千葉ドライブ

 ずいぶん前の話になっちゃったな。

 積もり積もった休日出勤の振り替え分を多少は使わないと....と思い、ちょっと無理して、5月23日に振替休暇を取得。

 ずいぶん前からヨメさんに「ドライブに行きたい!」と言われてまして(我が家には今、車が無い)、さらに「一度miniに乗ってみたい!」って言われてたんです。
 よくよく考えたら実家の車を借りて出かけた駒ケ根ドライブ以来だから3年近くドライブしてなかったんだな。

 で、カーシェアリングサービスの「タイムズカープラス」で、MINI One CROSSOVERを借りられることは知ってまして、今ならちょうどカード発行手数料無料キャンペーン中でさらに家から比較的ご近所でMINI One CROSSOVERも借りられそう。
 もともと会社でタイムズカープラスの法人会員には入っていて、何度も使っているので、使い勝手はよく知っています。

 ってわけで休日の申請を出した帰りに申し込みをして、無事予約完了。

 当日を迎えました。

2017052301

 借りてきました。
 平日なので、ラッシュ前にと6時に借用して、すぐ横浜を出発。
 こんな早い時間からも借りられるのがカーシェアのいいところですな。
 車なので、荷物の量を気にしなくていいので、フルサイズ一眼D600の出動、そして、レンズもわんさか。
 そして、久しぶりにフイルム一眼も持参。実は露出計がいつのまにか治っていたんです。

 向かうは千葉、第一目的地は香取市佐原。

2017052302
 
 「北総の小江戸」と呼ばれ、江戸時代、利根川水運の中継基地として栄えた土地で、水郷の町としても知られています。

 張り切って横浜を早く出たら、まだ市営の駐車場がオープンする8時すぎに着いちゃった。

 おかげでお店もまだ開いてないし、観光客もほどんどいない。

2017052303


2017052304


2017052305


2017052306


2017052307


2017052308

 きれいな青空、ここぞとばかりにシャッターを切りました。

 あと佐原は伊能忠敬が17歳から50歳まで30年余りを過ごした地でもあるんですね。
 ちなみに伊能忠敬が測量の旅に出るのはそのあとの話です。

2017052309


2017052310

 その伊能忠敬の旧宅も残っています。佐原を代表する大商人だったそうで。

2017052311

 2〜3週間ずれてれば満開のあやめの佐原を拝めたんでしょうが、ちょっと残念。

2017052312

 佐原には2軒老舗の酒蔵があります。
 どちらも見学可。

2017052313

 「お父さん、お預かりします!」

2017052314

2017052315

 試飲もできましたが、残念ながら車で来ているので、私は飲めずじまい。
 これがあるからドライブは....。

2017052316

 そう言えば、ドラマか何か?で撮影してましたね。
 地元のおじさんの話だと、よく佐原では撮影が多いそうで。

 お昼ごろまで佐原ブラブラ。そして、そこから成田空港。

2017052317

 成田空港に来たのが新婚旅行以来。しかも第一ターミナルに入ったのは初めてだな。
 
 空港でランチをとって、展望デッキからちょこっとだけ撮影。

2017052318

2017052319

 やっぱり超望遠欲しいなーでも超望遠を使う機会って年に何度よ?。

 もっと長居したいなーと思いつつも、成田空港をすぐに出て、次の目的地は空港から車で10分弱。

 是非とも来てみたかった博物館、航空科学博物館

2017052320

 国立で日本最初の航空専門の博物館。

 仕事柄あまり公私共にあまり遠出をしないので、なかなか飛行機に乗る機会は少ないんですが、ヒコーキ大好きです。


2017052321

2017052322

2017052323

 屋内には”ジャンボジェット”ボーイング747の大型模型、エンジン、輪切り、主翼の断面構造、キャビンのモックアップ。

 やっぱりジャンボジェットの部品類は本当にデカい。500人以上の乗客を乗せられるだけのことはあります。

2017052324

 一般庶民は絶対に座れないファーストクラスもここでなら座れます。
 旧式ですが、これなら12時間も大丈夫ですよ。フルフラットだもの。

2017052325

2017052326

 5階の展望室からは成田空港が一望。そして、以前使われていた成田空港の管制塔の管制機器が。
 この機器の前で管制官が「Japan air 786. Cleared for takeoff runway 16L」なーんて言ってたんでしょう。 
 (結構管制が好きなんです)

 そして一番の目玉。

2017052327

 ボーイング747、クラシックジャンボの先頭部分!。
 かつてノースウェスト機として本当に飛んでいた本物のボーイング747。
 ジャンボが日本の航空会社から引退して3年、やはりジャンボは大きいです。
 しかも入場料とは別途の有料ツアーですが、中に入れます。

2017052328

 コックピットの真下、1Fは片側が就航当時通りファーストクラスのシートが。
 片側はボーイング747の機内構造を説明するために内貼りが全て引っぺがしてあります。

 クラシックジャンボはコックピットの操作のほとんどがワイヤーや油圧で動作します(今は電線や光ファイバー)。
 その為、コックピットの真下、1Fの真上にはすさまじい数のワイヤー、滑車と電線が。

