bar hotel 箱根香山の優雅すぎる朝(伊豆箱根呑み鉄旅2日目その1)

 翌朝。

 いくらでも寝坊していいのに7時前には起床。

 そもそもよっぽど夜更かししない限り、いつも7時前には起きているので

2019121601

 狙いは朝風呂。

 箱根香山のお風呂は「kazan」と「hinoki」と貸切風呂が2つ。

kazan」と「hinoki」は朝と夜で男女が入れ替わる仕組み。

kazan 」は内風呂、露天風呂、サウナ、水風呂を完備した大浴場。「hinoki」はその名の通り檜風呂。

2019121602

2019121603

 呑んだくれた翌朝に露天風呂なんて天国すぎる

 露天風呂横にはデッキチェアもあり、夏ならなんてのもいいかも。

2019121604

 露天風呂からはこの絶景。風景に人工物がないのもこの宿の特徴。かなり考えているんでしょう。

 貸切風呂にはシャンパンもあり、風呂に入りながらシャンパンなんてのもできるとのこと。でもそんなことしたらブッ倒れそう

2019121605 

 風呂上がりに昨夜呑んだくれたバーへ。

 朝日に包まれたバーカウンター。

2019121606 

2019121607 

 バーテンダーはともかく、私達一般人にはなかなか見ない光景です。とっても新鮮。

2019121608

 写真を撮っていると、ホテルの方が「興味があるボトルありますか?よろしければお出ししますよ!」

 流石は飲み放題のbar hotel。こんなやりとりはここ以外では絶対ないことでしょう。

2019121609

2019121610

 ブランチをいただきにラウンジへ。

 こちらでは9時から予約制でブランチをいただきます(私たちは10時半からでした)。

 9時からと言うのもこちらの宿ならでは。寝坊大前提なのです。

2019121611

2019121612

 ブランチはガレットをメインにあとはバイキング。

2019121613 

2019121614

2019121615

2019121616

2019121617

 見て見て!このinsta映え抜群のフィンガーフード。

 「写真撮ってください!」と言わんがばかり。

2019121618

2019121619

2019121620  

 飲み物はコーヒー紅茶、フルーツジュース類は勿論、生ビール、ワイン、シードル、シャンパン、ウイスキー、ジンも飲み放題。

2019121621

 人生初、朝シャン!(朝シャンプーではありません、朝からシャンパンです)。

 食事も全く妥協なし。とにかく美味しい。

 胃がはち切れる寸前まで食べさせてもらいました。

 シャンパン、シードルも楽しんで、お腹満腹、ほろ酔い状態で、部屋に戻り、お昼いっぱいソファでだーらだら。

2019121622

2019121623 

 普通のホテルじゃないありえない13時にチェックアウト。

2019121624

 本当に大満足のお宿でした。

 決して安くないです。正直一般サラリーマンには高いです。

 でも箱根という場所、部屋、ホスピタリティー、飲み物に食べ物の満足感、宿泊客と従業員のバランスを考えればこの価格設定は仕方がないとは思いました。

 お金が貯まったらまた来たい!。

 それは充分感じた宿でした。

 

 時間も遅いですが、小田原でそれっぽいことをして帰ります。

 

| | コメント (0)

bar hotel 箱根香山で最高のバーナイト(伊豆箱根呑み鉄旅1日目その2)

2019121543

 小涌園のお隣の蓬莱園バス停から歩いて数分。今宵のお宿に到着。

2019121544

 bar hotel 箱根香山

 2018年7月にオープンした「barに泊まる」がコンセプトのホテル。barがホテルの付帯施設ではなく、ホテルが barの付帯施設と言うかなりニッチなホテル。

 こちらの醍醐味は一部のお酒を除き全て飲み放題。バーはもちろん、ラウンジ、部屋の飲み物も飲み放題。

 素敵なバーで終電を気にせず、好きなだけ飲んで、お風呂に入りたくなったらお風呂に入って、眠くなったら部屋に帰って寝る。まさにバーホッパーには天国です。

 18時チェックインと言うのもホテルとしては前代未聞です。

 基本的に夕食は別のところでとってきてもらうと言うのが基本スタイル。あくまでバーなのであえてレストランの要素を排しているんですね。私たちは帰りの電車の中で色々おつまみを食べて、しっかり夕食をとらなくてもいいレベルにしてチェックインしました。

 食事をとりたい場合はカレーやローストビーフなどは注文できるようです。

2019121545

2019121546

2019121547

 エントランスを入るといきなり真正面は10m以上ある長いバーカウンター、丸い暖炉。

2019121548

 ウェルカムシャンパンが供され、チェックイン。

 暖炉で温まりながらシャンパンを飲みつつチェックインなんてなんてかっこいいことだか。

 部屋はシングルもあるようですが、メインはツインです。

 もともとは一番安価なスタンダードツインに泊まるつもりだったんですが、予約時には満室だったので一つランクが上のスーペリアツインに宿泊。

2019121549

2019121553

2019121554

2019121550

2019121551

 部屋は和洋折衷のモダンな作り。備品もとってもおしゃれ。ロングソファには足を伸ばしてくつろぐことができてしかもグラスを置くスタンドも。

2019121555

 ルームキーは2つ合わせるとこんな粋な作りに。

2019121556

2019121557  

 部屋にはコーヒー、紅茶、お茶、ミネラルウォーター他、炭酸水、コーラ、ビール、スナック菓子、カップラーメン。もちろん宿泊料に込みとなってます。

2019121558

 クリスマスが近かったので、こんな素敵なプレゼントも。

 部屋に荷物を置いて、早速バーへ。

2019121559

 長いバーカウンターはペア7組がかなり優雅に座れる作り、テーブル席が1つ、暖炉の周りは10人弱は座れるかな?。そこに4〜5人のスタッフが常駐。実際にカクテルを作るバーテンダーは2〜3人と言うところでしょうか。

