ー鳥たちのき煌めきIIIー 高円宮妃殿下 写真展

 これまた先週の話ですが。


2017030501


 横浜本牧の三渓園へ。


2017030502


2017030503



 三渓園の毎年恒例の観梅会の最終日。
 残念ながら梅はかなり散ってたり(最終日ですからね)。


2017030504

 そんな中、花より団子って訳ではないですが。


2017030505

 最終日のイベントとして、お囃子の披露も。

 この日三渓園に来たのは梅ではなく。こちら。


2017030506



 ー鳥たちのき煌めきIIIー 高円宮妃殿下 写真展

 高円宮妃久子殿下が自分で撮影された野鳥の写真展。

 ご存知、高円宮憲仁親王の妃。

 サッカーファンならサッカー関連のイベント等にずいぶんとご出席されているんで、ご存知な方も多いはず。
 最近では東京オリンピック誘致の際、皇族として活動可能なスレスレのラインで誘致にご尽力され、誘致成功の最大の立役者との声も。

 そんな久子妃殿下のライフワークが根付の研究と野鳥や自然環境の保護、野鳥の写真撮影。
 NGOバードライフ・インターナショナルの名誉総裁を務められたり、雑誌「婦人画報」で根付と野鳥の連載もしていたりと。

 鳥好きは旧姓が「鳥取」だったのも起因しているそうで。随分と珍しい苗字で…(かなりの名家です)。

 野鳥の写真撮影と言ったら最もハイスペックなカメラ、レンズが必要なカテゴリー。
 2010年のワールドカップにて華奢な身体ながら、当時のニコンのフラッグシップカメラD3を使用されていたりと、ガチで写真撮影をされていると思われます。

 (館内は撮影禁止でした)
 会場は三渓園を作った原三渓の住居であった鶴翔閣だった訳ですが、流石は日本のプリンセスの写真展と思わせる純和風な優雅な展示。

 こちらを参照を

 戸塚舞岡公園(妃殿下が舞岡来てるんだ、とビックリした)から、ポーランド、南アフリカまで。様々なスポットでの野鳥の写真を展示。


 見れば「コリャ生半可にはやってないな」とわかる写真ばかり。

 全写真が全て久子妃殿下の解説付きで掲載されているパンフレットまで無料で、とてもお得感満載の写真展でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CP+2017

 もう2週間近く前の話ですが、今年も行ってました>CP+


2017022501_2


 でもね、あんまりじっくり見なかったんですよね。

 金曜日も休みをもらって行ったんですが、夕方から、先述の披露宴だったし、土曜日は会場入ってすぐに仕事のトラブルで召集がかかってしまい、ほとんど見れずじまい。

 日曜日も早めに会場を出るスケジュールだったし。

 なにより、見たいものがさほどなかったってのと、セミナーにも積極的にならないって言うか。

 一番の原因は一番のご贔屓であるはずのニコンさんの元気のなさ。

 去年CP+で発表された高級コンパクトデジカメ、「DL」がCP+直前に発売中止が発表され、さらに予想を上回る赤字見通し、そして1000人規模の希望退職とガッカリな話題ばかり。


2017022502_2


 「何かCP+でビックリするような発表があるかも?」って期待をしましたが、そんな期待はあっさり裏切られ、ニコン創立100年記念で発表されたのは、既に発売されているフラッグシップカメラやレンズに100周年の記念ロゴが入ったものだけ。

 ニコンさん、これは寂しいよ...。




2017022503_2


 あとは100周年記念として、過去の製品の展示コーナー。

 こんなのニコンミュージアム行けば見られるじゃん...。




 そんな中、元気がよかったのはソニーと富士フイルム。



 ソニーが一番フロア面積が大きかったのでは?。

 Gマスターレンズも売れているのかな?。とっても高いけど。
 今考えると、早い段階でフルサイズレンズ交換式一眼カメラもミラーレスを販売したのは正しい判断だったのかな?と。


2017022504_2


 中井精也先生もどちらかと言うと、ソニーメインになっているような。

 実は去年の夏ごろからX10の代わりとしてニコンDLを買う気満々だったのが、今回の発売中止で全て0になってしまい、その代わりとして、DSC-RX100シリーズを検討しているわけなんですが、一長一短なんだよなぁ...。まぁでももう今後ズームレンズ付き高級コンパクトは各メーカー積極的に商品展開してくれるとはとても思えないので、このあたりが妥協点なのかな...と思ってたり。何より小さいってのが魅力。しかもこの小ささでファインダーもストロボもついていると言うのはすごいよね。