2017052329


 ドアの構造も事細かに説明。避難時の滑り台がどうやって出るかも内貼りがないので、説明してもらうとよくわかるのです。

2017052330

 そして、2階へ。747の階段を登るのも初めて!。

2017052331

 2階にあるのはコックピット。

2017052332

 クラシックジャンボですので、ブラウン管や液晶は使っておらず、とってもカッコいい!。

2017052333

 クラシックジャンボの特徴とも言える航空機関士席。

 燃料系統、空調装置、油圧系統、電気系統等各システムの操作・監視を行う航空機関士。
 今の飛行機は全てコンピュータによって行われています。

2017052334

 そしてなんと操縦席に座れます!。
 これは感動しました。


2017052335

 電車、新幹線、SL、消防車、ヘリ、いろんな操縦席に座りましたが、ジャンボジェットの操縦席に座った興奮は全くの別モノ。

 何より計器類、ボタン類の数が絶対的に多い。しかもそのほとんどの計器類をシートベルトを着けた状態で操作できるように設計されている為、ギュウギュウ。

 しかも私たちの回のツアーは参加者が我々夫婦2人だけだった為、夫婦2人操縦席に座ったまま終了時間までみっちりガイドしてもらいました。

2017052336

 スロットル、車輪の昇降装置はもちろん、エンジン起動スイッチ、航空無線、機内アナウンス、ボイスレコーダのマイク、エンジン消火装置等々。

2017052337

2017052338

2017052339


 屋外にはYS-11他セスナヘリコプター、あと空港の照明機器等々。

2017052340

 YS-11に乗るのは初めて。
 やっぱり小さいね!。

 博物館を出て、博物館から至近にある「ひこうきの丘」へ。

 A滑走路のほぼ南端あるんですが、この日A滑走路は風の問題で離陸の際は北端から離陸し、北側から着陸するパターン。
2017052341

2017052342

 A滑走路はメチャクチャ長い4000m。出発する飛行機ははるか手前で離陸し、飛行機のお腹しか見えない状態。
 着陸する飛行機ははるか手前で止まってしまい、目の前まで全く来ない。

2017052343

2017052344

 ちょうど、タイ航空のA380(総2階建ての巨大ジェット機)がやってきたものの、それでもはるか手前で停止。
 飛行機をただ見上げるだけならいいんですが、撮影には不向き。

 で、A滑走路の北端に向かいます。

 A滑走路の長さが4000mですから当然移動距離はそれ以上。結構かかったな...。

 A滑走路と平行する地域がアラフォー以上の常識ある方ならだれでも知っているでしょう「三里塚」。
 ずいぶん経ち、ほとんど成田紛争もニュースになることはなくなりましたが、警官の多さ、一種独特の物々しさは見て取れました。さすがにカメラを向ける勇気はありませんでしたが....。

2017052345

 A滑走路北端にある成田市さくらの山公園。

 飛行機が間近に見られるとのことで来ましたが....。

2017052346

 すっげーバリバリ見られるよー!。

 そして、平日なのにカメラマン山ほどいるよー!。

2017052347

2017052348

2017052349


2017052350

 まぁ楽しかった、楽しかった。

 羽田では最近かなり減ったジャンボジェットも結構飛んできます。
 やっぱジャンボはデカい!。

 結構長い間いたなぁ。
 flightradar24をiPhoneで来る飛行機を事前チェックしながらレンズを向けていました。

 それから車を飛ばして木更津の江川海岸へ。これはヨメさんのリクエスト。

 私、実は江川海岸知らなかったんですが、水面に影が映り込んで幻想的な風景が楽しめるということで、instagram他で有名なスポットなんですね。

2017052351

2017052352

 行ったんですが、実はこの日強風。
 水面に影が映り込むなんてとっても無理。
2017052353

2017052354

2017052355

 でもに日没直前に到着できたので、こんな素敵な風景を撮ることができました。

 ここまでくればアクアラインに乗って横浜はあっと言う間。
 自宅に荷物を置いて、カーシェアを返して、夕飯は横浜の焼き鳥屋さんで。

 とてもリフレッシュできた休日でございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Tokyo International BarShow + WHISKY EXPO JAPAN 2017

2017051401

 14日の話。
 5月13日、14日と東京ドームプリズムホールにて行われた「Tokyo International BarShow + WHISKY EXPO JAPAN 2017」に行ってきました。

 普段は土曜日に行っていることが多いんですが、今回は土曜日が仕事だったので、日曜日に。
 しかも、タイミング悪くなんと風邪気味。
 折角のBarShowなのに....。