 (写真は翌朝撮影したもの)

2019121560

 カウンター後ろにかなり大きめのシガールームが。完全分煙ができていますので、タバコの煙が苦手な方でも全く問題ありません。

2019121561

 メニューですがもちろんバーですので、バーにあるメニューは一通りあります。一部のワイン、カクテル、ウイスキー以外は全て飲み放題。

 有料となるのはウイスキーだと年数表記のあるジャパニーズウイスキー、あとスコッチウイスキーなら16年以上熟成されたものと思っておけば間違いないでしょうか(メニューにわかりやすく表記がされてます)。

2019121562 2019121563

 せっかくなので、オリジナルのカクテルから。どれもとっても美味しかったですよ。

 客層ですが、やはり一番多いのはカップル。年齢層はちょっと高めでしょうか?。あと女性グループ。あと女性一人なんて方も。

 バーは3時ごろまで営業。それまで何度訪れても構いません。

 2〜3杯飲んだところで一旦席を外し、お風呂でリラックス(お風呂については後述)。

 風呂上がりにラウンジで休憩。

2019121564

2019121565

2019121566

2019121567

 とっても大きなラウンジではワイン、シャンパン、生ビール、クラフトジン、ウイスキー、コーヒーメーカー、トニックウォーター他割もの、スナック菓子にカップラーメンが常設。セルフで朝までいくらでも飲み明かすことができます。

 小腹が空いたのでカップラーメンと自作ジントニックでバーでの第2戦(笑)に備えます。

2019121568

 第2戦はスタンダードカクテルとウイスキーを。

 バーテンダーさんとバーの話、カクテルの話、ウイスキーの話をしながらまったりとした時を過ごすことができました。

 バーテンダーも視察がてら来るのかな?と思いきや、どちらかと言うと宿泊施設業界関係者と思われる方が多いとか。確かにこんなニッチなホテル、業界関係者は気になりますよね。

2019121569

 ウイスキーは暖炉で。せっかくなのでアイラモルト(Ardbeg)を。

 暖炉で温まりながらウイスキーなんてなんて贅沢なことでしょう。

 あまりの気持ち良さにうとうとし始めてしまったので、退散。部屋に戻ったらバタンキューでございました。

| | コメント (0)

初めての下田観光(伊豆箱根呑み鉄旅1日目その1)

 12/15、16有給休暇の取得も兼ねて夫婦で伊豆箱根の旅へ。

 今回の旅行の目的は2つ、前々から妻が「伊豆に行ってみたい、しかもスーパービュー踊り子号に乗車してみたい」と申しており、私自身仕事で伊豆半島には時々行くものの、伊豆への観光は本当にご無沙汰だったので、是非とも行こうと。しかもスーパービュー踊り子号が後継車両とされるサフィール踊り子が完成し、近々引退の噂も出ており早めに乗りにいかないと乗れなくなってしまうと言う危惧もありました。

 もう一つが2018年にオープンした箱根の新しいコンセプトのホテル「bar hotel 箱根香山」に行くこと。

 箱根は大学のオリエンテーションで泊まったっきり(しかも研修施設だったので、温泉でもない)。

 神奈川県民だと箱根に泊まるってとっても贅沢なんですよね。だって在来線で1時間半程度で帰れますからね....。

 オープン当初から気になってまして、レビュー記事を見てもほぼ絶賛の記事ばかり。

 「泊まれるbar」と言うBar好きにはとっても気になるコンセプト。

 しかもbarでは一部のウイスキーを除き全て飲み放題らしい....。

 1泊4万以上はかかるので躊躇していたんですが、清水の舞台から飛び降りてみました。

 まず2日前の話。

 見慣れない電話番号から電話が。

 電話の主は箱根香山。

 宿泊の最終確認です。

 到着予定時刻と宿までのアクセスの確認。そしてアレルギーの確認。

 10月に発生した台風19号の被害で箱根登山鉄道が使えない事など。

 あとWeb予約の段階で妻の桃アレルギーを加筆してあったので、それの確認。「桃リキュールは大丈夫なのか?」と言う確認があったのは流石はbar hotelです。

 そしてこの日にJR東日本が2020年春のダイヤ改正を発表。正式にスーパービュー踊り子の引退が発表されました。

 旅行当日。

2019121501

 乗った列車は9:59横浜発スーパービュー踊り子3号伊豆急下田行。

 キチキチ強行旅行が多い自分にとってはかなり優雅な出発。

 なにせこれより早く横浜を出発するスーパービュー踊り子がないんです(これより早く出発する臨時便があったようですが、秋から消滅しました)。

 新宿始発でやってきた251系。あと3か月で伊豆路から引退です。

Dss09308

 スーパービュー踊り子は全席指定席。
 JR東日本では珍しく車両に入る扉の前でアテンダントさんが検札します。

2019121503

 今回座った席がこちら。

 普通席ですがなんと前面展望席の最前列!。

 251系は先頭車両の伊豆側がグリーン車の前面展望席、東京側では普通車の前面展望席が配置されてます。
 出発20日前にホテルの予約と同時にスーパービュー踊り子の指定席もえきねっとで予約を試みたんですが、さすがに進行方向側になるグリーン車の前面展望席の最前列は埋まってましたが、なんと後ろ向きながら東京側なら前面展望最前列が空いているじゃないの。
 鉄道ファンでなくても憧れの一つ、前面展望席最前列。なんと奇跡的に席を確保できました。