2017022505_2

 宇宙ステーションにα7SIIが載せられたんですね。
 以前は宇宙と言えばハッセルブラッド後はニコンの独壇場でしたが。



2017022506_2


 富士フイルムは何と言っても中判ミラーレスカメラ「GFX」が目玉中の目玉。



2017022507_2


 タッチアンドトライも常に1時間待ちだったなぁ。


2017022508_2


 実はCP+より前に六本木ミッドタウンの富士フイルムスクエアにて触れることができたので、その時の実感ですが、やっぱり中判カメラと思えばベラボーに軽いですよね。
 (これでハッセルやペンタックスは中判カメラを見直さざるを得ないんだろうなぁ)
 あとは何よりAFがおりこうさん。



2017022509_2



 開発陣のトークショーを拝聴しましたが、「5000万画素級だともうミラーの振動で解像度がかなり落ちる」「シャッターの振動もかなり抑える努力をした」ともうこれからはミラーレスが全盛になるんでしょうか?。東京五輪の際は出てくるであろうキャノンやニコンのフラッグシップカメラはミラーレスで出てくるかも...。



2017022510_2


 ペンタックスの超高感度APS-Cデジカメ「KP」。最高感度ISO819200ですって。

 撮る風景にもよるだろうけど、25600までは全く問題なく使えるのでは?。



 見てて印象的だったのがカシオのブース。
 コンデジオンリーのデジタルカメラの祖はオンリーワン路線で、メインは女性狙い。
 「如何にインスタグラムでかわいい写真を撮るか!?」がメイン。


2017022511


 ブースのど真ん中にヘアメイクコーナーを設置。



2017022513_2



 EX-FR100Lでは美脚に見せる為の美脚ガイド、EX-ZR3200では美肌モードを紹介。
 どちらもスマホとのWiFi接続がわかりやすくなっていたりと今までスマホオンリーの女性の「脱 スマホ」を狙ってたり。

 ココだけはCP+のブースの中でも来場客も華やかだったな。「サクラか!?」って思うぐらい。

2017022514_2



 あとは話題になってなかったけど、PROTREK初のスマートウォッチ、WSD-F20も日本初公開。 EX-FR100との連携をいろいろ紹介。

 カメラとスマートウォッチとの連携と言うのが面白い。確かに便利だと思う。

 よくよく考えると、スマホとデジカメの連携は当たり前だが、スマートウォッチとデジカメの連携ってあまり聞かない(iPhoneカメラとAppleWatchの連携はできるが)。
 それこそKeyMissonなんかAppleWatchと連携できれば楽しいのにね。
 WSD-F20の値段は55080円。AppleWatchよりも高いのね。
 まぁ仕様がまるで違うので、単純比較はできないけど。「GPSログを吐き出せれば欲しいなー!」とその場でカシオの技術員さんに質問してみたところ、技術的には可能で、あとはアプリ次第とのことなので、ちょっと気になります。
 PROTREKは学生時代から愛用しているので、欲しいっちゃ欲しい。でもこれもフル機能を使うと電池が1日程度しか持たないそうで、これはいただけません。まぁLCDを使っているから、AppleWatchと同程度になってしまうんだろうけどね。



2017022515_2



 シグマさんはCP+に合わせ4種類のレンズを発表。
 自分が目を引いたのがSIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art
 今まで14mm単焦点でF2.8は合ってもF1.8は初めてですね。
 残念ながらまで最終調整に手こずっているのか?これだけは実機を触れることができませんでした。14mmでF1.8って世界はすごい。触れてみたいが、重さ1,170gってのがね。値段もいくらになるのか?。



2017022516_2



 ハービー山口先生のステージを見たんですが、なんとストロボメーカーのニッシンのブース。
 「ハービー先生、ストロボなんて使わないじゃん...」
 ステージでは70年安保の際に隣の報道カメラマンのストロボの光を偶然拾った写真を紹介。「ハービー先生、本当にストロボを使った思い出の写真って少ないんだろうなぁ...」。



2017022517_2



 御苗場ですが、今年から大さん橋からBankART Studio NYKにお引越し。
 大さん橋、あまりにもパシフィコから遠かったもんね。決してBankARTからも近いとは言い難いが(今年も無料シャトルバスは走ってます)。
 直ぐに仕事のトラブルが入って、飛び出してしまい、満足いくほど見れなかったんですが、大さん橋と比べて、1フロアから数フロアに分かれて展示。どうなんでしょ?。意見が分かれそうですが。