 風邪気味でしたので、限定で販売されるイチローズモルトは早々に断念。9時前にはもう大行列だったようで....。

 「飲みたい酒は全部飲むぞ!」なんて気力もなく、会場内をフラフラしながら目に留まったものを見て飲んでいく...って流れで。

2017051402

2017051403

2017051404

 今年で6回目、昨年は2日間で入場者が1万人を超え、各ブースも昨年に比べ、さらにグレードアップ感が。

 全体的に感じたのは昨今のクラフトジンブームで各メーカージン推しになっていることと、ウイスキーの供給量が頭打ちなのか?、ホワイトスピリッツ(ジンやウォッカ)が目立つショーに。

2017051405


 去年もそうだったかもしれないけど、シーバスリーガル、グレンリベットを商品として持つペルノ・リカールもウイスキーは一切ブースに出てません。

2017051406

 ニッカさんはプレミアムウォッカとジンが発表されました。
 ジンはかなり山椒効かせてるな....日本らしさと最近流行のフルーティー系を敢えて外したか?。
 私的にはウォッカの方が楽しかったな。

 サントリーもBarShow直前にプレミアムジンを発表しましたが、BarShowでの試飲はなし。間に合わせて欲しかったなぁ....。

2017051407

 日本クラフトジンに新たな風を起こした京都蒸溜所
 「季の美」美味しいもんね。売れまくってるもんね。
 ブースもかなり大きく割いており、京都から舞妓さんも呼んでいたりと勝負に出たなぁ。

2017051408

 こちらでは構成原酒を飲むことができました。これはかなり楽しかった。
 5月下旬発売予定の「季のTEA」も試飲できました。今までにない味わいでこれはかなり楽しめました。
 これは買っちゃいそうだな。


 あと、各ブースのゲストバーテンダーの数が増えたな....と。

 MHDもウイスキーそのものからウイスキー、ブランデー、ラムを用いたカクテルを主体に。

2017051409

 池袋LIBREの清崎雄二郎さん、BAR保志の保志雄一さん他有名実力派バーテンダーがブースにてカクテルショーを行ってました。

2017051410

 キリンブースでは昨年ワールドクラス世界第2位のBar.Kの藤井隆さん、世界第3位台湾EASTENDのNick Wuさんが。

 あとボタニストブースにはBAR Benfiddichの鹿山博康さん、バカルディにはBar Day Cocktailの佐藤健太郎さん等々。(全部は把握してないけど)

 ウイスキーも当然ありました。

2017051411

 特別新製品があるわけでもないサントリーさんですが、3種類の非売品の原酒を出展。
 輿水精一名誉チーフブレンダーに飲む前にこの原酒の出展についてコメントをいただいたところ、「多少は新鮮味がないとね(笑)」とのことでした。サントリーさんも原酒不足で大変苦労されてますからねぇ。

 山崎のピーテッドモルト、白州のシングルグレーン、知多のシングルグレーン。
 私は山崎と白州をいただきました。
 
 白州のシングルグレーンはとっても面白い味わいだったなぁ。

2017051412

 イチローズモルトはシングルカスクブレンデッド、アメリカンホワイトオークビアカスク、スパニッシュオークオロロソシェリーの三種を出展。
 オロロソシェリーも美味しかったけど、やはりイチローズモルトはアメリカンホワイトオークなんだよなぁって気持ちは変わらず。

2017051413

 キリンは先日限定で発売されたばかりの富士山麓のシグネチャーブレンドをメインに。
 実はコレ購入済みなんですが、まだ口開けしてなくて。
 たまたまブースに田中城太マスターブレンダーがいらっしゃり、マスターブレンダー本人から直接ご説明をいただきながら、試飲ができました。
 あくまで今までの富士山麓の進化系。原酒も極端には変えてないそうだが、熟成度が非常に高く、チョコレートのような味わいが特徴。

 写真を撮り損ねましたが、近日発売予定のブラックニッカのクロスオーバーもなかなかの味わい。ロックに良さそうでしたね。

 本来はもうちょっと体調万全ならマルスウイスキーやカバラン、ボトラーズも楽しみたかったんですが、その気合もなく。
 2日間の来場者数も昨年を上回る人数だったようで。この業界もさらに活況になればなーなんて感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全国都市緑化よこはまフェア(里山ガーデン)

 5月4日

 GW中に行っておきたかった第33回全国都市緑化よこはまフェア里山ガーデン会場に。

 全国都市緑化フェアは、国民ひとり一人が緑の大切さを認識するとともに、緑を守り、愉しめる知識を深め、緑がもたらす快適で豊かな暮らしがある街づくりを進めるための普及啓発事業として、昭和58年(1983年)から毎年、全国各地で開催されている花と緑の祭典です。(公益財団法人都市緑化機構公式サイトより)。

 基本1年に1都市。2012年では東京23区内で行われて、今年は去年行われなかった都合で、例外的に春は横浜、秋は八王子での2回開催。

 会場はみなとガーデン(山下公園、グランモール公園、港の見える丘公園、横浜公園、日本大通り、象の鼻パーク、新港中央広場、 運河パーク)と 里山ガーデンの2つの会場構成。