2019121504

 座った席からの光景はこんな感じ。

 運転席も天井までガラス張りでかなりオープンです。

 海側の席ではありませんでしたが、この展望なら何も言うことはありません。

Dss09318

 伊豆急下田まで2時間強の旅、車内の売店で角ハイボールを購入し、横浜駅の崎陽軒で購入した炒飯弁当をアテに優雅な鉄道旅。

 「後ろ向きは酔う」なんて記事も見ましたが全く気になりませんでした。

 また、スーパービュー踊り子の引退が発表された直後だったので、沿線には最後の雄姿を撮影しようとする「撮り鉄」さんがまぁ多かったこと。普通席ですが、殿様気分です。

 熱海を過ぎると多くの乗客が下車。さらに伊豆高原では大部分が下車。伊豆急下田まで行く人はごく一部でした。

 

2019121506

 宇佐美駅で伊豆急下田発東京行のスーパービュー踊り子2号とすれ違い。

2019121507

 伊豆高原で長い停車時間があったので、そこで撮影タイム。

2019121508

 このマークも3月で見納めです。

2019121509

 車両基地にはTHE ROYAL EXPRESSが。これも乗車したいのですが、片道乗車して食事するだけで高いコースだとなんと39,000円!安いコースでも26,000円(なんとドレスコード有)。いくらなんでも高すぎです。

2019121510

2019121511

 車窓を眺めているとあっという間に時が過ぎ、12:13に終点伊豆急下田駅に到着。

 仕事で車では何度か訪れたことのある下田ですが、鉄道で来るのは初めて。

2019121513

2019121512

 上野駅13~17番線、函館駅、旧東横線渋谷駅、東急線蒲田駅他、このターミナル駅感がとっても大好き。

 帰りの電車は15:20。下田滞在はわずか3時間8分です。

2019121514

 時間もないので、駅周辺の観光地をぐるっと回ってフォト散歩。

2019121515

2019121516

 まずは了仙寺。日米和親条約の付属条約、下田条約が締結された場所ですね。

2019121517

2019121518

2019121520

2019121519

 

 すぐお隣にあるのがペリーロード

 下田の観光名所ですが、とっても短いのでちょっとがっかり。とってもフォトジェニックなんですけどね.....。

2019121521

2019121523

2019121522

2019121524

 ペリーロードの終着点に立つ旧澤村邸はなまこ壁と伊豆石造りの建築様式を用いた建造物。

2019121525

 このなまこ壁の家ってのが下田には何軒か残っています。

 下田と言えば、金目鯛と干物。

2019121526

 干物を干しているところとか撮りたいなーと思ってたらちゃんとありました。

2019121527

 漁師の親父さんがGOODです(この後、この親父さんの干物の話に長時間つき合わされます(笑))。

2019121528

 港町と言えば猫なんですが、あんまりいなかったんですよね.....。

2019121529

 天気には本当に恵まれました。こんな港町の風景も。

 ここまで来たら下田の海の幸が食べたい!。

2019121530

 港を沿うように道の駅開国下田みなとへ。

 しかし、ここに着いた時点で帰りの電車まで1時間を切っていて、ささっと刺身と金目の煮つけさえ食べられるとこ!と探したらお食事処で刺身と金目の煮つけを食べられるところを発見!。

2019121531

 どちらも美味!。

2019121532

 港内には遊覧船も走っていましたが、すでに帰りの電車まで30分を切っています。とても無理なので、断念。流石に3時間8分が短すぎました。

 早足で伊豆急下田まで。着いた時には出発11分前。慌ててロッカーから荷物をとり、売店で買い出し。

2019121533

 流石は伊豆急下田。売店の品揃えは充実。酒のアテには事欠きません。帰りの車中用の酒のアテとサッポロビールの静岡限定「静岡麦酒」を買い込んで改札を通ります。

2019121534

 帰りは伊豆クレイル。

 伊豆急下田〜小田原間を走るリゾート列車。

 快速扱いなんですが、4両のうち2両がびゅう旅行商品専用車両、1両がバーカウンターとラウンジ、そしてもう1両が全席指定の一般車両。今回は一般車両に乗りました。びゅう旅行商品専用車両であればアフタヌーンカフェセット付きだったりするんですが、あまりにも他のリゾート列車と比べても高いんですよ...。びゅうプランが9600円、一般車両なら3630円。昨年乗ったTOHOKU EMOTIONは食べ放題飲み放題で4600円ですからね....。

2019121535

 一般車両でもこの通り、十分綺麗なんですよ。しかも流れるBGMはBOSEのスピーカーから流れます。スピーカー重要です。

2019121536

 快速なので、踊り子に比べ比較的ゆっくり。途中海が綺麗なところは途中停車してくれます。

2019121537

 バーカウンターではアイスクリーム、スイーツ、おつまみ、コーヒー、ソフトドリンクのほかワインや生ビール、オリジナルカクテルも。

 わざわざ伊豆急下田駅の売店で缶ビール買う必要なかった....。

2019121538

 伊豆急下田駅を出て約40分でラウンジではミニライブが。

 こう言うのあるとリゾート列車感が増しますよね。

2019121539

 主要駅ではこのようなお出迎えが。リゾート列車ではお決まりですね。

 2時間弱、17時14分に小田原駅到着。

2019121540

 降りたホームには撮り鉄さんがわんさか。これが何を狙っていたか?はわからずじまい。

 そこから箱根登山鉄道に乗って箱根湯本まで。

 現在、箱根湯本より先強羅までの急勾配区間は台風19号の被害で運休中。再開の目処は一切立たず。

2019121541

 箱根湯本へ向かう車中は当然。

2019121542

 箱根湯本の駅では活躍の場を失った登山電車が寂しそうな有様です。

 夜に箱根湯本に来るなんて初めて、17時過ぎから箱根の山登るっているんだから。

 箱根湯本駅からバスで今宵のお宿に向かいます。

| | コメント (0)

