大阪ナイト(京都大阪旅行1日目その3)

 大阪駅到着。

 前回の大阪が12年前ですので、比べる方がおかしいんですが、変わりましたね...。

 大阪駅で地下道で西梅田まで歩き、四つ橋線に乗り換え。
 一つ目の肥後橋駅から直結のAPAホテル大阪肥後橋駅前にチェックイン。

2018040636

 フェスティバルホールに「あさが来た」でおなじみ大同生命の本社ビルが目の前でした。
 
 こちらを選んだのは割安で、ツインが空いてて、大浴場が有り、なにより北新地から近いこと。
 北新地で飲みすぎて終電乗り遅れても大丈夫。

2018040637

 ラビリンスな大阪駅地下街を潜り抜け、梅田貨物駅跡地の再開発エリアにあるグランフロント大阪へ。
 このころにはとても雨と風が強くなってました。この日はグランフロント大阪前の広場でジムビームのハイボールのイベントが行われておりましたが、風が強すぎてとても飲む気にならず。

2018040638

 2013年に大阪最後の一等地として生まれた大型商業施設。

2018040640

2018040641

 エレコムの直販店、やパナソニックのショールームがあるあたりが流石大阪です。

2018040639

 そしてこれまた大阪生まれの一流企業、サントリーがウイスキーの情報発信拠点として作った施設がSUNTORY WHISKY HOUSE

2018040643

2018040644

2018040645

 サントリーの歴史資料の展示、ウイスキー樽を家具やインテリアに再生商品を扱う、「サントリー樽ものがたり」のショールーム。
 実は昔は東京にもショールームがあり、我が家のダイニングテーブルはこちらで買ったものだったり。

2018040646

 とっても素敵なキャビネットがあり、ヨメさんが一目ぼれ。結構買う気だったり....。

2018040647

 夕食はこの施設の一角のウイスキーダイニング WWW.W(フォーダブリュー)

2018040648

 ウイスキーに合う食のマリアージュを前面に出したサントリーのダイニングバー。

2018040649

 隠し味にマッカランとシェリー酒を使った「奥丹波どりの唐揚げマッカランとシェリーの香り」

2018040650

 白州ソーセージを使った「スモークを効かせた白州ソーセージのピッツァ」

 ハイボールとウイスキーの最高のアテで腹ごしらえ。

 そこから大阪環状線に乗り、桜ノ宮に移動。
 
 桜ノ宮駅駅西出口より徒歩で1分。

2018040651

 訪れたのはBar Leigh ISLAY
 オールスタンディング、10名入るか入らないか?。とっても小さなお店。
 こちらの店の主が昨年度のWORLD CLASS日本大会で優勝し、世界大会でトップ10に入った槇永優さん。

2018040652

2018040653

 ジントニックとウォッカと日本酒を用いたオリジナルカクテル「Island martini」をいただきました。美味しかった!。

 大阪駅から2駅ですが、もう桜ノ宮は住宅街になるのかな?(大阪の地理疎くてすいません)。
 お客さんはみんな普段着の常連さんのThat's地元bar。
 常連さんと野球の話で大盛り上がり。
 地元で飲んでいるかの様にくつろぐことができました(槇永さんそっちのけだったけど.....)。
 
 大阪環状線で大阪に戻り、北新地へ。

2018040654

 向うは2016年WORLD CLASS世界大会準優勝 藤井 隆さんがいるBar Kさんへ。

 Mixology Laboratoryの周年イベントで藤井さんとお会いして以来、一度来てみたかったお店。

2018040655

2018040656

2018040657


 カクテル2杯、ウイスキー1杯。
 こちらでもお隣の常連さんの関西のBar事情でいろんなお話を。

 結局0時ちょっと前まで飲んでおりました。楽しかった、美味しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2度目の山崎蒸溜所(京都大阪旅行1日目その2)

 JR京都駅から電車で15分程度。

2018040623

2018040624

2018040625

 京都と大阪のちょうど府境にある、日本ウイスキー発祥の地、サントリー山崎蒸溜所

 前回訪問が2006年の夏、実に12年ぶりの訪問。

 この12年でウイスキーを取り巻く環境が一変しました。

 ちょうど前回訪問した2006年ごろが日本のウイスキー出荷量が最低を記録した時期で、ハイボールブームがやってくるのはそれから3~4年後の話。
 サントリーも海外でのウイスキーのコンペディションで最高賞を受賞していたものの、まだ海外でのジャパニーズウイスキー需要はまだまだ少なかったころ(特にアジア圏)。