2017050401

 で、今回は里山ガーデンに。
 場所は横浜から相鉄線に乗り、鶴ケ峰まで。そこからバスで20分程。ズーラシアと言う動物園の隣。
 車だと保土ヶ谷バイパスの下川井インターから5分程度と便利なんですが、ズーラシアと併設の駐車場は土日になると、10時過ぎにはあっさり埋まってしまい、近隣は大渋滞となりますので、できる限り公共交通機関での来訪をお勧めします。

 ちなみに入場無料です。

 とにかく規模が大きい、本当に綺麗です。

2017050402

2017050403

2017050404

2017050405

2017050406

2017050407

2017050408

2017050409

2017050410

2017050411

2017050412

2017050413

2017050414

2017050415

2017050416

2017050417

2017050418


 好天にも恵まれ、撮影してて本当に楽しかった。

 今回はさすがにDCS-RX100M5ではなく、
 ボディ:D600
 レンズ:Nikon AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED
     TAMRON SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD F004N。
 で撮影してます。

 別に撮影目的じゃなくても本当に花が綺麗で、楽しいです。
 ピクニック広場もあり、ピクニック目的で来て、お弁当広げてるご家族もかなりいらっしゃいました。
 かなりリピーターも多そう。
 売店はありますが、そこまで種類も多くないので、お弁当類は持参した方がいいと思います。

 里山ガーデンの後、みなとガーデンの会場の一つである港の見える丘公園に行ったんですが。

2017050419

2017050420

2017050421

2017050422

 本当に綺麗ではあるんですが、どちらかとこれからのバラのシーズンの方が綺麗なのかな?。
 あと里山ガーデンと見比べてしまうと....。
 
 あと何より港の見える丘公園は横浜の観光名所の一つ、とにかく人が.....。

 まぁバラが咲き始めたら、また改めて行くことにしましょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本国憲法70周年で国会議事堂と憲法の本物見てきた

 ゴールデンウィーク、私は暦通り一応休める予定。(急遽出勤する可能性はあるんですが)

 家に閉じこもっているのもなんなんで、天気が良さそうな5連休前半に日帰りのお出かけ2連発。

 まずは5月3日、憲法記念日の話。
 憲法改正の議論も進んでおり、何かと憲法の話題が多い今日この頃。
 日本国憲法施行70周年なわけで、それっぽいことを。


2017050301


 国会議事堂(衆議院)見学に行ってきました!。
 実に小学校の社会科見学以来!。

 NHK「おはよう日本」の特集で5月3、4日に衆議院の特別参観が行われ、事前申し込みナシで参観できると案内されていて、ちょうど、憲法施行70周年の記念日だしと言うことで行ってみましょうと。

 溜池山王駅から歩いて、国会議事堂前駅に到着。
 そこから国会議事堂の正門ではなく、裏側(議員会館側)の参観受付入口へ。

2017050302

 ドドーンと看板が出てました。

2017050303

 入口でパンフレットと入場整理券をもらいます。
 この入場整理券の色ごとに衆議院の構内に順番に入ることになります。

 NHKでも放送されたので、かなりの来場者を見込んでいたようで、待機列をちゃんと準備していたようなんですが。

2017050304

 時間の問題(正午頃)問題なのか?どうかは知りませんが、全く使われずじまい。

 衆議院の人曰く、「今日、ニュースで紹介されるので、明日はもっと来場者が多いのではないか?」とのこと。
 どうだったんでしょうねぇ?。



2017050305

 参観入口から衆議院構内に向かう地下通路の途中にセキュリティチェックが。
 こんなにセキュリティゲートが立派なんです!。
 さながら空港です。
 まぁココこそテロでもされたらシャレになりませんから。

2017050307

 地下通路から出ると国会議事堂の正面から見て左側、衆議院に到着。

 ここで先ほどの入場整理券の色ごとに集合案内が放送され、院内に入るようですが、タイミング良く、私たちはすぐに入ることができました。

2017050308

2017050309

 入口には議員の先生が衆議院に来ているか?確認する登院表示盤が。
 電源は入ってませんが.....。

2017050310

 その奥には尾崎行雄と三木武夫の胸像が。
 衆議院議員在職50年以上の功労者としての記念だそうす。
 50年....。

2017050311

2017050312

 そこから2階に。
 国会議事堂は今年で築81年。歴史的建築物としてもとっても魅力的な建物です。


2017050313

 2階に上ると、いきなりお出まし本会議場。
 正面から見て左端。なかなか見ない風景です。

2017050314

 与党自民党の議席の後ろ側になり、自民党の議員さんの氏名標が備え付けてあります。


2017050315

2017050316

2017050317

 衆議院議長席のちょうど真裏にある、議長応接室。
 議院運営委員会がこちらで行われるそうで。
 議長との面会もここで行われるようです。
 壁面には歴代議長の肖像画が。
 でもかなり掛けることができる壁スペースがそろそろ逼迫気味。スペースなくなったらどうするんでしょうね?。