恭賀新春

F9ad99dc6f714f70882062b2eb0e5608

あけましておめでとうございます。

全然更新できていない当blogですがよろしくお願いします。

先月旅行行ってきたので旅行記を書かなければ…と思ってます。もうテキストはある程度書き終わっているんですがね。

今朝は初日の出見がてら往復10キロのランニング。

ランニングにハマりつつあるので、さらにblog更新が疎かになりそうですが…。

 

 

| | コメント (0)

ランニング&ランニングアプリ(住友生命Vitality加入、Apple Watch Series 5購入 その3)

 Applewatchも購入して、あとはVitalityポイントと健康管理です。

2019111001

 Vitalityポイントを稼ぐと言う意味では12000歩で60ポイントを得ることができます。先述の通り、平日に会社との行き来をすれば、もうプラスアルファ程度で12000歩に到達するんですよね。Applewatchを朝起きてすぐに装着していれば、家の中、オフィスにいる時も歩数を稼げるので、かなり余裕で稼げます(ただし、仕事の都合上車で帰宅し、そのまま取引先に直行してしまうとなかなか稼げなくなります)。

 家の中でApplewatchをつけっぱなしにしてわかりましたが、家事やっていると意外なほど歩いていることがわかります。

 大して外出していなくても意外なほど歩数を稼いでいたり。

 まぁそれだけじゃつまらないし、シェイプアップも体力向上もできないので、さらにランニングをしたいなと。

 純正でワークアウトと言うアプリもありますが、その他のものもあるので、最初のうちは試走かねて2つアプリを試してみました。

2019111002

 まずはナイキのNRC

 そんなじっくり使わなかったけど、表示の見易さって意味ではいいかな。

2019111003 2019111004

 もう一つが色々な方からお勧めいただいたアディダスのRuntastic

 機能の多さ、表示の多さ、SNSへのアップのしやすさ。

 確かに使い勝手いいね。

 ひとまずRuntasticを使い始めました。

 1キロごとに音声にてスタートからの経過時間、1キロごとのラップタイム、平均心拍数をアナウンスしてくれます。

2019111005

 もちろん、AppleWatchにも表示が。

 ランニング中は必ず音楽を聴いてますのでもちろんイヤホンをつけますので、音声でのアナウンスはありがたいですよね。

 ペースが落ちたら意図的にペースをあげたりもできるし。

 「ここまでできるのか…」とAppleWatchを買って、ランニングアプリをインストールして初めて知りました。

  昨今のランニングブームもこのようなツールの進化も理由の一つだろうな….と使い始めてわかりました。

2019111006

 ランニングではamazonで買ったランニングポーチ(なんと1050円)にiPhoneと鍵と日中は社用のガラケーを入れてランニングしてます。

 iPhoneにSuicaとQuickPayが入ってますので、現金も持つ必要もありません。ランニング途中で水を買ったりするのも全く問題ありません。

 最初はすぐにへばっていましたが次第に走れるようになり、ランニングを初めて数週間で5〜10キロ程度は走れるようになり、仕事後は5キロ程度、休日は10キロ強は走るように心がけています。一応2か月は続いてます。

 で、さらにVitalityポイントを稼ぐには完走証明を出せるようなランニング、ウォーキングイベントに参加すること。

 もちろん世間でやっているマラソン大会等はその対象になりますが、年がら年中やっているわけではないし、そもそも参加費がかかります。

2019111007

 で、一番手っ取り早いイベントだったのが東京マラソン財団が月に一度実施している「マンスリーバーチャルマラソン」。

 東京マラソン財団が配布しているランニングアプリONE TOKYOを用いて、指定された時間(基本第2土曜日の午前中)にどこでもいいから10キロ走る。と言うとってもゆるいマラソンイベント。

 参加費は無料ですし、当然家の近所でいいので交通費もかかりません。

 10キロのイベントだともらえるVitalityポイントは600ポイント。実に1日のランニングで得られる最大のポイントの10倍もらえます。

2019111008

 とりあえず10月に早速試し、600ポイントを得ることができました(11月も獲得しています)。

 で、マンスリーバーチャルマラソンの前にONE TOKYOアプリの動作確認がてら試走したんですが、あることに気づきます。

 それはアディダスのRuntasticアプリに比べ、ONE TOKYOアプリの方が同じ距離を走っても計測される距離が短いんです。

 これは先述のマンスリーバーチャルマラソンの時に同時に動作させた際のRuntasticアプリとONE TOKYOアプリの計測結果。

2019111009

2019111010

 Runtasticが12.24キロに対し、ONE TOKYOが10.44キロ。

 実に15%も誤差があるんです。なぜこんなに差が出る?。

 自分の勝手な推測なんですが、RuntasticがApplewatchのGPSを使用して、ONE TOKYOがiPhoneのGPSを使用して距離を計測しているのかな?と。

 どうにしても正しいのはどっちなの?と。

 正しく計測されたコースで走って計測してみてどっちが近いか?と言うのを試してみたい(こう言うことが気になるんですよ。性格の問題ですが)。

2019111011

 で、parkrunと言うイベントに参加してみることに。

 parkrunとは世界各国で毎週行われている計時5キロの無料イベント(日本では毎週土曜日午前8時スタート。時間制限なし)。

 一度ID登録すれば、事前申し込みの必要がなく、参加費も無料(日本では住友生命がスポンサーになっています)。

 現地に行き一斉スタートして、ゴールして各自登録時に自宅で印刷したIDバーコードをスキャンしてもらえば、順位も時間も記録され、これもVitalityポイントに反映させられます(5キロは200ポイント)。

 

 国内では8ケ所。神奈川県内は行われておらず、最寄りは都内で唯一の開催地の二子玉川の河川敷

 横浜からなら1時間程度ですし、レース性はなく平均タイムもちょうど今の自分が走っているペースぐらい。これならランニング初級者の自分が行っても大丈夫だなと。

 

