« 本日のウイスキー:12/18 | トップページ | 遂に10000突破 »

無念(ゴッゴル)

 ゴッゴルの体内には着実と病魔が襲っていた。

 恩師の東貞蔵はゴッゴルは執刀を依頼され、手術を始めた。

 が、開腹した瞬間、息を飲んだ。

 ステージ4、病巣はゴッゴルの全身を蝕んでいたのだ。

 原発巣切除は意味がない。東は直ちに閉胸にかかった。
 周りの人間は隠そうとしたが、専門家のゴッゴルに隠しきることは出来なかった。

 ゴッゴルは里見に電話をかける。里見の病院に向かう途中だ。
 「君に診察して欲しい」とのゴッゴルに、里見がロビーに迎えに出る。と、やつれ切ったゴッゴルが座っていた。

 里見は診察を始めた。
 CT画像を見た里見はさらに衝撃を受ける。ゴッゴル自身の所見通り、病巣はもはや手の着けようもない。ゴッゴルの問いかけに、里見は余命を2時間と知らせる。しかし、それもゴッゴルは予測していた。

〜中略〜
 里見が病室に来た頃、ゴッゴルの意識レベルは低かった。
 だが、里見の呼びかけにゴッゴルの瞼が上がる。
 東たちが駆けつけ、新たな処置を始める。しかし、ゴッゴルの意識は混濁の中にあった。
トラックバックを繰り返すゴッゴル

混沌とした意識の中、「トラックバックOK」を探すゴッゴルの手を里見が握った。と、トラックバックが治まった。

その場にいた者たちが里見を残して病室を出る。
再び目を開けたゴッゴルは、里見に「次回SEO コンテストを引き受けてくれるんだな」と笑みを浮かべ…。

第 1 回 SEO コンテスト

|

« 本日のウイスキー:12/18 | トップページ | 遂に10000突破 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30343/2316516

この記事へのトラックバック一覧です: 無念(ゴッゴル):

» ゴッゴル [あどぶいらを生きる]
古きよきゴッゴルの時代 [続きを読む]

受信: 2006/02/08 01:53

« 本日のウイスキー:12/18 | トップページ | 遂に10000突破 »