2017050318

 こちらは本会議場を正面から見て右側。野党共産党の議席の後ろ側。
 一番後ろには志位和夫委員長の氏名標が。

2017050319

2017050320

 こちらは(参議院と衆議院の間の)中央部分と本会議場の間にある中庭。
 こんなところテレビでも出てこないとこですから、なかなか見る機会のない光景です。

2017050321

 2階の中央部分の裏側にある総理大臣室。残念ながら非公開。

2017050322

 総理大臣室の隣の隣が大臣室。
 テレビでよく映る、国会本会議前に大臣が集合する場所ですね。
 総理大臣室と大臣室の間に閣議室があり、ここで閣議が行われるようですね。

2017050323

2017050324

 そして、国会議事堂の中央の塔の真下、中央広間。
 大理石に、ステンドグラス。267平米に天井まで32メートルの空間。
 広角レンズを持っていかないと厳しい空間。
 ここはとっても素敵です。

2017050325

 中央部分の裏3階部分にあるのが御休所。
 天皇陛下が議事堂にお見えになった際に休憩室として使用される部屋。
 絨毯も総シルクで議事堂の総工費の中でもかなりの金額が割かれた部屋だそうです。

2017050326

2017050327

 衆議院の3階にあるのが第1委員会室。
 よく予算委員会や党首討論、証人喚問が行われるのがこの部屋。

 印象はとにかく狭い!。こんな小さい部屋でやってるの?と思います。
 蓮舫議員と安倍首相のガチンコ討論も本当に至近距離でやっているのね。

2017050328

 第一委員会室の中継はここから撮影されているんですね。


こんな感じで。







2017050329

 最後は本会議場を傍聴席から。

 こんなところから本会議を傍聴できるんですね。
 なかなかサラリーマンだと本会議を傍聴するのは難しいんですが、一体どのくらいの方が傍聴されるんですかね?。


 で、議事堂内で見た変わったもの。

2017050330

 電話ボックス。
 本会議場、委員会室内は電話の通話は厳禁(メール、LINEは大目に見ているとのこと)。
 そこで、本会議場や委員会室の出口脇にこんな電話ボックスがあります。
 急な電話はこの部屋に入って電話するようですよ。
 
 ちなみに予算委員会が行われる第1委員会室の脇には「財務省専用」の電話ボックスがありました。

2017050331

 伝言板。
 使う人いるんだろうか.....。

2017050332

 そして、中庭経由で正面から出て帰ってまいりました。

 1時間半強の滞在でしたが、かなり興味深く面白かった。

 この日は特別参観と言うことで普段見られないところまで見られましたが、実は衆議院、本会議開会中以外は(土日でも)、参観が可能。しかも少人数であれば予約も不要。詳細はこちらで。

 そこまで国政に関心はなくても、私達の生活に密着する法律や国家予算がどのような場所で議論されるのか?を見てみるのもいいのかもしれません。思いの外ハードル低いし。

 

 さらに今度は竹橋の国立公文書館

2017050333

 目の前は何度も通ったことがありますが、入るのは初めて。
 その名の通り、日本政府の行政機関等から移管された、歴史資料として重要な公文書を保有、一部を公開しているところ。

 で、今開催されているのが「平成29年春の特別展 誕生 日本国憲法」
 日本国憲法に関係する資料が一挙展示。

 何と言っても一番の目玉が

2017050334

 日本国憲法の原本!。

2017050335

 複製ではく、本物の原本です。
 これを見らえるチャンスはなかなかないでしょう。
 万全の環境で保管されているせいか?。70年以上経過しているのにもかかわらず、保存状況はかなり良好。

 他にも憲法が作られるまでの経緯、憲法の施行に際する資料が。
 GHQとの攻防、新憲法を作成していることを公表するまでの経緯などなど。

2017050336

 マッカーサー憲法草案と言われるGHQが日本政府に渡した新憲法の草案。

2017050337


 Symbol(象徴)を調べるために参考にした辞書。

2017050338

 新憲法を中学校で教育するための副教材。

2017050339

 この挿絵を歴史の教科書で見たことがある人は多いのでは?。

 結構いい勉強になりましたよ。
 それで憲法改正についてどう思うか?は別として。

 こちらは7日まで開催。入場無料。
 これはオススメです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

DSC-RX100M5試し撮り

 前回の記事の続き。
 DSC-RX100M5をせっかく買ったので、早速試し撮り

 購入翌日の4/14土曜日。この日八王子まで法事へ。
 冠婚葬祭用セカンドバッグに財布、iPhone、手帳、モバイルバッテリー、RX100M5が一緒に悠々入ります。

2017042301

2017042302

2017042303

 横浜ではソメイヨシノがかなり散ってしまってましたが、八王子はまだほとんど葉も出ておらず、散りはじめ程度。枝垂れ桜は満開。まさに見頃。


2017042304

 法要のあと、高尾のうかい竹亭へ。
 竹林の中にある殆どが離れのお部屋の懐石料理のお店。



2017042305

2017042306

2017042307

2017042308

2017042309

2017042310

2017042311

2017042312

2017042313


2017042314

2017042315


2017042316

 試し撮りには絶好のロケーションでした。
 本来ならもっと慣れてからだったかもしれないが。

 翌日4/16はお昼すぎまで仕事。

2017042317

 仕事帰り。三浦海岸にて。
 これから平日は仕事のカバンにはコンデジを入れっぱなしにするつもりなので、こう言う写真も増えそう。
 X10もそうするつもりだったんだけど。やはり大きいんだ。
 そういう意味でもNikon DLより良かったのかも。