 で、行ってきました。

 二子玉川の河川敷はまだ台風19号の爪痕が色濃く残っており、10月12日は中止。私が行った10月19日もそれまでのコースでは実施することができず、コースを変更し開催されました。

2019111012

 スタート地点は駅から二子玉川公園の近くの河川敷。

 台風の爪痕はいたるところで見れました。まぁ浸水したんだね。

 二子玉川駅にはランニングステーション(ランニング用の更衣、ロッカー、シャワー施設)がなくスタート地点周辺に荷物が預けられる設備はなさそうだったので、駅のコインロッカーでジャージ類は脱いで荷物は置いてランニングがてらスタート地点へ。

  二子玉川の再開発地域を通るのは初めて。楽天の本社もあるんだよね。 

 現地には20分前ぐらいに到着。

2019111013

 すでに現地にはボランティアの皆様が。

 そこで、ランニングに際し注意点を。

 驚いたのが外国人の数。イベント参加者が140人近くいたんですが、約7割が外国人。

 登録したIDは全世界有効でもちろん地元の人がいれば、全世界のparkrunを回っている方も。特に今回はラグビーワールドカップ観戦の為に来日し、せっかくなので参加したと言う方も。

 

2019111014

 現地に着いて知りましたが、荷物置き場は用意されてました(もちろんノーセキュリティー。なくなっても自己責任)。

2019111015

 8時に一斉スタート。

 今回のコースは河川敷を3往復する道のり。

 アスファルトの遊歩道がありますが、その両側の芝生を走る様指示されました。理由は世田谷区との取り決めでイベント参加者ではない方の通行を最優先することが開催の条件となっているた為、そのための措置だそうです。

 当日は快晴でしたが、前日は雨。芝生はかなり泥濘んでて、ランニングシューズは泥だらけになってしまいました。

 初めてのリアルなランニングイベント(なにせランニング初めて2ヶ月弱ですから)。ついでにジョギングを始めて一か月、舗装されたコースしか走ったことがなかったので未舗装の凸凹道には手を焼きました。

 みんなで走るイベントは初参加。知り合いは一人もいませんでしたが、一人で走るよりは楽しいですね。なんとなく気分も乗ったし。未舗装の割には普段並みかそれ以上のペースで走ることができました。

 

2019111016

 ゴールするとこの様なバーコードタグが渡されます。バーコードと順位が記載されており、コレと事前に準備するバーコードをボランティアの方に提示するとゴールタイムと順位、そして自分が紐付けされます。

 午後にはメールが届き、ゴールタイム、順位を確認できます。

 さらに公式ウェブサイトに全ての結果が公開されます。

 今回は141人参加しましたが、順位も真ん中ぐらい(結果に自分の本名出ちゃっているので…)でした。

 メールをキャプチャして住友生命に送れば200ポイント獲得。

  ゴール地点のすぐ横の二子玉川公園にスターバックスが。せっかくなのでこちらで朝食を。Vitalityのアクティブチャレンジで獲得したドリンクチケットを有効利用。

 parkrun後に参加者やボランティアがスタバに集まるとウェブサイトに書いていましたが、寄らずに帰られる方がほとんどでしたね。そもそも席の数が少ないんですよね。まぁ公園で飲みゃいいってコンセプトなんでしょうが。

 で、本題の5キロ走ってRuntasticとONETOKYOの計測距離はどのくらいだったか?。

 Runtastic が5.12キロ。

 ONETOKYOでは4.7キロ。

 Runtasticは実距離より長く、ONETOKYOは実距離より短く計測してました。「マンスリーバーチャルマラソン」 程ではないにしても、5キロ走って300mも狂うか…。

 ちなみONETOKYOはApple Watch非対応で全てiPhoneで操作しなければなりません。バーチャルマンスリーマラソン専用かな…。

 

 前日の雨が幸いしたのか見事な秋晴れ。富士山も見えて、外国人さんも大喜び。

 自分も久しぶりの二子玉川、走るのには絶好の天気でしたし、普段の休日に比べれば走った距離も短かったので朝食後も数キロ二子玉川を街ラン。とっても楽しかった!。普段は知り慣れてない街を走るのってとっても面白い。

 基本は交通費がかからない横浜を中心に走りますが、ランニングステーションがあるところはちょっと走りに行ってみたいなとは思い始めました。

 なんとなくランニングにハマる人の気持ちがわかってきたな。徐々にランニングの魅力を理解し始めました。

 その後、地元横浜で21キロラン(ハーフマラソンの距離ですね)は試してみました。学生時代でもそんな距離走ったことないのにね。

 一応6分弱/kmのペースで走ることはできました(insta用写真撮り、信号待ち時間は除く)。

 ハーフマラソンなら走ってもいいのかな?と思い始めてます。でもフルマラソンを走る勇気はないなぁ....。

 まぁ一先ず、一番重要なのは継続。

 生保の次の更新まで10年。継続して、保険料を安くすることができるのか?。

 自分の体系維持、健康管理のためにも頑張りまーす。

| | コメント (0)

横濱 International Cocktail Competition2019

 先週の話ですが、ワークピア横浜で行われた横濱 International Cocktail Competition2019に行ってきました。

 今は横浜で行われる大きなカクテルコンペはこれだけになりましたね。

 バーホッピングの甲斐あり、出場しているバーテンダーでも過去にお会いした方も増えてなおのこと楽しくなりました。

2019101401
 

 クラシック部門45名、フレア部門7名、フレア部門6名がエントリーしていたわけなんですが、聞いたところによると、実は書類選考の段階で結構落とされている選手がいると聞いてびっくり(てっきりよっぽど書類に不備がない限り書類選考はスルーだと思ってました)。

 人気のある大会なんだなぁ...と。

2019101402

 クラシック部門が3名が一斉にスタートし5分、フレア部門が4分、クリエイティブ部門が6分の競技時間。

 それでも13時開演で、表彰式まで含めると19時まで。長丁場も長丁場です。

 