 当時は蒸溜所見学も事前予約の必要もなく見学は全て無料、来場者も少なく、見学後の無料試飲も特別制限もなし。パンフレットを持参すれば、無料でノベルティまでもらえるサービスっぷり。
 そこまでウイスキーの人気がなかったんですな。

 それが、有料の工場見学が、2か月先まで満席。原酒不足で一部プレミアムウイスキーが休売に追い込まれる事態に。

2018040626

 工場からは出荷寸前の響17年白州12年が。
 どちらも酒販店、飲食店には今年中に原酒不足を理由に休売を告知されているウイスキー。すでに店頭でお見かけすることはほとんどなく、ネット販売のサイトを見ても定価をはるかに上回る高額で販売されています。
 う....定価で売って欲しい。

2018040627

 蒸溜所見学できない我々が訪れたのは山崎ウイスキー館

2018040628

2018040629

2018040630

 蒸溜所見学ツアーの集合場所の他、サントリーのウイスキーの歩みを知る為の展示物が。

2018040631

2018040632

 多彩な原酒やウイスキー数千本が並ぶウイスキーライブラリーはとってもフォトジェニック。
 ウイスキーライブラリーは昔のままですが、それ以外の展示はずいぶん変わりましたね。

2018040633


 市販されているウイスキーを格安に、そして販売されているシングルモルトウイスキーやブレンデッドウイスキーの貴重な構成原酒を有料にて試飲できるテイスティングカウンター。

 山崎18年、25年、響17年、21年、30年も今やBARにはあっても店頭に並んでいることはほぼ並んでないので、割安で飲む絶好の機会となります。

2018040634

 私たちは響17年、そして響17年の構成原酒、スモーキーフレーバーとミズナラ樽原酒を試飲。
 構成原酒はどちらも空気に触れさせることにずいぶん味わいが変わるとてもおいしいモルトでした。
 また、これらのモルトにグレーンウイスキーがブレンドさせることにより出来上がる響17年。
 グレーンウイスキーの役回りを再認識させられる試飲となりました。

2018040635

 で、驚いたのが来場客。
 平日の金曜日だと言うのもあるんでしょうが、実に9割以上が外国人観光客。
 有料試飲は行列。
 12年前では考えられません。
 有料試飲の傾向として、構成原酒よりは市販されているウイスキーを飲んでいる人が多いような。
 前述の長期熟成のウイスキーも飲む機会はあまりないですからね.....。

 ギフトショップでも知多や響以外のブレンデッドウイスキーは有りましたが、響や白州、山崎は販売無し。
 ただ山崎の2017年リミテッドエディションだけが一人1本で販売されており、それは購入。

 蒸溜所まで来てポットスチルも熟成庫も見れないのは悲しいばかりですが、驚きの蒸溜所訪問になりました。

 山崎から大阪に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都1日目(京都大阪旅行1日目その1)

 休日出勤の振り替えを利用して4月6、7日と京都、大阪にフォト散歩&バー巡り旅行に行ってまいりました。

 「大阪はホテルが取りづらい」って話を聞いていたので、ホテルだけは早々に確保。
 せっかくの大阪なので、12年ぶり山崎蒸溜所見学を考えたんですが、最近のウイスキーブームや外国人観光客の増加で予約制になった山崎蒸溜所は2か月近く前に予約を取らないと蒸溜所見学は出来ない状態。ギリギリまでキャンセルが出てないか予約サイトをチェックし続けましたが、最後まで夫婦2人分が空くことはありませんでした。