 ちなみに去年に比べ来場者は微減(66,665人。前年比1,127人減)。
 注目機が少なく、デジカメ市場の勢いが衰えている言われている中で、しかも去年はオリンピックイヤーで注目機が出そろっていたことを考えると大健闘だったんじゃないかな?とは思います。
 前回のオリンピックイヤーの翌年の2013年は前年比2,523人減ですからねぇ。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三遊亭ときん師匠真打昇進披露宴

 先週金曜日の話。

 本当に久しぶりに平日休みを頂いて、まずは日中はパシフィコ横浜のCP+へ(この話は追々)。


2017022401

 夕方から白金の八芳園へ。

2017022402


 八芳園は数年前に弟の結婚式以来だな。
 早咲きの桜も咲いてて、とっても素敵。

 来た理由はこちら。

2017022403

 既に当BLOGでお伝えしている通り、私が応援している、高校時代の友達、三遊亭時松さんが三遊亭ときんと改名し、3月下席より真打に昇進します。
 その真打昇進披露宴なるものに招かれたので行ってまいりました。

 フツーの人は招かれる披露宴って言うと、結婚披露宴しかないわけで、「昇進披露宴って!?」ってなるわけです。

 検索してネットの記事見たり、金原亭馬治師匠の真打昇進披露宴に去年出席した「日毎に敵と懶惰に戦う」の在華坊さん(仲良くさせてもらってます)に直接相談したりと、真打昇進披露宴の予備知識を仕入れさせてもらいました。

 入口にはおぉ、にぎわい座から花届いてる~!。


2017022404


 舞台はこの通り。やっぱり、真打ってすごいんだなぁって思うわけで。


 スタートは結婚披露宴と同様、主役の登場から。ウェディングマーチではなく、お囃子です(笑)。


2017022405

 ときん師匠の師匠である三遊亭金時師匠の挨拶からスタート。流石は落語の世界、素直におめでとうとは言わず、洒落を散りばめながら、ダメ出しのオンパレード。
 それからときん師匠縁の方のスピーチが続き、


2017022406


 鏡割り!。


2017022407


2017022408


2017022409

 乾杯と続き、とっても美味しい宴席料理。
 ちなみに私の隣の席は高校時代の国語の先生、妻を挟んでもう片側のお隣は高校のOGで、昔話に随分と華が咲きました。



2017022410


 歌謡ショー、マジック等、余興も(いろいろワケありまして、ネットに載せられないのが残念なんですが)。


2017022411


 とっても面白かったです。
 こんな経験普通できないですもの。


2017022412

 返礼品はこんな感じ。

 鈴本演芸場の3月下席(3/21)から真打昇進披露興行がスタート。

2017022413



 ときん師匠がとりを務める26日の前売り券を買ってまいりました。
 おまけでクリアファイルもいただきました。

 
 下記日程がときん師匠がとりを務める日程です。
 是非とも行きましょう!。
 
 鈴本演芸場 夜の部 3/23、26
 新宿末廣亭 夜の部 4/6、10
 浅草演芸ホール 昼の部 4/12、18
 池袋演芸場 昼の部 4/24、30
 国立演芸場 昼の部 5/13、19(19日夜の部有、新真打総出演)

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

献血115回目

 ここに来て1ヶ月のスパンでのの献血。
 昨日は夕方から仕事だったので、その前に横浜Leaf献血ルームまで
 
 成分(血漿)献血、機種はテルシスS、5サイクル。

2017021901

 ポイントが貯まったそうで、明治のミルクチョコレートをいただきましたよ。

 横浜Leaf献血ルームは横浜駅前のオフィスビルにあるんですが、そこの入口。
2017021902

 こんなものがありました。
 災害時用の超大型のモバイルバッテリー。

 水を入れることにより、一箱で30台のスマホをフル充電できるらしい。

2017021903
 この通り、LightningとmicroUSBのケーブルも。

 最近どんどん公衆電話もなくなっているし、重要だよね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【auユーザー限定】タブレットやPCをau Wi-Fi SPOTを自動接続させるtips

 先日になって気づいたことなんですが。

 iPhoneのキャリアですが、auがiPhone4sを扱うようになってずっとauを使ってます。
 その前はiPhone3GSがソフトバンク、ガラケーをドコモと2台(プラス社用ケータイで計3つ)持っていたんですが、iPhone4sからは私用はずっとがau。

 auを使い続ける理由の一つがWi-Fi スポットの多さです。
 今も駅では強いですよね。大容量のデータを受信するには便利だし、Wi-Fi オンリーのiPadも持ってましたので、なおのこと。