2019101403

2019101405

2019101406

2019101404

 回数を重ねるにつれて、選手の上手い下手が少しずつわかってきたけど、審査員が見ているポイントが自分らが見ているところと全然違ったりするんですよね。

 競技後の総評でコメントされていたのが、今大会ではクラシック部門では5杯のカクテルを作りますが、シェーカーからカクテルグラスに注ぐ際に1往復でぴったり注ぎきる必要がありますが、これが片道で注ぎきってもいけない(急須からお茶を注ぐのと一緒で、味が均一にならないから)など。

2019101407  

 insta映えって言葉がありますが、カクテルほどinsta映えするものはないと思っております。

 2019101408

2019101409

2019101410 

2019101411

 フレア部門も難易度の高い技に挑戦しないと、加点が少ないそうで、ミスを覚悟で大技にトライするので、フレアバー等でフレアショーを見るときに比べボトルやシェーカーを落とす回数が増えるんですよね。

 何が大技で何がそうじゃないのか?はなかなか素人にはわかりづらいものです。

2019101412

2019101413

2019101414

2019101415

 毎年、横浜発祥のカクテルをツイスト(少しレシピを変える)し、それをプレゼンテーションするクリエイティブ部門。

 今年は「イエローマン」のツイスト。

 正直横浜のバーテンダーでもあまりレシピを知られてないどローカルカクテル(ロンリコ151とグレープフルーツジュースを半々)。

 選手でも今回のコンペで初めてこのカクテルを知った人も。

 オリジナルがかなりアルコール度数が高いカクテルだけに、フランベしたり、玉子を入れたり。

2019101416

 来場者の数も以前に比べて増えていて、カクテルへの関心も増えているのかな?と嬉しく思ったり。

 お邪魔しているバーのバーテンダーさんも入賞されて、とても楽しいひと時を過ごすことができました。

  

| | コメント (0)

献血121回目

 約4ヶ月ぶりに献血。


 行く気になったのが、先日の台風19号の問題。

 災害が起きると血液は確実に不足するんでね。

 

2019102101

 で、行ってみたんですが、横浜駅界隈の3つの献血ルームは全て大混雑で献血まで1時間半以上かかる状態。

 まぁ土日は1時間近くかかるのはいつものことだったりするんですが。

 で、どこの献血ルームも平日午前中の献血をお願いする旨の掲示が出ているんですが、献血対象となるのはほとんどが社会人。

 働き方が多様になったとは言え、社会人の大部分は9時18時は働いているわけで、成分献血は9:30〜17:30 全血献血9:30〜18:30の受付時間では間に合わないんですよね....。

 せめて19:30まで受付していればね....。

 そのあと用事があったので、少しでも時間を短くしたかったので、まずは受付、検診後、昼食を取り、献血は久しぶりに全血を選択、機材はテルモヘモクイックAC-185

 場所は横浜Leaf献血ルームでした。

 

| | コメント (0)

Apple Watch Series 5(住友生命Vitality加入、Apple Watch Series 5購入 その2)

 Apple Watch Series 5は予約開始日ヨドバシドットコムに表示された直後に予約。

 発売日20日の夜に我が家に届きました。

2019101201

2019101202

2019101203

 ずいぶん大層な梱包なんですね。

2019101204

 電源入れて各種設定。

2019101205

 設定を進めるとなんとこんな表示が。

 なんとiOS13じゃないと使えないって!?

Apple Watch Series 5iOS13じゃないと使えないと言うよりはApple Watch Series 5に搭載されているwatchOS6iOS13じゃないと動かないんですね)

 Flash AirICカードリーダーPasoriなどまだまだiOS13に対応してないアプリも多く、iOS13にアップデートするのは当分先の予定だったのに....

 使えないじゃしようがない。アップデートの後、各種設定、ペアリングも終了。

2019101206

 久しぶりの新しいガジェット。

 やはりなかなかすんなり使い方がわからない。

 特に頭を抱えたのが通知関連ですね。

 大部分の通知がこない。

 AppleWatchで通知が来なければ魅力の半分が….

 何が悪かったのか?よくわからないんだけど、段階的に各SNSやメールの通知が届くようになりました。

2019101207

 最後まで届かなかったのがLINE

 こんなのが出ちゃって。 でもTwitterを見る限り、iOS13にアップデート後ApplewatchLINEが届かないと言うTweetが散見された為、「バグなんだろうなぁ….」と思ってたら、これもいつの間にか通知されるようになり、これも解決済み。でも無料通話の着信がリアルタイムでプッシュ通知では表示されず、通知の履歴に表示されるのみとこれはちょっとどうかと思います。

 2週間以上経って、通知で不満なのはLINEの無料通話のみですね。

2019101208 

 時計盤はこんなにしています。

 タイマー、気温、バッテリー残量、アクティビティ、日時、降水確率、心拍数とメールのショートカット。ここまでみられると十分です。

 やっぱり情報量の多さが素晴らしい。

 通知はもちろん、メール、gmail、天気のチェック。音楽のコントロール。iPhoneを出さずとも色々見られるのはやっぱり便利だよね。

 でもこれをやりたいと思うけど、その方法が直感ではわからないことが多い。

 例えばApple Watch でスクリーンショットを撮る方法

ネットで調べると、2 本の指で Digital Crown とサイドボタンを同時に押すと出てくるんだけど、これをやってもできない。

 さらに調べると、iPhone で、Apple Watch App を開いて、「マイウォッチ」タブをタップして、「一般」をタップして、さらに「スクリーンショットをオンにする」をオンにして初めてできるようになるとか。