 本当であれば、桜の見ごろだったんですけどね.....。今年早過ぎですよ。桜の開花。

 6日、1日目

2018040601

 東海道新幹線のぞみに乗って9時過ぎには京都駅到着。

2018040602

 コインロッカーに荷物を預け、地下鉄烏丸線に乗り換え、今出川駅へ。

2018040603

 まずは駅前にある同志社大学今出川キャンパスへ。

2018040604

2018040605

 旧薩摩藩邸の跡地で140年以上の歴史があり、当時からの建物も多く現存しているノスタルジックなキャンパス。

2018040606

 礼拝堂も創立当時のもの。
 ソメイヨシノはだいぶ散ってましたが、枝垂桜など、他の桜はまだまだ見ごろ。
 
 新しい建物もレンガ造り風に統一しており、とっても素敵なキャンパス。
 こんな大学でキャンパスライフを過ごしたかったな....。

 そこから同志社前からバスに乗り、銀閣寺道まで。

2018040607

 銀閣寺には寄らず、哲学の道をお散歩。

 日本画家、橋本関雪の夫人が大正時代に植えた桜のおかげで桜の名所に。 
 ほとんど散ってましたが、そのおかげで琵琶湖疏水はご覧のとおり。

2018040608

2018040609

2018040610

 見事な花筏となっておりました。まさに桜のじゅうたん。
 これをあえて狙って来ているアマチュアカメラマンもゾロゾロ。

2018040611

 哲学の道はずっと桜並木、これが満開ならさぞかし素敵だったんだろうなぁ....。

2018040612

 桜吹雪も吹いてくれたんですが、まぁ上手く撮れないね。

2018040613

 途中から哲学の道を離れ、岡崎神社へ。

2018040614

2018040615


2018040616

 かつて付近一帯が野兎の生息地であったことから、うさぎが氏神様の神使とされており、境内はこの通り、うさぎだらけ。

2018040617

 ちなみに子授け・安産、縁結び、厄除けの神様でございます。

 当初この日は15時頃から雨予報だったんですが、哲学の道の散策中から雨が降り始め、岡崎神社に着いたころには傘を差さずにはいられない状態に。
 傘を差しながらのフォト散歩も辛いので、ここでフォト散歩を中断。

 お昼を食べて、そのあと蒸溜所内部の見学は出来ないけど、山崎蒸溜所へ向かうことに。

2018040618

 お昼は岡崎円勝寺町の古民家・おばんざいカフェ卯sagiの一歩

2018040619

2018040620

2018040621

 古民家をリノベーションした京都のとても素敵なカフェ。

2018040622

 頼んだのはこちらの定番ランチ、おばんざいセットドリンク付き(ゆず酒を選択)。メインディッシュは9種類選べるうち、梅しそはさみ揚げを選択。

 これだけ品数多くて1600円(税込)。とってもおいしく頂きました。

 地下鉄東西線東山駅から烏丸御池乗換で京都駅へ。そこから京都線で山崎駅に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年桜めぐり

 記録的な開花の早さだった今年の桜。
 先々週、先週末とカメラ片手に桜めぐり。

 24日は夜に赤坂で用事があったので、都内へ。

 外苑前で下車して、まずは名所の一つ青山霊園へ。

2018032401


2018032402


2018032403


2018032404


2018032405


2018032406


2018032407


2018032408


2018032409

 それなりに見物客はいましたが、新宿御苑や上野に比べれば空いていたんじゃないのかな?。行列もないし、好き勝手写真撮れるし。まぁ墓地なので、レジャーシート敷くわけにもいかないし、座ることもままならない場所ですからねぇ。でも一直線の桜並木は圧巻です。


 続いては六本木ヒルズの毛利庭園へ。
 桜の本数は少ないですが、綺麗な庭園の中の桜は素晴らしい。
 そもそも観光名所なので、見物客は多め。

2018032410


2018032411

 六本木ヒルズから(六本木の)ミッドタウンへ。


2018032412


2018032413


2018032414


2018032415


2018032416

 この通り、裏手の桜並木はこの通り。
 満開とは言わないまでも十分見頃。
 見物客もかなりの人。


2018032417


2018032418

 こちらのさくら並木沿いでは今まで白州森香るハイボール他色々なお酒絡みの販促イベントをやってますが、この日はオーストラリアのスパークリングワイン、シャンドンのロゼのイベント開催中。
 ロゼワインを見ながらの花見、素敵!。
 でも結構ワインもフードもイベントの割にはなかなかのお値段でしたが、座るのにもワインやフードを買うのにも結構な順番待ち。
 私は次があるので並びませんでしたが、ちょっとびっくり。