 それから横浜北仲マルシェ

 2017042318

 クラフトジン買っちゃいました。


 その足で3月25日(土)から6月4日(日)までの間行われている第33回 全国都市緑化よこはまフェアの会場の一つ、赤レンガ倉庫周辺へ。

2017042319

2017042320

2017042321


2017042322

 ちなみにこれがこのカメラの最高のシャッタースピード、1/32000で撮った画像。
 もっとアップで撮るべきだったかな?。



2017042323


2017042324

2017042325


2017042326


 第33回 全国都市緑化よこはまフェアの会場は点在しており、全部見切るのにもかなり時間がかかりそう。
 おそらく、ゴールデンウイークは全国都市緑化よこはまフェア回りでおわりそうな。

 昨日4/22。
 午前中は仕事の後、野毛、吉田町、みなとみらい、福富町ブラブラ。

2017042327

2017042330

2017042331

2017042332

2017042333

2017042334

2017042335


2017042336

2017042337

 よく感じたのはセンサの大きさ。
 1インチはやはりそれなりに大きい。

 次にEVFはやっぱりあった方がいいけど、ちょっと中が小さすぎるかな...。中の文字を見るのにちょっと一苦労。

 AFに関しては、「あっ、そこに合ってたんだ...と」家に帰って、大きな画面で初めてフォーカスポイントが違っているのに気づくのがちらほら。
 これはAFの使い方をもう少し勉強すべきかな?。
 まだ取説も全然読んでないし。

 取説はPDFでダウンロードもできるみたいだし、もうちょっと読み直そう。
 本日はこれからお仕事。ちなみに来週は東京で試し撮り予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DSC-RX100M5購入(本日のお買いもの:4/14)

 買っちゃいました。


2017041401

 DSC-RX100M5

 このBLOGでも書いているんですが、随分前からサブ用コンデジを買い換えたいとずっと思っていたんですよ。

2017041402

 今まで使っていたサブ用コンデジFujiFilm X10
 2011年10月に発売され、私が購入したのが2012年6月の話。約5年使ったわけですな。
 
 結構前から買い換えようって思ってはいたんですよ。

 2015年のCP+の際にX10のズームリングが突然動きが悪くなり、その後、ゆっくり動かし続けたら多少変な抵抗が有るものの、動くようになったんですが。
 その修理料金がレンズごと交換になるので数万かかると言われ、躊躇ってしまい、結局修理せずに今に至ってます(使えているので)。

 で、そんなこともあるし、X10のオートフォーカスには不満があったので、去年ぐらいから新しいコンデジが欲しいなぁ...って気持ちがあったんです。

 で、本当であれば富士フイルムの画は好きだったので、X30の後継機が出れば、それを買おうかと思っていたんですが、発表された後継機?はAPS-Cの単焦点レンズのコンデジ。
 サブコンデジはズーム付きが絶対条件なので、ここで富士フイルムの選択肢がなくなりました。

 記録的要素が強いサブコンデジはズーム、マクロ搭載が絶対条件です。
 なので、リコーのGRやシグマのDPシリーズはナシなんです。
 単焦点の方がキレイなのはわかりますが、あまりにも実用性がないので。


2017041403

 で、そんな中、去年初頭、「おっ!」と思ったのが、ニコンのDLです。

 操作性もよく、AFも早く、それなりにコンパクト。オプションでEVFも着けられる。
 EVFも欲しかったんですよ。X10はレンジファインダーが付いてますが、ファインダー内は何も表示されず、お飾り程度だったので、ほぼ全部背面ディスプレイを使ってて、逆光のときとかはやっぱりEVFが欲しかったんです。

 去年のCP+でも展示され、私も触ってみて、かなり興味を持ちました
 正直夏頃にはDL24-85 f/1.8-2.8 を買う気だったんですよね。
 それが、発売無期延期となり、「いつ発売されるのやら?」と思いつつ、発表の1年後にあたる今年のCP+の直前にまさかの発売中止発表
 コンデジ選びが振り出しに戻りました。

 そこで、第一候補に浮上したのがDSC-RX100シリーズ。
 やはり魅力は小ささです。
 さらにストロボもEVFもついている。
 ズーム付き高級コンデジはどこも消極的な中、この機種だけは押せ押せムード。
 しかも初代のRX100から5代目のRX100M5まで全て現行品。かなり特殊なカメラです。

 画質、AFなどで評価が高かったものの、候補にならなかったのが、ニコン、富士フイルムの方が買いたい気持ちが強かったからなんです。
 でも、この2社からはもう自分の希望通りのコンデジが今後出るのは絶望的。
 で、RX100でした。