 こんなの絶対に調べないとわからねーよ!。

2019101209

 通知以外で「これはいいな」と思うのはマップのナビ機能。

 ナビの画面一つ一つを全てApplewatchで見ることが出来るのは便利。

 しかもApple Watch Series 5になり、コンパスがついたので向いている方向もわかるようになったからなお便利。

 あとiPhoneのミュージック、ポッドキャスト他のアプリも簡単な操作も可能。

 それこそ歩きスマホにならないもんね。

2019101210

 あと忘れ物防止で会社用ガラケーと家の鍵に忘れ物防止タグ「MYNT」を付けているんですが、これもApplewatchに通知がやってきます。

 これもかなり便利。

 Apple Watch Series 5の最大の特徴が常時表示。

 結構頻繁に時刻を気にする自分にとってはとっても重要な機能。

 今まではバッテリー消費を減らす為、今までは文字盤が顔に向いてないと文字盤表示が消灯していたんですが、文字盤が顔に向いてない時はリフレッシュレートを落とすことにより、Series 4時代のバッテリー駆動時間を落とすことなく常時表示を実現させてます。

2019101211  

 文字盤が顔に向いてない時は秒針が消えます。

 ちなみに新しくできたシアターモードに設定することにより、常時表示を止めることも可能。 

 映画館でも電源を落とすことなく、消灯させることができます。

 で、バッテリー駆動時間は仕様上では18時間となっていますが、自分の実感ではもっと持つと思います。

 使い方にもよるとは思うんですが、早朝起きて、深夜帰ってきてもバッテリー不足を気にすることは現時点は一度もありません。

 流石に2日間全く充電せずに使い続けるのはキツいとは思います。

2019101212

 充電ですが、このような非接触型の充電器なんですが、このままだとベルトが邪魔でちょっと使いづらい。

2019101213

 で、秋葉原の秋葉館にてこんなスタンドを買ってきました。

 

2019101214

 これならベルトがあっても簡単に乗せることができます。

 2週間使ってかなり使い方には慣れました。

 かなり快適に使ってます。まだまだ便利な機能があるだろうからこれからいろいろ勉強していくことにします。

 その次はランニング&ランニングアプリ編へ。

| | コメント (0)

人参作戦で健康増進(住友生命Vitality加入、Apple Watch Series 5購入 その1)

 9月20日金曜日の話ですが。

 ついに買いました。

 「Apple Watch Series 5GPSモデル)- 44mm スペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド S/M & M/L [MWVF2J/A]」

2019092301

 正直スマートウォッチ購入に消極的だった自分がなぜ購入に至ったのか?と言うところから。

 今までシチズンのアナログ時計(休日はTHE CITIZENつけてたり)と活動量計(MISFIT RAYを使っていました。

 アナログ時計好きだったし、MISFIT RAYさえあれば通知も受けられるし、そこまで不便じゃなかったんですよね。

 でも実はMISFIT RAYが数ヶ月前に故障して使えなくなりまして(3年で壊れるのはどうかと思う)。そのあと活動量計つけてなかったんですよね。

 

 「いつかは活動量計かスマートウォッチ買いたいな」と思っていたんだけどダラダラ時が流れていたんですが(仕事が7月末まで本気で忙しくてそれどころじゃなかったって話なんですが)。

 

 で、買うきっかけになったのが生命保険の更新でして。

 

 初春ぐらいに生保レディさん(私は社会人になってからずっと住友生命です)から連絡があり「そろそろ生保の更新を」って言われていたんですが、何分4月から7月まで土日含め仕事がいつ休めるかわからない状態だったので8月になってやっと更新の話し合いが始まったんですね。

 

 買ったマンションも団信入っているし、夫婦2人だし、ヨメも一応働いてるし、死亡給付よりも医療にウェイトを置いた保険の方がいいなって程度は希望があったんですが、

 で、紹介された生保が「ライブワン 未来デザイン 1Up Vitality

2019092302

 去年から住友生命が始めた新商品「Vitality」。スマホ、スマートウォッチを用いて、健康管理を行い、健康であればあるほど保険料の割引率が上がると言う保険プログラム。

 

 齢40過ぎて運動もおざなりでお腹周りも気になり始めた今日この頃。こう言う人参作戦で自分を追い込まないとなかなか運動しないよなって思いまして。

 時々プールで泳いだりはしていましたが、まぁ体型維持には貢献しておらず。

 

 妻とも話し合いもして更新後の保険はこれで行きましょうと。

 (死亡給付と医療給付のバランスも自分の希望通りのものになりました)

 

 保険は4段階のステータス

ゴールドステータス 割引率 2%アップ

シルバーステータス 割引率 1%アップ

ブロンズステータス 割引率 変動なし

シルバーステータス 割引率 1%ダウン

 

 生保レディさんから「とにかくブロンズはキープしてください!そうしないとVitalityやらない場合より保険料が高くなってしまいます!」とは言われました。

 

 ステータスは1年間の通算ポイントで決まります。

 ポイントになるのは喫煙、健康診断書の提出(BMI、血圧、血糖、コレステロール、尿蛋白の結果でポイント変動)、ガン検診、こころのチェック(アンケート)など。

 

 そして日頃の運動。

 1日8000歩で20ポイント、10000歩で40ポイント、12000歩で60ポイント。

 もしくは3060分の平均心拍数が一定の基準を超えた状態だと最高60ポイント。

 これでいかにせっせとポイントを稼ぐのと冬の健康診断までにもうすこし減量しないと

 

 一応ざっくりとした基準で週4512000歩歩けばゴールド、週34日でシルバー、週に1回8000歩けばブロンズぐらいだそうで。

 

 で、平均心拍数はスマートウォッチ必携な訳ですが(歩数でポイント稼ぎすれば必ずしも必要ではないが)、Vitality のサイトからヨドバシドットコムのサイトに入ってApple Watchを購入すれば最大24000円のポイント還元があるとのことで、それじゃあいい機会だし、買いましょうと。それでApple Watchを購入したわけです。