2018032419


2018032420

2018032421


 翌日25日は地元横浜の三ツ沢公園
 こちらは宴会真っ盛り。

2018032501


2018032502

2018032503


2018032504


2018032505


2018032506


2018032507


2018032508


2018032509


2018032510

 横浜駅周辺。

2018032511


2018032512


 ここまでがデジタル一眼レフNikon D600での撮影。しかも本当に久し振りにRAWで撮影してみました。
 さらに先日のCP+で1ヶ月お試し権をもらえたAdobe Lightroomを使って手直し&現像処理。
 使い方は全然わからないけど、Macでやりかけの作業をそのままiPadで継続して作業できるのがとっても便利。もう少し勉強してみようかな?。


 31日土曜日は1日中仕事、4月1日は祖母の法事でさいたま市大宮まで。
 流石に一眼レフでは…とRX100M5で。セカンドバッグにも入るのが便利です。
 
2018040101

 天台宗慈眼寺。大宮では最古の寺院らしい。
 昔はよく来てました。
 
2018040102

 残念ながらソメイヨシノはかなり散ってましたが、枝垂れ桜が見頃でした。

2018040103


2018040104


2018040105

| | コメント (0) | トラックバック (0)

逆流性食道炎

 今月初めの話。
 年に一度の人間ドックでした。

 普段は胃の検査はバリウムなんですが、7年前に胃のポリープが見つかり、その際胃カメラ飲んで良性なのは確認したものの、それっきりだったので、久しぶりに胃カメラ飲んでみようかな?と。
 前回の胃カメラは鼻からでしたが、今回は口から。想像よりは苦しくなかったけど、やはりキツかったっすね。

 で、受けて早々、「逆流性食道炎」と全く想定外な診断が。

2018032301

 これが、食道の画像。
 特に左上が爛れているんですね。

 「胸焼けとかしてないの?。本当に自覚症状ナシ?」と人間ドックの先生に言われ慌てる自分。

 「できる限り早く医者に行って治療した方が良い」と言われ、定時に会社を出て、会社の近くの、かかりつけの病院に。

 持参した胃カメラの画像見せて、話し合いの末、自覚症状ないなら1ヶ月胃酸を抑える薬飲んで、半年後に再度胃カメラ飲みましょうと言うことに。

2018032302

 これが胃の画像。
 ポリープ、きっちり残ってます。

 まぁ原因として、ストレス、脂肪の多い食事、カフェイン、アルコールの取り過ぎ、食事の後直ぐ横になる、運動不足など、思い当たる節はいくらでもあるだけに、当分の間は摂生しないと....

 でも酒だけはやめられません!。
 減らしはしますが....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CP+2018

2018030301

 先週の話ですが、今年も行ってました>CP+。

 正直、そこまで「これ買う〜!」ってものはないんですが、まぁ恒例ですので。

 まずは見てきたものを。

2018030302

 まずは一眼レフを愛用しているニコンさん。

 昨夏にD850が発売され、想定を超える売れ行き&1月に発表され、発売間近だったAF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VRがあったこともあってか、主だった新製品発表はナシ。フルサイズミラーレスの開発発表があるか?って噂話がありましたが、それもなし。
 AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VRのタッチアンドトライもありましたが、並ぶのが面倒で一切試さず。だって高過ぎて.....。


2018030303

 キャノンさんはついに発表、EOS Kissのミラーレス版
 EVFも高性能化して、いよいよ切り替えるタイミングだと思ったんでしょう。
 キャノン、ニコンもフルサイズのミラーレス機の開発も噂されているだけに、まずはEOS Kissをミラーレス化して、様子をみようと言うところでしょうか?。

 これの売れ行き次第で一眼レフデジカメの流れが決まるでしょう。

2018030304

 あとは何と言ってもスピードライト 470EX-AI

 シャッターボタンを押すだけで最適なバウンス角度に調整してくれると言う優れもの。
 「こんなことができるのか!」と驚かされます。
 カメラの角度を変えて、いろいろ動かすとまぁとっても面白い、

 元気がいいなぁって思うのが、SONYと富士フイルム。

2018030305

 SONYのフルサイズミラーレスの新製品、α7IIIがCP+に合わせて発表、それでも高いですよね....αシリーズ、レンズも。α7IIIだって20万以上だもんねぇ。
 それでも最近、αシリーズも持っている人を見かける人が多くて驚きます。

2018030306


 望遠レンズが少なく、花鳥風月用と言う印象があるαシリーズですが、参考展示ながら400mm F2.8の参考展示がありました。
 いよいよプロユーズ相手に本格的に乗り出す構えなんでしょう。
 高感度は魅力的だよね....。

