺ゆつこさんが亡くなった。まだ42歳で、まだまだ子どもは4歳と1歳。  これはツライなぁ・・・ 子どもも、本人... [続きを読む]

受信: 2005/02/01 11:52

« 金剛地がエアギターで!? | トップページ | 夜はやっぱりすすきの! »