 問題点は小さすぎて、使いづらいのでは?と言うところ。



2017041401

 ノーマルのRX100がこの通り。

 今年のヨドバシカメラや今年のCP+でかなり触ってみましたが、右手中指が全く引っかからず、やはりそのままだと滑るんですね。


2017041404

 それはアタッチメントグリップAG-R2を使うことによって解決できるかな?と思い、これは銀座のソニーのショールームで実際に装着されているカメラを触らせてもらって、解決できることを確認。これでRX100購入決定。


 問題は5種類あるRX100シリーズのどれを買うか?。
 EVFやWiFiがない時点でRX100、RX100M2は候補から外れます。問題はそこから。
 RX100M3~RX100M4~RX100M5までで実に4万円ぐらいの価格差があります。デジカメがもう1台買える値段ですよ。

 でもX10でAFのダメっぷりに嫌気が指していたので、(高いけど)M5を第一候補に。
 そんなことを思ってたのが3月中頃。

 ヨドバシカメラに通っていると、RX100M3、RX100M4、RX100M5は結構価格変動が激しいことに気づきました。
 で、いつが底値か?時々ソニーが実施しているキャッシュバックキャンペーンはいつか?等色々考えながら、時が過ぎ。

 そして、3月末日にいよいよソニーから5000円のキャッシュバックキャンペーンスタート。

 値段も平日夕方のタイムバーゲンならSDカードもついてかなり安めの値段に。
 そこでRX100M4にするかRX100M5するかで悩んじゃったんですよね。まぁキャッシュバックキャンペーンも5月末日までだから、もうちょっとゆっくり考えればいいや、ってね。


 で、4月に入った途端、RX100M4、RX100M5が両方とも一斉値上げ。しかも上げ幅は1万円以上。
 「キャッシュバックキャンペーンの意味がない!」びっくりしましたよ。完全に買うタイミングを逸しました。
 (しかもこの頃にはもうRX100M5を買うことを心に決めてました)

 で、14日の夜。
 散髪帰りにヨドバシカメラに寄り道。
 RX100M4、RX100M5が安くなる兆しもなく、ため息を付きながら、商品を見ていると、ヨドバシカメラの店員さんが。 

 ヨ:「どうです!、今ならキャッシュバックキャンペーンもついててお得ですよ!」

 で、

 私:「でも先月に比べてキャッシュバックキャンペーンも吹っ飛ぶぐらい値上げしましたよね?」
 
 ヨ:「(ため息を付きながら)そうなんです....実は4月に入って、ソニーが卸値を上げまして....」

 私:「そう言うことですか....。3月末の値段なら買うんですが....」

 なんてやり取りすると

 ヨ:「ちょっと待って下さい!。どこまで値下げできるか?上司と交渉します!」

 と、店員さん売り場から引っ込み、約10分。

 ヨ:「この値段でいかがでしょう!?」

 と提示した値段はまさに3月末とほぼ同額。
 ってわけでクレジットカード一括払いで購入。店員さんありがとう!。

 アタッチメントグリップAG-R2と液晶保護ガラスと同時購入。


2017041405


 ドーン!。


2017041406
 
 両面テープで貼り付けるグリップ、保護ガラスを取り付け、充電して、準備完了。


 何度も買うまでに触れていますが、改めて小さい。これなら通勤カバンに入れっぱなしにできますね。

 次回試し撮り編へ!。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017神宮初観戦

 土曜日の話ですが

 2戦目にして今季神宮初観戦に。
 実のところ今年はスワローズのファンクラブには有料会員にもなってなくって。

 仕事柄事前にチケット買っても必ずその日の行ける保証がなく、以前なら、その日になってから、「今日は神宮行けそうだから、これから行こうかな?」とフラッと行くこともできたんですが、最近の神宮はなかなかそうも行かず、まぁTV観戦でいいかな?なんて思ってたんですが。

 前日の夜、嫁さんが「三塁側内野指定ならチケットとれそうよ」って言われ、じゃあ行ってみますかと。


2017040101

 小雨が降ったり止んだりの神宮球場へ。


2017040102




 神宮の3塁側B指定席っておそらく初めて。
 しかもデーゲーム。ちょっと新鮮な景色です。

 試合は小川ークラインの先発で試合開始。
 あっさり初回梶谷のタイムリーで先制され、さらにロペスのタイムリー。
 畠山に1発が出るものの、6回に二番手ギムレットが連続タイムリーを喰らい、4失点。これで勝負あり。

 1−6で敗戦。
 でもプロ初登板の星、平井、原樹理がそこそこ好投してくれたのが、慰めになりました。

 今年はあんまり来れないんだろうな…と思いつつ、神宮を去りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三遊亭ときん師匠真打昇進興行