 富士フイルムはCP+の期間中に新しい一眼レフデジカメ、X-H1がイチオシと言うところでしょうか。
 でも自分としてもXシリーズはX-Pro2のような、持っていてカッコがつく、街撮りしていても違和感がないスタイルが魅力なんだと思うんですよね....。自分も以前までX10を使っていたんで、Xシリーズの魅力は分かっているつもりです。
 
 正直、Xシリーズいいなぁ....って思うんですが、フルサイズ一眼はニコンでレンズもそこそこ揃えているし、妻がオリンパスでそれなりに揃えているので、さすがにさらに新しいマウントを買うのは.....。

2018030307

 自分的にはどちらかと言うと、アルバムなどの撮ったものをどう活用するか?の展示の方が興味があったり。
 ほとんどの写真家の方が仰ってますが、パソコンの中に入れっぱなしではいけないのです、写真ってものは。

 いつも驚かされるシグマさんは105mm F1.4 DG HSMの開発を発表、開発中の製品を参考出品。

2018030308

 105mmで三脚座付き!。デカっ!。

2018030309

 この製品についてはこれもお馴染み山木社長本人のステージにてお話を聞きました。

 初めて開発機を見たときは「こんなに小さい300mm F2.8、ウチにあったっけ?」と思ったそうで。
 そりゃそうだよね。
 現時点では発売時期今年中頃、価格は未定。

 またシグマは既存のレンズにおいて、新たにSONY FEマウントに対応させることを発表。
 そこで印象に残ったのが、FEマウント(ミラーレス)にだとカメラは小さくなるけど、レンズは広角以外は小さくならないと言うこと。もう50mmではミラー付きでもミラーレスでもレンズの大きさには差をつけることはできないようで。
 それでも今後FEマウント専用のレンズの開発を検討しているとか?。まぁキャノンもニコンもいつかミラーレスを出してくるでしょうし、フルサイズミラーレス用レンズの開発を今から初めても損はないんでしょうね。

2018030310

 CP+のタッチアンドトライのブースで気になったのが、各社のこの案内。

 つまり自分のカメラでタッチアンドトライのモデルを撮るなと。
 まぁただブースが混むだけでメーカーからすれば何の得もないですからね。

 よくスゴい装備でCP+に着て、コンパニオンのおねーちゃん撮ってる人よくいますよね。
 CP+は新しい製品、なかなか試すことのできない製品を試す場、有名なカメラマンのステージを聞いて、写真生活をさらに豊かにする場だと思っているんので、一度もそう言う写真撮ったことないんですよね。
 今回は土曜日はD600AF-S NIKKOR 50mm f/1.4Gをつけていきましたが(レンズを試すため)、日曜日はコンデジのみで行きました。混雑している会場ですから極力軽装がいいのです。

 あとはステージ聞いてばっかり。
 やっぱり見てしまう鉄道写真家中井精也先生。

2018030311

 SONY、NIKON両ブースで聞きました。
 いつもそうですが、中井先生のステージは混むよね....。

2018030312

 BSフジ「東京会議」がきっかけで一躍有名なXユーザーとなった松任谷正隆氏。
 コレまた東京会議でお馴染みの富士フイルム上野氏とのトークショー。
 東京会議で繰り広げられた写真対決の裏話など。

2018030313

 写真の楽しさを教えてくれる内田ユキオ先生のステージ。
 カメラ持って出かけたくなってきたー!。

2018030314

 最後に聞いたキャノンの航空写真家ルークオザワ先生のステージ。
 毎度ながらルーク先生の写真は素敵です。
 飛行機を眺めるのも大好きだし、航空写真撮りたいなぁってのは昔から思っていたりするんですが。

 実はちゃんとした望遠レンズを持ってないんですよね。
 一番望遠が効くのがタムロンの28-300mmのズームレンズなのですが、自分が初めてデジタル一眼レフカメラを購入した直後に格安で譲り受けたフィルム時代の代物でして、画も悪いし、オートフォーカスはメチャクチャな遅さ。
 買い換えたいなぁとは思ってはいるんだけど、300mmぐらいの持ち運びしやすいレンズを買うか?。それともせっかくだから飛行機等を撮ることを前提に500mm以上の超望遠ズームレンズを買うか?。