 で、去年の今頃までは「au Wi-Fi接続ツール」ってのを使って、Wi-Fi オンリーのタブレットやPCを接続させてました(このアプリを起動すれば、インストール時にIDやパスワードを入れて置けば、その後は自動接続してくれた)。
 そのシステムが終了となり、新しいサービスが始まったんですが。


2017011102_2


 新しいサービス、Wi2 300 for auマルチデバイスサービスではこのような画面が出て、IDとパスワードが要求される。
 都度都度打ち込むのが面倒で仕方ない。

 で、どうにかならないか?とWi2のマイページを見ていたんですが、なんと、以前以上に簡単に接続させる手段が見つかりまして。



2017011103_2


 Wi2のマイページからMACアドレス登録を。



2017011104

 ここで、使用するタブレットやPCのMACアドレスを入力してやります。

 するとどうでしょう!auのWi-Fi スポットに何にもしなくてもiPhone同様勝手に繋がってくれます。
 この一年間の手間は一体何だったのか?。

 申し込み手続きの段階でもうちょっと書いてくれよ!。めちゃくちゃ楽じゃないか!。

 ってわけで、auユーザーさんでやってない方、早速試してみてください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

献血114回目

 9月以来の献血。
 三連休の最終日、ずっと家にいるのもなんなんで、ふらっと横浜Leaf献血ルームまで
 
 成分(血漿)献血、機種はCCS、5サイクル。

 今まで献血する姿勢の問題から、本を読んだり、タブレットを触るのが、結構きつかったりするんですが、今回から、希望者に、腿の上に固めのクッションみたいなものを貸してもらえて、その上に本やタブレットを置けるようになり、かなり楽になりました。
 
2017010901

 前回同様アイスを断ると、今回はフリーザーバッグがもらえました。

 処遇品目当てでは当然ないんですが、処遇品がないと、blogに変化が....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青山学院大学 三冠&三連覇

 すごかったっすね。

青学大伝説!80年ぶり3年連続往復V&史上4校目年間3冠/箱根駅伝:サンスポ

 三代目山の神、神野大地が卒業してもやはり青学は強かった。

 出雲、全日本と連覇し、盤石の状態で挑んだ青学ですが、予想外の展開があったとは言え、終わってみれば2位東洋大学に7分21秒差をつけての完勝。

 往路は東洋のエース服部選手が1区の区間賞を獲ったものの、差は僅か。2区では青学はエース一色選手を立てたものの、神大鈴木選手が大健闘し、神大が戸塚をトップ通過。

 3区は青学秋山選手が一気に抜き、そこから、青学が独走状態に。

 しかし、青学は5区で貞永選手が区間順位8位で2位早稲田に追い詰められ、往路終了時点33秒差に

 この「33秒差って僅差はかなり珍しくない?」と思ったんですが、実は意外と最近あり、なんと2011年の87回、東洋柏原選手が3年の時が3位で襷を受け取り、早稲田を抜き、1位フィニッシュした際の差が僅か27秒。
 そして復路6区で早稲田に抜かれ、総合2位。しかも、総合タイムの1位と2位の差は僅か21秒。
 そして、東洋は「その1秒をけずりだせ」に繋がるわけですな。

 しかし、今年の青学は復路でも一度も1位を譲ることなく、そのまま大手町フィニッシュ。

 8区の田村選手がかなりフラフラになりましたが、実は区間11位。
 青学のランナーで区間二桁順位だったのは田村選手の11位のみ。

 それに対し、総合2位の東洋は3人もいたんですね。

 このあたり、10人の力で勝った青学の底力を感じますね。
 今後当分の間は青学の常勝は続くでしょうか?。



2017010201


2017010202


2017010203


2017010204


2017010205


2017010206


2017010207


2017010208


2017010209


2017010210

 例年通り、横浜で往路の応援に行ってまいりました。

 相変わらず、すごい人出で....。


 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

Img_0431

 あけましておめでとうございます。

 本年も当blogをよろしくお願いします。

 かなりやる気が失せてまして、更新ペースがさらに落ち込んでますが、ここまで続けた以上これからも続けて行きたいなと。

 本日は午後から東京でお仕事です。
 近所の神社に初詣して実家で挨拶して、これから出勤です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone6s バッテリー交換

 ご無沙汰です。

 なんかblogに書く気が起きず、ズルズル大晦日を迎えてしまいました。
 (ちなみに昨日まで仕事で、元旦の明日も仕事です)