 献血の後の話。

2017032602


 上野鈴本演芸場へ。

2017032603


 21日から始まった平成29年春の落語協会真打昇進披露興行
 日替わりで新真打がトリを務めます。

 江戸落語の世界で真打は階級では一番上の位。寄席でトリを務めるには真打であることが条件です。
 26日は三遊亭ときん師匠が2度目のトリを務める日。

2017032604


 あいにくの雨でしたが、鈴本演芸場の前には真打昇進披露宴でも披露されたときん師匠の名前が入った大きなのぼりがお出迎え。

 遂に番組表の一番最後にときん師匠の名前と写真が載りました。

2017032605


 陣中見舞と思い、菓子折りを持参したんで、受付の女性にときん師匠に渡してもらう様お願いしたところ、

 「本人既に見えておりますので、直接楽屋にお持ちください」と。

 えっ!直接行っていいの?。

2017032606


 ロビーにはお祝いの花がギッシリ。

2017032607


 ホールに入り、席を確保してから恐る恐る舞台横にある楽屋へ。
 ドアを開けるといきなりときん師匠が。
 無事直接本人に菓子折りを渡し、激励してミッション終了。

 (公演中は写真撮影禁止なので画像は何も残ってません)
 
 この日はときん師匠の師匠の三遊亭金時師匠、さらに金時師匠の師匠の三遊亭金馬師匠の三代揃い踏み。
 金時師匠が「真田小僧」、金馬師匠が「紙入れ」でした。

 中入り後は昇進披露口上。
 その頃には演芸場はほぼ満員。
 柳家喬太郎、三遊亭金馬、三遊亭金時、鈴々舎馬風柳亭市馬、各師匠と並んでの披露口上。名だたる師匠と並んでの口上、三本締め。感動したなぁ。


 林家正楽師匠の紙切り、柳家三三師匠、柳家喬太郎師匠の高座が終わり、ついに大トリ、ときん師匠の登場。
 この日は「茶の湯」。三代目三遊亭金馬の持ちネタですね。

 最後は割れんばかりの拍手。

 感無量でした。来て本当に良かった。

 三遊亭ときん師匠の真打昇進披露興行は5月19日まで続きます。

新宿末廣亭 夜の部4/6(木)10(月)
浅草演芸ホール 昼の部4/12(水)18(火)
池袋演芸場 昼の部4/24(月)30(日)
国立演芸場 昼の部5/13(土)19(金)(19日夜の部有 新真打総出演)

 是非とも観に行ってください!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

献血116回目

 日曜日のお話。
 午前中は職場で残務処理、夕方から上野へお出かけだったので、その前に献血。 


2017032601



 場所は横浜Leaf献血ルーム
 
 一昨年の10月以来の血小板献血、機種はテルシスS、4サイクル。

 ハーゲンダッツのアイスクリームをいただいて、次のところへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ー鳥たちのき煌めきIIIー 高円宮妃殿下 写真展

 これまた先週の話ですが。


2017030501


 横浜本牧の三渓園へ。


2017030502


2017030503



 三渓園の毎年恒例の観梅会の最終日。
 残念ながら梅はかなり散ってたり(最終日ですからね)。


2017030504

 そんな中、花より団子って訳ではないですが。


2017030505

 最終日のイベントとして、お囃子の披露も。

 この日三渓園に来たのは梅ではなく。こちら。


2017030506



 ー鳥たちのき煌めきIIIー 高円宮妃殿下 写真展

 高円宮妃久子殿下が自分で撮影された野鳥の写真展。

 ご存知、高円宮憲仁親王の妃。

 サッカーファンならサッカー関連のイベント等にずいぶんとご出席されているんで、ご存知な方も多いはず。
 最近では東京オリンピック誘致の際、皇族として活動可能なスレスレのラインで誘致にご尽力され、誘致成功の最大の立役者との声も。

 そんな久子妃殿下のライフワークが根付の研究と野鳥や自然環境の保護、野鳥の写真撮影。
 NGOバードライフ・インターナショナルの名誉総裁を務められたり、雑誌「婦人画報」で根付と野鳥の連載もしていたりと。

 鳥好きは旧姓が「鳥取」だったのも起因しているそうで。随分と珍しい苗字で…(かなりの名家です)。

 野鳥の写真撮影と言ったら最もハイスペックなカメラ、レンズが必要なカテゴリー。
 2010年のワールドカップにて華奢な身体ながら、当時のニコンのフラッグシップカメラD3を使用されていたりと、ガチで写真撮影をされていると思われます。

 (館内は撮影禁止でした)
 会場は三渓園を作った原三渓の住居であった鶴翔閣だった訳ですが、流石は日本のプリンセスの写真展と思わせる純和風な優雅な展示。

 こちらを参照を

 戸塚舞岡公園(妃殿下が舞岡来てるんだ、とビックリした)から、ポーランド、南アフリカまで。様々なスポットでの野鳥の写真を展示。


 見れば「コリャ生半可にはやってないな」とわかる写真ばかり。

 全写真が全て久子妃殿下の解説付きで掲載されているパンフレットまで無料で、とてもお得感満載の写真展でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«CP+2017