2018030315

 タムロンのブースでSP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2は触ったんですよ。
 「コレで飛行機撮りたいな…」って気持ちはあるんですが、それよりiMacをそろそろ買い換えたいんですよね…。
 今はApple純正の写真アプリ使っているけど、これもイマイチなので、写真管理をLightroomに替えたいな...ってね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone6s 2度目のバッテリー交換

 現在、スマホは2015年に購入したiPhone6sを使ってます。

 今まで2年の割賦払いでキッチリ2年おきに買い換えていました。
 で、昨年秋がいつもの買い替えタイミングだったんですが、iPhoneXはあまりの値段の高さ、そして破損しやすいと言う悪評。  
 じゃiPhone8と言う選択肢になるんですが、革新的な上位機種があるのにそれを買うのか?と言う迷いがあり、買い替えの決断が出来ず、ダラダラと。

iPhone6sに不満がなかった訳ではなかったんです。
まずは何よりバッテリーの劣化。明らかにバッテリーの持ちが以前に比べ悪い。そしてアプリの起動に時間がかかるのと、よくアプリが落ちる。

 そんな中、昨年12月に流れたiPhoneユーザーには衝撃のニュース、「iPhoneのバッテリーとパフォーマンス」問題。

 で、思ったのが、「自分のiPhoneの調子の悪さはバッテリー劣化が原因?」
 Appleに対する腹立たしさより、原因がわかったスッキリ感の方が強かったなと。

 その後、Appleがどのような対応をとるか?静観。

 そして年末のバッテリー交換大幅値下げの発表!。
 これでほぼiPhoneの買い替えの線がなくなりました。とりあえずバッテリー交換して様子を見ようと。

 年明けに最寄りのサービスプロバイダにまずは電話連絡(結構長い間、電話中だったな…)。
 値下げした価格で作業を行なっているか?、バッテリーの在庫あるか?を確認。
 すでに値下げした価格で作業を行なっていること。iPhone6sのバッテリーの在庫は潤沢であることを確認。

 予約はしないが、朝一番で行くことを伝えると、そこで注意事項を言われたんですが。
 バックアップを取ること、「iPhoneを探す」をOFFにすることは前回のバッテリー交換の際に知っていたんですが、そこで「OSも最新にしてください」って言われる。

 「えっ!OS上げるの!?」実はOSは10のままだったんですよ。
 理由は最新のiOS11だと32bitアプリが使えなくなること。

2017011301

 最後まで残ってた64bit対応してないiOSアプリ。

 Bylineは別アプリで64bit版が出ていることはわかっていたんですが、結構いい値段出して買った「家庭の医学」は別アプリで再度買い直さないければいけない。Eye-Fiは全てサポートが終わっているので、確実に使えなくなります。E-P5のガイドブックはもうしようがないですよね。

 家庭の医学の内容はまぁ本当にいつか必要なれば買い換えればいいし、Eye-Fiも正直なところ、FlashAirを買ってからほとんど使ってないし、どっちみちいつかはOSは上げなければならなくなるしな…と思い、交換前夜にOSを最新版にアップグレード。

2017011302

 1月6日にサービスプロバイダ、横浜モアーズのカメラのキタムラに開店前に到着し、待つことなく対応してもらいました。

2017011303

 初期診断でバッテリーの劣化状況や他に問題がないか?のチェック。
 診断結果では自分のiPhone6sはAppleが定めたバッテリー交換が必要な基準まで劣化はしてないらしい。それでも明らかに以前に比べバッテリーの持ちが悪いので交換を依頼。
 (バッテリーの劣化状況に関係なく今年いっぱい1回限りディスカウント価格で交換してもらえる)

 総トータルで所要時間1時間半ぐらいかな?。

2017011304

 iPhoneはデータが一切消去されずに帰って来て、早速色々試して見ましたが、iOSを11にあげたのが原因か、バッテリー交換が原因なのか?はよくわかりませんがとにかく明らかにアプリの起動速度が早くなり、アプリの突然ダウンもなくなり、とっても調子が良くなりました。

 これで決めました。iPhoneXの後継機種が発売されるまでは買い換えずに行きます!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タカナシミルクレストランのフレッシュチーズ&クリーム バーランチ