 本日の話。



2016123101



 愛用しているiPhone6sですが、この2ヶ月ぐらい(寒くなってから)外で使っていると、バッテリー残量が4割前後で突然電源が落ち、充電器につなぐと電源が入り、バッテリー残量を見てみると、スッカラカンと言う現象が起きています。

 「故障かな?。ちょうど保証切れた直後だし、AppleCare入ってないぞ!」

 と思っていた矢先、各Apple情報系サイトでiPhone6sでバッテリー不具合の情報が。

 で11月末、日本のAppleの公式サイトでもバッテリー交換プログラムが発表されました。
 該当するのは2015年の9月から10月に製造されたもの。
 発売日に買ってましたので、当然自分のも該当してるのかな?。とシリアル番号をチェックすると、案の定該当(まぁ問題の現象がバッチリ出てるし)。

 当初の噂ではAppleStoreはバッテリー交換、カメラのキタムラ他、サービスプロバイダでは本体交換と言う話でした。


2016123102


 実は私のiPhone6sなんですが、裏側にサントリーの輿水精一名誉チーフブレンダーのサインが入ってまして...(輿水さんに「ココに書くの!?」と驚かれましたが)。
 だもんで、本体交換だけは勘弁願いたい(画面保護フィルターを買い換えるのも嫌だしね)。

 そのあと、12月から交換プログラムが始まり、いろいろ情報を見ていると、どうやら全てのサービスプロバイダで本体交換ではなく、バッテリー交換との情報が。
 これならAppleStoreではなく、近場の横浜駅前のカメラのキタムラでいいなと。


 で、今週になり、シャットダウンがさらに酷くなり、この状態で年を越したくないと、大晦日の今日、カメラのキタムラ横浜・横浜モアーズ店に。



2016123103

 「データは消すから必ずバックアップ取ること」「iPhoneを探すはOFFに」とは事前のチェックで知っていたので、それだけは自宅でやってから、開店1時間前に現地到着。


 なぜそんなに早く行ったかと言うと、いつも開店時に行列を作っていることを知ってまして(並んだ経験はナシ)、一番手若しくは係員が対応できる最初のグループに入らないとかなり待たされるんだろうなぁ…と。
 ちなみに予約枠もあるようですが、いざ予約をしようとすると、5日後ぐらいまで全く空いてない状態。全く使えない。

 一番手に到着して、徐々に私の後ろに列はできたんですが、そもそも玄関の前にどう並べとかそう言う表記が一切ない。
 で、そんな中、列が出来てるのを一切無視して私の隣で待ち始めるオッさんまで登場。
 「コレ、この列どうなるんだろう?」と思いつつ、開店時刻。
 最後までカメラのキタムラの店員が現れることなく、ドアが開き、4階の店舗まで皆さんダッシュ。私も前述のオッさんだけには負けたくなかったので、マナー違反ではありますが 、エスカレーターを駆け上がり、無事一番手でカメラのキタムラ到着。



2016123104



 バッテリー交換プログラムの依頼をすると、必要事項をiPadに入力し、同意書にサイン(これもiPad)。
 その場でデータ消去させられます。バッテリー交換だけなので 、データ消去は脅し文句なのかと一縷の望みをかけていましたが、あっさり裏切られます。



2016123105


 約20〜30分ぐらいでしょうか?。無事作業が完了し、液晶パネルの動作確認と充電状況の確認をして作業完了。




2016123106


 終わった頃にはお店の前は大行列(写真には写ってませんが)。

 前述の開店前の行列について、文句を言わずにはいられず、店員に進言したところ、以前はちゃん列をお店側でコントロールしていたようですが、横浜モアーズ(テナントビル)側から開店前の行列そのものにNGがつき、結果、野放し状態になっているとのこと。
 まぁカメラのキタムラが悪いと言うより、iPhoneの台数に比べ、サービスプロバイダが少なすぎるのが問題なんでしょうが。



2016123107


 大急ぎで家に帰り、iTunesでバックアップの復元。

 128GBのiPhone6sを使っていて、容量は半分程度使ってますが、それでも完全修復には1時間弱かかりましたかね。



2016123108


 ちなみにバックアップ時に「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れておくと、すべてのアプリのアカウントパスワードがバックアップされるので、iCloudのパスワードと、TouchIDの指紋の再登録程度でほぼ元どおりになります。

 まだ寒いところで使っているわけではないですが、まぁよくなったこと祈りましょう。

 とりあえず、年越す前にバッテリー交換が終わってよかったよかった。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウエイターズレースジャパン

 23日の祝日。



2016112301


 この日、横浜の日本大通りで「ウエイターズレースジャパン」と言うイベントが行われてました。

 これは1930年代にパリでウエイターの仕事の認識を改善するために開始されましたもので、ウエイターさんがトレイにビール瓶1本と水の入った10オンスグラス3個乗せて150メートルのコースを往復するレース。



2016112302



 ちなみにルールは(公式サイトより引用

 ・直径30センチのトレイ(ノンスリップトレイ)にボトル1本と水の入った10オンスグラス(プラスチック製)を3個乗せて走行してください。(すべて主催者で用意します)
・レースは全てタイムトライアル形式。トーナメントレースです。
・走っても、歩いても構いません。
・走行中、トレイは必ず片手で持ってください。
・走行中にボトルを落として割れてしまった場合は、即失格です。
 ※割れなければ拾ってレースを続行できます。
・グラス内の水がこぼれてしまってもそのままレースを続行できます。
 ※トレイにグラス3個、ボトルが立っている状態で走行してください。
 ※ゴール時に、グラス3個、ボトル1本が揃っていない場合は失格です。
・トレイを持っていない方の手でグラスやボトルを押さえながらの走行は禁止です。
・トレイ上の物品を反対の手で整えたり押さえたりする場合は停止状態で行ってください。
・レース開始予定時間、5分前にスタート集合場所に集合、遅れた場合は棄権とみなされます。

個人戦
・各参加者の走行距離は、片道150メートルの往復を往復の300メートル。
・折り返し地点のコーンを回り、スタート地点に戻ってきます。
・参加者の内、予選タイム上位順に次レースへと進むことができます。

団体戦
・団体戦は、1チーム5人の編成です。
・5人のうち、1人以上は女性選手の参加が条件です。
・1人あたりの走行距離は、片道150メートルの往復の300メートル。
・5人での総合計は1,500メートルとなります。
・走者の交代時はテーブルに一旦トレイを置き、次走者はテーブルからトレイを持ち上げてスタートをします。
・この時の作業は、5人で協力をして構いません。

 300メートルって長さがかなり長い。

 一般人が全力疾走しても40~50秒近くかかる距離です。
 これをウェイターさんはボトル(瓶ビール)とグラスをトレイに載せて走るんです。

 復路はかなりへばっている選手も多かったですね(普段300メートルを走るなんてしないですからね)。

 グラスを落として、水がなくなっても失格にはならないものの、水がなくなると倒れやすくなるんですよね(団体戦の走者交代時以外途中給水不可)。

 ビールを落として割るとその時点で失格。随分割っている選手もいて、会場はビールの香りが....。




2016112303

 参加者はホテル、居酒屋、キャバクラのウエイターさん。
 ホテルは横浜ロイヤルパークホテルインターコンチネンタル横浜ベイホテル東急横浜ベイシェラトンホテルローズホテル横浜と横浜を代表するホテルがずらり。
 居酒屋さんはコロワイドグループが大会に協賛しているので、コロワイドグループさんのウエイターさんが。

 実際に見ていると、強豪選手はとにかく早い!。
 300メートルを1分足らずで帰ってくるんだもの。
 プロってスゲー!。



2016112304

 個人戦で3連覇を果たしたNIJYU-MARUのウエイターさん。
 なんと50秒!。



2016112305

 5人でリレーする「団体戦」
 駅伝同様、「ブレーキ」を作らないことが重要。
 あと、バトンリレーならぬ、トレイリレーの速さも鍵。



2016112306


2016112307

 決勝では同じみなとみらいの横浜ベイホテル東急さんと横浜ロイヤルパークホテルさんが熾烈なデットヒート。横浜ロイヤルパークホテルが後半で抜け出したものの、最後の最後の数メートルで痛恨のグラス落下。拾い上げている隙に前年覇者の横浜ベイホテル東急さんが大逆転!。

 解説をされていた日本ウエイターズレース協会会長 梶 恒翁さんが、「ウェイターズレースは最後まで何があるか、わからない」、「団体戦にはドラマがある」と言ってましたが、まさにその通りのレース展開。

 横浜のホテルのプライドをかけた戦い。興味本位で行きましたが、本当に本当に面白かった!。

 ちなみにニュースにも

 「最速」ウエーター決定 「ウエイターズレースジャパン2016」開催:FNNニュース
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«Bluetoothイヤホン初購入(本日のお買いもの:11/16)