 

 Vitalityプログラムは9月9日からのスタートですが、Apple Watchの第5世代今月下旬には出ることは周知の事実だったのでApple Watchは出るまで待ってひとまずiPhoneのみでスタート。

 

 自分の通勤スタイルが前々から交通機関の利用を減らし、歩く距離を稼ぐスタイル。

 ですので多少頑張れば1日12000歩は週の半分は可能だろうなぁって予想はついてました。

2019092303

 最初の一週はこの通り、6日は12000歩クリア。

 翌週も5日クリアできました。

 なんとかしてシルバーは行きたいな。

 

 ちなみに1週間で140ポイント貯めると特典がもらえます。

2019092304

 先々週がスターバックスのドリンクチケット500円分。

2019092305

 先週がローソンのドリンクヨーグルト。

 いろいろ”人参”が登場します。

 なんとなく続けられそうな予感。

 折角なので、Apple watchを持つことだし、多少ジョギングを始めてみようかな?とApple Watchを予約中に約20年ぶりに走ってみたんですが、コレが本当に走れない。

 走ったり歩いたりの繰り返しでも5キロが精一杯。

 結構ショックでした。

 コレは本気で走らないと

 

 ってわけで話が長くなったのでApple Watchのことは次回で。

| | コメント (0)

STAR WARS ™ Identities: The Exhibition

2019091101

 9月11日の話ですが、なんとかして5日取らなきゃいけない有給休暇を無理やり使って東京天王洲へ。

 お目当ては8月8日から来年1月13日まで開催されているSTAR WARS ™ Identities: The Exhibition

 「スター・ウォーズ」の世界を体感できる大規模な世界巡回展。

 今冬にはSTAR WARS最新作「STAR WARS スカイウォーカーの夜明け 」が封切られますが、ちょうどいい前哨戦になります。

 今回の展示品は巡回展終了後近々ロスにLucas museumが完成し、そちらでの展示になる為STARWARSに関する展示はこれで国内では最後。

 是非とも行かないと!と。

 基本チケットは入場開始時間毎の前売り制なんですが、チケット発行手数料の関係でなんと当日券より50円高いと言う設定。

 チケットの販売状況を見る限り、とても売り切れるとは思えず、前売りチケットを買わずに訪問。

2019091102

2019091103

 この通り、待機列もなく、当日券も全く問題なく買うことができました(平日だと言うのもありますが)。

2019091104

 入場すると、説明を聞けるレシーバーとID付きブレスレットが渡されます。

 中に入ると、スターウォーズファンには涙モノの展示ばかり。

 2019091105 

2019091107

 ストームトルーパーはエピソード4〜6時代と7〜9時代が隣り合わせで置いてあって違いがよくわかります。

2019091108

もちろん、この2人も当然います。

2019091109

 左がエピソード1で初登場のバトルドロイド。 右がエピソード6で登場したジャバザハットの館にいたドロイドの管理をしていたEV監督ドロイドEV-9D9

2019091115 

  タトゥイーンに住むタスケンレイダー

2019091116

2019091117

 これタトゥイーンに住むジャワ族

2019091114

2019091111

 エピソード1で登場、ポッドレーサーのドライバー

2019091112

2019091113

 エピソード1〜3で大活躍のジャージャービンクスの初期デザイン。

2019091120

2019091122

2019091121

 これは見てみたかった!。エピソード4のクラウドシティにて登場したカーボン冷凍されたハンソロ。
 実物を見るとかなりリアルです。

2019091119

 これも楽しみにしていたエピソード6にてセールバージの中でレイア姫が着用してた衣装。す

 すっごくセクシーです。

2019091118

ジャバザハット。劇場版ではエピソード6が初登場ですが、特別編ではエピソード4からの登場。

2019091123

2019091124

エピソード5、6のヨーダ。

2019091127

2019091128

2019091126

2019091125

スターデストロイヤー他の戦闘機類。

スーパースターデストロイヤーエクゼクターが展示されてなかったのが残念。

Xウイングも来てませんでしたね。

Xウイングは過去の展示会で来ていたと思うんですが、スーパースターデストロイヤーは一度も展示されたことがないと思うのよね。

2019091130

2019091131

みんな大好きミレニアムファルコン。

原画の展示もありました。 

2019091132

エピソード4他で出てきたXウイングのパイロットスーツ。

よく見るとワークマンとか売っている作業服を改造したもの。

2019091133

エピソード5 クラウドシティでのレイア姫とランド

2019091134

エピソード5 クラウドシティのハンソロ

2019091135

 そしてチューバッカ!

2019091137

 エピソード1〜3。パドメの衣装各種。

 最後の展示区画にあったのが

2019091136

 エピソード2かな?。タトゥイーンでのアナキンの衣装とスピーダーバイク

2019091138

 ジェダイ評議員とルークですね。

 

 そして最後は彼です。

2019091139

2019091140

 過去の展示会でもダースベーダーは必ず展示されますが、なんだかんだ言ってもスターウォーズの主役はダースベーダーなのですよ。

2019091141

2019091142

 今回はエピソード6、エピソード3で登場した頭部の展示も

 これは興味津々。

2019091143

入口で受け取ったID付きブレスレットを身に着け、会場内にある10カ所のインタラクティブスペースを巡って、質問に答えると、自分オリジナルのキャラクターを作ることができます。

メールアドレスを登録すれば、持ち帰ることでもできますが、お金がかかっている割にはどうでもいいかな....。

過去の展示会と異なるのは全て撮影可能だと言うこと。

過去の展示会は全て撮影禁止だったんですよね(おそらく目録を売りたいからだと思うけど...)。

おそらくこれらの展示が今後はもう国内では最後だと思うので、見る価値はあるかな?とは思います。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

«最後まで函館を満喫(2019函館旅行3日目 その2)