 年末(大晦日)の話ですが、

 29日までお仕事でしたが、年賀状も、大掃除も松飾も終え、ちょっとお出かけ。

2017010601

 近場のみなとみらい。
 普段土日はいつでも多くの観光客で混雑しているみなとみらいもこの日ばかりは空いてました。

2017010602

 お目当ては10月にクイーンズスクエアにオープンしたタカナシ乳業直営のレストラン「タカナシミルクレストラン」。

2017010603

 地元横浜市の企業、タカナシ乳業の直営レストランと言うこともあり、かなり気になっていて、実はずいぶん前からお店の前を通り過ぎてはいたものの、あまりの混雑でスルーしていたんですよね。

 この日はランチタイムど真ん中でしたが、約40分程度の待ち時間(私たちが帰るころには10~20分程度で入れそうでした)で入店。

 オープンしたてだと言うのもありますが、とっても素敵な内装。

 土日休日は11時から17時まではランチタイム。それ以降がディナータイム。
 (平日は15時から17時までカフェタイム)

2017010604

 ランチはパスタ、サラダ、メインディッシュ(この日はハンバーグ)、ラクレットドリア、スープ、カレー、ステーキのうち、どれかを注文するランチプレートが基本。これにオプションで飲み物やデザートを注文。
 そしてこちらのお店の一番のウリはランチプレートについてくるフレッシュチーズ&クリームバー。

2017010605

 毎日5種類のフレッシュチーズやクリームが用意されていて、パンや、蜂蜜、ジャムと一緒にいただきます。
 一番最初に全種類を出してもらいますが、それを食べきったら食べ放題。

2017010606

 私はランチプレートはラクレットドリアを注文。
 ラクレットチーズたっぷりのドリアはとっても美味しかった。
 この日のフレッシュチーズ&クリームバーはモッツアレラチーズ、サワークリーム、リコッタチーズ、マスカルポーネチーズ、フロマージュブランデゥノルマンディ。
 サワークリーム、マスカルポーネチーズがとってもお気に入りになりました。

 結構満足度は高かったな。
 今度は夜にも来てみたい。

 ちなみにここに置いてあるチーズやクリームはタカナシ乳業のECサイトで売っているようで。
 まぁタカナシ乳業としてはココで同社の製品の良さを知ってもらって、ECサイトでの購入につなげたいと言うのが狙いなんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青山学院大学 四連覇(箱根駅伝)

 すごい底力でしたね。

 青学大が箱根4連覇、東洋2位…早大が健闘3位:読売新聞

 出雲、全日本と東海、神奈川が勝利し、大学駅伝に新たな風が吹くか?と予想された箱根駅伝。

 終わってみれば、ディフェンディングチャンピョンの底力を見せつけられた94回目の箱根となりました。

 往路は4年ぶり優勝、10年連続3位以内を目指す東洋がリードする展開。
 東洋は登録メンバーのうち、4年生がたった一人、1年生が4人も箱根路を走るという低学年っぷり、来年以降がたのしみですね。

 青学は好走するも、箱根ゴールでは東洋に追いつけず36秒差の2位。
 前評判が良かった東海は9位、神奈川は15位。

 また5区では昨年の青学神野選手の区間記録を4人が破ると言う展開。
 5区に多くの大学が力を入れてきた証拠と言えるのでは?。

 復路は青学の独壇場でしたな。6区途中で東洋を抜き去り後は一人旅。
 6区小野田、7区林、8区下田と連続区間賞。
 特に林選手は区間新。去年までとは異なる展開で史上6校目の4連覇を達成。

 6位法政、7位城西、8位拓殖と検討する中、古豪駒沢が9年ぶりのシード落ち、神奈川も13位、中央も15位と大学の駅伝勢力図もずいぶん変わったことを印象付ける94回目の継走となりました。

2018010201

2018010202

2018010203

2018010204

2018010205

2018010206

2018010207

2018010208


2018010209

2018010210

2018010211


2018010212

 ちなみに今年も2区西横浜駅周辺にてカメラ片手に観戦。
 ランナーなんて1年に1度しか撮らないので、うまくなんかなるわけないわけで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

 2018010101


あけましておめでとうございます。
 本年も当blogをよろしくお願いします。

 更新ペースがさらに落ち込んでますけどね。少しは書きたいんですがなかなか…。

 昨日は例年通り、地元神社で初詣に行って、実家でお正月満喫。
 帰りに日頃お世話なっているBarで縁起の良いこんなウイスキー飲んで帰ってまいりました。

 さぁこれから箱根観戦でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«献血117回目